大分は温泉だけじゃない!ご当地食材を使った絶品名物グルメ13選

大分は温泉だけじゃない!ご当地食材を使った絶品名物グルメ13選

大分県にはたくさんの名物グルメがあります。大分に絶対に見逃せない名物グルメを厳選して13種類ご紹介します。グルメだけではなく、その食べ物が食べられるレストラン情報もあるので、最後までチェックしてみてくださいね。

記事の目次

  1. 1.大分観光で食べたい名物グルメ!
  2. 2.大分県名産の有名な全国1位グルメ!
  3. 3.大分名物のグルメと有名レストラン【10選】
  4. 4.大分名物の海鮮グルメとレストラン【3選】
  5. 5.おいしいグルメがある大分県とは?
  6. 6.大分名物のグルメを食べに行こう!

大分観光で食べたい名物グルメ!

Photo by yoruwo

九州にある大分県は、別府や湯布院など日本でも有数の温泉街があることで知られ、多くの観光客が訪れます。源泉量・湧出量の両方で日本一です。そんな大分県を観光する中で、食べておきたいおいしい食べ物についてご紹介していきます。どれも大分観光ではかかせないグルメなので、参考にしてみてください。

大分県名産の有名な全国1位グルメ!

Photo byHans

大分県の生産量全国で1位の有名な農産物は干し椎茸です。干し椎茸の中でも高級品として販売される「冬子」が特に名産となっています。カボスも生産量全国1位です。

瀬戸内海に面しているので有名なブランド魚をはじめ、海の幸も豊富になっています。大分県南部で盛んに行われている魚の養殖業での生産量は全国トップ3に入るほどです。

大分名物のグルメと有名レストラン【10選】

Photo by km058

大分県の名物グルメを「10選」と称して順にご紹介していきます。名物グルメのご紹介のみならず、おいしい料理が味わえる人気レストランの情報もあるので、大分旅行の前にチェックしておいてください。

ご紹介するレストランは、どれも有名なお店なので、ハズれることはないでしょう。大分旅行中のランチで訪れてみてください。

大分県の名物グルメ①:別府冷麺

戦時中に満州に赴いていた料理人が1950年に帰国し、別府市内でオープンさせたお店が別府冷麺の発祥です。韓国冷麺との違いは、スープが魚介をベースに和風にアレンジされているところ。

別府冷麺を販売するお店は、別府市内だけで70店舗もあるほど、人気のご当地グルメです。大分旅行で別府市を観光する際は、食べに行ってみてください。

大分県のおすすめ有名店:冷麺•胡月

別府冷麺の有名店といえば「胡月」です。あっさりとした和風スープにモチモチの極太麺が特徴となっています。ランチ時の胡月の店内は常に満席状態です。

2017年に1度閉店しましたが、2代目が味を継いで2018年に復活を遂げました。創業から40年以上の歴史がある老舗の名店「胡月」で、おいしい別府冷麺を味わってみてください。

胡月冷麺

詳細を見る
住所〒874–0919
大分県別府市石垣東8丁目1-26
営業時間11:00~19:00
電話番号0977-25-2735
定休日火曜日

大分県の名物グルメ②:もみじ•鶏の足

もみじは鶏の足のことを指し、大分県日田市のご当地グルメです。もみじの葉のような見た目からその名前がつきました。甘辛く煮た料理なので、お酒の肴にぴったりです。小さな子供から大人まで愛される食べ物で、大分県のソウルフード的存在といえます。大分旅行では、おいしい地酒と一緒にもみじを味わってみてください。

大分県のおすすめ有名店:もみじ•鳥市

大分県日田市の城下町として有名な豆田町にあるのが、おいしいもみじが食べられるお店「鳥市」です。鳥市は創業から70年以上の老舗の鶏肉専門店で、古くから人気のお店となっています。

1パック6本入りで250円・冷凍なので、その場では食べられませんが、滞在先のホテルやお土産用として購入してみてください。もみじ以外にも鶏肉料理があります。

鳥市本店

詳細を見る
住所〒877-0005
大分県日田市豆田町8-38
営業時間9:00~19:00
電話番号0973-22-2786
定休日なし

大分県の名物グルメ③:中津からあげ

中津からあげは全国的にも有名な大分県のご当地グルメです。他県でも中津からあげの専門店がオープンする程、人気のおいしいからあげとなっています。

戦後から中津からあげは人気料理ですが、その名前が付いたのは2003年に老舗からあげ店の「森山からあげ店」が、新店舗オープンの際に「中津からあげ」とメニューに記したことからでした。

大分県のおすすめ有名店:総本家もり山

中津からあげの名付け親である「森山からあげ店」は、現在「総本家もり山」と名称を変えて大分県を中心に他県にも進出しています。

初代店主はお店をオープンさせる前に10年以上もの間、養鶏場を営んでいた経験があるので、プロが選んだ鶏を使って作られるからあげは絶品です。50年以上守り続けられた、秘伝のニンニクダレが、より一層味を引き立てます。

中津からあげ「総本家もり山」

詳細を見る
住所〒871-0105
大分県中津市三光原口653
営業時間10:00~19:00
定休日なし
電話番号0979-43-2056

大分県の名物グルメ④:雪ん子寿司

雪ん子寿司は寿司という名前ながら海鮮類は1つも使わない料理となっています。大分県特産のしいたけを甘く煮たものに、酢でしめた大根を被せる、大分県佐伯市の郷土料理です。

低カロリーの雪ん子寿司は整腸作用や抗酸化作用、ガン予防にも効果がある健康的な料理となっています。大分旅行の際は雪ん子寿司に挑戦してみてください。

大分県のおすすめ有名店:道の駅やよい

雪ん子寿司で有名なのは「愛の里工房」で作られるものです。「ギャル曽根が選ぶ全国47都道府県の駅弁ランキング」で2位になったり、「全国きのこ料理コンクール」でも最優秀賞を受賞したりしました。

そんな愛の里工房の雪ん子寿司は、大分県佐伯市の道の駅やよいで購入可能です。佐伯市のご当地グルメを食べてみてください。

道の駅やよい

詳細を見る
住所〒876-0112
大分県佐伯市弥生大字上小倉898-1
営業時間8:30~17:30
電話番号0972-46-5951
定休日なし

大分県の名物グルメ⑤:日田焼きそば

大分県日田市の名物グルメ、日田焼きそばは大分県を代表するB級グルメです。昭和30年代から普及したこの料理が他の焼きそばと違う点は、作り方にあります。

日田焼きそばは、鉄板で麺がパリパリになるまで焼くので他にはない食感です。「もやし」や「豚肉」と共に濃厚なソースをかけて食べるのが日田焼きそば流となっています。

大分県のおすすめ有名店:想夫恋総本店

大分県日田市に昭和32年に創業した「想夫恋総本店」は、焼きそば専門のレストランです。全国展開していますが、本店は日田市にあります。特徴は自社製造の麺ともやしです。

特徴は自社製造の麺・もやし、豚肉にも大分県産の「和豚もち豚」を使用しています。注文が入ってから茹でて、鉄板でパリパリに焼きあげる作り方です。芳ばしい香りのするおいしい日田焼きそばが味わえます。

想夫恋総本店

詳細を見る
住所〒877-0037
大分県日田市若宮町416-1
営業時間11:00~22:00
電話番号0973-24-3188
定休日なし

大分県の名物グルメ⑥:大分ブランド牛•豊後牛

豊後牛は大分県で生産される黒毛和種の有名なブランド和牛です。全国和牛能力共進会などの大会で、賞を受賞した和牛の血筋が多く、豊後牛の評価は高くなっています。肉質基準をクリアした肉のみに「豊後牛」の名前が与えられますが、その中でも肉質等級が4等を超える最高級の肉の名前は「おおいた豊後牛•頂」です。

大分県のおすすめ有名店:そむり

豊後牛のステーキ専門レストラン「そむり」は、厳選したこだわりの食材で作られる豊後牛ステーキがおいしいお店です。創業30年以上の老舗のそむりは、鉄板焼きの店なので熱々の豊後牛が楽しめます。

別府本店以外に大分市にも店舗があり、大分旅行では大分市内観光と別府観光のどちらでも味わえるので、豊後牛を堪能してみてください。

そむり

詳細を見る
住所〒874-0920
大分県別府市北浜1丁目4-282F
営業時間11:30~13:30/17:00~20:30
電話番号0977-24-6830
定休日月曜日

大分県の名物グルメ⑦:だんご汁

だんご汁は大分県の郷土料理で、九州を中心に他県でも食べられている有名な食べ物です。大分県以外の九州の県では「だご汁」とも呼ばれます。だんご汁の大きな特徴は小麦粉で作られた平たい麺が入っていることです。味噌か醤油がベースになった汁に、麺の他にはゴボウなどの野菜が入っていて「豚汁に似た味」ともいえます。

大分県のおすすめ有名店:甘味茶屋

別府市の緑あふれるエリアに店を構える「甘味茶屋」は観光客をはじめ、地元の人達も多く訪れる人気店です。古民家のような店構えで、店内も温かい雰囲気になっています。

1番おすすめのメニューは「名物だんご汁と天むすびのセット」です。別府観光の際は甘味茶屋でだんご汁を食べながら、ゆっくりとした時間を過ごしてみるのもおすすめ。

甘味茶屋

詳細を見る
住所〒874-0835
大分県別府市実相寺
営業時間10:00~20:30
電話番号0977-67-6024
定休日なし

大分県の名物グルメ⑧:郷土料理•とり天

今では全国的に広く食べられている「とり天」ですが、実は大分県中部の郷土料理です。1926年に現在の別府市浜町のある場所で開業した「レストラン東洋軒」が、とり天の発祥と言われています。

全国チェーンの有名ファストフード店などでは地域限定メニューとして、とり天を使ったハンバーガーが作られるなど、とり天は長い間人気のある食べ物です。

大分県のおすすめ有名店:レストラン東洋軒

大分旅行でとり天を食べられるならおすすめは、とり天発祥の「レストラン東洋軒」です。別府市にある東洋軒では、衣に水を一切使わずに卵だけで揚げられるので、黄金色に輝くおいしいとり天が味わえます。

とり天をつけるタレは、普通のソースではなく大分県名産のカボスを使ったカボス醤油です。あっさりとしたカボスの風味あるとり天が楽しめます。

レストラン東洋軒

詳細を見る
住所〒874-0919
大分県別府市石垣東7丁目8-22

営業時間11:00~22:00
電話番号0977-23-3333
定休日なし

大分県の名物グルメ⑨:吉野鶏めし

吉野鶏めしは大分県の郷土料理で「大分県一村一品」にも登録されています。大分県大分市吉野地区の食べ物です。ゴボウと鶏肉で作られる伝統的な味を後世に継ぐために「吉野鶏めし保存会」もできました。

人気漫画「美味しんぼ」でも紹介された吉野鶏めしは、知る人ぞ知る大分県のおいしいグルメです。大分市を観光の際は食べてみてください。

大分県のおすすめ有名店:吉野鶏めし保存会

吉野鶏めし保存会では鶏めしを製造し、大分県内のスーパーや全国のデパートで販売もしています。大分県大分市吉野地区では、吉野鶏めし保存会の直売所があるので、おいしい鶏めしを製造者から直接、購入が可能です。

営業時間は7時から15時までなので、お昼以降に訪れる予定の方は注意してください。2個入り216円からお買い求めできます。

吉野鶏めし保存会

詳細を見る
住所〒879-7875
大分県大分市大字吉野原278

営業時間7:00~15:30
メールアドレス097-595-0332
定休日なし

大分県の名物グルメ⑩:地獄蒸しプリン

大分県別府市は日本屈指の温泉旅行スポットとして、多くの観光客が訪れます。そんな方々におすすめしたいのが別府名物の「地獄蒸しプリン」です。最初は別府市明礬温泉で、温泉から湧き上がる蒸気を使って作られました。今では別府観光の楽しめの1つとして大人気です。

大分県のおすすめ有名店:岡本屋

岡本屋は地獄蒸しプリンを販売しているお店の中でも特に有名です。毎朝、温泉の蒸気を使ってプリンが作られています。味は期間限定のイチゴ味プリンを含めて6種類あるのも大きな魅力の1つです。

昭和63年から変わらない製造方法で職人によって1つずつ手作りされる地獄蒸しプリンは「別府での温泉旅行にはかかせない食べ物」といえます。

岡本屋売店

詳細を見る
住所〒874-0843
大分県別府市明礬3組
営業時間8:30~18:30
電話番号0977-66-6115
定休日なし

大分名物の海鮮グルメとレストラン【3選】

Photo by merec0

大分県は瀬戸内海に面しているため、豊富な海鮮グルメがあり、海面生産額は全国10位です。その中でも大分県の代表的な3つのブランド魚「城下かれい•関アジ•津久見まぐろ」について、ご紹介していきます。ブランド魚が食べられるおいしいレストランの情報もあるので、チェックしてみてください。

大分県の海鮮グルメ①:城下かれい

城下かれいは、大分県速見郡日出町で漁獲される「マコガレイ」のことです。旬は産卵に向けてのシーズンである4月から9月で、特に5月から7月は美味しくなっています。江戸時代、日出藩が徳川幕府に献上していた食べ物です。

刺身や揚げ物•煮付け料理など、どんな風に調理しても美味しくいただける魚で、古くから大分県ではよく親しまれてきました。

大分県のおすすめ有名店:能良玄家

能良玄家の1番のおすすめは、城下かれいの刺身です。お店の職人によって古くから伝わる、二段引きという切り方で捌かれる城下かれいは、特製のタレをつけて味わいます。タレは大分県の特産品である豊後梅の梅酢を、10年以上店内で寝かせたものです。

刺身以外にも、揚げ物などの1通りの城下かれい料理が楽しめる「城下かれいミニセット」も、おすすめ。

能良玄家

詳細を見る
住所〒879-1506
大分県速見郡日出町2573
営業時間11:00~20:30
電話番号0977-72-2037
定休日なし

大分県の海鮮グルメ②:大分名物関アジ

関アジは大分県大分市の佐賀関で漁獲されるアジで、関サバと共に大分県の高級ブランド魚となっています。関アジが住む海域は、水温の変化が少なく潮流が強いため、ここで育つアジは身が締まったものが多いです。

旬は3月から10月なので、1年の内ほとんどの時期が美味しくいただけます。大分旅行で関アジを食べられる方も安心です。

大分県のおすすめ有名店:関の亭・活丸

関の亭•活丸は新鮮な関アジや関サバが味わえるお店です。地元の漁師からの評判もいいお店なので、かなり期待できますね。ここで味わえる関アジは、とても分厚く身が締まっているので、素材そのままに刺身にして食べられるのがおすすめです。

関の亭・活丸

詳細を見る
住所〒879-2115
大分県大分市大字志生木3114

営業時間11:00~20:00
電話番号097-575-2923
定休日月曜日

大分県の海鮮グルメ③:津久見まぐろ

大分県津久見市は九州でも屈指のまぐろの漁獲量を誇っており、ここで獲られるまぐろは「津久見まぐろ」と呼ばれます。大分旅行の際に津久見まぐろを食べようと計画中の方に、おすすめの食べ方が「ひゅうが丼」です。ひゅうが丼は元々漁師達の漁師飯でしたが、現在は一般的にも食べられる人気ご当地グルメになりました。

大分県のおすすめ有名店:浜茶屋

浜茶屋は大分県のグルメ大会で、金賞を獲得した絶品の「ひゅうが丼」が味わえるお店です。賞を獲得したボリューム満点のひゅうが丼が800円で食べられるのは「コスパもいい」といえますね。

その他には「まぐろのステーキ定食」も大人気です。こちらのお店でも、「大分名産のカボス醤油をつけて食べる」のがこだわりの食べ方となっています。

浜茶屋

詳細を見る
住所〒879-2401
大分県津久見市大字千怒6029−1

営業時間11:00~14:30/17:00~20:00
火•水•木曜日ランチ営業のみ
電話番号0972-82-8302
定休日月曜日

おいしいグルメがある大分県とは?

Photo by hiroooooki

「日本一のおんせん県おおいた」というキャッチフレーズでPRしている大分県は、その名の通り温泉が有名な県です。大分県の人口は47都道府県で33番目の多さで、九州7県の中では5番目と多くはありません。

県内にはJR線やロープウェイ・ケーブルカーなどがあり観光に訪れる際は、公共交通機関での移動が可能です。大分空港もあるので空からもアクセスできます。

おいしい食べ物がある大分県の地理

Photo by km058

大分県の地理は西部や南部には大きな山が多くあり、中部は平野が広がっていて東部は瀬戸南海に面しているので、海の幸をはじめ、豊富な自然からたくさんのおいしい食べ物が生まれます。

県を挙げて実施された「一村一品運動」によって、各地で名産品を生み出す試みがされているので、大分県は今後新しいグルメが生まれるかもしれない大注目の県です。

大分名物のグルメを食べに行こう!

Photo by hans-johnson

大分県には多くのおいしい食べ物がありましたね。どれも大分旅行の際はぜひ食べておきたいグルメです。ここでご紹介したレストランは有名な人気店ばかりなので、行列に遭遇してしまうかもしれません。

ですが、そこで味わえる食べ物は絶品なので、きっと大分旅行がより素晴らしい思い出になるでしょう。

サエキ
ライター

サエキ

世界21ヶ国を旅した末に、現在カンボジアに住んでいます。でも結局ハワイが1番好きです。

関連記事

人気ランキング