ハワイのダニエル・K・イノウエ空港をご紹介!名前の理由や混雑状況は?

ハワイのダニエル・K・イノウエ空港をご紹介!名前の理由や混雑状況は?

ダニエル・K・イノウエ空港はハワイで最も大きな空港ですが、あまり聞きなじみがないですよね。ダニエル・K・イノウエ空港の名前の由来、一体どんな空港なのか、混雑状況はどうなのか等々、これからハワイへ行く方へ参考になる情報をご案内します。

目次 [表示]

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業などが行われている場合があります。最新情報は公式サイト・SNSなどをご確認ください。

ハワイのダニエル・K・イノウエ空港とは

ダニエル・K・イノウエ空港の概要

空港
Photo by nekotank

ダニエル・K・イノウエ空港はアメリカ合衆国ハワイ州のオアフ島近郊にある空港です。旧名称はホノルル国際空港でしたが、2017年4月27日から正式名称がダニエル・K・イノウエ空港となりました。ハワイ州最大の都市があるホノルルの近郊に位置し、ハワイ州最大の国際空港です。ハワイのオアフ島以外への島々への乗り継ぎもこの空港で行うため、ハワイの玄関口としても親しまれています。

ワイキキからのアクセス

ホノルルの中心地ワイキキからは車で30分程のところにあります。個人旅行の場合は、エアポートシャトル、ザ・バス、タクシー・レンタカーが主な移動手段です。電車は走っていないので、渋滞を加味して余裕を持った行動が必要になります。渋滞時は1時間くらいかかると思いましょう。

ダニエル・K・イノウエ空港の特徴

24時間空港で日中夜間問わず発着がされています。アメリカとアジアを結ぶ重要な役割も果たしており、就航している航空会社はアメリカ系の航空会社のみならず、アジア系の航空会社も多く乗り入れていて、ハブ空港として重要な空港です。また日本のみならず各国から団体客が多いため、団体客専用の場所が設けられているのも特徴のひとつとなります。

直行便がある日本の都市と航空会社

飛行機
Photo by ume-y

日本からハワイ州ホノルルへ旅行に行く場合、ダニエル・K・イノウエ空港へ向かうことになりますが、日本のどの空港からどの航空会社が就航しているのでしょうか。日本の各都市の就航航空会社一覧をご覧ください。ハワイは日本で1位2位を争う人気の場所だけあって多くの航空会社が利用できます。日本の主要都市から就航しているので行きやすいですね。

  • 成田:日本航空・全日空・ユナイテッド航空・デルタ航空・ハワイアン航空・大韓航空
  • 羽田:全日空・ハワイアン航空
  • 関西:日本航空・デルタ航空・ハワイアン航空・エアアジアX
  • 中部:日本航空・デルタ航空
  • 札幌:ハワイアン航空
  • 福岡:ハワイアン航空

フライトの所要時間は、気流の影響で行きと帰りに差があります。日本からハワイへは約6.5~7時間、ハワイから日本へは約8.5時間~9時間かかります。往路は日本を夕方~夜に出発して、早朝から昼にかけてハワイへ到着する便、復路はハワイを朝~昼に出発して、日本へ夕方~夜に到着する便が多いです。

ダニエル・K・イノウエ空港からハワイ州の島々へ

ハワイ州の主な島は、ダニエル・K・イノウエ空港のあるオアフ島のほか、ハワイ島・カウアイ島・マウイ島が有名です。ハワイ島・カウアイ島・マウイ島の主要空港へは定期便が1日約30便運航され、所要時間は30分~50分ほどなので、ホノルルから各島へ日帰り観光を楽しむこともできます。

ハワイのダニエル・K・イノウエ空港の名前の由来

2017年4月27日にホノルル国際空港から改名したダニエル・K・イノウエ空港ですが、この名前は、ハワイ州出身で日系アメリカ人初の連邦上院議員だったダニエル・K・イノウエ氏に由来しています。日本ではあまり知っている人がいませんが、空港の名前になってしまうほどの人物とはどういう人物なのでしょうか。

ダニエル・K・イノウエ氏とは

生い立ち

ダニエル・K・イノウエ氏は日系2世としてハワイで生まれました。第二次世界大戦の軍人として戦地に赴き右手を失ったため、志していた医学の道を諦め、政治の道へ進みます。その後、1962年に上院議員に当選し、50年ほど務めました。ウォーター・ゲイト事件やイラン・コントラ事件の調査でアメリカ国民の高い支持を集め、活躍のきっかけになったと言われています。

エピソード

アメリカでは右手を挙げて宣誓の言葉を言うのが慣例です。議会の議長がイノウエ氏に「右手を挙手して宣誓の言葉を述べてください。」と指示した際、イノウエ氏は左手を挙げて「議長、右手はありません。若き米兵として戦場で失いました。」と堂々と述べたそうです。当時日系人に対する偏見が議会でもありましたが、このことがきっかけで日系人に対する偏見が消えたと言われています。

偉大さ

彼は最終的にはアメリカの上院議長代行の職を得るまでになりました。上院議員代行というのは大統領権限継承者第3位、つまり大統領に最も近い日系人ということ。2012年の死去の際、当時のアメリカ大統領オバマ氏が「米国は真の英雄を失った」とスピーチをするほど、アメリカでは偉大な存在だったことがわかります。日本人の血を引いた人がそれほどの英雄として称えられるのは日本人としても嬉しいですね。

ハワイのダニエル・K・イノウエ空港内の施設

ダニエル・K・イノウエ空港
Photo by ume-y

ハワイ州ホノルルは日本人の人気海外旅行先でもあるため、特に夏休みや年末年始は日本人も多くが利用しています。ダニエル・K・イノウエ空港内にはどのような施設があるのでしょうか。出発までの時間を楽しく過ごすための施設もたくさんあるので、いくつかご紹介します。

免税店

空港での楽しみの一つとして免税店ショッピングが挙げられます。中央ロビーの周辺を中心に多くの免税店があり、買い物には困りません。搭乗手続き後も飛行機に乗る直前まで免税店での買い物を楽しめます。外資系高級ブランドの免税店を中心に70ほどの免税店が入っており、化粧品・バッグから衣類まで扱いは幅広いです。

土産物店

免税店以外にもギフトショップや雑貨屋が多く入っており、ハワイのお土産を飛行機に乗る直前まで買うことができます。お土産の買い忘れも心配ありません。最後の最後まで飽きることなく過ごせますね。免税店と合わせて最後までショッピングを楽しみましょう。

ラウンジ

航空会社の就航数も多いことから、各航空会社のラウンジがたくさんあります。ビジネスクラス以上や会員であること等航空会社によって利用には様々制約はありますが、利用できる権利のある方は、ぜひ利用してみましょう。軽食を食べられたり、ソファでゆっくり寛げたりするので、空港内でも優雅に過ごすことができます。

食事ができる場所

レストランにフードコート、カフェと食事ができる場所はたくさんあります。小腹がすいた時のバーガーキングやスタバ等アメリカを代表するお店から、アメリカンフードをがっつり食することができるレストランまで、さまざまあり、食べるものには困りません。最後までアメリカらしい食べ物やお店に触れてみましょう。

日本語対応は?

ダニエル・K・イノウエ空港は日本語の案内表示が整備されています。さすが日本人に人気の観光地ですね。日本語の話せるスタッフも多数駐在しているので、英語が話せなくても安心。あまりに日本語が飛び交っており、日本人もたくさんいるので、海外に来た感覚がしないほどです。

コンビニはあるの?

アメリカのコンビニといえばABCストアが有名なので、ダニエル・K・イノウエ空港にも当然あると思っている方も多いですが、残念ながら空港にはABCストア含めコンビニがありません。その代わり、Pages&Pagesという名の雑誌・新聞のお店があり、コンビニ感覚で色々と売っています。

シャワーは浴びられる?

シャワー
Photo by955169

日本からの長時間フライトの後、ホノルルではホテルのチェックイン時間を待たないといけないという場合があり、シャワーをどこかで浴びたくなりますよね。空港のシャワーを使えばいいと考えるかもしれませんが、残念ながらダニエル・K・イノウエ空港にはシャワー設備がないのでご注意ください。日本の空港にはシャワー設備があるので、日本でシャワーを浴びてから向かうことをお勧めします。

ハワイのダニエル・K・イノウエ空港の混雑状況

ダニエル・K・イノウエ空港はとにかく混雑していることで有名です。帰国便については、3時間前にはチェックインするよう促されています。特に夏休みシーズンは特に混雑への注意が必要です。チェックインに1時間並び、セキュリティチェックに1時間並び、なんていうこともよくあるとか。ひどいときは搭乗に間に合わないこともあるそうなので注意しましょう。

ウェブチェックインがおすすめ

事前にWEBでチェックインできる航空チケットを持っている方は、事前にWEBでログインしておくことをおすすめします。これだけでチェックインの行列を回避することができるのでお得です。また、荷物制限に引っかかり時間を取られないよう、事前に荷物もまとめておくこともおすすめします。

まとめ

飛行機
Photo by redlegsfan21

ダニエル・K・イノウエ空港は日本人にも大きな繋がりがあるダニエル・K・イノウエ氏の名前が付けられていることがわかり、アメリカと日本の距離がぐっと近くなったようで嬉しいですね。ダニエル・K・イノウエ空港自体も楽しみつつ、ハワイへの旅行を満喫してください。

Naoko
ライター

Naoko

旅行は趣味でもあり、仕事としても携わりました。 経験を活かした旅の情報をお伝えできるよう頑張ります。

今、あなたにオススメの記事

関連記事

人気ランキング