メキシコの観光スポットおすすめ15選!人気観光地の見どころをご紹介!

メキシコの観光スポットおすすめ15選!人気観光地の見どころをご紹介!

メキシコと聞いてイメージするのは、強烈な太陽やカラフルな衣装にマリアッチの調べ。最近ではカンクンに行かれるハネムーナーも多く、人気の定番観光スポットとなっています。今回はそのメキシコ観光のおすすめスポットをご紹介します。次回の旅行先にメキシコはいかがですか?

目次 [表示]

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業などが行われている場合があります。最新情報は公式サイト・SNSなどをご確認ください。

メキシコ観光は今が熱い!

Photo by msdonnalee

メキシコというとタコスやテキーラ、マリアッチ、陽気な音楽などが浮かんでくる方が多いはずです。しかし、メキシコの魅力は、当然ながらそれだけではありません。古代遺跡やスペイン統治時代のバロック風建築群、カリブ海のリゾート地、セノーテのような自然景勝地、歴史名所など見どころがたくさんです。こちらでは、そんなメキシコの観光地や名所、リゾート地などのおすすめスポットや見どころをご紹介します。

メキシコ観光おすすめスポット【都市】6選

メキシコシティ

Photo bymirandaortizmario

ラテンアメリカを代表する世界的な都市であり、メキシコの首都でもある「メキシコシティ」。かつて14世紀に繁栄した「アステカ王国」の中心都市「テノチティトラン」が街の原型となっています。16世紀に入りスペイン人の制服によって街が破壊され、あらたにスペイン風の建築物が築かれることになったのです。これらの建造物が現在の街の中心部を形成しています。

見どころ

街の中心広場である「ソカロ広場」とその周辺はかつての都市テノチティトランと重なり、アステカ帝国の神殿があった場所です。周辺にはラテンアメリカ最大級の「メトロポリタン大聖堂」や「国立宮殿」などスペイン統治時代に建てられた建造物が建ち並んでいます。1978年以降の大規模な発掘により発見された、アステカ王国の巨大神殿「テンプロマヨール」遺跡もすぐそばです。歴史のロマンが今なお身近に感じられる興味深い観光地として知られていますよ。

サンミゲルデアジェンデ

メキシコ人に人気の世界遺産都市である「サンミゲルデアジェンデ」。メキシコの中央高原北西部に位置し、スペイン入植時代のコロニアル建築が美しい街です。全国的に有名な美術学校があることから、アーティストたちが集まる街として知られ、手工芸が盛んでもあります。可愛い雑貨やカフェ、ギャラリー巡りなどがおすすめです。

見どころ

街のシンボルである「パロキア教会」は19世紀に建てられたネオゴシック様式の教会で、ピンク色のファサードが特徴的。夜になるとライトアップされ幻想的な雰囲気になります。「民芸品市場」は雑貨好きにはたまらないスポットです。お値段もリーズナブルでお土産探しに活用できますね。サンミゲルデアジェンデの南東にある展望台に登るとカラフルな街並みが美しいので、お時間のある方はぜひどうぞ!

グアナファト

Photo bypepto81

近年、メキシコの最も美しい街として注目されている「グアナファト」。「宝石箱をひっくり返したような街」と称されるカラフルな街並みは、世界遺産都市として登録されています。標高2000メートルほどの山間の街は、スペイン入植時代に銀が発見され、メキシコで最も豊かな街のひとつとなりました。

見どころ

主要な観光名所は旧市街に集中しています。街の中心ラパス広場にある赤い屋根と黄色のファサードが目を惹く教会は「バシリカ教会」。銀によって潤った、かつての繁栄の様子が伝わる建造物です。街からケーブルカーに乗って「ピピラの丘」という展望台に向かうと、グアナファトの街が一望できます。夕暮れ時の時間帯を狙って行かれるのもおすすめですよ!

サカテカス

「サカテカス」は標高2250メートルの高地に位置し、スペイン統治時代に銀鉱山で繁栄した都市です。銀によってもたらされた富が、宗教施設や建造物に使われ、現在も「サカテカス歴史地区」として1993年に世界遺産に登録されています。

見どころ

市内中心に立つ「サカテカス大聖堂」は、メキシコ先住民の文化とスペインのバロック様式とが融合したファサードの細かな装飾が特徴です。建築資材に使われているピンク色の石は、サカテカス近郊で採掘されたもので、サカテカスは別名「ピンクシティ」とも言われています。かつての銀の採掘場所であった「エデン鉱山」は、ガイド付きで内部見学ができる人気の観光名所です。

タスコ

白い町並みやシルバージュエリーが有名で、女性ならすぐにでも飛んでいきたいと思うような街が「タスコ」です。タスコの街の魅力は、コロニアル風の白い家々と石畳、そして街中を走る公認タクシーである白いメキシコビートル車。可愛い町並みはどこをとっても絵になります。

銀の街

かつて銀がたくさん産出されたことから、現在も「銀の街」として有名です。シルバージュエリーを買うならタスコと言われるほどで、たくさんのお店や工房があります。タスコはメキシコシティから3時間ほど。日帰りで十分に満喫できる観光地として時間のある方におすすめします。

オアハカ

メキシコらしい先住民族の伝統的な文化や歴史を見てみたいという方は「オアハカ」が魅力的です。オアハカはメキシコ南部にあるオアハカ州の州都。主要な観光名所は歩いてまわれる範囲にあり、中心にある「ソカロ広場」には街のシンボルである「カテドラル」が建っています。街の中は黄色やピンクなどのカラフルで可愛い町並みが見られ、美しい花々が咲き、歩いているだけでワクワクしそうです。手工芸の盛んな街ならではの可愛い雑貨や刺しゅう入りの素敵なブラウスなどを見て歩くのもいいでしょう。

死者の日は大騒ぎ!

オアハカの魅力はそれだけではありません。全国的に有名なのがオアハカの「死者の日」のお祭りイベントです。死者の日とは日本のお盆にあたる故人へ思いを馳せる日。この日、オアハカは死者の霊の道しるべとなるオレンジのマリーゴールドやガイコツのオブジェなど派手な装飾があちこちで施され、明るく活気ある雰囲気でいっぱいになります。街は、ガイコツのメイクで仮装した地元の人々や観光客で溢れかえり、パレードに山車に、みんななんだか楽しそうです。11月1,2日の死者の日をめがけて観光の予定を組む観光客は年々増加中!

メキシコ観光おすすめスポット【リゾート地】3選

カンクン

Photo byEmilianDanaila

「カンクン」はユカタン半島に位置するメキシコのリゾート地として有名で、ハネムーナーにも人気の観光地です。どこまでも白い砂浜、コバルトブルーの海、豪華なホテル、ダイビング、ナイトクラブなど、非日常的な気分を満喫するのに最高な条件が揃っています。メキシコの地元の雰囲気を感じてみたい方には、ダウンタウン(セントロ)の「メルカド28」(市場)や「パラパス公園」がおすすめです。パラパス公園は屋台、出店、ステージでのイベントなど夜になると地元の人々で大賑わい。フードコートが併設されており、タコスなどメキシコのB級グルメを手軽に味わえます。

イスラムヘーレス

「イスラムヘーレス」は、カンクンより高速フェリーで20分ほどの場所に位置する島です。全長9キロの細長い島は、のんびりとした時間が流れ、カンクンよりさらに透明度の高い美しい海が楽しめます。白い砂浜はサラサラと細かく、遠浅の海は波が穏やかで子供連れの方にもおすすめです。小さな島を観光したい方には、移動手段としてゴルフカートのレンタルが便利!島内は写真に収めたくなるようなカラフルなスポットがたくさんあります。

カボサンルーカス

日本ではカンクンが有名ですが、「カボサンルーカス」は欧米のセレブに人気のリゾート地。ロサンゼルスから2時間ほどのフライトで到着する、バハカリフォルニア半島の最南端の街です。年間平均気温が26度、1年のうちほとんどが晴天続きという理想的な楽園。豪華なホテルが建ち並び、ダイビング、ゴルフ、冬にはホエールウォッチングが楽しめます。

メキシコ観光おすすめスポット【遺跡】3選

テオティワカン

Photo bybergslay

1987年に世界遺産登録された「テオティワカン」は、紀元前2世紀から6世紀にかけて栄えたテオティワカン文明の宗教都市遺跡です。メキシコシティから北東に約50キロに位置するメキシコ最大の遺跡で、1000キロメートル離れたマヤ文明にも影響を与えるくらい大きな力を持っていました。

見どころ

見どころは世界で3番目の大きさを誇る「太陽のピラミッド」。高さ65メートル、底辺の1辺がなんと225メートルもあります。その他「月のピラミッド」、「ケツァルコアトル神殿」など、計画的に設計された驚くべき謎の古代都市を見学してみましょう。悠久のロマンと神秘を目の当たりにして、人類の歴史の偉大さを感じられる遺跡です。

チチェンイッツァ

Photo bymagicaltravelling

マヤ文明遺跡の「チチェンイッツァ」は、ユカタン半島に位置し、カンクンから日帰りが可能な名所です。1988年に世界遺産に指定されています。一番の見どころは「カスティーヨ」と呼ばれる、マヤの最高神ククルカン(羽毛のあるヘビの姿をした神)を祀ったピラミッドです。ピラミッドの4面には各91段の階段があり、4面の階段数を合計すると364段になり、最上階にある真四角の神殿の1段を加えると365段となります。このことから「暦のピラミッド」とも呼ばれているそうです。

ウシュマル

Photo bydarvinsantos

「ウシュマル」は紀元500年ごろに建てられた街で、ユカタン州西部で勢力を誇っていました。この古代都市ウシュマル遺跡はおよそ紀元700年から1100年に建てられたものです。比較的保存状態が良かったことから復元作業が良い条件でできました。他のマヤ文明の遺跡に比べ、マヤ文明に見られる「プウク式」と呼ばれる建築様式がどのようなものかも、よく理解できます。1996年には、世界遺産に登録されました。

見どころ

見どころは「魔法使いのピラミッド」や「尼僧院」など。魔法使いのピラミッドは高さ36.5メートル、急傾斜に118段の階段が付いていて、頂上に神殿があります。土台が楕円形に近い形をしており、珍しいものです。尼僧院は外面と内面にプウク様式の精巧なレリーフが施された方形の回廊状をした建物で、中庭を囲んでいます。見渡す限りの緑のジャングルの中に佇む遺跡は、見ごたえ十分です。

メキシコ観光おすすめスポット【景勝地】3選

ピンクラグーン

自然の神秘を体験したい方は「ピンクラグーン」へどうぞ!ピンクラグーンは、人気のリゾート地カンクンから車で3時間ほどの、ユカタン半島に位置する小さな漁村「ラス・コロラダス」にあります。このピンク色の正体は、水分に含まれる赤いプランクトンと小エビが影響しているとか。湖は塩を取るための塩田だった場所で、白い塩田にピンク色が綺麗に反射してこうした美しさができあがったわけです。ピンク色の湖に白い雲が映りこむ姿は、まさしくフォトジェニック!苦労してでも見に行きたい旬の観光地として人気急上昇中です。

セノーテイキル

メキシコならではの体験をしたい方に「セノーテ」体験がおすすめです。セノーテとは、中米ユカタン半島の石灰岩地帯に見られる陥没穴に地下水が溜まった天然の泉で、約3500か所も存在します。とりわけ「セノーテイキル」は、世界遺産「チチェンイッツァ」の近くに位置することから、カンクンからのツアーも出ている人気の有名観光地。セノーテイキルの特徴は、地底に向かって丸く陥没した深い穴に、地上から垂れ下がる蔦がからまり、まさに神秘的な映画の世界のような光景が見られることです。シュノーケリングや飛び込みなどが楽しめる場所でもあります。

エルアルコ

「エルアルコ・デ・カボサンルーカス」は、バハカリフォルニア半島の最南端に位置するカボサンルーカスの南端にある奇岩です。「エルアルコ」として親しまれている名所で、ボートツアーに参加して見られます。このあたりのコルテス海は、世界で最も多様な生物が暮らす海洋生物の宝庫として世界遺産に指定されており、ダイビング、シュノーケリングのメッカです。運が良ければ、クジラやイルカに会えるかもしれませんよ!

メキシコ観光スポットは発見がいっぱい

Photo byJorgeCharcot

メキシコは有名な古代遺跡、カリブ海リゾート、可愛い町並みなど、意外なことに女子旅にもぴったりな観光地がたくさんありますね。シルバージュエリーや雑貨など買い物天国とも言えそうです。フライト時間が長いのが苦痛ではありますが、それを忘れさせてくれるだけの魅力が溢れるメキシコ。有名な観光都市や名所、リゾート地などのスポットを足早に観光するだけではなく、ゆったりと歩きながら思い出に残るシーンを探してメキシコへ旅してみませんか?

TomTom
ライター

TomTom

イタリア在住者です。食べること、特に甘いものが大好きで休日のバール巡りはかかせません。 海外在住者の視点を通して見えるネタを記事に反映できたらと思います。

今、あなたにオススメの記事

関連記事

人気ランキング