冬の福岡観光で食べておきたいおすすめグルメ7選!

冬の福岡観光で食べておきたいおすすめグルメ7選!

冬の福岡は美味しいグルメがたくさんあります。モツ鍋や水炊き、ラーメンからうどんまでさまざまなご当地グルメがあるのが福岡の魅力です。この記事では、冬の福岡観光で堪能できるご当地グルメをご紹介していきます。福岡観光に出かける前にぜひお読みください。

目次 [表示]

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業などが行われている場合があります。最新情報は公式サイト・SNSなどをご確認ください。

冬のおいしい福岡グルメで観光を楽しもう

クリックするとAmazon商品ページへ飛びます

冬の福岡といえば何を思い浮かべるでしょうか。もつ鍋や水炊き・ラーメンなどの福岡のおいしい人気グルメを思い浮かべる方も多いかもしれません。この記事では、有名な名所の福岡グルメから、穴場なグルメまで、冬の福岡観光をより楽しくするためのグルメ紹介をしていきます。福岡でしか味わえないおいしい食べ物をぜひ堪能してください。

冬におすすめ福岡観光グルメ1:もつ鍋

Photo by ryumu

冬の福岡で人気のおいしいグルメといえば、真っ先に思い浮かべるのはきっとモツ鍋ではないでしょうか。山盛りのニラにキャベツ、ニンニクのきいた濃厚スープで味わうモツは格別です。以下では、冬の福岡テッパングルメのモツ鍋についてご紹介していきます。

ニラとキャベツがメイン!

福岡のもつ鍋は、白菜やネギなどでなく、ニラとキャベツがメインの具材となっているのが特徴です。ニラはニンニクとともにモツの臭みを消してくれます。また、白菜ではなくキャベツを使うことで濃厚スープを最後まで堪能できます。特にニラはたっぷり入れるのが福岡流で、福岡で初めてモツ鍋を食べる方は、山盛りのニラに驚かされること間違いなしでしょう。寒い季節にぴったりですよ。

味噌ベースのお店もおいしい

福岡の有名店や人気店では、しょうゆベースのスープが一般的です。しかし、味噌ベースのスープを提供する店もあり、しょうゆベースとは違う濃厚なうまみを堪能できます。もつ鍋の人気店や名所はある程度行ってしまったという上級者の方は、一度味噌ベースもつ鍋に挑戦してみてはいかがでしょうか。店によっては、しょうゆと味噌を選べるところもあります。

もつ鍋発祥の有名店「楽天地」

博多もつ鍋の発祥の店といわれているのが、「楽天地」です。楽天地は、有名店・人気店の中でも特にニラの盛り方が山盛りとなっているのが見どころです。スープはニンニクと唐辛子がしっかりきいた醤油ベースとなっています。おすすめのコースではシメにぴったりな、おいしいちゃんぽん麺がお代わり自由なのが魅力です。モツ鍋有名店の中でも特に値段が安くて2,000円以内でおさめることもできるのでお財布にお優しい人気店です。

冬におすすめ福岡観光グルメ2:水炊き

Photo by ROVER_JP

冬の福岡の鍋料理といえば、もつ鍋と水炊きが候補にあがってきます。水炊きは、水の状態から鶏肉や野菜を煮込んだ鍋のことで、福岡の有名ご当地グルメの一つです。有名店や人気店がたくさんあるので、さまざまな店を回ってみるといいでしょう。もつ鍋と比べると、1人前の料金がややお高くなりますが、福岡で味わう水炊きは格別なのでぜひ一度は味わってみてください。

水炊きはテッパンなお店がさまざま

福岡には水炊きの専門店がたくさんあります。水炊き有名店ランキングを紹介するサイトもたくさんありますが、サイトによってランキングはさまざま。どこで食べてもおいしいので、特にココといった有名店をご紹介できないのが特徴なのです。下調べなしで水炊きのお店を訪問して、自分だけの穴場をみつけるのが、水炊き店を巡る楽しみ方といえるでしょう。

健康的なお鍋で鶏を堪能

福岡で水炊きを堪能する際には、ぜひ最初にスープを一口味わってみてください。水から煮出したスープは、実に濃厚で、鶏の鍋がこんなに上品でおいしいのかと驚くこと間違いなしですよ。店によってはスープに塩を足したものをおすすめされることもあります。鶏ベースのシンプルで透き通ったスープを味わうのも楽しみ方の一つです。

冬におすすめ福岡観光グルメ3:とんこつラーメン

Photo by Richard, enjoy my life!

冬の福岡グルメを語る上で、欠かすことができない存在といえば、やはり豚骨ラーメンでしょう。店そのものが見どころ・名所になっている屋台もありますし、たくさんあるので自分だけの穴場を発見するのも楽しみ方の一つです。以下では、福岡グルメ・豚骨ラーメンについてご紹介していきます。

福岡の人は屋台のラーメンをあまり食べない

福岡のラーメン屋といえば、ずらりと並んだ屋台を思い浮かべる方も多いかもしれません。特に中洲の川沿いに並んでいる屋台街は観光の名所でもあり、冬の福岡の見どころでもあります。しかし、福岡に住んでいる人はあまり屋台でラーメンを食べません。自分なりのお気に入りや穴場のお店のラーメンを食べる傾向にあるのです。「屋台は観光客向けだ」などと言う福岡の住人もいるくらいです。

福岡でしか食べられないShin Shin

福岡で観光客に人気のお店としてShin Shin(シンシン)があります。福岡ラーメンらしい噛みごたえのある細麺と、豚骨成分が沈殿するほど濃厚なスープが見どころの、最近人気急上昇中の福岡ラーメン店です。濃厚でありながらも、とんこつ独特の臭みがないのも人気の理由。福岡以外には出店してないので、福岡市内でしか味わえないラーメンとなっています。一蘭や一風堂もおいしいですが、どうせなら福岡でしか食べられないお店を攻略したいですよね。

ガンナガこと元祖長浜

「ガンナガ」や「ガンソ」という呼び名で親しまれている福岡のラーメン屋が、元祖長浜系のラーメンです。市場の近くの長浜と呼ばれるエリアには、元祖長浜屋や元祖長浜家など数種類のお店が立ち並んでいます。ガンソ系列は福岡市以外ではほぼ体験できない、ここだけの味となっています。「福岡にお越しの際には、ぜひとも味わうべき一杯だ」と言えるでしょう。

ガンナガ独自の用語

ガンソでは、二郎のように「ベタナマ」「カタイタマ」など独特の用語が店を飛び交っているのも見どころの一つです。

  • ベタ=脂多め
  • ナマ=バリカタ
  • カタイタマ=カタ麺の替え玉
  • ネギヤマ(ネギモリ)=ネギ多め
などとなっています。店に入ったときに「ベタナマネギヤマ」というと、脂と青ネギが多めのバリカタラーメンが出てきます。用語を覚えてから訪問するのも、ガンソの楽しみ方の一つですよ。

焼きラーメンなら小金ちゃん

昭和通りの親不孝入口向かいには、いつも行列が絶えない屋台・小金ちゃん(こきんちゃん)があります。ここでは、豚骨ラーメンを鉄板で焼いた「焼きラーメン」を堪能することができます。濃厚なスープが細麺に絡まり、とても美味です。近くには比較的穴場の居酒屋・小金ちゃん(実質的には2号店)もありますので、行列が長い時にはこちらを訪れてみるのもいいでしょう。

看板がない穴場の店・博多元気一杯!!

「高菜入れちゃったんですか?」というフレーズを聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。スープにこだわりがあるため、最初に高菜を入れるのはNGなお店が「博多元気一杯!!」です。呉服町にあるこのお店は、看板やのれんがない穴場感あふれるラーメン屋です。しっかりとした濃厚スープがおいしいお店となっています。最近では店主が変わって写真撮影もOKとなっているので観光がてら、ぜひとも足を運んでみてください。

冬におすすめ福岡観光グルメ4:博多うどん

Photo by rhosoi

博多うどんは、あまり知られていませんが福岡の名物です。麺がもちもちしているのが特徴で、県内に多数の店舗をかまえるチェーン店が福岡に点在しています。福岡では『うどんウォーカー』なる雑誌も発売されており、福岡民はシメにラーメンではなくうどんを食べる人も多いんだとか。寒い季節におすすめです。

食べても食べても減らない牧のうどん

福岡うどんのチェーン店で、地元民にも愛されているのが牧のうどん(まきのうどん)です。豚骨ラーメンのお店のように、麺の固さを選ぶことができるのが特徴です。特にやわ麺にすると、麺が出汁をどんどん吸っていくので、食べても食べても減りません。製麺も中でやっているので、麺ができあがる工程を見て楽しめるのが見どころ・楽しみ方といえるでしょう。

牧のうどんへのアクセスはレンタカーで

牧のうどんは、福岡市街から離れたところにしか出店していないので、観光名所をレンタカーで回るついでに立ち寄るのがおすすめです。店自体の外観も写真映えするので、牧のうどん自体が見どころのある名所だともいえるでしょう。

北九州のうどんは資さんうどん

ここ最近、福岡県内で人気が高まっているのが、資さんうどん(すけさんうどん)です。元々は北九州市を地盤とするチェーン店ですが、最近では博多にも出店し、福岡市内でも人気を増しています。博多うどんと同様にもっちりとした麺になっています。北九州名物の焼きうどんも提供しているので、うどんとあわせて頼んでみるといいでしょう。

冬におすすめ福岡観光グルメ5:梅が枝餅

クリックするとAmazon商品ページへ飛びます

福岡のスイーツといえば、プリンや通りもんなどが有名です。そして、太宰府土産・ご当地グルメといえば、梅が枝餅(うめがえもち)でしょう。寒い季節の観光名所めぐりのお供に、温かい出来立て梅が枝餅はぴったりです。

太宰府観光のお供に梅が枝餅

福岡屈指の観光名所といえば、太宰府天満宮でしょう。受験の神様として有名な菅原道真を祀っている神社では、梅がトレードマークとなっています。太宰府天満宮の参道では、たくさんの店舗が「梅が枝餅」を1個120円で販売しています。出来立ての熱い「梅が枝餅」を片手に、太宰府を散策してみるのがおすすめの楽しみ方です。店によって味の違いが多少はありますので、食べ比べしてみるのも楽しみ方の一つかもしれません。

冬におすすめ福岡観光グルメ6:博多一口餃子

クリックするとAmazon商品ページへ飛びます

福岡の隠れた名物といえば、博多一口餃子でしょう。九州の餃子は、本州のものとは違い一口サイズになっているのが特徴です。一口餃子は焼き餃子がスタンダードですが、水餃子で食べるのもおいしいのでおすすめですよ。

旭軒(あさひけん)

福岡市街の中洲や博多など見どころが多いエリアに出店している博多餃子のお店が「旭軒」です。菅顧客のみならず地元民からも愛されているお店で、リーズナブルな値段で焼き餃子や水餃子を楽しめますよ。焼き餃子と水餃子とでタレも違っているのがポイントで、それぞれおいしくいただけます。

冬におすすめ福岡観光グルメ7:牡蠣焼き

フリー写真素材ぱくたそ

冬の福岡では、地元の方は車で糸島方面へ出向いて焼き牡蠣を堪能します。冬にだけ出店している糸島のビニールハウス牡蠣小屋は、観光名所ともなっています。牡蠣小屋に足を運んで、寒い冬に温まりましょう。ハウス内で焼くので、においがついても大丈夫なような服装で出かけるように注意が必要です。

レンタカーで糸島に繰り出そう

福岡市街から糸島半島の牡蠣小屋までは、公共交通機関ではアクセスしづらいルートとなります。福岡市内でレンタカーを借りて、自家用車で足を運ぶのがおすすめの楽しみ方です。冬になると、糸島市内だけで30店以上の牡蠣小屋が建てられますので、穴場を発見してみてはいかがでしょうか。

まとめ

クリックするとAmazon商品ページへ飛びます

以上、観光して味わいたい福岡の冬のグルメについてご紹介してきました。何か食べてみたいグルメは発見できたでしょうか。博多うどんや博多一口餃子など、福岡でしか味わえないグルメもたくさん紹介してきましたので、何か発見があったら幸いです。最後までお読みいただきありがとうございました。

sima
ライター

sima

国内の弾丸旅行が好きです。

今、あなたにオススメの記事

関連記事

人気ランキング