冬の北海道はどんな服装がベスト?寒すぎる屋外&屋内でも快適な服装を解説!

冬の北海道はどんな服装がベスト?寒すぎる屋外&屋内でも快適な服装を解説!

冬の北海道に出かける際は、暖かい服装で万全の防寒が必要です。北海道といっても広く、それぞれの地域や出かける目的によっても服装も大きく変わります。地元の目線で北海道で過ごすための着るものを知って、冬の北海道を凍えることなく、楽しみましょう。

目次 [表示]

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業などが行われている場合があります。最新情報は公式サイト・SNSなどをご確認ください。

北海道の冬の服装は?

Photo bysharonang

北海道の冬は万全の寒さ対策が必要で、特に12月から3月は厳しい寒さや大雪となることが多くなります。地元の人では寒さに対応するため、服装でいろいろな工夫をしているんです!北海道に訪れる時の服装はかなり暖かくする必要があります。

北海道の地域ごとの冬の気候

Photo bymakieni777

北海道は、四国と九州を足した面積より広く、地域ごとでも気候が大きく変わります。「旅行で多く回りたい」という方は、地域にあわせた寒さ対策や服装の準備が必要です。特に道北や道東は北海道の中でも極寒の地とも言えます。

①冬の札幌

フリー写真素材ぱくたそ

中心都市の札幌は地下街など室内は暖かいですが、札幌でもかなりの寒さです。出張などで歓楽街・すすきのでお酒を楽しんだ後、油断して外に出るとすぐ体が震えてしまうほどの寒さです。日中も氷点下の寒さが続き、夜はさらに冷え込みますので、札幌だけ訪れる際もしっかりとした寒さ対策が必要となります。

札幌市内でも地域によって気候が変わる

出典:https://www.city.sapporo.jp/kids/shoukai/ku.html

同じ札幌市内でも手稲区や北区は、中心部と比べるとふぶきやすいです。厚別区や清田区は冷え込みが強く、とても寒くなる日が多いです。山間部や比較的標高の高い南区は雪が多いため、中心部のような気持ちだと1月や2月は大雪に見舞われてしまいます。

②冬の道央

Photo byjackmac34

札幌以外の道央にも有名な所が多いです。小樽は、札幌の隣町で、有名な観光地ですが、雪が多く、ふぶく日が多いです。空港のある千歳は、普通の日でも冬は氷点下10度を下回る寒さとなります。雪も寒さも一段階違います。鼻毛も凍ってしまう寒さで、夜に長い時間屋外にきるのは危険なレベルです。

③冬の道南

Photo by hagoromogumi

冬の道南の寒さは、札幌と比べると比較的暖かいですが、雪はしっかりと積もります。日本海側の檜山地方は、ふぶく日が多いのが特徴です。旅行でも「函館だけだから」と油断していると、痛い目をみることになります。本州に近い道南でも冬は厳しい寒さとなります。

④冬の道北

Photo bysharonang

道北は北海道の中で一番寒くなります。特に旭川はとにかく寒くて、地元が札幌の人でも、「いやー寒そう」と思ってしまうほどの寒さです。雪も多くて、12月には道北のほとんどの所で積雪状態となり、道北では一冬で札幌の積雪量のおよそ2〜3倍の雪が積もります。

観光地はたくさんあるが、どこも寒い

道北には旭山動物園など観光地が多くありますが、どこも寒いため訪れる時は要注意です。動物たちも凍えてしまうほどの厳しい寒さとなりますが、1月や2月の真冬も開園しています。稚内や富良野などの多くの観光地がありますが、どこもとても極寒です。

⑤冬の道東

フリー写真素材ぱくたそ

道東の寒さは道内でも随一です。氷点下20度を下回ることもあって、携帯電話もまともに動かなくなります。オホーツク海には2月になると流氷が接近するほどで、海が凍ってしまうほどの寒さです。

道東は3月や4月に季節外れの大雪となることもありますので、雪が降るかどうか、気象情報も確認してから北海道に向かいましょう。

次のページ

冬の北海道の服装選びのポイント

今、あなたにオススメの記事

関連記事

人気ランキング