ダンゴウオってどんな魚?ちっちゃくてかわいいけど家でも飼育できる?

ダンゴウオってどんな魚?ちっちゃくてかわいいけど家でも飼育できる?

ダンゴウオは球体が特徴的な海水魚であり、小さくかわいい見た目から人気があります。他の海水魚とは異なる生態や見た目も魅力的で、岩場などで採集し飼育する人も多いです。ダンゴウオの詳しい生態や種類はもちろん、正しい飼育方法や採集方法なども紹介致します。

目次 [表示]

ダンゴウオってどんな魚?

フリー写真素材ぱくたそ

ダンゴウオにはどんな特徴があるのかな?

ダンゴウオは丸みのある個性的な見た目がかわいい、水族館でも飼育されている有名な海水魚です。冬場のダイビングスポットでも見られる魅力的な魚であり、日本でもさまざまな場所で生息しています。ダンゴウオは他の海水魚とは違った特徴がたくさんあるため、主な生態・飼育方法などについてもチェックしておきましょう。

小さくてかわいい見た目が人気

出典: https://www.instagram.com/p/CISylbDBAj9/

ダンゴウオはいろいろな種類の海水魚のなかでも、小さくて丸みのある見た目のかわいさから人気があります。個体によってもそれぞれ大きさは異なりますが、成魚であってもあまり大きくならないのが特徴です。小さくてかわいい見た目から採集する人も多く、なかには自宅で飼育する人も増えています。

吸盤状の腹びれが特徴的

出典: https://www.instagram.com/p/B-L9hKSBsWv/

ダンゴウオは腹びれの部分に変わった特徴があり、腹びれの部分には吸盤があることで有名です。腹びれは普段なかなか見られない部分ですが、吸盤状に変化していることから岩などにくっついている場合もあります。吸盤は性別に関わらず付いていますが、オスはより吸盤のサイズが大きいのも特徴の一つです。

ダンゴウオの種類

出典: https://www.instagram.com/p/CFcCnugsZP8/

ダンゴウオは日本国内でも見られるかわいい海水魚ですが、実は日本国内にもよく似たかわいい仲間がたくさんいます。ダンゴウオは大きさや吸盤などさまざまな特徴がありますが、種類や個体によって見た目の特徴も異なるので気になる方はチェックしてみてください。

国内に約10種類の仲間がいる

出典: https://www.instagram.com/p/CHFwbPRL9dH/

ダンゴウオは子供から大人まで幅広く人気がある魚ですが、国内にはほかにも似た特徴を持つ約10種類の仲間がいます。10種類のなかにはヒゲダンゴ・ランプサッカーなどがおり、どの種類も小さくかわいいので人気です。

生息地によって観察できるダンゴウオの種類は異なりますが、種類によってそれぞれ魅力があるので見つけてみてはいかがでしょう。

種類によって色や大きさが異なる

出典: https://www.instagram.com/p/CGmgyCkj5F9/

ダンゴウオは国内にもいろいろな種類がありますが、種類によって色や大きさもそれぞれ異なるのが特徴です。ダンゴウオは基本的に成魚になっても体は小さいままですが、種類によっては大きく成長する仲間もいます。

大きさはもちろん体色も種類によってそれぞれ違うため、他の魚にはないカラフルでかわいい見た目も魅力的です。

次のページ

ダンゴウオの生態

今、あなたにオススメの記事

関連記事

人気ランキング