2022年のゴールデンウィークは何連休?長期連休の日程はどうなる?

2022年のゴールデンウィークは何連休?長期連休の日程はどうなる?

2022年のゴールデンウィークは飛び石連休で、カレンダー上は3連休・3連休・2連休です。有休を1日取れば4連休以上の長期連休にでき、有休を2日取ると最大で10連休にできます。カレンダーを確認して、2022年のゴールデンウィークを計画しましょう。

目次 [表示]

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業などが行われている場合があります。最新情報は公式サイト・SNSなどをご確認ください。

有休3日以上での長期連休の日程は?

出典:写真AC

有休 おもな連休のパターン
3日 11連休
9連休+2連休
4日 12連休
6日 16連休

2022年のゴールデンウィークに有休を3~6日取って長期連休を作る場合、複数のパターンはあります。土日祝日が休みのお仕事の場合、できるかぎり長い連休にするには有休を3日取ると11連休で、6日取ると16連休です。

①11連休

4/25 4/26 4/27 4/28 4/29 4/30 5/1
      ◎*
5/2 5/3 5/4 5/5 5/6 5/7 5/8
5/9 5/10 5/11 5/12 5/13 5/14 5/15
◎*        
※◎*:どちらか1日

ゴールデンウィークに有休を3日取って11連休を作ると日程は2パターンで、4月28日~5月8日か4月29日~5月9日です。有休は5月2日と6日に加えて、4月28日か5月9日に取ります。前半をたっぷりと休息に充てても、十分に活動を計画できる日数です。

②9連休+2連休

出典:写真AC

4/25 4/26 4/27 4/28 4/29 4/30 5/1
   
5/2 5/3 5/4 5/5 5/6 5/7 5/8
 

ゴールデンウィークに有休を3日取って「9連休と土日」の休暇を作ると、日程は4月27日~5月5日と7日~8日です。有休の日程は4月27日・28日と5月2日で、4月の最終週は2日間のみ出勤して連休に入り、5月6日に出勤して土日が来ます。

③16連休

4/18 4/19 4/20 4/21 4/22 4/23 4/24
         
4/25 4/26 4/27 4/28 4/29 4/30 5/1
5/2 5/3 5/4 5/5 5/6 5/7 5/8

ゴールデンウィークに有休を6日取って16連休を作ると、日程は4月23日~5月8日です。有休は5月2日と6日に加えて、4月25日~28日の4日間で取ります。自動車免許や資格を取ったり、リゾートや山奥で暮らすように旅をしたりと挑戦できることの幅が一段と広いです。

2022年のゴールデンウィークの混雑予想

出典:写真AC

2022年のゴールデンウィークの混雑は予想しにくいですが、コロナ禍前に近い混み具合になる可能性はあります。コロナワクチンの3度目の接種が進み、感染状況が落ち着いた場合は、混雑を想定して動きましょう。連休の日程が同じ2016年に似て、全体的には人出がばらける傾向が予想されます。

空港・鉄道の混雑予想

  下り 上り
予想される山場 4/29(金) 5/5(木)
混みやすい日 5/3(火) 5/3(火)

ゴールデンウィークの飛行機の国内線と鉄道は、山場を中心に混雑しそうです。混雑の規模は2021年~2022年の年末年始を参考にすると、コロナ禍前の7~8割と見込めます。山場は下りが4月29日で、上りは5月5日の見込みで、上下線ともに5月3日も混みやすいでしょう。

道路の混雑予想

出典:写真AC

  下り 上り
予想される山場 5/3(火)の午前中 5/3(火)の夕方
混みやすい日 4/29(金),5/1(日),5/4(水) 5/1(日),5/4(水),5/5(木)

ゴールデンウィークの道路は、コロナ禍前くらいの大規模な混雑が起こる可能性があります。2021年~2022年の年末年始を参考にすると、高速道路の渋滞の多さはコロナ禍前と同じ見込みです。混雑の山場は5月3日で、上りは5月3日~5日が同程度に混みやすいでしょう。

次のページ

ゴールデンウィーク前後に気を付けること

今、あなたにオススメの記事

関連記事

人気ランキング