やっぱり「ウタマロ石鹸」の汚れ落ちが最高!効果的な使い方を解説!

やっぱり「ウタマロ石鹸」の汚れ落ちが最高!効果的な使い方を解説!

ウタマロ石鹸は部分洗濯用の固形石けんです。落ちにくい泥汚れや食べこぼしなど、ガンコな汚れも落としてくれるロングセラー商品として話題になりました。効果的な使い方や知って得する小ワザ、ウタマロ石鹸を使用する際の注意点をご紹介します。

目次 [表示]

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業などが行われている場合があります。最新情報は公式サイト・SNSなどをご確認ください。

ウタマロ石鹸とは

クリックするとAmazon商品ページへ飛びます

 

ウタマロ石鹸は部分洗い用の固形石鹸です。なかなか落ちない泥汚れや食べこぼし、ペンなどのインク汚れまで落ちる驚きの洗浄力を持った石鹸です。テレビやSNSでも度々話題になるため、ご存じの方も多いのではないでしょうか。
ウタマロ石鹸の効果的な使い方や知っておくと便利な小ワザや、気をつけたい注意点をご紹介します。

圧倒的な支持を受けて廃盤の危機を脱出

フリー写真素材ぱくたそ

1957年に発売され、今やロングセラー商品のウタマロ石鹸ですが、廃盤の危機に陥った過去がありました。

宮井産商株式会社が東邦油脂株式会社(現 株式会社東邦)と協業し、ウタマロ石鹸が誕生しました。ところが、バブル崩壊と競争の激化により宮井産商が倒産してしまいます。あわや廃盤と思われましたが、「ウタマロ石鹸をなくさないで」という声が届き、東邦が販売を続けています。

ウタマロ石鹸でどんな汚れが落ちるの?

Photo bynastya_gepp

  • 泥汚れ→ユニフォーム、靴下など
  • 食べこぼし汚れ→醤油、ケチャップ、ワインなど
  • 皮脂汚れ→シャツのエリ・ソデなど
  • インク汚れ→水性ペン、油性マジックなど
  • 黒ずみ汚れ→スニーカー、上履きなど
  • 化粧汚れ→口紅、マスカラなど

ウタマロ石鹸は大きく分けて7種類の汚れを落とせます。いずれも落ちないと思われがちな汚ればかりですね。油分を含む汚れが目立ちますが、一般的な洗濯洗剤では太刀打ちできない汚れにも効果を発揮してくれます。いつの間にかついていたシミのせいで着るのを諦めたお洋服も、ウタマロ石鹸なら復活させてくれます。

ガンコな汚れにも効果が

Photo byKaoruYamaoka

ウタマロ石鹸は、なかなか落ちないガンコなシミにも効果があります。例えば、衣服についたおりものや経血などの血液汚れや、気がついたらできていた枕カバーの汗ジミや黄ばみなどの汚れにも効果てきめんです。

ほかにも、泥が入り込み、予洗いしてから洗濯機で洗っても汚れが落ちないユニフォームも白くなります。諦めていた汚れにも驚くほどの効果を発揮してくれます。

驚きの汚れ落ち

Photo bywilhei

ウタマロ石鹸の威力はシミを落とすことだけではありません。油汚れに協力に作用するため、皮脂に含まれるニオイの原因となる菌を除菌・消臭する効果もあります。繊維の奥に入りこんだ汚れに浸透して、洗濯しても気になるニオイまでスッキリ落としてくれます。

ウタマロ石鹸なら落ちる!白さの秘密

Photo byBru-nO

驚きの洗浄力を誇るウタマロ石鹸は、こだわりの製法と選び抜かれた原料によって作られています。不純物を減らし、石鹸の結晶が細かくなる製法を採用し、汚れに馴染みやすくなるよう工夫されています。石鹸の原料は廃棄油を再精製した回収リサイクル油が使われており、環境にも配慮されているのです。

ほかにも独自の成分を配合するなど、白さを実現するためのこだわりがあります。

こだわりの蛍光増白剤を使用

Photo byjarmoluk

ウタマロ石鹸の白さの秘密はずばり、蛍光増白剤にあります。蛍光増白剤とは染料の一種で、見た目をより白く見せる成分のことです。

市販されている白い衣服は蛍光剤が塗られていることが一般的ですが、蛍光剤が洗濯によって流れ落ちることで、次第にくすんだ色に変色してしまいます。流れ落ちた蛍光剤を補い、再び白さを取り戻すために配合されているのが蛍光増白剤です。

蛍光増白剤は安全なの?

ウタマロ石鹸に含まれている蛍光増白剤は、安全と確認された成分のみ使用されています。一般的な蛍光増白剤は、多量使用すると発がん性や皮膚のかぶれなどのリスクがあると言われています。しかし、使われている蛍光増白剤は厳しい試験を合格したものです。

部分用固形石鹸であること、洗濯機で洗う前の予洗いとしての使用を前提に作られているため、使用方法を守れば安全に使用できます。

ウタマロ石鹸が緑色なのはなぜ?

フリー写真素材ぱくたそ

ウタマロ石鹸が緑色であることも、白さを実現する工夫のひとつです。緑色の理由は、石鹸がしっかりと衣服についているかを見やすくするためです。

固形石鹸のため、十分にこすりつけないと必要な分量が行き届きません。汚れた箇所が緑色になるくらい塗られているか、緑色が消えるまできちんとすすげているかをわかりやすくする仕掛けなのです。

次のページ

ウタマロ石鹸の効果的な使い方

今、あなたにオススメの記事

関連記事

人気ランキング