龍神スカイラインは事故に気をつけて楽しむべし!見どころや注意点を解説!

龍神スカイラインは事故に気をつけて楽しむべし!見どころや注意点を解説!

龍神スカイラインは和歌山県に位置し、高野山と龍神温泉を繋ぐ全長42.7キロのドライブロードです。ダイナミックな景観が魅力的である一方、重大なバイク事故が後を絶ちません。運転時の注意点を踏まえ、安全に龍神スカイラインでのバイクツーリングを楽しみましょう。

目次 [表示]

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業などが行われている場合があります。最新情報は公式サイト・SNSなどをご確認ください。

龍神スカイラインはバイクツーリングの人気スポット!

龍神スカイラインはツーリングの人気スポット出典: https://www.instagram.com/p/CM7OG8dsBXW/

龍神スカイラインは、名前のとおり、空中を疾走するような絶景を堪能できる人気のバイクツーリングロードです。都市部からのアクセスも良く、週末にはたくさんのライダーが訪れます。

峠に沿うようなワインディングによってスリル満点のカーブが連続し、爽快なツーリングを楽しめるのが魅力です。バイク走行時の注意点と共に、龍神スカイラインの見どころをご紹介します。

龍神スカイラインはどんなところ?

連ねる山々を臨む龍神スカイライン出典: https://www.instagram.com/p/CG9gLfVBCGA/

龍神スカイラインは、雄大な展望が人気の観光道路です。秘境のような大自然が非日常感を漂わせており、季節を問わずたくさんの観光客が訪れます。

圧倒的な大自然を駆け抜ける爽快さから指折りのバイクツーリングスポットとしても有名です。山脈ツーリングの醍醐味である多彩なワインディングが魅力で、常にバイカーたちで賑わいを見せています。

龍神スカイライン(公益社団法人 龍神観光協会)

詳細を見る
住所〒645-0415
和歌山県田辺市龍神村西376
電話番号0739-78-2222
公式サイトURLhttp://www.ryujin-kanko.jp/

龍神スカイラインの歴史

かつては有料道路だった龍神スカイライン出典: https://www.instagram.com/p/CN5N9L0sKDb/

龍神スカイラインは、1980年に有料の一般道路として開通しました。しかし、道路公社での経営が困難となったため、後に和歌山県が債務を返済するかたちで国道371号線として無料で開放されています。

世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の登録に至っては、龍神スカイラインが観光の要として期待されました。今では気軽に楽しめる観光道路として、全国各地から人々が訪れています。

龍神スカイラインのルート

龍神スカイラインは、和歌山県伊都郡高野町と田辺市龍神村を結んだ全長42.7キロの道路です。北側は高野山の奥の院交差点前から始まります。奥の院駐車場が無料で使用可能なので出発準備に便利です。南側起点は道の駅龍神で、国道425号線から続いています。

龍神スカイラインの走行所要時間は1時間ほどですが、季節によって渋滞も発生しますので余裕を持った行程を組みましょう。

和歌山県と奈良県にまたがる道路

龍神スカイラインは、紀伊半島を縦断するように和歌山県と奈良県の境を走る道路です。くねくねと蛇行しているため、走行中に何度も県境をまたぎます。沿線には50か所を超える県境標識があり、マニアの間では有名な道路です。反対車線は違う県といった面白い場所もあるので、ぜひ注目してみてくださいね。

龍神スカイラインの料金

龍神スカイラインの料金

開通当時の龍神スカイラインは有料道路だったため、通行料が必要でした。その後、平成15年から国道371号線の一部として無料で開放されています。料金を気にせず気軽にツーリングを楽しめるようになり、今ではたくさんのライダーで賑わっています。

一方、無料化されたことで交通量が増えているのも現状です。特に渋滞の発生しやすい週末は、他のバイクや車に注意して走行しましょう。

次のページ

バイクで楽しむ龍神スカイラインの見どころ

今、あなたにオススメの記事

人気ランキング