コスタリカの治安ってどう?日本人が観光で注意が必要な情報をご紹介!

コスタリカの治安ってどう?日本人が観光で注意が必要な情報をご紹介!

自然が多く、通称「幸せの国」とも呼ばれる南米の楽園コスタリカ。観光スポットも多く人気の国ですが、近年は麻薬犯罪や銃犯罪なども増えて治安が気になるところ。安全に旅行するためにも、まずは出発前にコスタリカの治安や注意点をチェックしましょう!

目次 [表示]

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業などが行われている場合があります。最新情報は公式サイト・SNSなどをご確認ください。

コスタリカってどんな国?見るべき観光スポットは?

通称”幸せの国”!コスタリカの基本情報

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/1861296?title=%E3%82%B3%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%AA%E3%82%AB%E5%9B%BD%E6%97%97

中央アメリカに位置する、自然あふれるエコツーリズムな国コスタリカ。地球幸福度ランキング1位を3回連続で獲得していて、通称「幸せの国」としても知られています。軍隊を持たず、非武装・中立を貫く国。また、国内の電力を自然エネルギーだけで補い、自然保護にも力を入れています。しかし、中南米エリアでは比較的治安も安定した国として知られていましたが、近年ではコスタリカで犯罪に巻き込まれる観光客も増えています。

日本人に人気のある、コスタリカの観光スポット

タバコン温泉リゾート

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/2764799?title=%E3%82%B3%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%AA%E3%82%AB%E3%80%81%E3%82%BF%E3%83%90%E3%82%B3%E3%83%B3%E6%B8%A9%E6%B3%89%E3%83%AA%E3%82%BE%E3%83%BC%E3%83%88

アレナル火山国立公園

コスタリカ北西部に位置する「アレナル火山国立公園」。活火山の麓にあるこの国立公園では、ハイキングなど大自然と共に温泉を楽しめることから日本人にも人気のあるスポットです。

タバコン温泉リゾート

アレナル火山国立公園から北へ8キロにある、コスタリカで一番人気のある温泉です。日本では体験できないような自然空間の中で、温泉につかりながら贅沢なリゾート感を楽しむことが出来ます。世界でも有数のリゾート温泉地です。

コスタリカ国立劇場

首都のサンホセにある、1897年に完成した新古典主義建築の建物です。国の歴史的建築物にも指定され、料金を支払えば内部にも入ることもできます。コスタリカの国民に愛される、ヨーロッパ風の外見の美しさが人気です。ミュージカルやコンサートなどのイベントも開催されます。

現在のコスタリカの治安はいい?悪い?

外務省の危険情報で治安をチェック

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/231474?title=%E3%83%91%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%8804

外務省の海外安全ホームページでは、コスタリカの危険情報や現地大使館・総領事館からの最新の安全情報を見ることが出来ます。こちらで旅行前にしっかり危険レベルやポイントなどを確認することがおすすめ。緊急時の警察や救急車の連絡先なども記載されているので、現地で万が一何かあった場合にも役立ちます。

コスタリカの犯罪発生状況

在コスタリカ日本国大使館のホームページで犯罪発生状況などを確認することができます。こちらで確認できるように、近年では観光が充実する一方で、凶悪犯罪も以前より増えているようです。やはり日本のように治安がいいとは言えません。旅行中犯罪に巻き込まれないために、事前にしっかりと対策をしていきましょう。

日本人が観光時に注意すべき危険な犯罪は?

コスタリカでの日本人の犯罪被害例

フリー写真素材ぱくたそ

スリ・置き引き

日本人が一番被害に遭いやすい犯罪はスリと言われています。どのエリアでもスリに注意が必要ですが、首都サンホセではとくに頻繁に発生している犯罪です。人混みへ行く際は注意が必要。長距離バスターミナルやビーチでの置き引きも多発しています。荷物は置きっぱなしにせず、常に体から離さぬように注意しましょう。

ケチャップ詐欺

街中でわざとケチャップで洋服を汚し、服を拭いている隙に財布や貴重品を盗むという、日本ではあまり馴染みのないケチャップ詐欺。実際にケチャップをかけられなくても「洋服にケチャップがついていますよ」と声をかけて、相手の注意をひいているうちに盗むというパターンも報告されています。

麻薬犯罪

コスタリカは麻薬の取引ルートの中継地点となっており、近年麻薬犯罪が急増しています。「売人らしい者には近づかない」「自身で薬物を使用しない」ことはもちろんですが、麻薬中毒者による強盗や暴行などの犯罪に巻き込まれないよう注意が必要です。

スキミング被害

2016年に国内にある20か所のATMにおいて、カード挿入口にスキミング機械が設置されているのが発見されたニュースもあるほど、コスタリカでは注意が必要な犯罪です。銀行内のATMや警備員が監視している場所のATMを利用するようにし、もし身に覚えがないカード利用を発見したら、速やかに届け出ましょう。

危険な地区で犯罪に巻き込まれないための注意点

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/1862753?title=%E8%AD%A6%E5%91%8A%E3%81%AE%E3%82%A4%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%B8

貴重品を肌身離さない

観光中や繁華街でお買い物の際、現金やパスポートをしっかり管理することが必要。また、「大量の現金を持ち歩かない」「パスポートはコピーを携行する」「相手から抜き取りにくい場所にしまう」などの対策も有効です。

夜間の一人歩きを控える

出来るだけ夜間の不要な外出は避けて、昼間に行動するようにしましょう。やむを得ず外出しなければならない場合は、できるだけタクシーを利用するなど工夫が必要です。夜の公園など、治安の悪い危険な犯罪多発地区には近づかないように。

銃犯罪に巻き込まれないようにする

首都サンホセでは残念ながら銃犯罪も報告されています。もし銃声が聞こえたら、低い姿勢をとって隠れる場所を探し安全を確保しましょう。万が一巻き込まれたの場合でも、武器を持つ犯人には決して抵抗してはいけません。

犯罪が多発する、治安の悪い危険な地区は?

危険なので注意!都市部やこんな場所は治安が悪い

フリー写真素材ぱくたそ

都市の中心部の歩行者天国や市場では、スリやひったくりが多発し治安が悪いので要注意。人混みでは常に気を抜くことなく、注意して観光をしましょう。また、長距離バスのターミナルや車内でも置き引きや窃盗が多発しています。夜間の公園では麻薬取引が行われていることも多く、暴行事件に巻き込まれる可能性もあるので絶対に近づかないように。

観光客が注意すべき、治安の悪い危険な犯罪多発地区はここ!

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/2794060?title=%E6%B3%A8%E6%84%8F%EF%BC%81

首都サンホセ

人が多くとても賑わっている首都のサンホセですが、麻薬常習者やマフィアも多く存在します。スリやひったくりも多く、銃犯罪も報告されているので、訪れる際には気を抜かないように。観光客も多く昼間は警察が巡回していますが、夜間は治安が悪いので近づかないほうが賢明です。

コカ・コーラ地区

日本人は不用意に近づかないほうがいい、コスタリカの中でも治安がとくに悪い地区です。浮浪者が多く、昼間でもスリやひったくりが多発していて、殺人事件も起こっている場所です。どうしても行かなければいけない場合は、タクシーを利用しましょう。

サンペドロ地区

こちらは強盗が多発している地区です。外務省が注意喚起している地区でもありますので、避けたほうが賢明です。もしどうしても行かなくてはいけない場合には、不用意に大金や貴重品を持っていかないことをおすすめします。

比較的治安のいい、日本人におすすめの地区は?

観光地は比較的治安がいい

代表的なスポットや国立公園などの主な観光地では犯罪被害が少なく、比較的治安がいいと言えます。観光客が多く訪れる場所は警備体制もしっかりしていて、安心して観光を楽しむことが出来ます。しかし、夜間は出歩かないということが大前提です。また、今のところ日本人をターゲットにしたテロは起きていませんが、こちらも巻き込まれないように充分注意が必要です。

安心して観光を楽しめる、治安のいい地区はここ!

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/2303197?title=%E7%A0%82%E6%B5%9C%E3%82%92%E6%AD%A9%E3%81%8F%E5%A5%B3%E6%80%A7

マヌエル・アントニオ国立公園

サンホセからバスで3時間半ほどのケポスにある、世界の観光客から人気のリゾート地です。敷地内には美しいビーチが2つと熱帯雨林があり、そこに住む野生動物や海水浴を楽しむことができる人気スポット。高級ホテルや観光客向けのレストランも多いので、日本人も安心して楽しむことができます。

コスタリカ国立劇場の近辺

サンホセ市内ですが、観光地としても人気のコスタリカ国立劇場の近辺はとくに警備員も多く、治安も安定しています。女性や一人旅のかたも、安心して楽しめますよ。ほかの観光客や警備も多く安全なアベニーダセントラルの道沿いを歩いていれば、コスタリカ国立劇場のまわりにある他の主要な博物館を回ることもできるのでおすすめです。

治安以外に知っておきたいこと

コスタリカのインターネット環境

Photo by mista stagga lee

空港やホテルなどの主要スポットや、有名なレストラン・ファーストフード店や大型のショッピングセンターでは無料のWi-Fiが利用できます。しかし、街中でインターネット環境を利用したい場合は事前に海外対応のポケットWi-Fiを準備していくことをおすすめします。道を調べたり、トラブルに巻き込まれた際にネット環境が整っていると安心です。

コスタリカの衛生事情

フリー写真素材ぱくたそ

トイレ

都市部や観光地であれば、レストランやショッピングセンターなどのトイレを利用することが可能です。水圧が低くトイレの下水管が詰まりやすいので、便器の横にゴミ箱がある場合は紙類を流さずにそちらへ捨てましょう。

国内の水道水を飲むことができますが、万が一を考えてミネラルウォーターを購入するのがおすすめです。歯磨きなどはあまり神経質にならなくても大丈夫ですが、旅行先で体調を崩さないためにもなるべく飲料水は購入しましょう。

コスタリカで安全に旅を楽しみましょう!

中南米の周囲の国と比べても、経済は発展し観光的にも魅力的なコスタリカ。観光地は比較的治安がいい場所が多く安心ですが、場所によっては危険な場所も存在するのも事実です。「自分の身は自分で守る」「危険な場所には近づかない」ということに注意して、思い出に残る楽しい旅にしてくださいね。

まりるれろ
ライター

まりるれろ

今、あなたにオススメの記事

関連記事

人気ランキング