冬の福岡観光で行くべきおすすめスポット9選!人気の名所や穴場の見どころをご紹介!

冬の福岡観光で行くべきおすすめスポット9選!人気の名所や穴場の見どころをご紹介!

冬の福岡観光といえば何を思い浮かべるでしょうか。九州といえば夏なイメージがあるでしょうが、福岡は冬でも楽しく観光ができるスポットがたくさんあります。この記事では、冬の福岡観光におすすめのスポットを9個ご紹介していきます。

目次 [表示]

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業などが行われている場合があります。最新情報は公式サイト・SNSなどをご確認ください。

冬の福岡観光スポット4:神社巡りでパワーをいただこう

クリックするとAmazon商品ページへ飛びます

御朱印集めなど、最近人気が高まっているのが寺社仏閣をめぐるコースです。福岡の神社といえば何を思い浮かべるでしょうか。太宰府天満宮など人気観光地の他にも、大社級の「格のある神社」が福岡県には多数あります。以下では、めぐっておきたい福岡の見どころ神社についてご紹介いたします。

受験合格祈願なら太宰府天満宮

冬の福岡、特に受験シーズンに欠かすことができない人気の観光地といえば、太宰府市にある「太宰府天満宮」でしょう。天神から電車で30分程度の場所にあり、車のアクセスも良好です。受験の神様・菅原道真が主祭神で、日本各地の受験生やその親御さんなどで賑わいます。

令和の聖地・坂本八幡宮

平成に続く新しい元号「令和」は、万葉集が出典となった名前です。そして、その令和の元となった和歌が詠まれた場所が、太宰府市にある坂本八幡宮です。これまでは穴場的で、あまり人気の名所ではありませんでしたが、令和になってからは「令和の聖地」として多くの観光客が集まる観光地となっています。太宰府を訪れるのであれば、坂本八幡宮にも足を運び、「令和」と書かれた御朱印をぜひとも頂いておきたいところです。

箱崎宮で「勝つ」守りをゲット

天神や博多から電車(地下鉄)でいける場所にある神社が、福岡市東区の「箱崎宮」です。箱崎宮の旧社格は官幣大社で、いわゆる大社級の神社です。立派な本殿には「敵国降伏」と書かれた額縁が飾られており、必勝を祈願する神社として名が知れています。受験の合格祈願やスポーツの必勝を祈る神社だと言えるでしょう。

勅祭社の香椎宮

箱崎宮からさらに地下鉄で移動した先の福岡市東区香椎には、勅祭社として知られる香椎宮があります。勅祭社とは、天皇の勅使が直々に参る神社のことで、全国に16社しかなく、香椎宮は九州で唯一の勅祭社です。旧社格は官幣大社で、こちらも大社級の威厳ある神社といえるでしょう。見どころは、「香椎造り」といわれる、日本でここだけの建築様式です。福岡で神社めぐりをする際に欠かせない穴場的な観光地です。

世界遺産の宗像大社

福岡県の大社級の神社で、忘れてはいけないのが宗像市にある宗像大社(むなかたたいしゃ)です。2017年に世界遺産に登録された神社で、宗像三女神を祀っています。宗像大社は3つの神社の総称ですが、観光で足を運ぶ場合には、船を使わずにいける「辺津宮」に行くのが一般的です。辺津宮の宝物庫には、沖ノ島から発掘された多数の国宝が祀ってあるので、こちらにも足を運ぶといいでしょう。電車でも行けますが、車の方が便利です。

冬の福岡観光スポット5:冬は夜景がキレイ!

冬の観光地といえば、夜景めぐりも忘れてはなりません。冬は夏と比べて空気が澄んでいるため、夜景がより美しく見えるからです。福岡市街は平野になっていますが、高い建物や近くの山から素敵な夜景を楽しむことができます。

博多ポートタワーで福岡市を一望

博多港にある高さ103メートルの「博多ポートタワー」からは、福岡市街を一望することができます。福岡タワーと違い無料で入れて、夜も22時まで営業しているので、博多港エリアを観光するのであれば、ぜひ足を運んでみましょう。

福岡タワーで福岡市街を一望

百道(ももち)にそびえている「福岡タワー」は、高さ234メートルの海浜タワーです。入場料は800円と少し高めの設定です。が、その分、高さ123メートルの展望室からは福岡の全貌を見渡すことができます。22時まで開いており、冬の夜景をしっかり見られるおすすめで人気の名所です。

レンタカーで少し遠出して油山や若杉山で夜景を楽しもう

レンタカーを手配して車で福岡観光をする方は、夜にはぜひ福岡市周辺の夜景の名所も訪れてみてください。福岡市の南に位置する城南区には、油山(あぶらやま)があります。片江展望台からは、福岡市を一望できます。特にカップルにおすすめできる観光地といえるでしょう。また、福岡市の東側には若杉山があり、ここから見える眺めも福岡屈指のものとなっています。若杉山は悪路なので車の運転に自信がない方には、おすすめできません。

冬の福岡観光スポット6:モツ鍋に水炊き!鍋料理でほかほか

Photo by hirotomo

冬に観光してまわると、体の芯から温まることができる物が欲しくなりますよね。そんなときには、福岡名物のもつ鍋や水炊きがおすすめです。この二つは福岡を訪れたら必ず食べたい人気グルメでもあります。もつ鍋か水炊きは福岡に行ったら必ず食べるグルメとしておさえておきましょう。

福岡名物といえばやっぱりもつ鍋

福岡の名物にはさまざまなものがありますが、トップクラスに人気なのはなんといってもモツ鍋でしょう。ニラとニンニクが大量に入っているので、冷えた体をしっかり温めてくれます。モツ鍋初心者の方には、発祥のお店「楽天地」がおすすめです。

本格水炊きで心も体温まろう

もつ鍋と並ぶ、福岡の名物鍋料理といえば、鶏を水から煮て作る「水炊き」です。「水炊きは家でもできるし、いつでも食べられるから…」と、敬遠する方も多いのですが、福岡のお店で食べる本格水炊きは目からうろこが落ちるほどのおいしさです。透き通ったスープの旨みをぜひ体感してみてください。

冬の福岡観光スポット7:温浴施設で寒気を吹き飛ばせ

フリー写真素材ぱくたそ

寒い冬の福岡観光を楽しんだ後は、温泉につかって体を芯から温めたいですよね。福岡には全国的に有名な温泉地はあまりありませんが、温泉を楽しめるスポットは最近増えてきています。穴場的なスポットも含めて紹介していきましょう。

万葉の湯で名泉を堪能

福岡空港の近くにある「万葉の湯 博多」は、入館料が1,800円と少し高い設定となっています。ですが、福岡市街からすぐの場所にあり、天然温泉も楽しめるのでおすすめです。「万葉の湯 博多」では、大分の「湯布院」と佐賀の「武雄」、2か所の有名温泉から汲んできた天然温泉を楽しめます。宿泊施設も併設しているのでホテル代わりに使うのも一つの楽しみ方です。

天然温泉は久山や二日市で楽しもう

レンタカーで車を借りて観光する方は、福岡市からすぐそばにある久山町の「久山温泉」や筑紫野市にある「二日市温泉」まで足を運んでみるのも手です。どちらも福岡市から車で1時間以内の距離にある天然温泉です。

冬の福岡観光スポット8:買物を楽しもう

観光名所ばかりを巡るのではなく、冬の福岡でゆっくりとショッピングを楽しみたいという方もいらっしゃるでしょう。福岡にはショッピングモールやアウトレットモールなどをたのしめる名所がたくさんあります。以下では、福岡の買物の名所をご紹介していきます。

福岡市街のショッピングモール・キャナルシティ

Photo by Shinichi Haramizu

福岡市街でいろんなものを買いたいのであれば、まず行くべきなのは天神と博多の間にある「キャナルシティ」です。キャナルシティは中洲の屋台街のすぐそばにあり、全国のラーメンを食べられる「ラーメンスタジアム」も中にあります。観光客向けのショップも数多くあり、土日にはショーなどもありますので、楽しみながらショッピングできますよ。最大の見どころは、数時間おきにある壮大な噴水のショーです。

アウトレットならマリノアシティ

アウトレットモールで買い物をしたい場合、福岡市西区にある「マリノアシティ」がおすすめです。広大な敷地にさまざまな店舗が入っていますし、観覧車もありますので、楽しみながらショッピングできること間違いなし。野外のエリアではストーブなどもあるので、冬の買物にもピッタリです。電車では行きづらい場所にあるので、アクセスする際には自家用車かバスで行くといいでしょう。

福岡市街の買物は博多と天神

福岡市街で買い物をする場合、博多駅周辺の「博多エリア」か、天神周辺の「天神エリア」がおすすめです。博多駅内の駅ビルにはお土産用の店も数多くあります。百貨店などで買い物をしたい場合には、天神エリアに足を運ぶのがいいでしょう。若者向けのおしゃれな服を揃えているショップなども、天神には多数あります。寒空のもと歩きたくない場合には、天神地下街「てんちか」がおすすめです。

冬の福岡観光スポット9:北九州まで足を運ぼう

冬の福岡観光では、福岡市ではなく北九州市を観光するのもおすすめです。福岡市から北九州市までは車なら高速道路で1時間、特急電車で1時間前後の距離となっています。北九州にも空港があるので、直接北九州市に向かう方がいいかもしれません。

北九州の観光なら門司港レトロ

Photo by nimame

冬の福岡・北九州市観光で、欠かすことができない観光地といえば「門司港レトロ」でしょう。門司港レトロは、その名の通り、明治や大正時代のレトロな雰囲気の建物が海沿いに広がっているおしゃれな観光地です。焼きカレーやバナナなどが名物グルメなので、食事の際にはこれらを選ぶといいでしょう。

鉄道好きなら九州鉄道記念館

門司港駅や門司港レトロのすぐそばにあるのが、「九州鉄道記念館」です。鉄道や電車が好きな方は、ぜひとも足を運んでほしい観光名所となっています。入館料は大人300円となっていて、明治時代の客車の実物などを楽しめる穴場的な名所です。

北九州の夜景は皿倉山

冬の北九州観光で一泊する場合、八幡東区にある皿倉山からの夜景がおすすめの見どころです。皿倉山の山頂にはケーブルカーや自家用車で行くことができます。新日本三大夜景の一つにも数えられるほど素敵な眺めです。

まとめ

Photo by rail02000

以上、福岡市や北九州市を冬にめぐる際の、おすすめ名所や穴場などの見どころをご紹介してきました。冬ならではの見どころや穴場の名所なども紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。行きたい場所や見どころが1つでも見つかったのであれば幸いです。

sima
ライター

sima

国内の弾丸旅行が好きです。

今、あなたにオススメの記事

関連記事

人気ランキング