2022年のゴールデンウィークは何連休?長期連休の日程はどうなる?

2022年のゴールデンウィークは何連休?長期連休の日程はどうなる?

2022年のゴールデンウィークは飛び石連休で、カレンダー上は3連休・3連休・2連休です。有休を1日取れば4連休以上の長期連休にでき、有休を2日取ると最大で10連休にできます。カレンダーを確認して、2022年のゴールデンウィークを計画しましょう。

目次 [表示]

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業などが行われている場合があります。最新情報は公式サイト・SNSなどをご確認ください。

2022年のゴールデンウィークは何連休?

出典:Pexels

今年は何連休?

2022年のゴールデンウィークはカレンダー上では飛び石連休で、短めです。土日祝日が休みの仕事であれば、例年より少ない有休でも長めの連休を作れます。ゴールデンウィークや2022年全体の休暇の計画を立てる際にお役立てください。

カレンダー上は3連休+3連休+2連休

4/25 4/26 4/27 4/28 4/29 4/30 5/1
       
5/2 5/3 5/4 5/5 5/6 5/7 5/8
   
※★:祝日、☆:土日

2022年のカレンダー上のゴールデンウィークは3連休・3連休・2連休で、間に平日を1日ずつ挟みます。期間は4月29日~5月8日で、4月29日~5月1日の3日間と、5月3日~5日の3日間、7日~8日の2日間です。

振替休日や国民の休日はない

出典:写真AC

2022年のゴールデンウィークには振替休日や国民の休日はありません。2022年は久しぶりの短い連休であり、近年は2021年・2020年が5連休で、2019年は10連休でした。2022年は土曜日に被ってしまう祝日もないため、休みの日数は過去5年間で2019年の次に長いです。

祝日は金・火・水・木曜日

  祝日名 曜日
4/29 昭和の日
5/3 憲法記念日
5/4 みどりの日
5/5 こどもの日

2022年のゴールデンウィークの祝日は4月29日が金曜日で、5月3日・4日・5日が火・水・木曜日にあたります。4月29日は昭和の日であり、5月3日・4日は・5日は憲法記念日・みどりの日・こどもの日です。ゴールデンウィークの期間にある2回の平日は月曜日と金曜日です。

2日休みを取れたら10連休になる

出典:写真AC

土日祝日が休みの仕事である場合、2022年のゴールデンウィークは平日に2日休みを取ると取り方次第では10連休を作れます。平日に1日休みを取れるだけでも長いと7連休で、まとめて多くの休みを取れる場合は長いと16連休です。

次のページ

有休1日での長期連休の日程は?

今、あなたにオススメの記事

関連記事

人気ランキング