国内線の液体持ち込み制限は何が対象?手荷物のルールを解説!

国内線の液体持ち込み制限は何が対象?手荷物のルールを解説!

国内線で持ち込みできる液体は、国際線ほど厳しくありませんが、一部制限されています。持ち込める液体の種類や量が決められており、機内への持ち込み方にもルールがあります。化粧品や洗剤など、身近な液体も対象に含まれるため、国内線であっても注意が必要です。

目次 [表示]

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業などが行われている場合があります。最新情報は公式サイト・SNSなどをご確認ください。

飛行機に液体を持ち込む際の注意点

出典:イラストAC

飛行機に液体を持ち込む際、注意しておきたいポイントが4つあります。持ち込みできる量に制限がある液体は、計算間違いで制限量を超えてしまうと、オーバーした分を破棄しなくてはいけません。飛行機に持ち込んだ液体が漏れないように、容器を保護しておくことも重要なポイントです。

制限量は持ち込み・預け入れを合わせた量で確認

国内線に持ち込みできる液体の中で、「酒類」と「化粧品類・医薬品・医薬部外品」には、量の制限があります。制限内に収まっているかどうか確認する際には、「手荷物として持ち込む量」と「預け入れ荷物の中に入れた量」の合計を計算しましょう。

もし、合計した量が制限オーバーだった場合、超過分の液体は破棄する必要があります。

水漏れの可能性があるものは座席足元へ置く

出典:イラストAC

水漏れの可能性があるものを飛行機に持ち込む場合は、座席上の収納棚ではなく、足元へ置くようにしましょう。飲み物だけではなく、水産物や漬物などの食品、化粧品類などの水気があるものは注意してください。水漏れ防止には、ジッパー付きの袋やラップを利用すると、簡単に密閉できます。

ビン類は割れないように包む

出典:イラストAC

ビン類は、クッション材などに包んだ状態で持ち込むようにしましょう。飛行機の振動によって割れやすくなることから、ビン類の預け入れは不可のため、手荷物として持ち込む必要があります。クッション材は市販されているもの以外にも、荷物に入れているタオルや衣類などで代用できます。

スプレー式の容器は必ずキャップをする

スプレー式の化粧品類や医薬品・医薬部外品は、必ずキャップを付けましょう。飛行機にスプレー式の容器を持ち込む際は、「噴射弁から偶発的に中身が漏れるのを防ぐため、キャップなど(噴射弁が押されないような措置)で保護してあること」が条件とされています。

外れやすくなっているキャップは、念のためにテープなどで固定しておくと安心です。

国内線ではどんな食品でも持ち込みできる?

出典:イラストAC

国内線では、基本的にどのような食品でも持ち込み可能です。調味料や缶詰なども飛行機に持ち込むことができます。細かいルールは航空会社によって異なるため、気になることがあれば、前もって航空会社に確認するようにしましょう。

加熱式弁当容器は持ち込み・預け入れNG

出典:イラストAC

飛行機にはお弁当も持ち込み可能ですが、紐を引っ張ることで温まる「加熱式タイプのお弁当」は、持ち込みできません。使用されている生石灰が危険物に当たるため、持ち込みも預け入れも不可の品物です。飛行機に持ち込むお弁当を選ぶ際には、容器の種類をチェックしましょう。

LCCでは持ち込みOKでも飲食禁止の場合あり

航空会社によって、持ち込み可能な食品であっても、機内では飲食禁止の場合があるため、気を付けましょう。例えば、LCCのジェットスターでは「お客様がお持ち込みになったアルコール飲料は、機内でお召し上がりいただくことはできません。」としています。

機内での飲食ルールは、航空会社ごとに異なるため、あらかじめ確認しておくと安心です。

国内線のルールを知ってスムーズな搭乗を!

出典:イラストAC

国内線の手荷物ルールは、国際線ほど細かく決められていませんが、知らないままだとうっかりルール違反になってしまう可能性もあります。特に、手荷物になることが多い液体については、持ち込みできる量や持ち込み方が制限されているため、国内線においても注意が必要です。

荷造りする時点でしっかりルールを確認し、スムーズに搭乗できるように準備しておきましょう!

棚橋 あおい
ライター

棚橋 あおい

旅先の美味しいもの探しと、素敵な宿選びが得意です。旅行の楽しさは現地に着いてからではなく、ここに行きたい!と思った瞬間から味わうことができます。旅の計画のお供に、ワクワクするような記事をお届けします!

今、あなたにオススメの記事

関連記事

人気ランキング