府中運転免許試験場の種類別受付時間!アクセス方法や暇な時間の時間つぶしも!

府中運転免許試験場の種類別受付時間!アクセス方法や暇な時間の時間つぶしも!

府中運転免許試験場は東京都の西側に位置し、主に西東京に住む方が利用する場所です。運転免許証の取得や更新、返納などの手続きが行えます。試験場でスムーズに手続きを行うために、府中試験場へのアクセス方法や種類別受付時間、暇な時間の過ごし方をご紹介します。

目次 [表示]

府中運転免許試験場とは?

東京都には、5つの運転免許試験場や運転免許更新センターがあります。府中運転免許試験場は、東京都の西側にある府中市多磨町に位置しており、西東京に住むほとんどのかたが利用する運転免許試験場です。試験場周辺には、武蔵野公園や野川があり、自然に囲まれています。

府中試験場で行えること

出典:ライター撮影

府中試験場で行えることは大きく分けて、運転免許の新規取得、書き換え、教習・講習、自主返納の4種類です。種類によって、受付時間や料金など異なります。手続きをスムーズに行うために、該当する種類の受付時間と料金を確認しておきましょう。

①運転免許証の取得

運転免許証の新規取得は、試験場で行われる学科試験や技能試験に合格したあと、取得手続きをします。運転免許証を新規で取得するには受験資格がありますので、以下を確認してください。

  • 年齢が18歳以上
  • 住所が東京都
  • 両目の視力が0.7以上で、それぞれの片目の視力が0.3以上ある

②運転免許証の書き換え

運転免許証の書き換え(更新)には、試験場の講習を受講し、書き換えの手続きが必要です。優良運転者・一般運転者・違反運転者・初回更新者・高齢運転者の大きく5種類に分類されます。受付開始時刻や講習、料金が種類ごとに異なりますので、注意が必要です。

③教習・講習

フリー写真素材ぱくたそ

府中運転免許試験場では教習や講習が受けられます。教習は運転に自信がなく技能の練習をしたいときや、技能試験を実施するものです。講習は主に免許停止処分を受けた方や免許証を更新する方、高齢者が受講する講習などいくつか種類が分けられます。

④運転免許証の自主返納

高齢やその他の理由で、運転免許証を自主返納する場合も手続きが必要です。運転免許証の自主返納は本人以外に代理人による申請も可能です。運転免許証を返納した際、運転経歴証明書の交付申請が同時に行えます。運転経歴証明書は、運転免許証と同じく本人確認書類として提示できますので、持っておくのがよいでしょう。

次のページ

種類別受付時間①運転免許証の新規取得

今、あなたにオススメの記事

関連記事

人気ランキング