×

冬の山口観光地ランキング12!人気の名所やおすすめスポットをご紹介!

冬の山口観光地ランキング12!人気の名所やおすすめスポットをご紹介!

グルメも観光も盛りだくさんの冬の山口県。この記事では、冬も楽しめる山口県の観光地をランキングにまとめました。歴史豊かな山口県には見どころいっぱいあります。その中から特に冬に魅力的なスポットをランキングにしてお届けします。

目次 [表示]

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業などが行われている場合があります。最新情報は公式サイト・SNSなどをご確認ください。

冬の山口は魅力いっぱい!山口観光に出かけよう!

本州最西端の地「山口県」は、日本海、瀬戸内海、響灘という3つの海に面する自然の宝庫です。ふぐやハマチなど山口県を代表する鮮魚など、とびっきり美味しい冬のグルメも豊富。県内には風光明媚な史跡や観光スポットが多く、冬の観光も十分に楽しめます。ぜひ魅力がいっぱいつまった冬の山口県を訪れてみませんか。

冬の山口人気観光地・日帰り名所ランキング第12位:防府天満宮

日本で最初に創建された天神様「防府天満宮」は、学問の神様「菅原道真」を祀っています。また「日本三大天神」のひとつに数えられ、北野天満宮(京都)、太宰府天満宮(福岡)とともに有名です。防府天満宮は梅や桜の名所としても広く知られ、高台からの眺めも素晴らしい天神様です。

防府天満宮の見どころは?

学問の神様と梅まつり

日本で最初に菅原道真を祀った「防府天満宮」。学問の神様のご利益にあやかろうと、日本全国から受験生が合格祈願にやってきます。「梅は天神様のシンボル」と言われるように、境内には1,100本を超える梅の木が見事です。冬の2月から3月に行われる梅まつりでは、毎年多くの人で賑わい楽しまれています。

防府天満宮のおすすめスポット

絶景の「春風楼」

当初五重塔を建てる予定が途中でとん挫し、楼閣になったという場所です。明治6年に二層の楼閣様式として誕生し、国の登録有形文化財となっています。春風楼は本殿より高い位置にあるという、珍しい造りになっているのも見どころ。高台にある「春風楼」からは一年を通して景色が堪能でき、時を忘れて眺めてしまうほどの美しさです。

防府天満宮

住所:山口県防府市松崎町14-1
アクセス:山陽本線防府駅から徒歩約15分

冬の山口人気観光地・日帰り名所ランキング第11位:萩温泉郷

萩は2004年に「はぎ温泉」が掘削され温泉郷となりました。城下町の便利な場所にあり、散策の合間に気軽に立ち寄れるとあって観光客にも人気。上質な天然温泉で体の芯からポカポカ、お風呂からの景色も素晴らしく贅沢な気分です。冬の幕末・維新の歴史散歩を楽しんだあとは、「萩温泉郷」で旅の疲れをゆっくり癒しましょう。

萩温泉郷の見どころは?

時空を超えてタイムスリップ

萩は「維新のふるさと」や「屋根のない広い博物館」といわれほど、見どころあふれる土地です。萩温泉郷周辺にも日本の歴史を動かした重要な名所がたくさんあります。志士達ゆかりの場所や神社仏閣など、歴史的な舞台に思いを馳せてのまち歩きはいかがですか。知れば知るほど何度でも訪れたくなってしまう魅力的な場所です。

萩温泉郷のおすすめスポット

絶景の湯「はぎ温泉」

「萩観光ホテル」の「はぎ温泉」は萩温泉郷8つの源泉のうちのひとつです。ホテルは萩湾などの日本海の素晴らしい絶景を眺められる小高い丘にあります。日帰り湯も可能な自慢の展望露天風呂からは、ダイナミックな夕日が堪能できるのでおすすめです。夕暮れから夜にかけて贅沢な時間が過ごせる萩を代表する癒しの湯です。

萩観光ホテル

住所:山口県萩市椿東1189-541
アクセス:小郡萩道路「絵堂インター」より車で約40分

冬の山口人気観光地・日帰り名所ランキング第10位:海峡ゆめタワー

関門海峡で一番目立つ建物「海峡ゆめタワー」。全方向が見渡せるガラス張り展望室からは、関門海峡の絶景を堪能することができます。タワー全体は毎晩ライトアップされ、また曜日ごとにカラーが変わるというとても凝った演出。灯台をイメージしたというタワーは、中から見ても外から眺めても楽しめる人気絶景スポットです。

海峡ゆめタワーの見どころは?

ガラス張りの「展望室」

海峡ゆめタワーに来たら、ぜひ28階と30階にある展望室へ行きましょう。最上階の展望室は地上から143メートルの高さにあり、シースルーのエレベーターでは70秒ほど。はるか瀬戸内海や巌流島、響灘や日本海などを一望できる壮大な風景は圧巻です。全面ガラス張りの展望室からは余すところなく下関の魅力を堪能できるでしょう。

海峡ゆめタワーのおすすめスポット

デートにおすすめ「恋人の聖地」

美しい夜景が楽しめる「海峡ゆめタワー」は、山口県初の「恋人の聖地」に認定されています。展望室がある28階には「縁結び神社」が設置され、当たると評判の恋みくじが人気。恋人の聖地らしく、ハート形の南京錠も取り付けられます。冬のキラキラとした夜景が思い出に残り、ふたりの絆もさらに深まるでしょう。

海峡ゆめタワー

住所: 山口県下関市豊前田町3-3-1
アクセス:中国自動車道「下関インター」より車で約15分

冬の山口人気観光地・日帰り名所ランキング第9位:松下村塾

「松下村塾」とは幕末に吉田松陰が主宰し、多くの維新の志士を育てた私塾です。松陰は塾生を分け隔てなく受け入れ、伊藤博文や高杉晋作など日本を主導した逸材を多数輩出しました。当時の建物が修復された「松下村塾」は、松陰神社の境内にあり世界遺産に認定されています。明治維新をおこし日本の原動力になった志士達ゆかりの地です。

松下村塾の見どころは?

現存する建物

建物は当時のまま残る貴重な歴史的遺産で、外から眺めることができます。部屋はもともと8畳のみでしたが、次第に塾生が増えて手狭になったため、10畳半の部屋を増築しました。松陰は一方的な講義はせず、塾生それぞれの個性を重んじたと言われています。松陰がここで人生で教えたのは2年ほどでしたが、のべ90名ともいわれる大勢の塾生から慕われました。

松下村塾のおすすめスポット

松陰神社宝物殿「至誠館」

松陰神社の境内には吉田松陰ゆかりの品などを展示している「至誠館」があります。安政の大獄で処刑された吉田松陰の人生について、パネルでわかりやすく解説しています。有料展示室では遺墨や遺品類があり、なかでも処刑前日に書かれた「留魂録」は必見です。この遺書は当時塾生の中で回し読みされ、維新の原動力になったと言われています。

松下村塾

住所:山口県萩市大字椿東船津1537
アクセス:JR山陰本線東萩駅より徒歩約10分

冬の山口人気観光地・日帰り名所ランキング第8位:海響館

「海のいのち・海といのち」をコンセプトに、550種類約25,000点の海の生物を展示している水族館です。空飛ぶペンギンやスナメリのバブリングなど見どころもたくさん。季節ごとにさまざまなイベントがあり、大人もこどもも楽しめます。下関の特色を活かし「楽しく」「面白く」「学ぶ」という海の教育にも力を入れている水族館です。

海響館の見どころは?

日本最大級のペンギン展示施設「ペンギン村」

海響館では可愛いペンギンがたくさん見られるとあって人気です。年間を通してさまざまな人気イベントがある海響館ですが、なかでも冬季限定のペンギンガイドツアーもそのひとつ。ペンギンの様子を観察したり、ペンギンの行動を学んでみたり。ペンギンに詳しい飼育員ガイドさんと一緒に巡れるツアーは、可愛くて楽しくて面白いですよ。

海響館のおすすめスポット

下関ならでは「ふぐの展示」!

海響館では下関らしくフグの展示もあります。世界には440種類のフグ目魚類が生息していると言われ、海響館には常時100種類が展示されています。毒をもつフグ、ふくらむフグ、なかにはミステリーサークルを作るという不思議なフグも!とても面白くて興味深いフグの世界。地域の特色を活かした、ここでしか見られないユニークな展示です。

海響館

住所:山口県下関市あるかぽーと6-1
アクセス:中国自動車道「下関インター」より車で約15分

冬の山口人気観光地・日帰り名所ランキング第7位:青海島(おおみじま)

長門市の日本海側の海岸線全域は、国定公園に含まれている景勝地です。その北端にある「青海島」は、約9,000万年前の火山活動などにより誕生しました。国の名勝・天然記念物にも指定され、切り立った岩の連なりから「海上アルプス」とも呼ばれるほどの美しさ。青く澄んだ海と奇石とのコントラストは、まるで芸術作品のようです。

青海島の見どころは?

遊覧船で奇石を真近に見られます

島の対岸の仙崎港からは、遊覧船で青海島の周囲の奇石を巡ることができます。「夫婦洞」と呼ばれる仲良くならんだ黄金に輝く洞門や、観音様が手を合わせているように見える奇石など見どころもたくさん。洞内を壁面ギリギリに進み、地層まではっきり寄って見学できるのも船ならでは。遊覧船で巡る青海島は、驚きと感動の連続です。

青海島のおすすめスポット

可愛くて楽しい道の駅「センザキッチン」

遊覧船が発着する仙崎港には、「センザキッチン」といわれる可愛い道の駅があります。地元でとれた海の幸やお土産、地酒などが揃っています。また可愛いレストランもあるので、散策後の休憩にぴったりの場所です。購入した食材をバーベキューできる、楽しいスペースもあります。目の前が海で気持ちよく、お洒落で居心地のよい道の駅です。

青海島

住所:山口県長門市仙崎・通
アクセス:中国自動車道「美祢インター」より車で約50分

冬の山口人気観光地・日帰り名所ランキング第6位:日本のクリスマス発祥「山口市」

実は山口市が「日本のクリスマス発祥の地」だったとはご存知でしょうか。それは日本で初めて常設の教会が建てられ、クリスマスミサが行われたという由来から。毎年12月になると山口市は「クリスマス市」に名前を変え、たくさんのイベントが開催されます。ぜひ冬は日本のクリスマス市へ足を運んでみませんか。

日本のクリスマス発祥「山口市」の見どころは?

毎年12月1日のクリスマス市セレモニー

12月1日は山口にて日本で最初にクリスマスを祝った日とされています。「クリスマス市セレモニー」では、聖歌やアーティストとともにテーマソング「きずな」を歌いクリスマス市の誕生を祝います。会場の「山口サビエル記念聖堂」には、多くの人が集まり誰でも自由に参加可能。歴史を感じる厳かなクリスマスのイベントです。

日本のクリスマス発祥「山口市」のおすすめスポット

クリスマスイルミネーション巡り

12月は山口市内のあちこちで、クリスマスイルミネーションを楽しめます。日本にキリスト教を広めたサビエルと、布教を許可した大名・大内義隆の出会いをイメージした「やまぐち光誕祭」。「旧サビエル記念聖堂」のモニュメントや、2本のもみの木に点灯する「クリスマスナイトフェスティバル」など、12月は「クリスマス市」から目が離せません。

山口サビエル記念聖堂

住所:山口県山口市亀山町4-1B
アクセス:JR山口駅より徒歩約15分

冬の山口人気観光地・日帰り名所ランキング第5位:唐戸市場

「関門の台所」とよばれる「唐戸市場」は、業者だけでなく一般客も購入できる嬉しい市場です。下関の代名詞であるふぐやハマチをはじめとした鮮魚類から、野菜などの農産物も売られています。新鮮で安くて美味しい食材がびっしりと並び、どれにしようか目が泳いでしまうほど。地元の人からも観光客からも大人気の「唐戸市場」は必見です!

唐戸市場の見どころは?

買い物は会話を楽しみながら

市場ではお店の人との会話も買い物の楽しみのひとつ。活気ある「唐戸市場」では常に言葉が飛び交い、あたたかくて楽しい雰囲気が漂っています。リラックスしてお店の人と会話をしてみると、魚のプロから良い情報がたくさん手に入るかも。威勢のいい掛け声があちこちから聞こえる「唐戸市場」は、山口の元気スポットです。

唐戸市場のおすすめスポット

週末と祝日のみ開催「活きいき馬関街(ばかんがい)」

「活きいき馬関街」は、旬の魚を安く美味しく食べてもらう楽しいイベントです。金・土・日の週末と祝日のみ開催され、いつも多くの人で賑わっています。中でもイチオシなのが、お寿司のばら売り。ふぐや鯛などの高級魚から珍しい魚まで、好きなだけパックに詰めて買えます。びっくりするくらい新鮮で安くて美味しいですよ。

唐戸市場

住所:山口県下関市唐戸町5-50
アクセス:JR下関駅より車で約10分

冬の山口人気観光地・日帰り名所ランキング第4位:錦帯橋

「錦帯橋」は岩国市にある木造の橋で、日本三名橋や国の名勝にも指定されています。橋は5連のアーチからなり、釘を一本も使わずに造られている世界でも珍しい造りです。1673年に創建されてから、幾度も架けかえられてきました。江戸時代より「山は富士、滝は那智、橋は錦帯」とうたわれた、令和の今も変わらない見事な美しさです。

錦帯橋の見どころは?

雪化粧の錦帯橋

一年を通して素晴らしい眺めの錦帯橋ですが、冬の一面白く染まった錦帯橋は格別の美しさです。温暖な岩国は冬でもあまり雪が降らないため、雪化粧の錦帯橋を見られたらラッキーでしょう。まるで江戸時代にタイムスリップしたかのような風景が楽しめます。また錦帯橋はライトアップもされるので、夜の散歩もおすすめです。

錦帯橋のおすすめスポット

岩国城から眺めてみよう

橋から吉香公園前まで10分ほど歩くと、岩国城へのロープウェイ乗り場があります。標高200メートルの城山頂上駅までは、ロープウェイでおよそ3分。車内からも絶景を眺めることができますが、岩国城からの眺めはさらに格別です。見晴らしの良い天守閣からは、錦帯橋や瀬戸内海の絶景を存分に堪能できるでしょう。

錦帯橋

住所:山口県岩国市岩国1-2
アクセス:岩徳線川西駅より徒歩約15分

冬の山口人気観光地・日帰り名所ランキング第3位:元乃隅(もとのすみ)神社

枕元にあらわれた白狐のお告げにより、昭和62年から10年かけて建てられた神社です。全長はおよそ100メートル。日本海に向かってそびえる123もの朱色の鳥居は、ただただ圧巻です。アメリカのテレビ局CNN発表「日本の最も素晴らしい場所36選」に選ばれたのも納得の美しさ。商売繁盛や海上安全などを願う、今世界も大注目のパワースポットです。

元乃隅神社の見どころは?

豪快で神秘的な「龍宮の潮吹」

鳥居の先には「龍宮の潮吹」と呼ばれる名勝があります。「龍宮」という洞に入った波が轟音とともに高く吹き上がるようすから「龍宮の潮吹」と呼ばれる現象です。まるで龍が天に昇るように見え、北風と波が高くなる冬は見られる確率が高まります。運が良ければ、豪快で神秘的な光景が目の前で見られるかもしれません。

元乃隅神社のおすすめスポット

願いが叶う「日本一入れにくい賽銭箱」

日本一入れにくいと有名な「賽銭箱」が、元乃隅神社にはあります。その賽銭箱はなんと鳥居の上!高さ5メートルの位置にあって、参拝客はお賽銭を空に向かって放り投げなくてはなりません。無事にお賽銭が命中できたら願いが叶うと言われています。神主さんのユニークな思いつきで作られたという、参拝客を笑顔にする日本一の賽銭箱です。

元乃隅神社

住所:山口県長門市油谷津黄498
アクセス:中国自動車道「美祢インター」より車で約60分

冬の山口人気観光地・日帰り名所ランキング第2位:角島(つのしま)大橋

コバルトブルーに透き通る海の上を通る「角島大橋」。全長1,780メートルある通行料無料の橋で、離島架橋としては沖縄県の古宇利大橋に次ぐ長さとなっています。青い海をまっすぐに通る美しい風景は、一瞬で心が奪われてしまうほど。山口でも有数の絶景スポットとして、テレビCMなど多くの撮影にも使われています。

角島大橋の見どころは?

橋を上から眺められる「海士ヶ瀬(あまがせ)公園」

本州側にある「海士ヶ瀬公園」からは、角島大橋の素晴らしい眺めを堪能できるスポットがあります。絶景が眺められるウッドデッキは、駐車場から歩いてすぐの丘にあります。まっすぐに海をまたぐ角島大橋の景色と、青く美しい海のコントラストが見事です。橋を渡る前に「海士ヶ瀬公園」に寄って角島大橋を写真に収めておきましょう。

角島大橋のおすすめスポット

灯台の父が設計した「角島灯台」

角島の憩いの場「角島灯台公園」にある灯台です。「灯台の父」と呼ばれる、イギリス人技師リチャード・ヘンリー・ブラントンの設計。日本海では初めての洋式灯台で、「日本の灯台」50選にも選ばれた第1等灯台です。踊り場までは、らせん階段で登ることができます。130年以上もの長い歴史があり、今でも毎日点灯している現役の灯台です。

角島大橋

住所:山口県下関市豊北町大字神田
アクセス:中国自動車道「下関インター」より車で約70分

冬の山口人気観光地・日帰り名所ランキング第1位:秋芳台

「秋吉台」は日本三大カルストのひとつ。その中でも日本最大級を誇るカルスト台地です。カルストとは石灰岩が雨などで浸食されてできた地形のこと。「秋吉台」は国の特定天然記念物に指定され、地下には同じく特定天然記念物の鍾乳洞「秋芳洞」があります。大自然の岩石と草原が美しい、山口県を代表する絶景スポットです。

秋吉台の見どころは?

歴史と伝統の「秋吉台山焼き」

「秋吉台の山焼き」は何百年もの歴史をもち、日本一の規模といわれています。山焼きは例年冬の2月第3日曜日に行われ、秋吉台に春を呼ぶ行事として有名です。現在では景観維持や生態系保護などを目的とし、抽選で一般参加者も体験可能となっています。山焼きの長い歴史と伝統に触れ、秋吉台の大自然の迫力を肌で感じてみましょう。

秋吉台のおすすめスポット

自然を満喫「秋吉台カルストロード」

秋吉台を訪れたら「秋吉台カルストロード」のドライブを楽しみましょう。広い草原の中から石灰岩柱がいくつも顔を出している秋吉台を通る約13キロのドライブコースです。ゆるやかな丘陵が続く風光明媚な絶景の中を走り抜ければ気分爽快。ロードレース大会やトレイルランニングなど、数々のイベントも開催されています。

秋吉台

住所:山口県美祢市秋芳町秋吉台山
アクセス:JR新山口駅より車で約30分

まとめ

冬に訪れたい山口県の観光スポットを紹介しましたが、気になる場所は見つかりましたか。グルメも観光も温泉も楽しめる冬の山口県。日本ではここでしか見られないクリスマス発祥のイベントも見逃せないですね。ぜひこの冬は、知れば知るほど魅力あふれる山口県へお出かけしてみてはいかがでしょうか。

emmy
ライター

emmy

カナダ生まれの日本育ち。自由な旅を愛するミニマリスト見習い。いつでも身軽に出かけられるよう日々研究中。

今、あなたにオススメの記事

関連記事

人気ランキング