ハワイのレンタカーを使ったおすすめプランは?人気スポットを回るプランをご紹介!

ハワイのレンタカーを使ったおすすめプランは?人気スポットを回るプランをご紹介!

一度でもハワイ旅行でレンタカーを借りてオアフ島を巡る旅を体験すると、レンタカーのないハワイ旅行は物足りなく感じます。おすすめルートを中心にレンタカーだからこそ行ける場所、おすすめの場所、ハワイの絶景スポットを一挙大公開します。

目次 [表示]

ハワイ旅行のおすすめ!レンタカーを借りよう!

ハワイ旅行でレンタカーを借りると、旅の幅が広がるのでおすすめです。レンタカーを借りるには何が必要なのか、どんな車種が運転しやすいか、ハワイの交通事情の特徴や注意点、あこがれる車種はこんな車!なども含めご紹介します。

ハワイでレンタカーを借りる時に必要なアイテムは?

  • パスポート
  • 日本の運転免許書
  • クレジットカード
ハワイでレンタカーを借りるときに必要なアイテムは上記の通りです。ハワイでの国際ライセンスは現状(2019年9月時点)は必要ありません。現地で余計な時間を省いてハワイでレンタカーを借りるのであれば、出発前に日本で予約をしていくことをおすすめします。

ハワイでレンタカーを借りるときにおすすめの車種は?

ハワイでレンタカーを借りるときにおすすめの車種は・・、レンタカーが必要な日数や利用用途によっても変わります。サーフィンをするためにレンタカーを借りたいのであれば、サーフボードが載せられる車種に限られてきますね。乗車人数によっても変わりますし「ハワイでオープンカーをレンタルしたい」など、車種へのこだわりがある方もいます。単純にハワイを楽しむために借りるのであれば、安価なものがおすすめ。安価で借りられる車種はヴィッツなどのコンパクトカーです。人数が多い場合はワゴン車が多く運転しやすいのが特徴です。

ハワイでレンタカーを借りるとき車の確認はした?

レンタカーを借りてハワイ旅行を充実させるために、知っておいて欲しい車の確認方法や注意点をご紹介します。レンタカーでのハワイ旅行がもっと安全に楽しくなります。ぜひ、チェックしてください。

レンタカーを借りる時にはキズの確認をした?

レンタカーを借りる時に必ず行って欲しい注意点が車の傷の確認です。レンタカーサービス会社によっては、この確認をしないで返却時に傷があると修理代を請求してくるレンタカーサービス会社もあります。必ず傷を確認して、もし、傷があればお店の方にも確認してもらって下さい。心配であればスマホで写真を撮っておくのも安心です。

ナビはオプションで必要?

ハワイのオアフ島のレンタカーでカーナビが付いていない時、オプションであった方が良いと思いますよね。しかし、実際はGoogleマップを使用した方が正確に目的地まで誘導してくれます。オプションは付けずにスマホのGoogleマップで十分です。

1日のルートの確認はした?

Googleマップがナビをしてくれるから大丈夫と「目的地を入力したら即出発!」は危険です。出発前には必ず、1日の行先へのルートの確認をして下さい。なんといっても慣れない異国での運転ということが注意点です。ハワイは日本人旅行者が多くいるので安心しやすいですが、気を引き締めてください。

ハワイでレンタカーの運転をするときの注意点は?

ハンドルの位置、大丈夫?

頭では理解していても、うっかり間違えて大事故につながりかねない注意点が「左ハンドル」「右側走行」ということ。日本で乗られている車種によっては「左ハンドル」は慣れている方もいるかもしれませんが、特に注意点として忘れてはならないことが「右側走行」です。日本でいう「右折」がハワイでは「左折」、日本の「左折」がハワイでは「右折」です。すでに混乱しそうですね。右折時や左折時に日本で慣れたように曲がってしまいやすいので絶対に忘れないでください。

ウインカーとワイパーは逆?

これも注意点のひとつです。左ハンドルの場合、ウインカーとワイパーのレバーが逆です。日本メーカーの車種でも左ハンドルなら逆です。右折のウインカーを出したいのにワイパーが動き出すという現象は、日本人の特徴的にやってしまう間違いです。注意点として覚えておいてください。

スピードメーターいつもと違う?

日本とハワイでは速度の単位が違うことも注意点のひとつです。ハワイはマイルという速度の単位が使われています。日本で一般道は60km制限だからと60の目盛りまでは大丈夫なんて安心してはいけません。60マイル=96.5kmくらいの速度ということになってしまいます。注意点を忘れずに安全運転で楽しい旅にしましょう。

黄色信号は?

日本の黄色信号に比べてハワイ(アメリカ)の黄色信号の点滅が短いのも注意点のひとつです。黄色信号の点滅が本当に短く、赤信号になったと思ったらすぐに逆側の信号が青信号に変わることも注意点です。信号などの交通ルールに関する特徴は、安全に楽しいドライブをするのに忘れてはならない特徴です。車間距離をしっかりとって黄色信号は「止まる」を意識してください。

赤信号だけど?

これも日本とは違うので間違えやすい注意点です。日本は赤信号の場合、左折も右折も基本的にはできませんよね。ハワイ(アメリカ)では基本的に赤信号の時、右折(日本でいう左折)はできます。この注意点をお忘れなく!必ず「一時停止」して、歩行者や車がいないことを確認してください。また、右折禁止の標識が出ている交差点もありますので、標識の指示を確認してください。

ありがとうのサイン知ってる?

ハワイでお馴染みのこのポーズ、車の運転中によく使います。このポーズはHang loose(ハングルーズ)やSHAKA(シャカ)と呼ばれています。運転中に道を譲ってもらったらドライバーに笑顔でこのサインを送ってください。「ありがとう」のサインになります。気持ちの良いドライブには地域のマナーも忘れずに気持ちよく使いたいですね。

ハワイのレンタカーで行くおすすめ1日ルートは?

人気スポットたっぷり。1日で行けるおすすめ西側ルート

西側ルートはダイヤモンド・ヘッドからヨーコハマ湾まで、トレッキングやビーチ、グルメ、観光をしながら夕陽まで1日中楽しめるドライブプランです。1日ですべてのスポットを満喫していただくために時間も一緒にご紹介します。西側ルートの特徴は治安が良くない場所もあるので「私たちは観光客です!」というような派手な車種のレンタカーでなく、スタンダードなもので行かれることをおすすめします。トラブルに巻き込まれないよう、注意を忘れず思い出に残るドライブを楽しみましょう。

西側ルート①ダイヤモンドヘッド 【時間 AM8:00】

1日のプランの始まりはハワイの大人気観光スポット、ダイヤモンドヘッドから。ハワイの清々しい朝日を浴びながらダイヤモンドヘッドに登り、素晴らしい景色をみて1日のスタートをきりましょう。片道30分位で登れます。駐車料金は5ドル!そして入場料は1ドル必要です。山頂までの登り坂では途中に気が遠くなるような長い階段などもありますので、お水は忘れずに持っていきましょう。火曜日または土曜日であれば、ダイヤモンドヘッド入口の公園でKCCファーマーズマーケットも楽しめます。

  • ダイヤモンドヘッド
  • Honolulu, HI 96815

西側ルート②レナーズベーカリー【AM9:30】

ハワイスイーツ「マラサダ」で有名なレナーズベーカリー。ロコの方だけでなく、観光客からも絶大な人気を誇り「マラサダ=レナーズベーカリー」と言っても過言ではないお店です。実はマラサダの発祥はハワイではなくポルトガルです。ポルトガル系ハワイアンのレナーズ創業者がハワイでマラサダを広めたパイオニア。外側のサクッとした食感と内側のフワッフワの食感がレナーズベーカリーの特徴であり美味しいところです。

  • レナーズ・ベーカリー
  • 933 Kapahulu Ave, Honolulu, HI 96816

西側ルート③カカアコ【AM10:30】

最近、特に注目されている人気エリアで、少し前まで観光客は立ち寄らない倉庫の街だったカカアコエリア。今では人気の観光スポットになっています。特徴は写真のようなウォールアートが街全体にあること。これからどんどんお洒落な注目スポットが増えそうな、今まさに開発真っ最中のエリアです。人気の観光スポットと言っても、夜は相変わらず寂しいエリアなので、もし、夜にお出かけするのであれば十分に気をつけてくださいね。

  • カカアコ地区
  • 959 Queen St, Honolulu, HI 96814

西側ルート④Nico's Pier38 【AM11:30】

ランチではハワイで1番美味しい「ポキ」を食べましょう。新鮮で美味しいポキを食べられる「Nico's Pier38(ニコスピア38)」は、その名の通り第38埠頭にあります。港では新鮮な魚が食べられるのは万国共通ですね。色々な種類の「ポキ」が用意されていますが、御飯の上に乗せてもらう「ポキボウル(ポキ丼)」がおすすめです。

  • Nico's Pier38
  • 1129 N Nimitz Hwy, Honolulu, HI 96817

西側ルート⑤モアナルアガーデンズ【PM12:30】

ランチでお腹がいっぱいになった後に行けるのは「この木なんの木」でお馴染みのモアナルアガーデンズ。入場料3ドルが必要です。広大な土地にとても綺麗に整えられているモンキーポッド(この木なんの木の正式名称)は、日本人の私達にはCMでお馴染みなので一度は行きたい場所ですね。

  • モアナルアガーデンズ
  • 2850 Moanalua Rd A, Honolulu, HI 96819

西側ルート⑥マーメイドケイブ【PM1:30】

マーメイドケイブの特徴は神秘的な洞窟。この洞窟に降りるためにハシゴを持参されている方もいるほどです。ハシゴがなくても勇気を持って洞窟の中に入ってみると、何とも言葉に言い表せない感動の景色が待っています。地上からでは見ることの出来ない景色を楽しめますよ。マーメイドケイブの場所はナナクリというエリアにあり、治安のあまり良くないエリアなので高級車などの車種の場合は車の盗難、また車の見えるところにバックを置きっぱなしにしたり、貴重品を車に置いたままにした車上荒らしに十分注意してください。

  • マーメイドケイブ
  • 89-410 Keaulana Ave, Waianae, HI 96792

西側ルート⑦ピンクピルボックス【PM2:00】

乳がん撲滅のピンクリボン活動でピンク色に塗られたピルボックスです。名前の通りショッキングピンクに塗られた写真映えする観光スポットです。オアフ島の西側に位置するピンクピルボックスは、ピルボックスの上から眺める景色の美しさに時間を忘れてしまうほど。片道30分位で登れますが、舗装はされていないトレイルを歩く(登る)のでスニーカーで行くことをおすすめします。東側のエメラルドグリーンの海とは違い、西側の真っ青だけど太陽の陽で透き通る海の美しさは必見です。

  • ピンクピルボックス
  • 87-1005 Ohe'Ohe St, Waianae, HI 9679

西側ルート⑧マカハビーチ【PM3:30】

ピンクピルボックスで体力を消耗したあとのプランは、オアフ島の西側のマカハビーチパークというビーチでゆっくり休憩したり、海で火照った体を冷やすように海水浴を楽しんだりするのはいかがでしょうか。マカハビーチの特徴はとにかく水が透明で美しいことです。本当に真っ青の海が目の前に広がり、砂浜は真っ白。人が少なくプライベートビーチのようです。マカハビーチはプランの後半に入れてゆっくりしたい場所となっています。

  • マカハビーチパーク
  • 84-369 Farrington Hwy, Waianae, HI 96792

西側ルート⑨ヨコハマ湾(ヨコハマベイ)【PM5:00】

プランのゴールはやはり夕陽が綺麗な場所で締めくくりたいですね。ハワイのロコの方も絶賛の夕陽スポットがここ「ヨコハマベイ」と呼ばれる場所です。オアフ島の西端カエナポイントの手前のビーチです。ヨコハマベイの先はカエナポイントへ続く舗装されていない道なので、ここは最西端に最も近いビーチで見る夕陽になります。観光客はほとんどおらず、地元の方の多いエリアですので、安全には気をつけて美しい景色を楽しみましょう。

  • ヨコハマベイ
  • Farrington Hwy, Waialua, HI 96791

人気スポットたっぷり。1日で行けるおすすめ東側ルート

東側のルートは1日で同じ道を通らずに色々な場所に行けるルートです。こちらも体力勝負のスポットから絶景を楽しめる場所、定番の観光スポットまで組み込んでいますのでカスタマイズしてください。おすすめは「タンタラスの丘」で夕陽をみること。そのために朝の早い時間帯から東側をグルっとドライブするのが良いですね。そして東側ルートはサーファーエリアが多いため、ピックアップトラックやオープンカーなど海を感じるハワイらしい車種に乗りたくなります。これは予算と相談が必要です。

東側ルート①ココヘッドトレイル【AM7:00】

第二次世界大戦中に頂上の通信基地まで物資を運ぶのに使われたトロッコの線路をひたすら登るココヘッドトレイル。少々、体力は必要ですが頂上の景色は最高です。感動します。ぜひ朝の涼しい時間に登って、達成感と感動を味わってください。またココヘッドでは登るのも下るのも同じトロッコの線路ですので、多くの方とすれ違います。すれ違う時に、下っていく人が登っていく人に「Almost there!(もう少しだ!)」と激励してもらえるのもハワイ旅行の醍醐味ですね。

  • ココヘッドトレイル
  • 7491, Kokonani St, Honolulu, HI 96825

東側ルート②カイルアビーチ【AM8:30】

ハワイに行ったら必ず行きたい人気ビーチがカイルアビーチ。本当に透き通るバスクリンのような美しさに見とれてしまう海が広がっています。ルートのプランとしては朝食は途中で購入して、カイルアビーチで食べるなんて素敵ですね。人気のラニカイビーチにも行けるので、どちらも立ち寄ってみるのもおすすめです。

  • カイルアビーチ
  • 450 Kawailoa Rd Kailua, HI 96734

東側ルート③クアロアランチ【AM10:00】

ジュラシックパークのロケ地として有名なクアロアランチですが、朝早めの時間帯のツアーを予約しておくと、クアロアランチから1日でオアフ島の東側をドライブするルートで楽しめます。クアロアランチの特徴である雄大で迫力のある山の緑と海のブルーのコントラストは、行けるのであれば何度も行きたい忘れられない場所になるでしょう。

  • クアロアランチ
  • 49-560 Kamehameha Hwy, Kaneohe, HI 96744

東側ルート④ライエポイント【AM11:00】

パワースポットとして有名なこのライエ・ポイント。どうしたらあの大きな岩に写真のような特徴的な穴が開くのだろうと疑問に感じつつ、迫力のある東映の映画のオープニングのような波が岩にあたる姿を見ると、ハワイの自然の壮大さを感じられます。観光スポットなのですが、駐車スペースが非常に少なく狭いので駐車時には十分注意してください。

  • ライエポイント
  • Laie, HI 96762

東側ルート⑤フミズカフクシュリンプ【PM12:00】

東側ルートのランチは海老の養殖の盛んなカフクのガーリックシュリンプがおすすめです。ガーリックシュリンプはハワイに行ったら1度は食べたいハワイグルメのひとつです。ハワイの中に数多くあるガーリックシュリンプのお店の中でも特におすすめなのが「フミズカフクシュリンプ」です。屋外でもお店は清潔感があります。メニューの種類が豊富なところも良いですね。

  • フミズカフクシュリンプ
  • 56-777 Kamehameha Hwy, Kahuku, HI 96731

東側ルート⑥ラニアケアビーチ【PM12:30】

ランチの後はホヌ(ウミガメ)を探しに行きましょう。カフクからラニアケアビーチまでは、ノースショアの豪快な海岸沿いをドライブしますので、景色も楽しめます。そして、ラニアケアビーチで残念ながらホヌに会えなかった場合、近隣のハレイワビーチパークにも立ち寄ってみてください。ホヌに会うと幸せになれるという言い伝えがあります。会った時の注意点はひとつ。ホヌは絶滅危惧種のため触ってはいけません!近づき過ぎもNGです。2~3mは離れたところから見守ってくださいね。

  • ラニアケアビーチ
  • 574, 61-574 Pohaku Loa Way, Haleiwa, HI 96712

東側ルート⑦マツモトシェイブアイス【PM1:30】

ホヌに会った後は、ハレイワに行けるのも東側ルートの魅力のひとつ。ハレイワで人気のマツモトシェイブアイスでハワイのかき氷を堪能するのも素敵ですね。もちろんハレイワの古い街並みを散策することも忘れずに。オールドハワイの温かい雰囲気を味わいましょう。

  • マツモトシェイブアイス
  • 66-087 Kamehameha Hwy, Haleiwa, HI 96712

東側ルート⑧ドールプランテーション【PM3:30】

ハワイの観光名所ドールプランテーションはハワイ旅行の人気定番スポットです。トロッコに乗って広大なパイナップル畑の見学や迷路も楽しいですし、パイナップルソフトも外すことのない安定の美味しさです。Tシャツなどお土産も豊富なところがプランには欠かせないポイント。駐車場も広々と用意されていますので、東側のドライブルートでは立ち寄ってみてください。

  • ドールプランテーション
  • 64-1550 Kamehameha Hwy, Wahiawa, HI 96786

東側ルート⑨Maui Mikes 【PM4:00】

せっかくレンタカーを借りたのだから、観光スポットばかりでなく、少しロコの生活感を感じるスポットへも行ってみたいですよね。ロコの方々でいつも人気なお店がローストチキンが美味しい「マウイマイクス」です。パリッと焼きあがった皮目とジューシーなチキンがクセになる美味しさです。東側ルートはグルメが少し多めですが、骨付きのチキンとポテトという外国感もしっかり感じられておすすめ。テイクアウト出来るところも良いですね。

  • MauiMikes(マウイマイクス)
  • 96 S. Kamehameha Highway Wahiawa, Oahu, Hawaii

東側ルート⑩タンタラスの丘【PM5:00】

東側ルートのゴールも西側ルートと同じように1日の締めくくりは夕陽を見ましょう。西側は海岸からでしたが、東側は人気の夜景スポットでもあるタンタラスの丘からが最高です。ノースショアの方から回るルートは、ちょうど夕陽が落ちる時間にタンタラスの丘へ行けるのでおすすめ。ツアーなどでも行ける観光スポットですが、せっかくレンタカーを借りたのなら自分で行きたいですよね。夕陽は本当に綺麗です。ハワイでいろんな表情の夕陽をみるのも楽しみのひとつになりますよ。

  • タンタラスの丘
  • Round Top Dr, Honolulu, HI 96813

レンタカーがあれば叶う!おすすめの暮らすような旅!

プール付きのお家に住んでみたいと思いませんか。憧れのお家ですよね。ハワイにはこの写真のような別荘がたくさんあり、短期で貸し出されている物件もたくさんあります。こういった貸別荘は車がないと動きにくい場所にある事が多いためレンタカーが必須です。ホテルステイも素敵ですが、レンタカーを借りてホールフーズマーケットに買い物に行って料理する。そんな暮らすように旅を楽しむ滞在スタイルもおすすめです。

まとめ

ハワイでレンタカーを借りると行けるスポットが増えて旅の幅が広がります。そして、旅のスタイルもガイドさんに迎えに来てもらい、連れて行ってもらうという従来の観光スタイルから、自分で行きたいところに行けるスタイルに変わります。レンタカーの借り方も滞在している間、ずっと借り続けたり、プランに合わせて車種を変えて借りるなど様々な借り方が可能です。思い出に残る素敵なハワイ旅行になるよう、レンタカーも活用してください。

KO
ライター

KO

とにかく旅が大好き!今まで行ったトコロはヒューストン、ジャマイカ、ニューヨーク、ロサンゼルス、ルイジアナ、グアム、セブ島、バリ島、ハワイ、オーストラリア、インド・・・これから行きたいトコロ、まだ行ったことのない世界の数々。国内旅行も大好きです。文章を書くことは只今猛勉強中。どうぞよろしくお願い致します。

関連記事

人気ランキング