新大阪で駅弁買うなら「たこむす」しかない!大阪の名物弁当をご紹介!

新大阪で駅弁買うなら「たこむす」しかない!大阪の名物弁当をご紹介!

「たこむす」は新大阪駅で売っている駅弁で、大阪名物たこ焼きとタコ飯が合体したおにぎりが入っています。たこむすは、そのまま食べてもおいしいですが、付属のマヨネーズたり温めたりしてもおいしいです。新大阪駅で駅弁買う際はぜひたこむすを買ってみてください。

目次 [表示]

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業などが行われている場合があります。最新情報は公式サイト・SNSなどをご確認ください。

大阪の名物弁当「たこむす」がおいしい!

出典:https://www.instagram.com/p/CLafow7hwd0/

たこむすは、柿千という会社が製造する、出汁の効いたたこ焼きとタコ飯が合体した大阪の名物弁当です。

そのまま食べてもおいしいく、付属のマヨネーズをつけると味の変化が楽しめます。お土産に持ち帰ったら、電子レンジで温めて食べるのも柿千おすすめの方法です。大阪に行ったら、たこむすを買って食べてみてください。

たこむすって何?

出典:https://www.instagram.com/p/CS6opHclzg9/

たこむすは、柿の葉寿司が有名な柿千が作るお弁当です。柿千は本物の味を追求しており、たこむすにもこだわりが詰め込まれています。

てんむすと名前は似ていますが、天ぷらではなくたこ焼きが乗っているのは大阪らしいです。1箱に5個の小さめのおにぎりが入っていて、軽食にちょうどいい量です。付属でマヨネーズとお手拭きもついています。

たこむすはたこ焼きとタコ飯が合体したおにぎり

たこむすは、タコ飯の上にたこ焼きが乗ったおにぎりです。たこ焼きは出汁が効いていて、タコ、天かす、キャベツ、ネギなどの具材がしっかり入っています。タコ飯はタコがたっぷり入っているので食べ応え抜群です。たこ焼きとタコ飯を合体させる発想は、大阪らしくユニークです。

たこむすはこだわり素材と手作りでできている

たこむすはこだわり素材を使い、手作業で一つ一つ丁寧に作られています。原材料に化学調味料(アミノ酸など)を使用しておらず、ご飯は三重県伊賀米コシヒカリ、海苔は有明産のものです。冷めてもおいしい弁当を目指してレシピ開発されたので、たこ焼きは冷たくてもふわふわの食感です。

次のページ

たこむすの買える場所

今、あなたにオススメの記事

関連記事

人気ランキング