冬の女子旅で行きたい高知の観光スポット17選!おしゃれな見どころをご紹介!

冬の女子旅で行きたい高知の観光スポット17選!おしゃれな見どころをご紹介!

寒い冬の季節には、おしゃれなスポットを観光して心あたたまりたいもの。この記事では、冬の高知県の観光地の中でも、おしゃれに女子旅で巡れる場所を17カ所ご紹介してまいります。高知市・東部・西部の3か所にわけて、女子旅にピッタリなおしゃれスポットの特集ページです。

目次 [表示]

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業などが行われている場合があります。最新情報は公式サイト・SNSなどをご確認ください。

冬の高知女子旅観光をおしゃれに楽しもう!

寒い冬だからこそ、おしゃれな見どころを回って、心温まりたくなりますよね。「冬の高知におしゃれスポットってあるの?」という方のために、冬の高知でおしゃれに楽しめるスポットを集めた記事を作りました。ぜひとも高知観光のプランニングの参考にしてみてください。

冬の高知女子旅観光地1:高知市スポット7選

まず紹介するのは、高知市内のエリアです。高知市というと田舎をイメージする方も多いかもしれませんが、高知市は人口34万人を数える地方中核都市となっています。シティ派な方でも楽しめるスポットが数多くありますよ。

有名観光地1:高知城

Photo by mikenekomimi

高知のおしゃれスポットとして、まず紹介したいのが「高知城」です。高知城は、全国にも12カ所しかない、「現存天守閣」がある城です。最近では、お城百選のスタンプを集める女子なども増えています。高知城から全国のお城めぐりをはじめてみてはいかがでしょうか?高知城は、外見もインスタ映えするおしゃれスポットですが、天守閣の中から眺める高知市街の街並みも、とってもキレイですよ。

高知城でアイスクリンを食べよう

寒いシーズン、温かいものを食べるのもおいしいですが、冷たいものが無性に食べたくなることってありませんでしょうか。そんな方には、高知城の広場に出店で売ってある、「アイスクリン」をおすすめします。アイスクリンは、高知のご当地グルメで、初めて食べる方でも「なんか懐かしい!」といった感覚になれる、昔ながらのアイスクリームです。200円と格安なお値段なのもうれしいですね。

有名観光地2:桂浜と坂本龍馬像

「映える海の写真を撮りたい」という方には、台風中継などでお馴染みの、高知市南部にある「桂浜」をおすすめします。桂浜は、太平洋を一望できるファッショナブルな海岸です。こちらでも高知名物のアイスクリンを買うことができるので、ぜひ堪能してみてください。桂浜には、有名な坂本龍馬像もありますので、写真をとってインスタなどに投下してみてはいかがでしょうか。キレイに像を撮りたいのであれば、逆光にならない午前がおすすめです。

有名観光地3:ひろめ市場

Photo by alberth2

高知市で高知のご当地グルメを食べ尽くしたい方には、高知城すぐそばにある「ひろめ市場」をおすすめします。ひろめ市場は、「市場」と「フードコート」が一緒になったようなお食事どころです。店内は雑多ですが、雑多すぎて逆におしゃれに感じられる、そんな「映えスポット」です。カツオの叩きはもちろん、高知でしか味わえない「うつぼの叩き」や「どろめ」など、高知のさまざまな名物を楽しめますよ。

有名観光地4:沢田マンション

カオスな雰囲気が強くなると、一周回っておしゃれに見えてくるもの。そんなカオスでおしゃれな隠れスポットが、高知市北部にある「沢田マンション」です。沢田マンションは、建築の知識をまったく持っていない沢田夫妻が、長年の年月をかけて手作りしたアパートです。実際に何人もの人が部屋を借りて、生活したりショップを出したりしています。沢田マンションは外観もおしゃれですが、中に入ってみるとさらにカオスで見応えがありますよ。

沢田マンション観光の楽しみ方

沢田マンションは、人が生活している民間の建物です。観光して写真を撮るのはOKなのですが、入口の張り紙にかいてある大家さんの電話番号に問い合わせをして許可をもらうようにしましょう。女子旅でテンションがあがる場所ですが、騒ぎ過ぎずマナーを守って観光することが大切です。

有名観光地5:高知三翠園温泉 湯殿 水哉閣

高知市内にあるおしゃれな雰囲気の旅館が「三翠園」です。ここには、冷えた体を温めることができる天然温泉が湧いています。それが「高知三翠園温泉 湯殿 水哉閣」です。宿泊客以外の立ち寄り湯(日帰り入浴)も、料金900円で受け付けています。冬の観光で冷えた体を温めるといいでしょう。泉質は塩化物泉なので、湯上りも温かさが持続するのが特徴です。

有名観光地6:高知県立牧野植物園

高知市街から少しはずれた東側のエリアには、「五台山」がそびえています。五台山には、世界でも屈指の広さと種類・クオリティを誇っている植物園、「高知県立牧野植物園」があります。冬でもさまざまな種類の植物や花などを、愛でることができるおしゃれなスポットです。女子同士で植物と一緒に写真を撮る、という楽しみ方もできますよ。

有名観光地7:五台山展望台

牧野植物園からさらに五台山を登った場所には、高知市内を見渡せる展望所「五台山展望台」があります。バスでもアクセスできるので便利です。五台山展望台は、展望所の一部が宙に突き出ている形になっています。ここに立って、後ろから景色と一緒に写真を撮ると、とても映えます。写真の撮り合いっこも女子旅の楽しみ方ですよね。

冬の高知女子旅観光地2:高知県東部スポット6選

高知市エリアの次は、高知県の東部エリアをご紹介していきます。このエリアは車がないと、思うように観光して回ることができません。レンタカーを借りてから、回るようにしましょう。高知県東部には、高速道路などが整備されていませんので、下道でゆったりと女子トークをしながらドライブを楽しむのもいいかもしれません。

おすすめ人気名所1:高知県立のいち動物公園

フリー写真素材ぱくたそ

高知県東部観光で、一番おすすめなのが動物園の「高知県立のいち動物公園」です。ここには、「動かない鳥」として知られている、三白眼の目つきが悪い「ハシビロコウ」が飼われています。全国でもハシビロコウを飼育している動物園は少なく、四国ではここでしか触れ合うことができません。動かない鳥のはずなのですが、ここで飼われているハシビロコウは意外と動くのが見どころです。ハシビロコウが動くまで粘ってみるのも楽しみ方の一つです。

おすすめ人気名所2:アンパンマンミュージアム

女子旅では、おしゃれで楽しいスポットやかわいいスポットを巡りたくなりますよね。そんな女子旅におすすめしたいスポットが、高知県香美市にある「香美市立やなせたかし記念館 アンパンマンミュージアム」です。アンパンマンの産みの親・やなせたかしさんと縁があるということで、高知にアンパンマンのミュージアムが作られました。アンパンマンのモニュメントや、アンパンマンの貴重な原画などを堪能できる満足度の高い名所ですよ。

おすすめ人気名所3:モネの庭 マルモッタン

「絵画のような世界に行きたい」。そんな願いを叶えてくれるおしゃれな人気名所が、「モネの庭マルモッタン」です。印象派を代表する画家として知られるモネ。そんなモネが晩年を過ごしたというモネの庭を、再現した施設が「モネの庭」です。見どころの睡蓮が浮かべられた池は、まさしく「モネの睡蓮」の世界。さまざまなアングルや位置から写真を撮れますので、インスタ映えを狙ってみるといいでしょう。

おすすめ人気名所4:室戸岬 御厨人窟

高知市東部の先端にある岬が、「室戸岬」です。荒々しい大きな岩石が転がっている姿は、実に雄大で自然の魅力を感じることができます。そんな室戸岬のすぐそばには、空海が修行したといわれる見どころ・御厨人窟(みくろど)があります。高知県でもトップクラスのパワースポットといわれていますので、ぜひとも足を運んでそのパワーをいただいてみましょう。

おすすめ人気名所5:伊尾木洞

「トンネルを抜けるとそこは…」、雪国ではありませんが、太古の時代にタイムスリップしたかのようなシダの群生を楽しめる見どころが、高知県東部にある「伊尾木洞」です。伊尾木洞は、400メートルほどの長さのシダが生い茂る渓谷を、さかのぼっていくアトラクションのような観光地です。観光用の駐車場には、長靴が設置されていますので、靴を汚さないように履き替えてから向かうようにしましょう。

おすすめ人気名所6:龍河洞

鍾乳洞は異世界感を味わえる見どころですよね。高知県東部には、弥生時代の人が住まいにしていた鍾乳洞「龍河洞」があります。龍河洞内は一方通行になっており、全長1キロメートルのコースで、さまざまな鍾乳石がおりなす景色を堪能できます。中でも見どころとなっているのが、弥生土器を鍾乳石が覆って洞窟の一部としてしまった「神の壺」。龍河洞は、太古の人たちの息吹を感じられるパワースポットでもあるのです。

冬の高知女子旅観光地3:高知県西部スポット4選

高知県西部には、おしゃれな絶景スポットがいくつもあります。以下では、その中でも特に冬の女子旅で楽しめる人気のスポットをご紹介していきます。

おしゃれスポット1:柏島

「柏島」は、高知県の西端にある漁業の盛んな小島です。柏島の見どころは、なんといっても透明度が高い真っ青な海。あまりに透き通っているため、海の上に浮かんでいる船が、まるで宙を浮いているように見えるのです。浮遊感のあるキレイな写真を撮ったり、ダイビングをしたり楽しみ方もさまざま。冬の海は冷たいので、女子旅ではインスタ映えのする写真を撮る、という楽しみ方の方がいいかもしれません。

おしゃれスポット2:仁淀川

四国の清流といえば、どこを思い浮かべるでしょうか?少し前までは「四万十川」が注目されていました。ですが、抜群の透明感を誇る川として、最近注目されているのが「仁淀川」です。ここ仁淀川を流れる水は、とても透き通っています。淵になっているところは、水の色がとても鮮やかなコバルトブルーとなっています。仁淀川ではカヌー体験などの楽しみ方もできますが、冬は上流の撮影名所・ニコ淵まで行って写真を撮る楽しみ方の方がおすすめです。

おしゃれスポット3:宿毛のだるま夕日

高知市の西端にある宿毛市は、冬の時期に「だるま夕日」が見られることでよく知られています。だるま夕日とは、水平線に近づいた夕日がだるまのような形に見える現象です。天候や気象条件がそろわないと見られない貴重な光景なのですが、宿毛市では比較的高確率で遭遇できます。見られるかどうかは運しだいですので、旅の1つのプランに入れておく程度にしておいた方がいいかもしれません。

おしゃれスポット4:海洋堂ホビー館とかっぱ館

四万十川の近くには、フィギュアで知られる企業・「海洋堂」が、2つの博物館(展示場)を作っています。アニメキャラなどが飾られている「海洋堂ホビー館 四万十」と、カッパのフィギュアなどが所せましと飾られている「海洋堂 かっぱ館」の2つです。フィギュアというと男性向けなイメージがあるかもしれませんが、女子旅で訪れて写真を撮るのもとても楽しいですよ。

冬の高知女子旅観光まとめ

Photo by Maarten1979

以上、冬の高知女子旅観光の名所をたくさんご紹介してきました。今回はエリアごとに紹介しましたが、エリアに関係なくプランを組むのももちろんありです。1泊なのか2泊なのかなど旅程に応じてプランニングをするといいでしょう。ぜひとも当記事を参考にして、冬の高知県で女子旅を楽しんでみてください。

sima
ライター

sima

国内の弾丸旅行が好きです。

今、あなたにオススメの記事

関連記事

人気ランキング