冬行きたい茨城の観光地19選!おすすめや見どころをご紹介!

冬行きたい茨城の観光地19選!おすすめや見どころをご紹介!

袋田の滝や筑波山、鹿島神宮など魅力的な人気の観光地が揃った茨城。冬の茨城にはグルメ、ドライブ、イルミネーションなどのワクワクがいっぱいです。今回は冬の茨城観光にスポットをあて、日帰りやドライブで行くことができる観光地のおすすめ、見どころをご紹介します。

目次 [表示]

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業などが行われている場合があります。最新情報は公式サイト・SNSなどをご確認ください。

冬の茨城観光はドライブで出かけましょう

Photo by Tsukuba-jin

茨城県は全国的にみて晴天率が高く、海や山にも恵まれ、農業大県としてその名をとどろかせています。有名な観光地も多く、日帰りでドライブを兼ねて訪れたいスポットが目白押しです。この記事では、冬だからこそ行きたい茨城県のおすすめ観光地や名所の魅力、見どころ、グルメを厳選してみました。冬の茨城を、ぜひ楽しんでくださいね!

冬の茨城観光おすすめスポット【ドライブ編】7選

冬の茨城観光おすすめスポット【ドライブ編】①茨城県フラワーパーク

「茨城県フラワーパーク」は、約30ヘクタールの広大な敷地に世界から集められたバラやぼたん、アジサイなどの花が咲く公園です。年間を通して、美しい花々を鑑賞できる人気のスポットとしておすすめですが、冬には毎年11月半ばから約2か月間イルミネーションイベントが開催されており、カップルや親子連れで賑わいます。点灯時間は午後5時から9時まで。100万個のLED電球を使った、きらめく光の世界は圧巻です。ドライブのハイライトになりそうなイベントですよ。

冬の茨城観光おすすめスポット【ドライブ編】②あみプレミアムアウトレット

「あみプレミアムアウトレット」は、圏央道阿見東ICに直結しており、国内外のブランドが150店舗揃ったショッピングモールです。アメリカ西海岸をイメージした建物で、ドライブを兼ねて行くのがおすすめです!毎年11月初旬に始まる、クリスマスイルミネーションや大きなツリーの飾りが華やかなムードとなり、ウキウキしながらショッピングができますよ。ライトアップは日没から午後8時の閉店時刻まで開催され、期間中のお店は無休で営業しています。駐車場は3200台収容可能。無料というのも嬉しいですね。

冬の茨城観光おすすめスポット【ドライブ編】③笠間工芸の丘

笠間芸術の森公園内にある「笠間工芸の丘」は、陶芸をコンセプトにした施設です。中心となるセンタープラザでは、笠間焼の展示・販売、企画展などが開催されています。ふれあい工房ではインストラクターの指導を受けながら、誰でも参加できるロクロや手ひねり、絵付け教室が体験できますので、世界にひとつだけの作品を作りに行ってみませんか?

冬の茨城観光おすすめスポット【ドライブ編】④筑波宇宙センター

筑波研究学園都市内にある、日本で最大規模の宇宙航空開発を担う「筑波宇宙センター」。展示館「スペースドーム」は、誰でも入場無料で見学できる、おすすめスポット。国際宇宙ステーション「きぼう」日本実験棟の実物大モデルや人工衛星「こだま」などに関する説明もあり、日本の宇宙開発技術を興味深く学べます。事前予約制のガイド付き見学ツアーに参加すると、宇宙飛行士の養成エリアや「きぼう」運用管制室までも、身近に見られてしまうという凄さ!大人も子供も楽しめる見どころがたくさんある施設です。

冬の茨城観光おすすめスポット【ドライブ編】⑤アクアワールド茨城県大洗水族館

「アクアワールド茨城県大洗水族館」は東茨城郡大洗町に位置する、太平洋に面した日本有数の大型水族館。大洗の海で泳ぐ魚たちから世界の海で泳ぐ魚たちまで、楽しみながら魚について学べます。日本一の種類数を誇るサメたちは見どころたっぷり、迫力満点!毎年100万人を突破する来場者数で、茨城県内の小学生たちの定番遠足スポットとして知られています。ご家族で満喫できる、日帰りの人気スポットです。

冬の茨城観光おすすめスポット【ドライブ編】⑥納豆博物館

毎日でも食べたいという、多くのファンを持つ納豆。茨城県を代表する食べ物「納豆」に関する博物館が「タカノフーズ納豆博物館」です。見どころは納豆の製造工程見学や歴史、納豆に関するさまざまなパネル展示でしょう。工場見学は予約制ですのでお忘れなく!日帰りドライブにおすすめの場所です。試食タイムには、さまざまな種類の納豆が味見できますので、お気に入りの納豆を見つけてください。

冬の茨城観光おすすめスポット【ドライブ編】⑦霞ヶ浦総合公園水郷桜イルミネーション

「霞ヶ浦総合公園」は、大きなオランダ型風車がシンボルの公園です。春にはチューリップが咲き、水生植物園や人口の滝が楽しめます。冬の風物詩ともいえるのが、「水郷桜イルミネーション」。見どころは、オランダ型風車のイルミネーションを中心とした土浦市の花「桜」、「霞ヶ浦」、「土浦の花火」など、地域資源を題材にした10万級以上の電球の輝きです。華やかなイルミネーションは、冬の人気イベントとして有名です。

冬の茨城観光おすすめスポット【グルメ編】4選

冬の茨城観光おすすめスポット【グルメ編】①大洗海鮮市場

大洗漁港で水揚げされたばかりのピチピチのお魚を、丼や浜焼きにしてその場で楽しめる「大洗海鮮市場」。大洗を訪れたら新鮮な海の幸を堪能したいですよね。食後には、大洗や鹿島灘で獲れた鮮魚や干物、塩辛などの加工品をショッピングできます。ご自宅に持ち帰って、自宅でも海鮮市場の味を再現して楽しみましょう。

冬の茨城観光おすすめスポット【グルメ編】②いちご狩り

農業県である茨城は、いちごの生育に適した気候条件が揃っており、いちご狩りが楽しめるスポットがたくさんあります。冬場の寒い1月から5月まで楽しめるので、親子連れに嬉しい美味しくて人気の日帰り観光地でしょう。鉾田市の「深作農園」は、EM農法による健康的な土とみつばち交配により作られた、こだわりのいちご狩りが時間無制限で楽しめます。併設のカフェでは、農園で育った野菜、果物のピザ、パスタ、スイーツがいただけ、嬉しいこと尽くしです。

冬の茨城観光おすすめスポット【グルメ編】③大洗のあんこう

茨城の冬の味覚の定番「あんこう」は、冬の寒さに備え、肝臓が肥大化する1月から3月が旬の時期です。「東のあんこう、西のふぐ」と称され、グロテスクな見た目とは裏腹に、味は淡泊でコラーゲンたっぷり。脂肪が少なめで、女性にも人気があります。大洗は美味しいあんこう鍋が食べられる観光地として有名で、毎年あんこう祭も開催されているほどです。あんこうは体の表面にぬめりがあり、まな板の上で捌くのが難しいことから、縄で吊った名物「吊るし切り」が披露されますよ。

冬の茨城観光おすすめスポット【グルメ編】④笠間いなり寿司

笠間市の名所「笠間稲荷神社」は、日本三大稲荷のひとつに数えられる歴史ある神社です。茨城県の初詣スポット第一位として多くの参拝客が訪れ、仲見世通りもとても賑わいます。有名なご当地グルメの「笠間いなり寿司」は、お揚げの中に蕎麦や舞茸、くるみなどの具材がたっぷり入った変わりいなり。仲見世道りにある各店ごとにオリジナルの味が楽しめますので、お気に入りの具材を探して、食べ歩き散策してみましょう。

冬の茨城観光おすすめスポット【名所編】4選

冬の茨城観光おすすめスポット【名所編】①偕楽園

Photo by Kentaro Ohno

日本三大名園のひとつ「偕楽園」は東京ドーム64個分の広さを誇り、1842年に水戸藩第9代藩主徳川斉昭公によって、庶民の憩いの場として開園されました。梅の名所として有名ですが、四季を通し、さまざまな花や植物がいっぱい育ちます。秋には十月桜、初冬には二季咲桜が少しずつ咲き始めます。寒い中にあっても、心を和ませてくれる花たちに会いに行くのはいかがでしょうか。梅は100品種3000本にもなり、早いものは1月中旬から咲きだし、4月上旬まで続くのです。偕楽園が一番華やかな時でしょう。

冬の茨城観光おすすめスポット【名所編】②鹿島神宮

Photo by 乃良狗

武の神様を祀る関東最古の神社「鹿島神宮」。紀元前660年創建、伊勢、香取と並ぶ三大神宮のひとつで、日本全国に約600社ある鹿島神社の総本山です。敷地はとても広く、うっそうとした杉木立の中に社殿が建ち並び、厳かな雰囲気に包まれています。神宮内にいる鹿たちは「神使い」として、大切に飼われている神宮のアイドルたち。エサを買って鹿たちと触れ合ってみましょう。鹿島神宮にはさまざまなパワースポットがあり、エネルギーチャージに出かけることをおすすめします。

冬の茨城観光おすすめスポット【名所編】③牛久大仏

Photo by ginza_line

「牛久大仏」は牛久市に位置する地上高120メートル、世界最大のブロンズ製仏像で、ギネスブックにも登録されています。カラフルなお花畑や動物公園がある浄土庭園内に位置し、まるで極楽浄土の世界が目の前に広がっているかのよう!仏像の胎内に入ると写経体験ができたり、3400体の仏像を拝めたり、仏教の世界について触れる貴重な機会が得られますよ。大仏の胸のあたり、地上85メートルまで上がれるエレベーターがあり、晴れた日には富士山やスカイツリーも見られます。近くにある、あみプレミアムアウトレットと併せて定番の日帰りドライブコースになっています。

冬の茨城観光おすすめスポット【名所編】④竜神大吊橋

竜神峡は常陸太田市、久慈郡大子町、常陸大宮市にまたがる渓谷で、渓谷を流れる竜神川をせき止めて建造された竜神ダムがあります。そのダム湖の上にかかる歩行者専用の橋「竜神大吊橋」は、全長375メートル。ダム湖面からの高さは100メートルあり、本州最大規模の橋なのです。橋の上からはダイナミックなパノラマが広がり、美しい自然景観に気分がリフレッシュすることでしょう。高さ100メートルからのバンジージャンプが有名で、毎年1万人以上のつわものたちが参加しています。

冬の茨城観光おすすめスポット【自然景勝地】4選

冬の茨城観光おすすめスポット【自然景勝地】①袋田の滝

茨城の有名な観光地「袋田の滝」は、日本三名爆のひとつに数えられます。長さ120メートル、幅73メートルの滝の流れが、大きな岩を4段に落下していきます。美しさと激しさを併せ持った滝でしょう。冬は真っ白に凍結した氷瀑をライトアップするイベント「大子来人」(ダイゴライト)が開催されます。滝へのアプローチとなるトンネルからライトアップが始まり、トンネルを抜けると漆黒の闇の中に幻想的な世界が!思わず、寒さも忘れて見入ってしまうことでしょう。

冬の茨城観光おすすめスポット【自然景勝地】②筑波山

茨城県のシンボルのひとつ、つくば市北端に位置する「筑波山」は、日本百名山にも選ばれています。標高877メートルと低いため、気軽に登山ができる山として人気です。男体山と女体山から成り、古から信仰の山として栄えてきました。ロープウェイとケーブルカーを使って山頂へのアクセスができるのも魅力ですね。毎年10月から2月末までの土日祝日、「スターダストクルージング」と称される、ロープウェイ夜の空中散歩を開催しています。眼下につくば市、土浦市のキラキラと輝く夜景が見渡せ、とてもロマンチックです。

冬の茨城観光おすすめスポット【自然景勝地】③花貫渓谷

花貫渓谷は、高萩市に位置する四季折々の自然が満喫できる渓谷です。花貫ダムから小滝沢キャンプ場にかけて、大小さまざまな滝や岩の間を流れる清流を眺めていると、思わず時間を忘れてしまいそうになります。長さ60メートルの汐見滝吊り橋から見える渓谷の美しさは格別。冬はあたり一面が銀世界へと姿を変え、厳かで幻想的な雰囲気が漂います。

冬の茨城観光おすすめスポット【自然景勝地】④千波湖

Photo by IbaGeo

水戸市民の癒しのスポットとして有名な「千波湖」。偕楽園の南東に位置する、ひょうたんの形をした小さな湖です。湖を囲む1周3キロほどの遊歩道は、手軽なジョギング、ウォーキングコースとして親しまれています。冬には飛来した水鳥や白鳥がのんびりと湖面で羽を休めている姿が見られ、凛とした冷たい空気と共に静けさを味わえる風景。市民だけでなく、近くにある偕楽園と併せて日帰りで訪れる名所になっています。

冬の茨城は見どころがたくさん!

Photo by t.kunikuni

冬の茨城ならではの素晴らしい観光地や、日帰りで行きたい人気のスポットをご紹介しました。風光明媚な茨城の絶景やグルメ、ドライブを、ご家族やカップル、ご友人とぜひ楽しんでください。また冬の茨城が気に入ったら、春、夏、秋と新しい茨城の魅力を発見しに行ってみるのもいいですね。

TomTom
ライター

TomTom

イタリア在住者です。食べること、特に甘いものが大好きで休日のバール巡りはかかせません。 海外在住者の視点を通して見えるネタを記事に反映できたらと思います。

今、あなたにオススメの記事

関連記事

人気ランキング