冬の山梨観光でいきたいスポット20選!人気&穴場のスポットをご紹介!

冬の山梨観光でいきたいスポット20選!人気&穴場のスポットをご紹介!

冬の山梨県といえば雪化粧をまとった絶景・冬ならではのアクティビティ・雪の日でも遊べる室内観光施設・冷えた体を温める温泉・絶品の冬グルメなど数々の魅力が詰まっています。これはそんな冬の山梨観光の魅力と、人気の観光地をご紹介している記事です。

目次 [表示]

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業などが行われている場合があります。最新情報は公式サイト・SNSなどをご確認ください。

冬の山梨観光のをおすすめする5つのポイント

冬の山梨にはたくさんの魅力が詰まっていて見どころが満載です。都心からも近く日帰り旅行も可能な山梨県で、冬の魅力を堪能しに行きましょう。この項目では冬の山梨観光がおすすめの理由をご紹介していきます。

1:雪化粧をまとった絶景

冬の山梨は絶景を楽しむ名所や観光地が雪で覆われ、他のシーズンとはひと味違った見どころが満載です。積雪の多い冬の山梨は人気の観光地も人が少なくなり穴場のスポットとなっているので、ゆっくりと鑑賞できるでしょう。富士山の撮影スポットや、穴場の絶景スポットもご紹介いたします。

2:富士山麓で冬のアクティビティ

日本一高い山・富士山の麓にある山梨県は、スキーなどのウィンタースポーツを楽しむことができる観光地がいくつもあります。そり遊びや雪遊びなどファミリー向けのアクティビティもありますから、家族みんなで楽しめることでしょう。湖ではワカサギ釣りや四輪バギーなどの体験をすることもできますよ。山梨は都心からも近く日帰りもできるため、シーズン中何度も足を運びたくなりますよね。

3:雪の日でも遊べる室内観光施設

天気に左右されず楽しめる屋内の観光地も、冬の観光におすすめのスポットです。山梨の冬はとにかく寒いので屋外の観光地では体が冷えてしまいますが、温かい室内に入ればほっと一息つけることでしょう。足元の悪い日でも気にせず観光ができ足の悪いお年寄りや小さなお子さまでも安全です。日帰り旅行も可能なアクセスのいい観光地もあり、おすすめですよ。

4:冷えた体を温める温泉

山梨の冬はとても寒く屋外を観光していると体が冷えてきますが、湯船に浸かって温まれば冬の冷たい空気が心地よくさえ感じられることでしょう。山梨には絶景を眺めながら入る穴場の温泉スポット、日帰りも可能な人気の温泉地、歴史ある温泉の名所などが存在します。観光の最後に、冷えた体を温めて心も体も癒していきませんか?

5:山梨の絶品冬グルメ

冬はとても寒い山梨ですから、やはり熱々のグルメが恋しくなりますよね。冬の山梨では有名な「ほうとう」など体を芯から温めてくれる美味しい食べ物が人気です。他にもB級グルメの食べられる穴場のお店や、山梨のお袋の味など、さまざまあり心も体も温まる絶品グルメは冬の山梨観光には欠かせません。

冬の山梨:人気絶景スポット5選

1:山中湖・平野北岸

山中湖の湖畔は波が静かで幻想的な雰囲気のある湖です。見どころは水面を鏡のようにして富士山が逆さまに映る「逆さ富士」を見られる北側の湖畔で、富士山撮影の名所となっています。逆さ富士の最適な条件は風がなく晴れていること。その条件が揃わなければ逆さ富士を見るのは難しいのですが、鏡に映したかのような鮮明な逆さ富士は本当に幻想的で1度お目にかかりたい美しい光景ですよ。

2:御岳昇仙峡

紅葉が有名な昇仙峡は、冬の時期も美しい絶景のスポットです。見どころである大きな「仙が滝」には、ゴツゴツとした岩肌に雪が降り積もり、どの季節より荒々しく迫力のある姿が見られるでしょう。さらにもうひとつの見どころである奥昇仙峡の幻の滝と呼ばれる「大滝」は穴場の絶景スポットで、「氷瀑」という滝が凍りつく現象が見られる名所です。都心から約2時間ほどとアクセスもよく、日帰り観光も可能ですよ。

3:忍野八海

日本一を誇る富士山の伏流水からできた8つの湧水池「忍野八海」は国の天然記念物に認定されており、名水百選にも選ばれたまさに国の宝。見どころはその忍野八海とそれを見下ろす雄大な富士山の姿が美しい絶景です。また、ここでは敷地内にある水車小屋や古民家を一緒に写真に収めるショットが人気です。雪の積もったのどかな田園風景を思わせるこの景色は、他とはひと味違った絶景を楽しむことができる穴場のスポットといえるでしょう。

4:西沢渓谷

西沢渓谷も昇仙峡と同様に秋の紅葉の時期は大変混雑する観光地ですが、冬は観光客も少なく穴場スポットになっています。冬の西沢渓谷の見どころは、なんといっても、凍りついた沢や滝の美しさ。西沢渓谷は日陰が多く道中もカチコチに凍っているのでアイゼンが必要になるような上級者向けのコースですが、滝が凍りつく「氷瀑」が何箇所かで見られる素晴らしい観光の名所ですよ。

5:河口湖天上山公園

天上山は昔話「カチカチ山」の物語の舞台として有名で、山頂へ可愛らしいタヌキやウサギの人形が飾られたロープウェーで登ることができます。見どころはロープウェーや山頂から360度見渡せる河口湖周辺の美しい街並みとそれを見守る雄大な富士山の姿です。また、公園内の「天上の鐘」は無病息災のご利益が得られる有名な願掛けスポットで、鐘の鳴らし方を変えることで恋愛成熟にもご利益があるんですよ。

冬の山梨:人気アクティビティスポット5選

6:富士急ハイランド

出典: https://www.fujiq.jp/attraction/skate.html

ジェットコースター等のアトラクションが人気の富士急ハイランドですが、冬には富士山を目の前に望める絶景のスケートリンクが営業を開始します。標高の高い場所に位置する富士急ハイランドでは早くからリンクの氷作りが開始できるため、いち早くスケートが楽しめるのが嬉しいですよね。シーズン中、夜にはキラキラと輝くイルミネーションが点灯され、カップルのデートにもおすすめです。都心から近くアクセスもいいので、日帰りでの観光もできますよ。

7:カムイみさかスキー場

中央道八王子から約1時間半ほどと都心からのアクセスもよく日帰りスキーもおすすめのカムイみさかスキー場。ここは初心者から中級者向けのコースが5つももあり、スキー練習中のお子さまから中級者の大人まで幅広く楽しめるためファミリーでの観光にもおすすめです。また、小さなお子さまにはそり専用のゲレンデがあるため、安心して遊ばせることができるのも嬉しいポイント。このスキー場では1日リフト券やファミリー割引クーポンなどのお得なサービスもありますのでぜひ利用してみてくださいね。

8:清里スキー場

清里スキー場は清里高原にある人工雪のスキー場で、最新のマシンでコンディションを整えられたゲレンデは滑りやすくスキー初心者にもおすすめです。日照時間が長く晴天率も高いことで有名な北杜市にあるため、高確率で青空・真っ白いゲレンデ・八ヶ岳の山々という最高のロケーションでスキーを楽しむことができます。また、スノーボードも全面解放されているのでスノーボード好きにもおすすめですよ。

9:山中湖

富士五湖の1つである山中湖では毎年秋口から春にかけてワカサギ釣りを楽しむことができ、そのワカサギ釣りを体験できるツアーも人気です。中でも暖房やトイレがついたドーム船でのワカサギ釣りはお子さま連れでも安全に釣りが楽しめ、寒い冬でも優雅にレイクレジャーを楽しむことができます。竿も餌もレンタルできるので手ぶらで行っても大丈夫。比較的簡単に釣れるワカサギは初心者でもなかなかな釣果が期待できるでしょう。

10:河口湖

河口湖では、でこぼこ道や坂道などの舗装されていない道でも力強く走り回ることができる、四輪バギーの体験を行っています。四輪バギーは悪天候でもむしろ楽しめることが魅力で、天候にあまり左右されず通年行うことができます。木々の間を縫うように走り、水たまりにバシャバシャ入っていくワイルドさが癖になってしまうでしょう。

冬の山梨:人気室内観光スポット5選

11:桔梗信玄餅工場テーマパーク

「桔梗信玄餅」はきな粉がたっぷりまぶされたお餅に、黒蜜をかけて食べる和菓子で山梨県を代表する有名な和菓子。山梨のグルメを語る上で外せないものですよね。ここではアウトレット品を購入することができるだけでなく、信玄餅の詰め放題が税込み220円で楽しめるとあってオープンの数時間前から長蛇の列ができるほどの人気です。工場内の見学は予約なしでもでき、お菓子の美術館や、信玄餅の包装の体験、限定スイーツが楽しめる和カフェなど見どころが満載です。

12:シャトレーゼ白洲工場

シャトレーゼ白州工場は水が綺麗なことで有名な南アルプスの麓に位置するアイスと餡子の製造工場。工場見学では白洲の美味しい水を使用し、素材にこだわったお菓子の製造工程の見学ができます。最後にはアイスクリームの試食を無料で楽しむことができ、吹き抜けで日当たりの心地よい空間で食べるアイスは冬でも美味しくいただけますよ。こちらの工場見学は人気のため予約が必須ですのでお気をつけください。

13:昇仙峡影絵の森美術館

絶景スポットで有名な昇仙峡の奥に位置する影絵の森美術館は、作家「藤城清治」が描き出したポップで幻想的な光と影の世界を味わえる美術館。昇仙峡と奥昇仙峡の間に位置していて、ハイキングの休憩ポイントとしてもおすすめです。柔らかで温かな光のアートは冷えた体を癒してくれ、また、同施設内の和風レストランではこだわりのほうとうでお腹をみたしてくれます。まさに心も体も温かくしてくれるいやしの名スポットといえるでしょう。

14:富丘風穴・鳴沢氷穴

富岡風穴と鳴沢氷穴はまるで天然の冷蔵庫。青木ヶ原の樹海にある洞窟で、なかは通年涼しくなっています。真っ暗な洞窟内は足場も不安定で、ちょっとした冒険気分を味わえる観光名所ですよ。見どころは冬から春にかけてできる氷柱で、ライトアップされとても幻想的な氷柱は写真映えすること間違いありません。ここは春から夏頃に観光客が集中しているので、冬の観光はゆっくりと楽しむことができ穴場ですよ。

15:ルミエールワイナリー見学

山梨といえばワインも有名。ルミエールワイナリーは国の有形文化財にも認定されている石蔵発酵槽を使い、現在もワインを製造している明治創業の老舗ワイナリーです。見学の見どころはこの石蔵発酵槽で、最後には実際に作られたワインを試飲・購入することができます。お酒好きにはぜひおすすめしたいにんきの観光地です。

冬の山梨:人気温泉スポット5選

16:ほったらかし温泉

山の山頂にある日帰り温泉施設「ほったらかし温泉」は日本一の絶景露天風呂と言われ有名です。見どころは日の出の1時間前から営業してる「あっちの湯」。朝日に照らされた神々しい富士山の姿を眺めながら、温かい温泉で体は芯からポカポカになる穴場の温泉名所です。温泉からあがった後は、山頂のひんやりした空気が心地よく感じることでしょう。

17:ふじやま温泉

人気のテーマパーク「富士急ハイランド」の隣に温泉が湧いているのをご存知でしたか?  のふじやま温泉は美肌効果などのさまざまな効能が期待できる良質な湯が魅力で、日本最大級の木造浴室でそれを堪能できる温泉の名所なんです。テーマパークで遊んだ 後は、富士山を眺めながら冷えた体を温めていくのもいいですよね。都心へのアクセスもいいのでそのまま日帰りも可能です。

18:石和温泉

石和温泉は昭和の中頃に突然ブドウ畑から高温の温泉が噴出したという歴史をもつ甲州の温泉街で、ブドウなどの果物も楽しめる温泉の名所。湯の効能は神経痛・筋肉痛・関節痛のほか、冷え性・疲労回復などにも効果もあり冬の山梨観光にはぴったり。首都圏や中京地域からも近く日帰りも可能なところも魅力的な観光地です。

19:富士眺望の湯ゆらり

富士眺望の湯はその名の通り富士山を眺望する絶景を楽しみながら、パノラマ風呂や炭酸泉などの16種ものバラエティ豊かなお風呂を楽しめる温泉の名所です。この温泉地のおすすめポイントはお風呂の種類だけではありません。手ぶらで来ても大丈夫なほどアメニティが充実しているんです。旅行の際はなるべく荷物は持ちたくないですから、これは嬉しいサービスですね。

20:下部温泉

下部温泉は緑に囲まれた山里のなかにあり、ひっそりと隠れるかのようにある穴場の温泉地。古くから統治湯として栄えていた下部温泉はその昔有名な戦国武将・武田信玄が傷を癒しに来たという名所です。湯の効能は神経痛・冷え性・打撲・外傷など幅広く、手術後の療養のために訪れる人も多いようです。

冬の山梨:人気のあったか絶品グルメ【ベスト5】

1位:ほうとう

山梨の冬のグルメといえばやはり「ほうとう」。味噌仕立てのスープにかぼちゃを練り込んだ平打ちの麺と大きめの野菜がごろごろ入った郷土料理です。いまや全国区になりつつあるほうとうですが、寒さの厳しい冬の山梨観光でぜひ本場のほうとうを召し上がってみてください。熱々のほうとうを食べれば体は芯からポカポカ暖かくなるでしょう。

2位:甲府鳥のもつ煮

「甲府鳥のもつ煮」は知る人ぞ知る山梨のB級グルメ。甘辛く煮た鳥もつは通常のもつ煮と違い生臭さがなくサクサクとした食感で、大人からこどもまで美味しく食べられる人気のグルメです。この鳥のもつ煮を考案した「とんかつ力(りき)」は穴場の人気店ですよ。

3位:吉田のうどん

冬の山梨といえばほうとうが有名ですが、富士吉田市の名物グルメ「吉田のうどん」も負けていません。味噌と醤油を合わせたつゆに野菜や馬肉がトッピングされた特徴的なうどんで、吉田のうどんを提供する店のほとんどが自家製麺を使用しているというこだわりのねじれ麺は食べ応えがあります。熱々のうどんとスタミナ抜群の馬肉で山梨の冬の寒さを吹き飛ばしましょう。

4位:大月おつけだんご

「大月おつけだんご」は、ほうとうとすいとんの中間の絶妙な歯ごたえが特徴的な一口大の団子とたっぷりの野菜が入った山梨の家庭料理。味噌・醤油・塩・カレーなどそれぞれの家庭によって味付けや具材が違い、さまざまなバリエーションを楽しむことができます。山梨のお袋の味は心も体も温まり、どこかほっとする味わいですよ。

5位:甲州ワインビーフ

甲州はワインの生産が盛んですが、そのワイン生産で出たブドウ粕を食べて育った牛がこの「甲州ワインビーフ」です。ブドウの種や皮の酵素の働きによって肉質が改善されより美味しくなったその肉質は柔らかく、キメの細かい脂肪と上質な赤みはほんのり甘味を感じることができるでしょう。

冬の山梨観光で気を付けておきたいことは?

山梨は積雪地帯

フリー写真素材ぱくたそ

山梨は雪が多く降り積もる積雪地帯ですので、普段雪に慣れてない地域に住んでいる方は充分にご注意くださいね。雪が降ると足元も滑りやすくなりますので小さいお子さまや足の悪い方は特に、雪の日用の靴を用意するなどの準備をしておくといいでしょう。

自家用車の観光にはスタットレスが必須

フリー写真素材ぱくたそ

自家用車での観光には念のため来る前にスタッドレスの装着をお勧めします。「いざ山梨に来てみたらやっぱり必要だった」ということになると、貴重な観光の時間を削ってスタッドレスタイヤやチェーンを探し回る羽目になってしまいますよ。また、日帰りの旅行の際は暗い夜道を走るのは、スタッドレスタイヤ無しではとても危険です。山梨の平年の初雪はクリスマスの前後頃なので注意してください。

山梨の冬はとにかく寒い

Photo byPexels

山梨の冬は最低気温が0度以下になるほどで、とにかく寒いですので防寒対策はしっかりしていきましょう。湖や標高の高い場所の観光地はとくに寒さが厳しいので厚手のインナーやダウンコートに、帽子や手袋もあると安心ですよね。また観光中に持ち歩き便利な、充電式の電気カイロはゴミも出ず便利なので、ぜひ利用してみてください。

冬の山梨観光には魅力がいっぱい!

Photo byGaddict

冬の山梨観光は美しい絶景・人気の観光地でのアクティビティ・穴場の室内観光施設・景色も楽しめる温泉の名所・心も体も温まる絶品のグルメなど満載。寒さが厳しい冬の山梨だからこその魅力がいっぱい詰まっています。都心から程近く日帰りも可能な山梨ですから、ぜひ気軽に足を運んでみてくださいね。

小池ちかり
ライター

小池ちかり

ふたりの子供をもつ専業主婦。 いつかアメリカ国立博物館で恐竜を見たい!

今、あなたにオススメの記事

関連記事

人気ランキング