冬の大分でおすすめの観光スポット23選!人気観光地の冬の楽しみ方をご紹介!

冬の大分でおすすめの観光スポット23選!人気観光地の冬の楽しみ方をご紹介!

湯けむり立ち込める冬の大分観光。寒い冬でも大分観光を楽しむためのおすすめ観光スポットを23カ所ご紹介していく記事です。温泉からテーマパーク、パワースポットまで幅広くさまざまな楽しみ方ができる有名観光地をご紹介していきます。

目次 [表示]

冬の大分観光は温泉やテーマパークで楽しもう

Photo by 狗骨頭

「寒い冬にぴったりな大分の見どころを知りたい」「できるだけ室内で温かく名所を楽しみたい」。この記事では、そんな方のために、冬の大分観光名所について紹介をしてまいります。有名な温泉から、冬でも楽しめるテーマパークまで、幅広く紹介していますので、ぜひ最後までお読みください。

冬の大分の温泉めぐり観光:6選

寒い時期、冬の大分観光でまず思い浮かぶのは、温泉地めぐりではないでしょうか。大分には別府温泉や湯布院温泉など、有名で人気な観光地が数多く存在しています。名所から穴場まで、じっくりご紹介してまいります。

有名観光地・別府八湯を楽しむ

大分のみならず日本国内でも屈指の温泉街として知られているのが、別府市です。別府には、泉質や歴史がそれぞれ違う温泉街が8つあり「別府八湯」と呼ばれています。今回の記事では、別府八湯の中でも特に観光でおすすめの温泉を紹介していきます。

おすすめスポット1:竹瓦温泉で入浴と砂湯

別府八湯の中で「別府温泉」に位置づけられるエリアには、昔ながらの歴史ある公衆浴場「竹瓦温泉」(たけがわらおんせん)があります。温泉の入浴料はわずか110円。深めの浴槽で洗い場にはシャワーや鏡などがない非常にシンプルな温泉です。1,050円出せば、温泉の蒸気で温められた砂の中で蒸される「砂湯」も楽しめます。全国でも体験できるところが少ない砂蒸し温泉を、ぜひ堪能してみてください。

おすすめスポット2:鉄輪むし湯が楽しい

別府八湯で「鉄輪温泉」(かんなわおんせん)に位置づけられる鉄輪エリアには、510円で蒸し風呂が体験できる「鉄輪むし湯」があります。特別な薬草が敷き詰められた床の上に10分前後横たわり、汗をたくさん流す楽しい温泉です。むし湯の後は、通常の温泉にもつかることができます。スチームサウナが好きな人には特におすすめしたい日帰り温泉です。

別府の温泉は日帰り入浴で楽しめる

別府には数多くの公衆浴場や温浴施設が立ち並んでいます。温泉地の中には、日帰り入浴を受け付けていないところもあります。しかし、別府のお湯は大半が日帰りで入浴できるので、温泉めぐりに最適なスポットと言えるでしょう。別府のホテルや旅館の温泉は、日帰り入浴できるところとできないところがありますので、お目当ての温泉がある場合、事前に公式サイトや電話などで確かめるようにしましょう。

おすすめスポット3:湯布院温泉を楽しむ

別府市の隣にある由布市は、湯布院温泉が見どころとなっている温泉の町です。湯布院温泉街は、別府の猥雑でレトロな雰囲気と対照的で、おしゃれで現代的な、女子ウケのよい温泉街となっています。温泉だけでなく、街道沿いにある美術館や土産物屋などが見どころとなっている有名観光地です。

おすすめスポット4:湯平温泉で『千と千尋の神隠し』の雰囲気に浸ろう

由布院駅から2駅、湯布院のメイン温泉街から20キロメートルほど離れた場所には、『千と千尋の神隠し』っぽいと話題の穴場的な名所「湯平温泉」があります。石畳の坂や階段が、赤い提灯で照らされてとても幻想的な風景を作り出しています。湯平温泉には、日帰り入浴できる施設も多数ありますので、温泉に入りがてら、この幻想的な風景を楽しんでみてはいかがでしょうか。

おすすめスポット5:長湯温泉の炭酸泉でじっくり温まろう

健康意識の高まりでここ数年人気を増している観光地が、大分県竹田市にある「長湯温泉」です。長湯温泉の泉質は炭酸泉で、炭酸飲料をあけたときのようにお湯から炭酸成分が溶け出てきます。長湯温泉は、日帰り入浴の施設が大半なので昼間に訪れて温まるようにするといいでしょう。

炭酸泉のココがすごい!効能について

炭酸泉は、通常の温泉と比べて血流を良くする効果に優れている温泉です。数分つかっただけで血の巡りがよくなるため、海外では血管系の疾患治療にも用いられているほどです。長湯温泉は、ラムネのように高濃度の炭酸成分が溶け込んでいます。お湯の温度が低く、その名の通り「長湯」できるので、ゆっくりつかって冬の凍えた体を温めるといいでしょう。

おすすめスポット6:温泉なのに冷たい!寒の地獄温泉が楽しい

大分県の九重町にある寒の地獄旅館は、「寒の地獄温泉」を日帰りで体験できる穴場的な観光地です。その名の通り、温泉の温度は14度。スーパー銭湯の水風呂並みの冷たさです。寒の地獄温泉だけにつかると体が凍えますので、ストーブの効いた部屋と交互に入浴します。最近話題の交互浴が温泉でできるのが「寒の地獄温泉」なのです。寒さ際立つ冬に入れば、自律神経が整うこと間違いなしでしょう。

冬の大分地獄めぐり観光:4選

寒い冬には湯けむりがより一層映えますよね。冬の大分といえば、別府の地獄めぐりは外せない人気の観光地です。別府には10ヶ所以上の地獄がありますが、その中でも特に特徴的で人気のあるスポットをご紹介してまいります。

おすすめスポット7:コバルトブルーの名所・海地獄

Photo by Travel-Picture

別府の地獄の中で、最も広くて人気があるのがコバルトブルー色のお湯が特徴的な「海地獄」です。「地獄」という呼び名にふさわしくないほど美しい景色を堪能できる観光地。大分の地獄の中でも国指定の名勝に指定されている地獄です。敷地内には、温泉でオニバスが育てられている温室もあり、売店も地獄の中で最も充実した品ぞろえとなっています。

おすすめスポット8:お湯が血の色・血の池地獄

海地獄とは対照的に、「地獄」という呼び名にふさわしい、真っ赤な血の色をしたお湯が噴き出ているのが「血の池地獄」です。こちらも国指定の名勝に選ばれている地獄で、美しい赤い色が見どころとなっています。酸化鉄などを含んだ熱い泥が噴き出る光景は、この世のものとは思えないほどで、まさしく「地獄」と表現するのにふさわしいですね。

おすすめスポット9:鬼山地獄はワニ地獄

別府地獄組合に所属している7つの地獄のうちでも、特に特徴的なのが「鬼山地獄」です。ここはお湯が噴き出ている地獄自体よりも、ワニが見どころとなっています。地獄の熱を利用して、70匹ものさまざまな種類のワニが飼育されています。まさに「地獄」といった雰囲気の観光地だといえるでしょう。鬼山地獄は国の名勝には指定されていません。

おすすめスポット10:間欠泉を観測できる龍巻地獄

国の名勝に指定されている別府の4つの地獄のうちの1つが「龍巻地獄」です。ここは、お湯が噴水のように吹きだす間欠泉スポットとなっています。吹きだす時間は30~40分ごとです。タイミング次第では30分ほど時間を潰さなければならないのが難点といえるでしょう。

地獄観光は日帰りOK

別府の地獄めぐりは、別府地獄組合に属している地獄だけでも7ヶ所もあります。しかし、地獄が点在しているエリアは思いのほか密集していますし、1つ1つを巡る所要時間は思ったより長くありません。ですから、日帰り旅行の時間がない旅程でも、地獄めぐりを楽しむことができます。日帰りの場合、時間の予測が難しい龍巻地獄(間欠泉)だけを除外したコースがおすすめです。

冬の大分観光にはテーマパークがぴったり:5選

寒空の下、外を観光するのはなかなかつらいものがありますよね。そんな冬の大分観光には、屋内で楽しめるテーマパークがおすすめです。大分県は、動物園や水族館、遊園地などのテーマパークが九州の中でも特に充実しています。以下では、冬の大分観光に最適なテーマパークをご紹介してまいります。

おすすめスポット11:自家用車でぬくぬく観光!アフリカンサファリ

「九州自然動物公園アフリカンサファリ」は、車に乗りながら、動物が放し飼いされているエリアを回ることができる人気の有名観光地です。自家用車でそのまま入ることもできますし、別途料金を支払って檻のようになっているジャングルバスで回ることも可能です。寒い冬の場合、自家用車で窓をしめて観光できるのでぬくぬくと大自然の中での動物たちを満喫できます。

おすすめスポット12:九州屈指の水族館「うみたまご」

「大分マリーンパレス水族館 うみたまご」は、大分市と別府の間に立地している九州でも屈指の人気と規模を誇る名所の水族館です。見どころは巨大な大回遊水槽。さまざまな種類の魚が共存していて、サメなどの大型魚から小さな魚までウォッチングすることができます。お子さん連れからカップルでのデートまで、幅広い層が楽しめること間違いなしですよ。基本は屋内での観光となりますので、冬でも温かく楽しめます。

うみたまごのバックヤードツアーが穴場的な面白さ

うみたまごで特におすすめしたい穴場的な人気のツアーが、毎日2回実施される「バックヤードツアー」です。わずか1,000円で参加できるこのツアーは、水族館の裏側に入って、水族館運営の裏側を垣間見ることができます。全国でもバックヤードツアーを毎日実施している水族館は珍しいので、お時間がある方はぜひ申し込んでみて参加しましょう。

バックヤードツアー | 大分マリーンパレス水族館「うみたまご」公式サイト | 大分観光
「動物となかよくなる」がテーマの水族館「うみたまご」は、目の前に広がる豊後水道に生息する魚介類をはじめ、セイウチやイルカなどの様々な生き物たちに出会うことができます。

おすすめスポット13:野生の猿に遭遇!高崎山自然公園

大分市と別府市の間、うみたまごのすぐそばにある「高崎山自然公園」は、野生の猿の群れと触れ合える人気の観光地です。猿といえば動物園の猿山を思い浮かべる方も多いでしょう。高崎山では、檻に入っていない野生の状態の猿を間近で観測することができます。野生とはいえ、人気の観光地なので、猿たちは人に比較的慣れており、比較的安全に猿ウォッチングが可能です。

おすすめスポット14:昭和のレトロさを堪能できる「昭和の町」

大分県の北部・豊後高田市にある楽しい有名観光地が「昭和の町」です。昭和の町は、昭和の雰囲気を残した施設やお店が多数あり、まるで昭和にタイムスリップしたかのような感覚で楽しい時間を過ごすことができます。昭和の町の中にある「昭和ロマン蔵」には、昭和の商品などを集めた博物館やギャラリーが取り揃えられています。昭和生まれだけでなく、平成生まれの方も楽しめることが間違いなしです。

昭和の町商店街で給食を食べよう

昭和の町は、有料テーマパークの「ロマン蔵」だけでなく、無料で見て回れる商店街も大きな魅力です。昭和から実際に営業を続けている各種の商店が、商店街には軒を連ねています。そんな商店街の中には、昭和風の学校給食を提供するお店もあります。「カフェ&バーブルヴァール」では、実際小学校で使われていた机とイスで、揚げパンやクジラ肉などの懐かしいメニューを堪能できますよ。

カフェ&バー ブルヴァール (Cafe Bar BOULEVARD) - 宇佐/カフェ [食べログ]
カフェ&バー ブルヴァール/Cafe Bar BOULEVARD (宇佐/カフェ)の店舗情報は食べログでチェック! 口コミや評価、写真など、ユーザーによるリアルな情報が満載です!地図や料理メニューなどの詳細情報も充実。

おすすめスポット15:冬の寒さも吹き飛ぶ楽しさ!城島高原パーク

城島高原にある遊園地「城島高原パーク」は、九州内でも最大級の遊園地です。冬の寒空で屋外のテーマパークで遊ぶのは少しハードルが高いかもしれませんが、絶叫マシーンや各種アトラクションで遊んでいると、冬の寒さも気にならないほど楽しめるものです。楽しい人気の有名遊園地ですので、お子さん連れやカップルの方は足を運んでみてはいかがでしょうか。

冬の大分イルミネーション観光:2選

冬といえばイルミネーション観光をはずすことはできませんよね。LEDで彩られた景色をみれば、心も体も温まってきます。以下では、冬の大分県にいったら足を運びたい、楽しいイルミーションの見どころ・名所をご紹介いたします。

おすすめスポット16:別府の杉乃井ホテルが楽しい

大分屈指のイルミネーションスポットとして有名なのが、ここ最近別府で一番人気のホテルとしても名高い「杉乃井ホテル」です。杉乃井ホテルは、巨大な温泉施設や充実の食事・各種サービスなどが注目されているホテルです。

冬の杉乃井ホテルはイルミネーションが見どころ

杉乃井ホテルでは、冬だけでなく一年をとおして イルミネーションを楽しめます。600メートルの道路沿いに、キレイであざやかなイルミネーションが飾り付けられているので、宿泊客でなくとも楽しめるスポットとなっています。これらの電球は、なんと杉乃井ホテルが自前で稼働させている地熱発電所の電力でまかなわれています。

杉乃井ホテルの温泉・棚湯が楽しい

杉乃井ホテルに足を運んだら、ぜひとも杉乃井ホテル自慢の温泉「棚湯」に入浴しましょう。棚湯には、宿泊客だけでなく日帰りでも入浴できる巨大露天風呂です。棚田のように細かく区切られた巨大な浴槽は、ここでしか味わえません。別府の景色を見下ろせるので、楽しい気持ちになること間違いなしですよ。

おすすめスポット17:お子さんと一緒にハーモニーランドへ

大分冬のイルミネーションスポットとして、ハーモニーランドも忘れてはなりません。ハーモニーランドは、サンリオをテーマとした遊園地で、お子さんやカップル連れ・女子旅などで人気の見どころ・スポットです。

ハーモニーランドのイルミネーションは見応えあり

11月中旬から1月中旬にかけて、サンリオキャラクターパークのハーモニーランドでは、大規模なイルミネーションが展開されます。2018年のイルミネーションでは、120万球ものLEDが園内を幻想的にともしました。クリスマスや新年など、期間に合わせた装飾がほどこされますので、何回行っても楽しめるイルミネーションとなっています。

冬の大分夜景が楽しいスポット:3選

冬は夏より空気がすんでいるため、「夜景を観測するのにちょうどいい」と言われています。そこで、以下では冬の大分観光で訪れたい夜景の名所についてご紹介していきます。

おすすめスポット18:別府・鉄輪温泉街を間近に観測できる湯けむり展望台

冬の大分の夜景スポットで、まずご紹介したいのが、別府市の湯けむり展望台です。別府屈指の温泉街・鉄輪温泉を間近から望める展望台です。温泉街から立ち込める湯けむりをはっきりとおさめられますし、夜景との距離が近いためスマホのカメラなどでも美しい夜景が取れます。インスタ映えしやすい名所といえるでしょう。歩いて登れないこともないのですが、駐車場が併設されていますのでレンタカーで移動することをおすすめします。

おすすめスポット19:12万人都市別府を一望できる十文字原展望台

大分の別府市は、意外と人口が多く、12万人を抱えています。その12万人が生活している範囲を一望できる夜景スポットが、十文字原展望台です。冬の済んだ空気公共交通機関でのアクセスはしづらいし徒歩での移動も無理なため、レンタカーや自家用車で訪問するのがおすすめです。

おすすめスポット20:別府湾サービスエリアからの美しい夜景

「展望台まで登るのはちょっと…」という方もいらっしゃるかもしれません。そんな方には高速道路の別府湾サービスエリアがおすすめです。別府湾サービスエリアは、夜景も見どころのスポットなのです。十文字原展望台から望むのと近い俯瞰からの美しい夜景が堪能できますよ。

冬に負けないパワー!パワースポットめぐり:3選

冬は何かとパワーを消耗しがちですよね。そんなときに巡りたいのがパワースポット。冬の寒さに負けないパワーをありがたい有名スポットでいただいてみてはいかがでしょうか。以下では、冬の大分で観光しておきたいパワースポットをご紹介いたします。

おすすめスポット21:宇佐神宮は八幡神社の総本山

大分県北部の宇佐市にある宇佐神宮は、全国に44,000社もある八幡神社の総本山として知られる有名な神社です。本殿は国宝に指定されています。敷地は広大で、上宮から下宮へと順番に参拝していくこととなります。通常の神社と異なり、2拝2拍手1拝ではなく、2拝4拍手1拝するのが作法なので気をつけるようにしましょう。

宇佐でUSAを感じよう

宇佐神宮がある宇佐市は、ローマ字で表記すると「USA」となり、アメリカ(USA)とかけられます。そのため、アメリカっぽさが観光名所の各所に取り入れられています。JR宇佐駅の駅名標は、アメリカ国旗っぽいカラーリングとデザインになっており、とてもインスタ映えするスポットです。宇佐駅から降り立つと、向かいの山に「USA」の文字が見えるはずです。USAにこだわる宇佐市。宇佐神宮もありますし、ぜひ足を伸ばしてみてください。

おすすめスポット22:湯気が幻想的な湯布院の金鱗湖

湯布院(由布市)にある金鱗湖は、湯布院の観光用の街道の終点として有名です。金鱗湖は冬の朝霧が見どころとなっています。冬の寒い時期の朝、金鱗湖と大気との気温差で、霧が発生し、幻想的な風景を作り出すのです。冬の湯布院に宿泊で観光している方は、ぜひこの現象を観測すべく早起きしてみてください。朝霧立ち込める金鱗湖から、パワーをいただきましょう。

おすすめスポット23:国宝・磨崖仏の臼杵石仏

大分県南部の臼杵市(うすきし)には、「臼杵石仏」があります。これは、岸壁に掘られた石仏で「臼杵磨崖仏」とも呼ばれています。国宝にも指定されているありがたい石仏で、リストラにきくパワースポットとしても知られているんです。大分県南部には、臼杵石仏の他にもたくさん磨崖仏があるので、これらを巡るプランを組んでみるのも面白いかもしれません。

冬の大分観光まとめ

Photo by hans-johnson

以上、冬の大分観光をテーマに、さまざまな有名観光地や見どころなどをご紹介してきました。一つ一つのスポットは日帰りでも楽しいです。冬の大分は、観光名所が多いので、じっくりと1泊・2泊以上でも観光できるのが魅力です。この記事を読んで、冬の大分に観光しにいってみたいと思ってくださったのであれば幸いです。

sima
ライター

sima

国内の弾丸旅行が好きです。

関連記事

人気ランキング