飛行機に乗る何分前に着けばいい?国内線の手続きの流れやルールをご紹介!

飛行機に乗る何分前に着けばいい?国内線の手続きの流れやルールをご紹介!

国内線の飛行機に乗る場合は、電車やバスと違いチケットカウンターから搭乗まで時間がかかることが特徴です。受付締め切りの時間は航空会社によって異なります。国内線の飛行機は何分前までに乗ればいいのか、手続きや流れについてもご紹介します。

目次 [表示]

国内線・飛行機の手続きは何分前?

Photo by Kentaro Ohno

国内線の飛行機に乗る場合、出発時間の30分前までには空港カウンターで手続きを行う必要があります。国際線の場合は、乗客人数も多いため、少なくとも1時間前までには空港へ行くのが一般的です。

飛行機へ搭乗するまでの手続きは、航空会社・利用する空港・時期によっても異なります。出発時間の30分前というのは1つの目安としておき、自分のプランに合わせて早めに空港へ向かうといいでしょう。

国内線・飛行機の手続き

Photo byFree-Photos

国内線の飛行における手続きの流れは、国際線の手続きと同じです。まず空港に到着したら、該当する航空会社のチケットカウンターへ向かいましょう。搭乗券のチェックをした後、受託荷物がある方はその場で荷物を預けます。

セキュリティーチェック(保安検査場)で荷物の検査後は、搭乗ゲートへ向かいましょう。飛行機の搭乗口で再度チケットを確認してから、飛行機へ搭乗となります。

国内線・飛行機のルール

Photo by densetsunopanda

国内線の飛行機を乗る上で、必ず守らならなければならないのが「出発時間」です。国内線の場合は、出発時間の10分前には締切を行うのが一般的となります。

搭乗を締め切った後から離陸までの時間は、航空会社の規程に基づき、離陸体制に入る準備時間です。搭乗締切後は、やむを得ない場合を除き、搭乗を断られる場合があるので注意しましょう。

国内線・飛行機の手続きは何分前①:チェックイン

Photo byFree-Photos

国内線・飛行機のチェックインは、出発の30分前に行うのが一般的です。チェクインとは、飛行機の搭乗券を発券する業務を意味します。

チェックイン時間は、航空会社によっても異なるため、予約した航空会社の規程を事前に確認しておきましょう。ゴールデンウィークや年末年始などの連休時は、カウンターが混雑するため早めにチェックインするのがおすすめです。

格安航空会社の場合

Photo byStockSnap

飛行機会社の中には、他の航空会社よりも安い運賃を提供する「格安航空会社(LCC)」があります。

格安航空会社の場合、他の航空会社のチェックインカウンターと違い、空港の入り口から離れた場所にカウンターがある場合もあるため注意が必要です。格安航空会社の方が手続きに時間がかかることも多く、1時間前にチェックインするのがいいでしょう。

Webチェックインシステム

Photo byFirmBee

空港に向かっている途中で渋滞に巻き込まれるなど、到着が遅れそうな場合はWebチェックインを活用するのがおすすめです。

多くの航空会社では、チェックイン時間を短縮するためWebチェックインシステムを導入しており、インターネット接続ができればその場でチェックインを行えます。携帯電話からもアクセスできるので、時間のない方は事前にチェックインしておくのがいいでしょう。

国内線・飛行機の手続きは何分前②:荷物の預け入れ

Photo byfrank2016wang

大きなサイズの荷物をお持ちの方は、カウンターでチェックインした際に、荷物の預け入れが必要になります。荷物を預ける必要がある方は、出発時間の40分前にはチェックインカウンターに行くのがおすすめです。

受託荷物の中に、危険物や航空会社が指定した持ち込み禁止アイテムが含まれている場合は、荷物の預け入れできないので注意しましょう。

格安航空会社の場合

Photo bymanusama

格安航空会社を利用の方が荷物を預ける場合、荷物の大きさなどに応じて「有料」になるケースが多い傾向にあります。荷物のサイズや重量がわかっている場合は、航空チケットを購入する際に、受託荷物の申請も合わせて行うのがおすすめです。

事前に手続きをしていない場合、通常よりも手続きに時間がかかるため、遅くとも出発の70分前にはチェックインカウンターに向かいましょう。

注意点

Photo byTama66

飛行機に搭乗する場合、所定のサイズ内や重量であれば、機内に手荷物の持ち込みが可能です。しかし、規程外のサイズや重量オーバーの荷物は、チェックインカウンターで追加料金を支払わなければならない場合があります。

あらかじめ、荷物のサイズや重量をチェックしておくと、スムーズにチェックインの手続きを進められるでしょう。

規程サイズ外の場合

Photo bypaulbr75

国内線の場合、飛行機の大きさや航空会社によっても規程が異なる場合があります。荷物のサイズが3辺を足して250センチ以上の場合は、必ず航空会社へ問い合わせをしましょう。

たとえば、スポーツ用品や楽器などの荷物は、飛行機の大きさによって持ち込めない場合もあります。受託荷物と分けてカウントされるため、注意が必要です。

重量オーバーの場合

Photo bystevepb

国内線の預け入れ荷物の重量は、20キロで設定している航空会社が多い傾向にあります。規程よりも重い荷物の場合は、チェックインカウンターで追加手続きと超過料金の支払いが必要になるので注意が必要です。

超過料金は当日払いになると割高に設定されているため、事前に重量をチェックするのがおすすめです。手続きの所要時間は、10分から15分程度かかると考えておくといいでしょう。

国内線・飛行機の手続きは何分前③:セキュリティーチェック

Photo by followtheseinstructions

カウンターにてチェックイン終了後、次はセキュリティーチェック(保安検査場)へと移動します。セキュリティーチェックでは、ご自身が機内へ持ち込む荷物を調べるため、出発時間の20分前には到着するようにしましょう。

飛行機に持ち込む手荷物の中には、保安上持ち込みが禁止されているアイテムもあります。必ずご自身で事前に荷物チェックをしておくことが重要です。

事前準備

Photo by Monika Kostera (urbanlegend)

コートやジャケットなどを着用の方は、あらかじめ脱いだ状態でチェックポイントを通過する必要があります。脱いだ衣類は専用のカゴにいれ、セキュリティーチェックの機械に通るのがルールです。ブーツや安全靴などを着用の方も、上着と同じく事前に脱いでからセキュリティーチェックを受けるようにしましょう。

格安航空会社の場合

Photo by densetsunopanda

格安航空会社の場合は、通常の航空会社のゲートよりも遠くのゲートになることも多く、出発時間の30分前までにはセキュリティーチェックを受ける必要があります。ゴールデンウィークなどの長期連休前は、乗客数も多く、セキュリティーチェックに時間がかかるので注意が必要です。

注意点

Photo byAlexas_Fotos

セキュリティーチェックを受ける前に注意したいポイントなのが、「機内持ち込み禁止のアイテム」です。国内線と国際線では、荷物の制限やアイテムも異なるため、旅行の荷物をまとめる前に必ずチェックしておきましょう。

機内持ち込み禁止のアイテムは、あらかじめ受託荷物に入れるなど、事前に対策を行えば問題ありません。

持ち込み禁止アイテム

Photo byMyriams-Fotos

機内に持ち込み禁止アイテムとして指定されているのが、ハサミや工具など、凶器となりうるアイテムです。ハサミは、たとえ美容グッズとして使用するサイズの小さなものでも、基本的に持ち込むことはできません。

ベビーカーを持ち込む場合は、規程サイズ以内のサイズ以外は持ち込み不可となります。航空会社によっては貸出も可能なので、事前に問い合わせして確認しましょう。

液体物

Photo bydungthuyvunguyen

国内線では、ノンアルコール飲料のペットボトルは持ち込み可能です。セキュリティーチェックでは、液体物のチェックがあるため、必ずバッグの外に出しておきましょう。

アルコール飲料は、アルコール度数が24度を超えるものは機内持ち込み不可となります。国際線の場合は、国内線と異なりさまざまなルールがあるので注意は必要です。

食べ物

Photo byjelly

お弁当などの食べ物は、基本的に機内への持ち込みが可能です。お弁当の中でも加熱式弁当容器を使用したものは、危険物に該当するため機内への持ち込みができません。漬物や液体を含む食べ物の場合は、液体漏れを防ぐため、座席の下に置くようにしましょう。

アイテムの没収

Photo byAlexas_Fotos

持ち込み禁止アイテムと知らず、手荷物の中に持ち込み禁止アイテムがあった場合は、その場で没収となるため注意が必要です。受託荷物がある場合、預入の荷物の中に入れれば目的地へ持っていけるものもあります。没収されたアイテムは、空港係員によって処分されるため返却不可です。

国内線・飛行機の手続きは何分前④:搭乗

Photo bySkitterphoto

セキュリティーチェックを通過後は、機内への搭乗となります。国内線の場合は、出発時間の10分前には搭乗ゲートに到着しておきましょう。飛行機の利用頻度が少ない方や、ゲートに向かう前にレストランや土産物屋、トイレなどに寄りたい場合は、出発時間の20分前にゲートへ到着するよう計画するのがおすすめです。

格安航空会社の場合

Photo by Kentaro Ohno

格安航空会社の場合は、出発時間20分から30分前にゲートを締め切ることがあるため注意は必要です。格安航空会社で関西国際空港をご利用の方の中には、搭乗ゲートから飛行機まで徒歩で移動する場合もあります。

受付の締め切り時間は、空港や飛行機の便によっても異なるため、必ず航空会社の規程を事前に調べておきましょう。

注意点

Photo byt_watanabe

国際線よりも国内線の受付締め切り時間は、比較的ギリギリでも間に合いますが、万が一の事態を考慮して、早めに空港に向かうのがおすすめです。空港へ車で向かう方は渋滞が発生した場合、搭乗時刻に間に合わせないこともあります。

不測の事態に備え、旅行をする時期や交通機関の状況もしっかりチェックしてから空港へ向かいましょう。

ゲートの変更

Photo byFree-Photos

飛行機の運行によっては、直前で搭乗ゲートが変更になる場合もあります。各空港内には、フライト時間や行先を表示した掲示板が設置されているので、必ず搭乗前に搭乗ゲートを確認しておきましょう。

遅刻した場合

万が一、寝坊や交通機関の遅れで空港への到着が遅れる場合は、必ずチケットを購入した旅行会社か航空会社へ連絡しましょう。チケットの種類によっては、次のフライトに変更が可能な場合もあります。交通機関を利用する際は、遅刻のリスクを回避するためにも、電車で空港に向かうのがおすすめです。

国内線・飛行機の当日チケット購入

Photo byigorovsyannykov

急な予定が入り、飛行機のチケットを当日購入しなければならない場合もあります。通常の航空会社では、国内線のチケットの場合は、出発時間の20分前までチケット購入が可能です。当日のチケット購入は、ネット予約でも行っている場合があるので、航空会社の専用ホームページをチェックするといいでしょう。

国内線・飛行機の手続きは出発時間の30分前

Photo byFree-Photos

国内線の飛行機に搭乗する場合は、出発時間の30分前までにチェックインカウンターに行く必要があります。格安航空会社を利用の方は、1時間前にカウンターを締め切られる場合もあるので、注意が必要です。

チェックイン後は、保安検査場で手荷物の検査を行い、搭乗ゲートへと進みます。飛行機へ搭乗する場合は、渋滞なども考慮し、早めに空港に向かうようにしましょう。

Sa-ya
ライター

Sa-ya

アメリカやアジアでの海外在住歴があり、海外旅行が大好きなライターです。海外旅行では新しい発見や出会いがあり、行く先々で新たな世界や価値観を感じることができます。一人でも多くの人に旅の魅力を伝え、世界を旅したくなる記事を執筆中です。

関連記事

人気ランキング