小樽の安くて美味しい海鮮丼おすすめ15選!人気の名店や穴場のお店をご紹介!

小樽の安くて美味しい海鮮丼おすすめ15選!人気の名店や穴場のお店をご紹介!

レトロな街並みが人気の小樽で、おいしい海鮮丼が食べられるお店をまとめました。小樽には「寿司屋通り」と呼ばれる通りがあり、安い値段で新鮮な海鮮丼がいつでも味わえます。今回は、海鮮丼の相場も含め、セルフでネタを選べる安いお店から人気の名店まで厳選してご紹介します!

目次 [表示]

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業などが行われている場合があります。最新情報は公式サイト・SNSなどをご確認ください。

小樽ならではの安い豪華な海鮮丼を味わおう!

札幌からのアクセスが良く、歴史的情緒があふれる小樽は、一度は行ってみたい観光スポットに挙げられる人気の高い都市の一つです。運河の街として知られる小樽には、三つの漁港と市場があるため、海鮮グルメの街としての顔を持ち合わせています。「小樽を訪れたら、おいしい海鮮丼はマスト」という口コミがいろいろなシーンで見られます。小樽の街を散策する前に、海の幸をたっぷり使用した、おいしい海鮮丼からスタートしてはいかがでしょうか。今回は安い値段が魅力でランチにおすすめのお店や、セルフで好きなものを選べる名店、穴場のお店など、様々なタイプのお店と海鮮丼の相場をご紹介します。

小樽の海鮮グルメにはどんなものがあるの?

海鮮グルメの街・小樽には、新鮮な海鮮を味わえる名店だけでなく、地元の人に人気が高い穴場店が点在しています。豪華な海鮮丼を筆頭に、新鮮なネタが自慢の握り寿司、贅沢なアワビや厚岸産の岩ガキやホタテの炉端焼きなどが楽しめます。ディナーだけでなく、ランチでも小樽の海鮮グルメを味わってください。

小樽のおいしいウニが安い値段で食べられるのはいつ?

海鮮丼のトッピングにあると、うれしい北海道の味覚の一つがウニです。小樽のウニの最盛期は夏で、キタムラサキウニとエゾバフンウニの2種類を堪能できます。キタムラサキウニに比べ、漁獲高の少ないバフンウニの方が値段が高いといわれています。シーズン中でも土曜日が休漁日となっているため、食べに行くなら、土曜日以外の午前中がおすすめ。また、自然繁殖を図るため、法令によって禁漁期が設けられているため、最盛期のみ、フレッシュな小樽のおいしいウニを堪能できます。天然ウニの味は、甘みが強くクリーミーなのが特徴です。

「安い、おいしい」時期に小樽のウニを味わいたい場合は、産卵前の身のひきしまった夏・6月~8月が狙い目ですよ。夏の日の小樽でのランチでは、ウニ入りの海鮮丼を味わってください。禁漁前は、相場も安定しているので、いつもよりリーズナブルなお値段でウニ丼が味わえるはずです。

小樽で食べたい名店の海鮮丼5選

小樽を訪れたら、ランチやディナーで必ず立ち寄りたい海鮮丼が食べられる名店や穴場をピックアップしました。名店で「時価」という文字を見て慌てないように、それぞれのお店の海鮮丼の相場やお値段もあわせてご紹介します。

海鮮食堂 澤崎商店

小樽運河沿いにあるのが「海鮮食堂 澤崎商店」。落ち着いた店内で食べられるのは、よそでは見かけないサイズの海鮮グルメの数々です。数あるメニューの中でも、押さえておきたいのは「三色丼」です。濃厚な甘みがたまらないウニ、臭みがまったくないイクラ、朝茹でしてミョウバンを使わずに保存したカニを贅沢に使用しています。他のメニューではちらし寿司も人気があります。ランチやディナーで小樽の海鮮丼を堪能したら、運河沿いの散策を楽しんで、思い出に残るような素敵な時間を過ごしください。お土産にするならテイクアウトできる海鮮弁当がおすすめです。

味さき 鱗友店

JR小樽駅近くにある「味さき 鱗友店」の豪華な海鮮丼はもちろんですが、人気の高いメニューの一つに、セルフでウニをひとパック丼に敷き詰めて食べられる「ウニ丼」があります。ひとパック丸ごと用意されるウニを豪快に食べるスタイルは、お腹だけでなく満足指数も上昇させてくれます。また、「味さき 鱗友店」が入っている「鱗友朝市」は、屋内なので、天候に左右されることがありません。小樽グルメを味わった後、新鮮な食材の買い物を楽しめるので、観光客にとって穴場スポットといえます。

小樽海鮮丼エン

アクセスはあまり良くありませんが、それでも高い人気を誇るのが「小樽海鮮丼エン」です。究極の海鮮丼「海鮮ひつまぶし」は、最初の一膳をわさび醤油でシンプルに味わったら、次は好みの薬味を加えて味を変更し、最後に特製出汁をかけて、海鮮茶漬けにします。1,980円というリーズナブルなお値段で味わいつくせるのは名店ならではの醍醐味です。相場よりかなり安い海鮮丼のランチメニューが並んでいるのも、このお店ならでは。小樽散策を楽しんだ後に、訪れてみてはいかがでしょうか。

市場食堂 味処たけだ

三角市場内にある「武田鮮魚店」の直営店で、いつでも新鮮な魚介を使用した海鮮丼が味わえる「市場食堂 味処たけだ」。JR小樽駅から徒歩2分というアクセスの良さも人気の秘訣です。おすすめの人気メニューは、キラキラ輝くようなイクラとサーモンがのった「親子丼」やキタムラサキウニとエゾバフンウニが楽しめる売り切れ必須の「旬の生ウニ丼」です。黄色い暖簾が目を引く「市場食堂 味処たけだ」は、三角市場の真ん中あたりに店舗を構え、早朝から営業しています。活気あふれる市場ならではの食事を楽しみたい方は、ぜひお立ち寄りください。

海鮮や よし丼

お寿司屋さん直営の海鮮丼屋「海鮮や よしや」は、小樽駅から徒歩10分程度の穴場にあります。観光スポットから少し離れているので、お店ののぼりを目印にお立ち寄りください。人気メニューは、カニ・イクラ・ウニをふんだんに使用した「北海丼」。はみ出しそうなくらいカニ・イクラ・ウニが敷き詰められています。お値段は相場よりやや高めですが、思わず気分が上がる一杯です。また、一日限定20食の「よし特選海鮮丼」も名物メニューです。お土産用にお寿司屋さん自家製の塩辛やイクラの醤油漬けを購入される方も多いようですよ。

小樽で食べたい穴場店のおいしくて安い海鮮丼2選

地元の人に愛されている穴場の海鮮丼をご紹介します。いつもの海鮮丼とは違う味を楽しみたい方におすすめのおいしい名店ばかりです。ぜひ、小樽へ訪れたら穴場まで足を延ばしてみてください。

老舗和食店 三川屋

創業82年の趣のある「老舗和食店 三川屋」は、魚介類だけでなく天ぷらなどさまざまな料理がメニューにズラリと並んでいます。そんな穴場の老舗店で味わえるのが、イカ、ホタテ、甘エビ、ヒラメなどが、たっぷり盛り付けられた「特上生ちらし」です。1,500円というリーズナブルな価格は穴場ならではといえます。小樽の海鮮丼の相場よりかなり安い設定です。甘エビ独特の旨み、コリコリとした食感の数の子、肉厚でおいしいホタテなど、ボリューム満点な具材の味を一品ずつ確かめながら味わうのも良いのですが、プチプチの食感のイクラとサーモンなど、いろいろな組み合わせのネタを頬張りながら、魚介の旨みを存分に味わう食べ方もおすすめです。

てんぷら脇坂

名店と呼ばれる「てんぷら脇坂」が、小樽の「寿司屋通り」に新店舗をオープンさせました。高い人気を誇り行列ができる「てんぷら脇坂」の海鮮丼は、北海道の素材にこだわった豪華な「北海天丼」1,800円と、新鮮な旬の食材を使用した「季節天丼」1,500円です。どちらも税込というリーズナブルなお値段にびっくりします。「北海天丼」の中身は、エビ、ホタテ、イカなど魚介類のほかに、野菜やキノコが盛り付けられたボリューム満点の丼となっています。2018年にオープンしたばかりなので、観光客にとっては穴場スポットの「てんぷら脇坂」。店内には、個室カウンターも用意されているので、仕事帰りのディナーデートや特別な日を楽しみたいときにおすすめです。

小樽で食べたいランチで人気の安い海鮮丼2選

小樽散策の途中にランチで海鮮丼を味わいたい方におすすめの名店をご紹介します。特に、安いお値段にこだわって厳選してみました。試してみたい味が勢ぞろいしています。

小樽ポセイドン堺町総本店

ライブキッチンのようにカウンターの目の前で、調理している様子を眺められるのが「小樽ポセイドン堺町総本店」です。炉端焼きと海鮮丼が美味しい名店として知られています。おすすめメニューは、シーズンごとの旬のネタを使用した「ポセイ丼」です。2,200円というリーズナブルなお値段で、小樽の新鮮な魚介を堪能できるところが人気です。キッズルームが用意されているので、お子様連れでも周りを気にせず、安心して美味しい海鮮丼を楽しめますよ。

万次郎

小樽運河から徒歩約5分の場所にある「万次郎」は、うまい・安いがコンセプトの人気店です。2,000円で味わえる「鮭親子丼」は、脂ののったサーモンと醤油漬けのイクラが抜群においしいと評判で、豊富なメニューの中でも高い人気を誇っています。ランチタイムならではの500円メニューなど、海鮮丼のラインナップも豊富。そんな名店で、おすすめしたい知る人ぞ知る海鮮丼が「宝箱」です。穴子飯の上に、濃厚なウニ、プチプチとした食感のイクラ、錦糸卵がのった海鮮丼は、相場以下の1,800円というリーズナブルなお値段で召し上がれます。ご飯の大盛サービスがある「万次郎」は売り切れ次第終了なので、お早めにお立ち寄りください。

小樽で食べたい安いお値段が魅力の海鮮丼4選

安いお値段でおいしい海鮮丼を思う存分味わえる名店をご紹介します。また、小樽の市場内ならではの楽しみ方も紹介します。家族旅行など大人数でもおいしい海鮮丼をゆっくり味わえるお店もピックアップしていますよ。

すし耕

砂糖蔵として使用されていた石造りの倉庫を改装した、重厚な外観がひと際目立っているのが「すし耕」です。小樽の風を感じられる店内は、落ち着いた雰囲気が漂い、一人でも気軽に小樽グルメを堪能できます。初めて訪れる人へのおすすめは、色鮮やかな小樽の海の幸が盛り付けられた「おけちらし」。驚くほどリーズナブルなお値段で味わえるため、豊富なメニューの中でも高い人気を誇っています。店内には、カウンターとテーブル席以外に、お座敷も用意されているので、小樽観光の後、ゆっくり落ち着いて食事を楽しみたい方は、事前に予約してはいかがでしょう。いつもとは、一味も二味も違った海鮮丼やお寿司を楽しめますよ。

さんかく亭

「さんかく亭」は、JR小樽駅から徒歩1分の三角市場内にあります。一番人気の高いメニューは「親子丼」。トロサーモンとイクラが盛り付けられ1,100円で楽しめます。小樽の海鮮丼の相場を考えてもリーズナブルな一杯です。ランチでおすすめしたいメニューは、トロサーモン、塩水ウニ、イクラ、カニなど魚介を豪華に盛った数量限定の「さんかく丼」と、セルフで自分の好きなネタを選ぶ「チョイス丼」です。ランチタイムが過ぎても営業しているのでいつ行っても大人気。種類豊富におかれている小樽の地酒を楽しむのが地元民の楽しみ方です。

北の漁場 おたる運河店

「北の漁場 おたる運河亭」では、海鮮丼はもちろん、海産物を使用した和食や寿司などバラエティに富んだ食事を楽しめます。数あるメニューの中でも、1,580円という安いお値段で食べられる、鮭とイクラがたっぷりのった「親子丼」は一番人気のメニューです。海鮮丼のご飯に酢飯が使用されているので、お寿司の風味を楽しみたい方にも満足していただけます。広い店内には、360席のテーブル席や小上がり席などが用意されています。小人数だけでなく、大家族やグループでの利用にもおすすめです。大人数で小樽へ訪れる際は、真っ先にチェックしてくださいね。

深沢食堂 新南樽市場店

観光客で賑わう新南樽市場で、味わっていただきたい海鮮丼が「深沢食堂 新南樽市場店」の人気メニュー「イクラ丼」です。相場よりもかなりリーズナブルで1,500円で味わえます。女性に人気の高い海鮮丼は、市場内の名物メニューの一つです。女性に人気の秘密は、安いお値段とランチにおすすめの小さめサイズなところ。しっかり食べたい人には、中トロ・カニ・ウニがたっぷり盛り付けられた豪華な海鮮丼が人気です。リーズナブルなお値段のメニューが並んでいるので、好きなものを好きなだけ食べられるのも、市場ならではの楽しみ方のひとつです。

小樽で食べたいセルフでネタを選べる海鮮丼2選

セルフで好きなネタを選んで海鮮丼を味わえるお店をご紹介します。好きな具材だけを詰め込んだ究極の海鮮丼は、普段なかなか味わえません。ぜひ、自分の「今、食べたい」具材をトッピングしてください。

北のどんぶり屋 滝波食堂

「小樽三角市場」は、新鮮な魚介類を味わいたい人、お土産を探している観光客でいつも賑わっています。小さなお食事処が軒を連ねる中、いつも行列ができて、ひと際目立っているお店が、創業60年の老舗鮮魚店の直営店「北のどんぶり屋 滝波食堂」です。自分好みの丼にできる「元祖わがまま丼」が高い人気を誇っています。2,200円というリーズナブルなお値段で味わえるところが良いですね。鮮魚店の水槽から運んで、すぐに調理するため、鮮度抜群なところも人気の秘訣。ガッツリ食べたい方や海鮮丼が続いている方には、1,000円前後でお腹いっぱいになるホッケや鮭を使用した定食セットがおすすめです。

たけの寿司

大正初期に建てられた旧中山倉庫宅跡を改装してオープンした「小樽たけの寿司」では、リーズナブルなお値段で豪華な海鮮丼を味わえます。北海道の食材にこだわり、ネタは小樽近海で獲れる新鮮魚介、シャリには北海道米が使用されています。旬の新鮮な海鮮の中から、セルフで4種類ネタを選べる「あいのり丼」は人気の高いメニューの一つです。セルフで好きな物だけ詰められるため、ワクワクしながら、ネタを選べるのも旅の思い出になりますよ。そのほかにも、名産地・小樽前浜で獲れる旨みたっぷりのシャコもおすすめです。

小樽のおいしくて安い海鮮丼を豪快に食べつくそう!

魚介類の宝庫といわれるだけあって、小樽にはおいしいボリューム満点の海鮮丼を、相場より安いお値段で味わえる名店がたくさんあります。お店のタイプもさまざまで、ネタをセルフで選べるお店、本格的なお寿司屋さんの究極の海鮮丼を味わえるお店など、地元の方も観光客も大満足なお店ばかりです。値段の相場、お店の提供メニュー、営業時間など、事前にチェックして、小樽の海鮮グルメをお腹いっぱい味わってください。

kikkou_m
ライター

kikkou_m

旅行とグルメが大好き!日本だけでなく、世界中のおいしい食べ物や美しい景色を追いかけていきたいと思っています。

今、あなたにオススメの記事

関連記事

人気ランキング