終わらない葬式の家はヤバい?茨城にある有名心霊スポットの真相をご紹介!

終わらない葬式の家はヤバい?茨城にある有名心霊スポットの真相をご紹介!

茨城県にある有名心霊スポット「終わらない葬式の家」の真相をご紹介します。ヤバいと言われる理由は、置き去りにされたままの遺影にあった?!「終わらない葬式の家」の場所や建物概要、現在の様子、怖い名前の由来など、詳しくお伝えします。

目次 [表示]

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業などが行われている場合があります。最新情報は公式サイト・SNSなどをご確認ください。

終わらない葬式の家とは?

フリー写真素材ぱくたそ

「終わらない葬式の家」は、別名を権東の家、あるいは荒川沖の廃墟(廃屋)と呼ばれています。

終わらない葬式の家という名前は、とてもインパクトがありますが、後からつけられました。もともとは、人が平和に暮らしていたはずの家だったのです。なぜ怖い心霊スポットとなってしまったのでしょうか。

心霊スポットとして有名

終わらない葬式の家は、名前の由来となった怖いエピソードで、心霊スポットとして有名になった場所です。

人気ユーチューバーのフィッシャーズも「【心霊】「終わらない葬式の家」を全員で調査したら不気味なことがわかった。」という動画で訪れています。動画では、メンバーが近所の住民に聞き取り調査を実施しており、廃墟を不気味に思っている住民の声が収録されていました。

茨城県土浦市の住宅地にある

終わらない葬式の家は住宅地のなかにあり、周りの住宅では普通に人が生活しています。普通の住宅地のなかに、心霊スポットがあるのは珍しいケースです。廃墟の近くだけはなぜか空き地が広がり、すぐ隣の家というのは存在しません。近くが空き地であることで、廃墟が妙な存在感を放っています。

住所は茨城県土浦市中875で、最寄りの荒川沖駅からは車で15分ほどの位置です。

2階建ての木造一軒家

終わらない葬式の家は、1961年から1975年くらいに建設されたと推測されている、2階建ての木造一軒家です。横に長細いのが特徴で、あまり見かけない構造の建物だと言えます。廃墟となってから長い年月が経っており、木が腐って崩れかけている危険な状態です。

次のページ

「終わらない葬式の家」が心霊スポットになった3つのヤバい真相

今、あなたにオススメの記事

関連記事

人気ランキング