冬の石川を楽しみ尽くす観光スポット16選!おすすめの見どころをご紹介!

冬の石川を楽しみ尽くす観光スポット16選!おすすめの見どころをご紹介!

加賀百万石の名残を今もなお色濃く残す石川県。北陸の雪多き国だからこそ、観光名所は冬にこそ一層美しくなります。そして、日本海が育んだ海の幸は絶品です。この記事では、そんな石川県の冬に行きたい観光名所とグルメスポットを紹介していきます。

目次 [表示]

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業などが行われている場合があります。最新情報は公式サイト・SNSなどをご確認ください。

冬の石川県は見どころやグルメが盛りだくさん!

フリー写真素材ぱくたそ

北陸地方の観光都市として知られる石川県は、歴史的な建築物や雄大な自然、さらには北陸の海が育んだ新鮮な海の幸など、多くの観光資源に恵まれる地です。北陸ということもあり、冬の季節は雪が多い地域としても知られていますが、そんな石川県の冬に行きたい観光名所やグルメスポットを紹介していきます。

冬の石川県おすすめ観光地①:兼六園

日本三名園の一つ!兼六園とは?

Photo by Kentaro Ohno

石川県金沢市にある兼六園は、国の特別名勝にも指定されている、日本を代表する庭園です。広大な土地の中に造られた「六勝」と呼ばれる景観は、四季折々の美しい表情を見せ、その姿を一目見ようと、世界中から観光客が集まります。岡山の後楽園、水戸の偕楽園と並び、日本三名園の一つとされる兼六園は、石川県を旅行する際には絶対外せない観光名所でしょう。

雪景色が美しい!兼六園の見どころ

北陸の豪雪地帯にある兼六園では、冬になると、雪の重みで庭園の木々が折れてしまわないように、木を中心として放射状に縄を張る「雪吊り」が行われます。この「雪吊り」の縄に雪が積もる美しい風景は、金沢に行った際にはぜひ見ておきたいところです。ライトアップされる夜の時間帯に行くのもおすすめですね。

冬の石川県おすすめ観光地②:加賀温泉郷

冬と言えば温泉!加賀温泉郷とは?

冬の寒い時期には、やはり温泉に浸かって温まりたいものです。石川県の加賀温泉郷は、小松市から加賀市にかけて点在する、粟津温泉、片山津温泉、山代温泉、山中温泉の4か所の総称で、「加賀四湯」とも呼ばれています。北大路魯山人や与謝野晶子、松尾芭蕉などが訪れたことでも知られる、歴史ある温泉地です。

観光もできる!加賀温泉郷の見どころ

加賀温泉郷では、温泉はもちろんのこと、観光を楽しめる名所もたくさんあります。片山津温泉にある「雪の科学館」は、ダイヤモンドダストの実験や、氷のペンダント作りなど、雪や氷を使った美しい科学を楽しめるスポットです。また、山中温泉にある景勝地「鶴仙渓」は、雪が降る冬の季節になると、まるで水墨画の世界に入り込んだかのような美しい姿を見せてくれます。

冬の石川県おすすめ観光地③:和倉温泉

能登の温泉!和倉温泉とは?

和倉温泉は、福井県との境にある加賀温泉郷とは逆に、能登半島の七尾湾に面した場所にある高級温泉街です。1200年の歴史を持つとされるこの温泉では、一羽の傷ついたシラサギが湯脈を発見したという「シラサギ伝説」が今も残っています。そんな由緒正しき和倉温泉は、加賀藩二代藩主の前田利長が利用して以来、湯治場として人々の疲れを癒してきました。

高級温泉地!和倉温泉の見どころ

和倉温泉には数々の温泉宿が並んでいますが、その中でも特に人気なのが、独特の浴場で訪れる人々を楽しませる「加賀屋」です。七尾湾の景色を一望できる男性空中露天風呂は、まるで湾に浮かんでいるかのような楽しい気分にさせてくれます。車があれば、七尾市街から能登島に延びている「能登島大橋」をドライブするのもいいかもしれませんね。

冬の石川県おすすめ観光地④:成巽閣

ひっそりと佇む美しさ!成巽閣とは?

兼六園に隣接している成巽閣は、加賀藩13代藩主・前田斉泰の母・真龍院の隠居地として建てられた建造物です。江戸時代末期の大名屋敷らしさを色濃く残すこの成巽閣は、歴史的にも重要な建物として、国の重要指定文化財となっています。

名品の数々も!成巽閣の見どころ

現在では歴史博物館となっている成巽閣には、数多くの加賀藩所蔵品が展示されており、百万石の栄光を現代に伝えています。また、付随する美しい庭園は「飛鶴庭」と呼ばれ、隣接する兼六園と合わせて見ておきたい庭園です。もともと隠居地として作られているだけあって、ゆっくりと落ち着いた雰囲気を楽しむことができる点も、成巽閣の魅力の一つでしょう。

冬の石川県おすすめ観光地⑤:長町武家屋敷跡

加賀藩の街並み!長町武家屋敷跡とは?

Photo by ajari

金沢市にある長町武家屋敷跡は、町の一角に石畳の道と侍屋敷が軒を連ねる観光名所です。まるで加賀藩時代にタイムスリップしたかのような趣のある街並みは、ただ散策するだけでも面白く、多くの観光客から親しまれています。

土塀の防寒着?長町武家屋敷跡の見どころ

この長町武家屋敷跡に並ぶ侍屋敷のいくつかは、現在資料館として利用されているものもあり、この地の侍が持っていた具足や刀などを見ることができます。「長町友禅館」で、伝統工芸の加賀友禅を見るのもいいかもしれませんね。また、この一帯では冬になると、貴重な土塀などを雪から守るために稲わらをかける「こも掛け」が施され、兼六園の「雪吊り」と並ぶ冬の風物詩として人気です。

冬の石川県おすすめ観光地⑥:能登島ダイビングリゾート

能登の海を泳ぐ!能登島ダイビングリゾートとは?

能登半島の七尾湾に浮かぶ自然豊かな能登島。生態系豊かなこの能登の海を、「ダイビング」という形で楽しめるお店が、能登島ダイビングリゾートです。野生のイルカと一緒に泳げる「ドルフィンスイム」は、きっと素敵な旅の思い出になることでしょう。ダイビングの資格を取得できるコースもあるので、時間のある方はチャレンジしてみてもいいかもしれませんね。

冬ならでは!能登島ダイビングリゾートの見どころ

ダイビングというと、暖かい季節をイメージされる方も多く、「冬の日本海は荒れているのでは?」と考えられがちです。しかし、能登島ダイビングリゾートで利用する海は、能登半島の東に位置する七尾湾近海であり、冬でも穏やかな日が多いため安心して楽しむことができます。冬ならではの海の美しさを、ぜひ味わってみてはいかがでしょうか。

冬の石川県おすすめ観光地⑦:ひがし茶屋街

城下町体験!ひがし茶屋街とは?

Photo by Mayuki

金沢市にある「ひがし茶屋街」は、江戸時代末期から明治初期にかけて、金沢城下の茶屋街として栄えた場所です。当時の姿を色濃く残すこの地域では、伝統的な茶屋様式の建物が今も多く残っており、観光名所であると共に、重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。

スイーツも楽しめる!ひがし茶屋街の見どころ

伝統的な茶屋の街並みと、純白の雪との相性は抜群で、我々日本人にはどこか懐かしさすら感じさせます。雪化粧を施した「ひがし茶屋街」の風景は、きっと素敵な思い出になること間違いなしでしょう。また、「茶屋街」というだけあって、スイーツが楽しめるお店がたくさんある点も、この街の魅力の一つです。

冬の石川県おすすめ観光地⑧:金沢市営医王山スキー場

冬はやっぱりスキー!金沢市営医王山スキー場とは?

金沢市営医王山スキー場は、金沢市が運営するスキー場です。比較的なだらかな斜面のコースが多く、初心者や子供も楽しめることから、家族連れにも人気の高いスキー場となっています。金沢市中心部から、車で30分ほどの距離にあるというアクセスの便利さも魅力です。

医王山を楽しむ!金沢市営医王山スキー場の見どころ

医王山スキー場で見どころなのが、医王山の美しい自然を楽しみながら滑ることができる林道コースです。こちらも比較的なだらかで滑りやすいコースとなっていますので、初心者の方でもゆっくりと滑りながら銀世界を楽しめます。

冬の石川県おすすめ観光地⑨:白山一里野温泉スキー場

家族連れにも!白山一里野温泉スキー場とは?

白山一里野温泉スキー場は、石川県白山市にあるスキー場で、初心者向けから上級者向けまで7つのコースがある県内最大のスキー場として親しまれています。各種設備が整っており、一年を通して多くのイベントが開催される名所です。

いろいろ遊べる!白山一里野温泉スキー場の見どころ

バーベキュー設備やテニスコート、ラジコンカーサーキットなど、数々のアミューズメント設備があり、スキー場全体が一つのまとまった観光地となっているのが特徴です。名前にもなっている一里野温泉は、加賀藩家老の湯治記録にも残っている、由緒正しき温泉として知られています。一通り遊んだ後は、この一里野温泉に浸かって、一日の疲れを癒すのもいいかもしれませんね。

冬の石川県おすすめ観光地⑩:金沢城公園

前田氏居城!金沢城公園とは?

Photo by Kentaro Ohno

加賀藩主だった前田氏の居城・金沢城を含む一帯は、「金沢城公園」として観光名所になっています。度重なる火災のため、天守などは残っておりませんが、現在は門や櫓、庭園などが復元されており、石川県を代表する歴史スポットとして人気です。

雪と城のコラボレーション!金沢城公園の見どころ

金沢城が雪を纏った姿はため息のでるような美しさで、石川県を代表する名城に相応しい姿です。この城の特徴の一つに、特殊な工夫がされた石垣の数々があり、その種類の豊富さから「石垣の博物館」とも呼ばれるほど。また、2月には「冬のおもてなし」と題したイベントが行われ、鷹匠による放鷹術の実演や、温かいぜんざいがふるまわれます。

冬の石川県おすすめ観光地⑪:妙立寺

忍者寺!?妙立寺とは?

Photo by Kentaro Ohno

金沢市にある妙立寺は、加賀藩三代藩主・前田利常によって創建された寺院です。この妙立寺には、外敵を欺くかのような様々な仕掛けや複雑な建築技法が施されており、「忍者寺」と呼ばれて親しまれています。百万石の禄高を持っていた加賀藩は、徳川幕府から目を付けられており、有事の際には出城として使用できるよう、このような仕掛けがされたそうです。

からくりがたくさん!妙立寺の見どころ

この妙立寺は、「忍者寺」というだけあって、さまざまな仕掛けが施されている点が見どころです。本堂正面の入り口に設置されている賽銭箱や、同じく本堂のとある階段は、細工によって落とし穴に様変わりします。床板を外すことで現れる隠し階段などもあり、訪れる人々を飽きさせません。これらの仕掛け以外に、格式高い主茶室も見ものです。

冬の石川県おすすめ観光地⑫:尾山神社

不思議な神社!尾山神社とは?

Photo by Kentaro Ohno

金沢市にある尾山神社は、加賀藩の藩祖である前田利家公と、その正室であった前田まつを祀った神社で、明治初期に造られました。神社でありながら、洋風および中国風建築の要素を取り入れた神門は、その希少性から国の重要文化財にも指定されています。毎年6月に行われる「百万石行列」には、現代に蘇った利家公の雄姿を一目見ようと、多くの人が訪れます。

利家公ゆかりの神社!尾山神社の見どころ

神門にはめ込まれたステンドグラスは、夜間はライトアップされることで、より一層神秘的な光景を創り出してくれます。また、利家公が祀られる尾山神社は、家内安全や商売繁盛などのご利益があるとされ、パワースポットとしても人気です。利家公が使用していた武具が収められている点も、歴史好きにはたまらない魅力ですね。

冬の石川県おすすめ観光地⑬:JR金沢駅

北陸の玄関口!JR金沢駅とは?

フリー写真素材ぱくたそ

JR金沢駅は、JR西日本とIRいしかわ鉄道の路線が乗り入れている、石川県を代表する駅です。2015年には北陸新幹線が延伸されたことで、北陸方面への旅の玄関口としても発展しました。駅周辺には各種商業施設や石川県庁が立ち並び、賑わいを見せています。

ただの駅では終わらない!JR金沢駅の見どころ

駅全体が独特の形状をした建物で、特に東口正面の巨大なガラス製建築物「もてなしドーム」は、観光名所ともなっています。その素晴らしいデザインから、2011年にはアメリカの旅行雑誌が選ぶ「世界で最も美しい駅」の一つに選ばれました。また、駅内には「金沢百番街」というショッピングモールが入っていて、お土産などを買うにも大変便利な駅です。石川県内のグルメを味わえる、各種駅弁が揃っているのも魅力の一つでしょう。

冬の石川県おすすめ観光地⑭:白米千枚田

輪島の絶景!白米千枚田とは?

Photo by r-lab

白米千枚田とは、能登半島の先端部に位置する、輪島市白米町にある棚田です。日本海に面する場所に並ぶ棚田の景観は、2001年にはその美しさから、国の名勝にも選ばれました。この地で収穫されるコシヒカリも絶品です。

きらめく棚田!白米千枚田の見どころ

その名の通り、千枚の棚田と日本海の、大変美しいコラボレーションが見どころです。冬の季節には、雪で白くなった棚田を見られるのもまた魅力的。そして、25,000個のイルミネーションで棚田が彩られる期間限定イベント「あぜのきらめき」は、きっと素敵な旅の思い出になることでしょう。

冬の石川県おすすめ観光地⑮:千里浜なぎさドライブウェイ

浜辺でドライブ!?千里浜なぎさドライブウェイとは?

日本海の美しい景色を楽しめる観光名所の一つに、この「千里浜なぎさドライブウェイ」があります。約8キロにわたって続くこの砂浜は、合法的に車で波打ち際を走ることができる、日本で唯一の砂浜です。2016年にはイギリスの旅行ウェブサイト「トリップアドバイザー」によって、「世界のベストビーチ・日本国内ランキング」1位に選ばれました。

海と夕日を楽しむ!千里浜なぎさドライブウェイの見どころ

世界中でも3か所しかない、車で走れるビーチ「千里浜なぎさドライブウェイ」は、それ自体が既に観光名所です。しかし、この地がより美しくなるのは、太陽が海に沈みゆく夕方の時間帯でしょう。日本海ならではのサンセットビーチの美しさを、ぜひドライブしながら楽しんでみてください。

冬の石川県おすすめ観光地⑯:おすすめグルメスポット

おすすめグルメスポット①:近江町市場

Photo by Richard, enjoy my life!

石川県と言えば、やはり新鮮な海の幸を堪能したいところです。この近江町市場は金沢市の中心部にある、生鮮食材をメインに扱う市場で、古くから金沢市民の台所として親しまれてきました。2009年には、商業ビルの「近江町いちば館」も開業し、更なる賑わいを見せています。

おすすめグルメスポット②:金沢港いきいき魚市

金沢港に隣接したこの市場では、水揚げされたばかりの新鮮な海の幸が楽しめます。一般消費者も、その場で直接購入できるため、値段が安く抑えられるのも嬉しいところ。冬の時期は、カニ、イクラ、カキ、ノドグロといった、最高の食材たちが集まっています。

おすすめグルメスポット③:加賀料理ばん亭

加賀名物のおいしい食材をふんだんに使った日本料理が食べられるのが、この「加賀料理ばん亭」です。年間200羽程しか獲ることができない「坂網鴨」を使った鴨鍋は、体の芯から温まる、冬にこそ食べたい料理と言えます。加賀の地酒も、合わせていただきたいところですね。

おすすめグルメスポット④:赤玉本店

我々日本人にとって、おでんも冬に食べたい料理の一つでしょう。この赤玉本店は、金沢おでんを代表する店として、高い人気を博しています。大根や昆布などのスタンダードなメニューから、バイ貝、車麩といった金沢ならではのメニューまで、多種多様なおでんが楽しめる店です。

おすすめグルメスポット⑤:割烹加賀

三代にわたって続く老舗の割烹料理店「割烹加賀」は、加賀名物のカニを使った料理を楽しみたい方に、ぜひおすすめの店です。カニの旨味を余すことなく味わえる「加賀カニごはん」は、なんとも贅沢な逸品。味もさることながら、盛り付けの美しさも魅力的なお店です。

おすすめグルメスポット⑥:ひら井

北陸の石川県に来たからには、あらゆる海の幸を楽しみたいものです。近江町市場内にある海鮮料理の店「ひら井」では、市場から仕入れた新鮮な海の幸を使った海鮮丼が食べられます。鮮やかに盛り付けられた丼は、見た目の美しさも一級品です。

おすすめグルメスポット⑦:もりもり寿し

安い値段で手軽に寿司を楽しめることで知られる回転寿司。石川県にある「もりもり寿し」も、そんな回転寿司の店ですが、他県の回転寿司とは一味違います。日本海ならではの高級魚ノドグロや、新鮮なエビの三点握り、さらには香箱ガニの軍艦など、絶品揃いです。石川県で寿司を食べる際には、ぜひ行きたい店ですね。

おすすめグルメスポット⑧:カレーのチャンピオン

石川県でカレーと言われても、あまりピンと来ないという方も多いかもしれませんが、金沢には古くから独自のカレー文化が根付いており、カレー店が非常に多いのです。この「金沢カレー」の礎を築いたとされるのが、1961年創業の「洋食タナカ」、現在の「カレーのチャンピオン」でした。濃厚なルーと、上に乗った大きなカツが特徴の「金沢カレー」を食べて、冬の寒さを吹き飛ばしましょう。

おすすめグルメスポット⑨:自然派ラーメン神楽

今や日本の国民食とも言われるラーメンは、日本人のみならず、外国人からも大変人気ですね。金沢のラーメン店「自然派ラーメン神楽」は、あっさりでありながら、しっかりと味のついたスープの醤油ラーメンがおすすめ。自家製の麺も、コシがあって絶品です。全ての食材に関して「自然食」「無添加」にこだわって作っているため、小さいお子さんも、安心して召し上がれます。

おすすめグルメスポット⑩:味噌専門麺屋大河

こちらは味噌ラーメンの名店。金沢で一番おいしい味噌ラーメンと言われるこの「味噌専門麺屋大河」には、豊富な味噌ラーメンのメニューが揃っています。スタンダードな味噌ラーメンから、黒味噌ラーメン、赤味噌ラーメン、さらには味噌つけ麺まで、まさに味噌にこだわったラーメン店です。おいしい味噌ラーメンを食べて、雪国の冬を満喫しましょう。

まとめ

Photo by cotaro70s

豪雪地帯ということもあり、石川県を観光する際に、多くの方は冬を避けて旅行に行かれるかもしれません。しかし、雪が多い地域だからこそ、冬には冬の素晴らしさがあるものです。ぜひ一度、雪国石川県の冬を体験してみてはいかがでしょうか。

瀧口
ライター

瀧口

ライターの瀧口です。よろしくお願い致します。

今、あなたにオススメの記事

関連記事

人気ランキング