バックパッカーが教える持ち物リスト!最低限必要なものや便利グッズは?

バックパッカーが教える持ち物リスト!最低限必要なものや便利グッズは?

旅の達人と言われる、バックパッカーの持ち物を分析します。バックパッカーとして旅行に最低限必要な物から便利なグッズやアイテム等の持ち物をリストにしてご紹介いたします。荷物の詰め方の秘訣も参考にしてバックパッカーの仲間入りをしてみませんか?

目次 [表示]

バックパッカーの持ち物をリストでご紹介

Photo byMIOTRAN

バックパッカーのバッグの中には何が入っているのでしょうか。バッグひとつで国内だけでなく海外も長期に渡って旅行するバックパッカーの最低限必要な物からあると便利グッズまでをリストでご紹介しましょう。

バックパッカーの持ち物リスト:最低限必要なもの

フリー写真素材ぱくたそ

旅行に最低限必要なもの①パスポート

旅行に最低限必要なものは、人によりそれぞれ違いますが、海外旅行に欠かせない物の第一はパスポートです。渡航先により異なりますがパスポートの残有効期限というものが必要になりますので旅行が決まったら必ず確認して下さい。合わせてコピーも用意しておくと万一の際に安心です。それからパスポートカバーもスキミング防止にあると安心です。

旅行に最低限必要なもの②現金

Photo byNikolayFrolochkin

旅行に最低限必要なものの二つ目は現金です。米ドルは世界中で使える可能性の最も高い通貨ですが、100ドル札等はお釣りがもらえなかったり、偽札扱いされたりする率が高いので20ドル以下を中心に用意しておくのがいいでしょう。又、現地通貨から米ドルや日本円への両替が不可の国もありますので必要最低限の両替にしましょう。

旅行に最低限必要なもの③クレジットカード

Photo byjarmoluk

旅行に最低限必要なものの三つ目はクレジットカードです。お勧めはVISAかMASTERです。買い物以外に現地通貨が必要なときATMで引き出せますし、両替よりもレートが安いです。盗難などの携行品損害保険が付帯しているものにしましょう。クレジットカードは海外では信用の証明になりますので、持ち物リストに入れましょう。

旅行に最低限必要なもの④スマホ

フリー写真素材ぱくたそ

旅行に最低限必要なもの4つ目はスマホかパソコンです。どちらもその土地の情報を得るのはもちろんですが、写真やビデオ等、目覚まし、懐中電灯代わりにもなりますし、現地の言葉を調べることもできます。これひとつで旅行の幅が広くなり多くの経験につながる事ができます。できればWi-Fiも一緒に持参するのが便利です。

旅行に最低限必要なもの⑤充電器と変圧器とプラグ

旅行に最低限必要なものの5つ目で、忘れると困るのが、充電器と変圧器と変換プラグです。海外では日本の電子機器の充電はそのままではできません。世界主要都市で使用出来るプラグを用意しましょう。又、使用可能電圧でも壊れてしまう可能性がありますので、安全のためにも変圧器も持ち物リストに入れましょう。

バックパッカーの持ち物リスト:バッグ

Photo byPexels

旅行に便利なバック①バックパック

旅行に便利なバッグパック。自力で長距離を旅行するバックパッカーにとって両手の空くバックパックはとても便利です。選ぶポイントとしては絶対的に軽く、丈夫で耐水性に優れた物を選びましょう。45ℓがベストと言われますが、何よりも自分の身体にあった物を選びましょう。又想像以上に汚れるのでカバーをつけるのをお勧めします。

旅行に便利なバック②サブバック

旅行に便利なバッグ二つ目は街歩きの時に必要なサブバックです。貴重品やペットボトルなどを持ち歩く為に、ワンショルダーのバッグかリュックがいいでしょう。両方持つ時はバックパックを背負い、前にリュックやワンショルダーバッグを抱える感じです。エコバッグも一つ用意しておくとお土産を購入した時に使えます。

旅行に便利なバッグ③財布

Photo bystevepb

旅行に便利なバッグで忘れていけないのが財布です。海外旅行すると現地のお金が必要になります。スリのターゲットにならないように一日分だけの少額に分けて持ちましょう。又お札のサイズが違うので複数のポーチや財布を準備し、残金はセキュリティーベルトで管理するのが安全です。

旅行に便利な荷物の詰め方

旅行に便利な荷物の詰め方の最大の課題は"いかに軽くするか"です。同じ持ち物でも詰め方により軽く感じる詰め方があります。重い物はバックパックの上の方で背中側に入れます。下に入れたり背中に空間があると、重さでショルダー部分が引っ張られるので肩への負担が大きくなります。長期旅行を快適にするための詰め方の大事なポイントです。

旅行に便利な荷物を最小限にする詰め方

旅行に便利な荷物を最小限にする詰め方のコツは、「衣類タオル類は全て圧縮袋に入れる」「化粧品はオールインワンにする」の2点です。液体の化粧品は気圧で漏れる可能性がありますし、荷物が重くなってしまいます。「現地調達出来る物は最小限に」頻繁に出し入れする物は上の方やサイドポケット利用して重く感じない詰め方でパッキングしてみて下さい。

バックパッカーの持ち物リスト:便利グッズ

Photo byanalogicus

国内も海外もあると便利グッズ①洗濯グッズ

国内も海外もあると便利グッズの1点目は洗濯グッズです。少ない衣類を着まわす為にも速乾性が大事ですし、粉末洗剤の他に、小さい折り畳み式の洗濯ハンガーがあると、下着や靴下を干す時に便利です。次にワイヤーハンガーです。ボトムス等を干す時は下のワイヤーを曲げる工夫をすることで風通しが良く早く乾きます。

洗濯ものをなるべく減らすコツ

洗濯ものをなるべく減らし楽にするためには、シャワーを浴びたときに身体と一緒に洗うのがベストです。時間や洗剤の節約にもなります。干す時にベッドサイドのランプに干す人がいますが火事になりかねないので、避けたほうがいいでしょう。

国内も海外もあると便利グッズ②アウター

国内も海外もあると便利グッズの2点目は、アウターです。気候変動に便利なのが風雨のカバーをしてくれるウィンドブレーカーがあると便利です。最近は機能的でオシャレな物が販売されてます。その他に海外では朝晩の気温差がとても激しい所があるので、ダウンジャケトも用意しておくと安心です。

国内も海外もあると便利グッズ③ストールと腹巻

国内も海外もあると便利グッズの3点目はファッションアイテムにもなる、ストールと腹巻があります。寒さしのぎだけでなく、国によっては女性は肌の露出が禁止されてますので、その際にも使用できます。腹巻はかさばらないし、プラス一枚着たぐらいの温かさと保温力がありますので気温調節にベストです。

国内も海外もあると便利グッズ④レジャーシートとバスタオル

Photo byEngin_Akyurt

国内や海外であると便利なグッズの4点目は、忘れがちなのがレジャーシートとバスタオルです。暑い国を旅行する時などは、南京虫(トコジラミ)の被害に遭う可能性が高いです。噛まれると赤い発疹がでてとても痒く、発熱を伴うこともあります。レジャーシートをマイシーツにすることで、南京虫から身を守ることができます。バスタオルはその上にひいたり、寝るときやフライト時の寒さしのぎにも使えますので便利です。

国内も海外もあると便利グッズ⑤ジプロック

国内も海外もあると便利グッズの5点目はジプロックです。例えば現地調達した固形石鹸や歯ブラシ、洗剤などの使いかけは当然ですが、未使用でも箱やパッケージを外しジプロックに入れる事で荷物を減らせますし整理がしやすいです。海外での小物のお土産や濡れた物を入れるのにも便利です。

国内も海外もあると便利グッズ⑥日焼け止め

Photo byTerriC

国内も海外もあると便利グッズの6点目は、日焼け止めです。旅行の楽しさにかまけてUVケアを怠ると後々に後悔することになります。SPF50と SPF35ぐらいの物と2種類を長期旅行の場合は用意するといいでしょう。暑い国では耐水性の高いSPF50を使いましょう。合わせてつばの広めの帽子やサングラスなどが紫外線防止に便利です。

国内も海外もあると便利グッズ⑦虫よけスプレー

国内も海外もあると便利グッズの7点目は虫よけスプレーです。特に蚊が媒介する病気はとても多く、マラリアや黄熱病などの命の危険にもさらされます。体に身に付ける虫よけがあると尚、便利でしょう。蚊の多い国では寝るときも忘れずに対策して下さい。ベープマットや香取り線香的なものがあるとよりいいと思います。

国内も海外もあると便利グッズ⑧ウエットティッシュ

国内も海外もあると便利グッズの8点目で忘れがちなのが、ウエットティッシュです。海外では日本のようにおしぼりは出て来ません。特にB級グルメを楽しもうと思ったり、手で食する習慣の国ではとても便利です。ほこりがついた露店のお土産を触った後などにも使えます。

バックパッカーの持ち物リスト:大事なアイテム

Photo bystevepb

海外旅行に大事なアイテム①保険

海外旅行に大事なアイテムの1点目は海外保険です。保険が無く海外で病院にかかると莫大な費用が掛かります。それでも診察してもらえればいいですが、国や病院によっては保険がない場合、その高額な現金が今手元にあるのかを確認しないと治療をしてくれないかもしれません。必ず海外保険はそのコピーと合わせて用意しましょう。

海外旅行に大事なアイテム②薬

Photo byqimono

海外旅行に大事なアイテムの2点目は薬です。最低限、痛み止め、下痢止め、風邪薬程度は持参するといいでしょう。下痢止めなどは意外とその国の物のほうが効果的な場合もあります。軽い風邪や疲れでしたら、その国の漢方が症状を和らげたりしてくれます。自分の体質や体調を考慮して用意する事をおすすめします。

海外旅行に大事なアイテム③地図アプリ

Photo byPexels

海外旅行に大事なアイテムの3点目は地図アプリです。ネット環境の悪いところでも使用できるのがグーグルマップの地図アプリのオフライン使用です。Wi-Fiなくても使用出来るという素晴らしいアプリです。事前にスマホにダウンロードする必要がある点と、国やエリアにより対応していない所や制限もあるようですので、調べておきましょう。

海外旅行に大事なアイテム④ビザ

海外旅行に大事なアイテムの4点目はビザです。外国には入国の際にビザの申請が必要な国があります。現地の空港で所得する事もできますが、時間がかります。又、意外と費用がかかるので旅行先での出費を抑える為にも、渡航先がわかっていれば日本で所得しておくと安心です。ビザも有効期限がありますのでご注意下さい。

海外旅行に大事なアイテム⑤イエローカード

Photo by Ryosuke Yagi

旅行に大事なアイテムの5点目は予防接種証明書です。渡航する国によっては蚊が媒介する、黄熱病という重篤な状態になりやすい病気を防ぐために、この予防接種の証明書であるイエローカードが必需品となります。これが無いと入国できないので該当する国に行かれるならば忘れずに準備しましょう。

バックパッカーの持ち物リスト:洋服

Photo by yto

バックパッカーに必要な洋服

長期旅行に必要な洋服は、何をどれぐらい用意すればいいのでしょうか?バックパッカーが準備している基本的な洋服をリスト化しました。

  1. Tシャツ数枚
  2. 長ズボン
  3. ハーフパンツ(女性ならスカート)
  4. 長袖Tシャツ
  5. 羽織用シャツかカーディガン
  6. パーカー
  7. ジャージ(部屋着)
  8. ヒートテック
  9. 下着類
  10. 靴下
  11. セーター(寒い国)
  12. ワンピース(女性)

バックパッカーとして持ち物リストに入れたいアイテム

Photo byPublicDomainPictures

バックパッカーとしてその他に持ち物リストに入れたいアイテムをご紹介します。

  • マスク
  • ボールペン(意外と使用頻度有り)
  • 粉末ポカリと日本茶
  • うめぼし
  • 顔写真(パスポート紛失や現地でビザ所得の時)
  • S字フック(トイレやシャワー室で荷物を掛ける為)
  • エア枕
  • イエローカード(黄熱病の予防接種書)

まとめ

フリー写真素材ぱくたそ

いかがでしたか?バックパッカーとして旅に出る準備はできそうでしょうか。あまり神経質にならずに「郷に入っては郷に従え」で現地に触れて旅行を楽しんで下さいね。

稲田瑞恵
ライター

稲田瑞恵

自然と生き物が好きな私が、現在までの生涯で忘れられない絶景は、アフリカ・タンザニアの「ンゴロンゴロ自然保全地域」です。巨大クレーターという特殊な地形の中に生息している、多数の野生動物達が早朝、雲の隙間から降り注ぐ朝日と、夜露で濡れて輝いている草の中で、ゆったりと活動している姿が忘れられない衝撃的な感動でした。

関連記事

人気ランキング