西湖自由キャンプ場の雰囲気はどんな感じ?混雑状況や評判などをご紹介!

西湖自由キャンプ場の雰囲気はどんな感じ?混雑状況や評判などをご紹介!

山梨県の西湖自由キャンプ場についてご紹介しています。西湖自由キャンプ場の施設設備や利用料金、予約、チェックインやチェックアウトの時間、近隣施設についてなどをまとめました。これから利用したいと考えている方に役立つ情報が満載です。

目次 [表示]

山梨県の西湖自由キャンプ場

富士五湖のひとつとして知られる、西湖を目の前で眺めながらキャンプができる、と人気の西湖自由キャンプ場は、どのような魅力があるのでしょうか?本格派のキャンパーや家族などで賑わう、西湖自由キャンプ場についてご紹介するページです。

西湖自由キャンプ場とは?

西湖周辺には多くのキャンプ場がありますが、湖畔ぎりぎりまでテントの設営が可能だと人気を集めているのが、西湖自由キャンプ場です。公式サイトはありませんが、週末やシーズンになると、早い時間帯で満員になってしまいます。広々とした湖の景観は魅力的です。

西湖自由キャンプ場はどの辺?

山梨県富士河口湖町西湖に、西湖自由キャンプ場はあります。河口湖ICからは車で約20分の距離です。入口は看板があり、わかりやすくなっています。道中は、自然豊かで、車でもバイクでも周りの自然を楽しみながら向かえるのも嬉しいですね!

西湖自由キャンプ場の評判は?

西湖自由キャンプ場は、キャンプを純粋に楽しみたい、という本格派キャンパーからの評判もいいです。ロケーションの良さも評判の良さに繋がっています。解放感があり、モーターボートが禁止された湖畔は静かで、癒されるという口コミもありました。ただ、犬を連れて利用したいという方は、吠える犬は不可となっていますので、あまり評判が良くないようです。

西湖自由キャンプ場の施設情報

西湖自由キャンプ場の施設情報をご紹介します。設備や施設タイプ、予約は必要なのか、駐車場はあるのかなどキャンプ場を利用する時に気になることをまとめました。情報を参考に、西湖自由キャンプ場でキャンプを楽しんでみてはいかがでしょうか?

設備は何がある?

共有の設備として、売店や自動販売機、炊事場、水洗トイレがあります。炊事場や水洗トイレは、定期的に掃除が行われていて綺麗です。売店では、炭や薪などの最低限のみ販売となっています。管理棟もあり、夜は早くに閉まってしまいますが安心です。テントに車を横付けできるオートサイトは約50区画分用意されています。炭捨て場はありますが、ごみは持ち帰りとなっています。

施設タイプは?

地面は、芝か砂となっています。湖畔近くは地面が小石交じりの砂で、テントを支えるペグは、強度のあるものがおすすめです。周りに木が無いので、テントと共に、食事の時などに使用するための、タープも用意しておくことをおすすめします。

釣りや花火は可能?

釣り竿を持参していれば、釣りも可能となっています。花火は、打ち上げ花火など音が大きく出るものは不可ですが、手持ち花火であれば可能です。釣りや花火などは、周りの利用者の方への配慮を大切にし、迷惑がかからないように行いましょう!

禁止事項はある?

直火は禁止されています。バーベキューを楽しむ時は、バーベキューコンロなどを持参して楽しみましょう!ペットは、鳴き声などで周りに迷惑がかかってしまう可能性もある為、連れ込みが不可となっています。夜の時間帯から朝の7時00分までは入退場不可となりますので、必要なものはしっかり買い揃えてからの利用をおすすめします。禁止事項については、入場時にしっかりとした説明があり、安心です。

チェックインとチェックアウトの時間は?

チェックインの時間は、朝8時00分から夕方の17時00分までとなっています。先着順での入場となりますので、早めに西湖自由キャンプ場に到着するようにしましょう!チェックアウトの時間は、翌日の11時00分です。余裕をもってチェックアウトできるよう、早めに片づけ始めることをおすすめします。

営業期間は?

営業期間は、3月から営業開始、12月中旬までとなります。寒い時季だと、湖や近隣の山に霧がかかり、幻想的です。オンシーズンや週末は、混雑が予想され、湖畔近くがすぐに埋まってしまう可能性もありますので、釣りを楽しみたいという方は、早い時間から並ぶことをおすすめします。

混雑が予想される時期は?

夏の期間は、キャンプを検討する方も増える影響で、混雑が予想されます。特に、お盆は多くの方が訪れますので、満員になってしまったという可能性は大きいです。暑すぎず、キャンプにもってこいな、ゴールデンウィークやシルバーウィークも混雑が予想されます。静にキャンプを楽しみたいという方は、平日やオフシーズンの利用がおすすめです。

駐車場はある?乗り入れは可能?

テントを張るサイト内への乗り込みが可能となっていますので、乗用車やバイク、キャンピングカー、トレーラーの利用でも安心です。車やバイクなどでの乗り入れが不可のキャンプ場もある中、テントに車を横付けできるのは、魅力となっています。車やバイクから運ぶ必要が無い分、ファミリーやソロキャンプにもおすすめです。

利用料金は?

利用料金は、大人1泊で1,000円、小学生以下は800円です。大型連休や特にキャンプ場が混み合うハイシーズンは、大人1泊1,500円、小学生以下は1,000円となります。料金は変動する可能性がありますので、直接西湖自由キャンプ場に電話で問い合わせると詳細な金額がわかり安心です。

カードは利用できる?

カード払いが利用できるキャンプ場も増えている中、西湖自由キャンプ場はカードが利用できるのでしょうか?料金のカード決済は不可となっています。西湖自由キャンプ場利用の時は支払額を現金で用意して、キャンプへ向かいましょう!

予約の方法は?

この投稿をInstagramで見る

. . #西湖 #西湖自由キャンプ場

__∞_24__(@__oo_24__)がシェアした投稿 -

西湖自由キャンプ場は、予約不可となっています。チェックイン開始の朝8時00分から先着順の入場です。混み合う時は、入口前に、深夜から行列ができる場合もありますので、オンシーズンに利用する場合は、早めにキャンプ場に到着するように向かうことをおすすめします。

すぐ隣には温泉がある!

西湖自由キャンプ場の魅力、もう一つは温泉がすぐそばにあることです。西湖で唯一の日帰り温泉「いずみの湯」で、キャンプでの汗を流すことが可能となっています。広々とした内風呂や、露天風呂、ジャグジー、打たせ湯、サウナも完備です。食事も楽しめる施設となっています。

温泉までの距離は?

西湖自由キャンプ場からいずみの湯までは、お隣にあり、徒歩でも約5分ほどで到着となっています。遠くまで行くとなると大変ですが、すぐ行ける距離に温泉施設があるのは嬉しいですね!シャワーのあるキャンプ場は多くありますが、広いお風呂に入ったり、露天風呂を楽しんだりできるということも、西湖自由キャンプ場を多くの方が選ぶ理由なのではないでしょうか。

温泉の利用時間は?

西湖自由キャンプ場の隣にある温泉、いずみの湯の営業時間は、11時00分から20時00分までで、最終受付は、19時30分です。ゴールデンウィークと9月、10月の土曜日、3月の火曜日と通年水曜日は11時00分から22時00分、最終受付21時30分となっています。夏期期間(7月の下旬から8月の下旬)は、11時00分から23時00分で、最終受付22時30分です。営業時間は変更になる可能性があります。

温泉の利用料金は?

温泉利用料金は、中学生以上の大人は900円、小学生は500円、幼児は400円となっています。公式サイトでは、割引クーポンもあり、割引クーポンを利用すると、通常料金900円が、800円と安く利用することが可能です。割引クーポンは、1枚で5名まで利用することができますので、こちらもチェックしておくことをおすすめします。

休館日はある?

いずみの湯は、12月から3月の火曜日と水曜日、4月から11月の水曜日は休館日となります。ゴールデンウィークや夏期期間は、休館日なしです。休館日前は営業時間が2時間伸びていますので、キャンプでバーベキューを楽しんだ後でも利用できるのが魅力となっています。

オンシーズンには西湖自由キャンプ場でキャンプを!

西湖自由キャンプ場についてご紹介しました。公式サイトは無いものの、本格派のキャンパーにも評判が良く、人気のキャンプ場となっています。すぐ近くに温泉があるということも魅力ですね!オンシーズンには、西湖自由キャンプ場でキャンプを楽しんでみてはいかがでしょうか?

李佳
ライター

李佳

静かな海を眺めたり、自然の中をのんびりと歩いたりすることが好きです。温泉や神社巡りのために、新潟から近隣県へ車で出かけることもあります。群馬県の「榛名神社」や長野県の「諏訪大社」がお気に入りのスポットです。

今、あなたにオススメの記事

関連記事

人気ランキング