ホノルル空港からの送迎はどれがおすすめ?交通手段ごとに比較してご紹介!

ホノルル空港からの送迎はどれがおすすめ?交通手段ごとに比較してご紹介!

ホノルル空港からワイキキ方面への送迎について紹介しているサイトです。ホノルル空港発のシャトルバスやタクシー、旅行会社の送迎プランなど手段ごとにわかりやすく解説!初めての方から海外に慣れている方まで、それぞれのおすすめ送迎手段をご案内しています。

目次 [表示]

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業などが行われている場合があります。最新情報は公式サイト・SNSなどをご確認ください。

ホノルル空港からの送迎

Photo byAloha_Mahalo

ホノルル空港から、ホテルなどがあるワイキキ周辺までの送迎に使える交通手段をご紹介します。個人で旅行を手配した方や、ツアーパックに送迎が含まれていない方向けです。初めてハワイに行く人でも安心の方法や、海外は慣れている方向けの方法など、幅広くご紹介します。自分にあった送迎方法を一緒に見つけましょう!

ホノルル空港からの送迎①:旅行会社のツアーパック

Photo byjan_photo

旅行会社でツアーの予約をした場合、プランにワイキキまでの送迎が含まれるものも多いでしょう。個人で旅行の手配をした方でも、送迎プランのみの利用ができます。荷物はスーツケースが1人2個まで無料のことが多いので、大荷物の方でも安心ですね。大型バスや、バンなどでの送迎が一般的になっています。

H.I.S

H.I.Sは、空港からワイキキのホテルまでの送迎プランがあります。コンドミニアムやバケーションレンタルを利用している場合は、最寄りのホテルまで送迎してくれます。往復料金は0歳〜1歳は無料で、2歳以上は3,570円(2019年11月現在)です。他の観光客と相乗りですが、ホテルまで送迎となると安心できますね。片道だと1,780円から利用可能。

料金(往復) 0歳から1歳 無料
  2歳以上 3,570円
料金(片道) 0歳から1歳 無料
  2歳以上 1,780円から
チップ 荷物1つにつき1ドル  
所要時間 約40分  
初心者おすすめ度 ☆☆☆☆☆(5点満点)  

JTB

JTBは空港・ホテル間の往復プランがないため、片道ずつの予約が必要。どちらも片道2,099円からです。JTBもワイキキ内のホテルまでしか送迎がありません。主要の8つのホテルに止まります。大型のバスに相乗りで送迎してくれます。料金設定はH.I.SよりJTBの方が600円ほど高いですが、チップが含まれた料金設定です。

料金(往復) 0歳から1歳 無料
  2歳以上 4,198円から
料金(片道) 0歳から1歳 無料
  2歳以上 2,099円から
チップ 料金に含む  
所要時間 約40分  
初心者おすすめ度 ☆☆☆☆☆(5点満点)  

ホノルル空港からの送迎②:タクシー

Photo byRyanMcGuire

簡単な英語ができる方におすすめの移動手段です。日本語を話せるドライバーもいますが、「当たる確率は少ない」と思った方がいいでしょう。「行き先を伝えること」と「お金の支払い方法」さえわかれば、基本的には大丈夫です。英語が苦手な方は、あらかじめ行き先がわかる資料や地図などを持っておくといいでしょう。

タクシー乗り場

タクシー乗り場に停留しているタクシーでもホテルまで行けます。少しだけなら日本語を話せるドライバーが、たまにいます。しかし、全く話せないドライバーの方が多いので、不安な方はおすすめできません。複数人で乗る場合には料金が安くなりますが、荷物が乗せられず結局2台以上の利用になることもあります。

料金(片道) 4人以下 約4,000円
  5人以上 約8,000円
  1人あたり 約1,000円から2,000円
チップ 料金の15から20%  
所要時間 約20分  
初心者おすすめ度 ☆☆☆(5点満点)  

チャーリーズタクシー

日本で事前に日本語で予約できるチャーリーズタクシー。料金は普通のタクシーより安く、目的地まで直行してくれますので、バスよりも早く到着します。1台の定員は4名で、ワイキキまで3,500円ほどで利用できます。1人に換算すると1,000円もかからないのでとてもお得ですよね。スーツケースも1人1個持込めますので安心してください。

料金(片道) 4人以下 約3,500円
  5人以上 約7,000円
  1人あたり 約800円から1,500円
チップ 料金の15から20%  
所要時間 約20分  
初心者おすすめ度 ☆☆☆☆(5点満点)      

ホノルル空港からの送迎③:配車アプリ

Photo by stockcatalog

現在、日本でも配車アプリが普及していますよね。行き先をあらかじめ設定してから配車したり、スマートフォンだけで支払いができたりと、かなり便利なアプリです。また、タクシーを利用するより安いのも魅力でしょう。ただ、Wi-Fi環境がないと使用できませんので注意してください。

ウーバー

タクシーより安く、確実に車を手配できるので便利です。支払いはチップが不要で、スマートフォン決済なのでスムーズに利用できます。「日本語を話せるドライバーはほとんどいない」と思った方がいいでしょう。ただ、アプリ自体は日本語で入力できますので英語に自信がない人でも利用しやすいです。市内から空港までは空港手数料がかからないため、3,500円ほどで移動可能。

料金(片道) 4人以下 約3,500円から4,000円
  5人以上 約7,000円から8,000円
  1人あたり 約850円から1,500円
チップ なし  
所要時間 約20分  
初心者おすすめ度 ☆☆(5点満点)  

リフト

リフトも、ウーバー同様の配車アプリです。まだ日本に進出しておらず、アプリ自体は英語表記なのがデメリット。しかし、マップ上の地名などは日本語で表示されます。ウーバーを利用している人なら、使用方法が似ているので問題なく使用できるでしょう。サービス内容や料金は、ほとんどウーバーと同じです。

料金(片道) 4人以下 約3,500円から4,000円
  5人以上 約7,000円から8,000円
  1人あたり 約850円から1,500円
チップ なし  
所要時間 約20分  
初心者おすすめ度 ☆☆(5点満点)  

ホノルル空港からの送迎④:シャトルバス

Photo byFree-Photos

シャトルバスは、日本から日本語で予約できます。また、タクシーのように当日現地に着いてからも利用可能。予約をしていなくても、その時の混み具合などを見て利用できるのが嬉しいですね。旅行会社のバスに比べると、比較的小さめの車で、相乗りの人数も少ないことが多いのが特徴。

ロバーツハワイ

ロバーツハワイはハワイで有名なシャトルバスです。日本から日本語で予約可能で、空港到着後に予約することもできます。料金は往復で、1人約4,000円です。旅行会社の送迎プランと同じくらいの価格帯。ただ日本語があまり通じませんので、名前と行き先は英語で伝えられるようにしておきましょう。移動にかかる時間は大体40分ほどです。

料金(片道) 0歳から3歳 無料
  4歳以上 約2,000円
料金(往復) 0歳から3歳 無料
  4歳以上 約4,000円
チップ 料金に含む  
所要時間 約40分  
初心者おすすめ度 ☆☆☆☆(5点満点)  

スピーディシャトル

基本的なことはロバーツハワイと変わりません。日本から日本語での予約が可能ですが、少しサイト翻訳が甘いです。予約をしなくても現地で乗車可能で、帰りの予約もすることができます。行き先と支払いができれば、英語はそれほど必要ありません。

料金(片道) 0歳から3歳 無料
  4歳以上 約2,000円
料金(往復) 0歳から3歳 無料
  4歳以上 約3,500円
チップ 荷物1つにつき1ドル  
所要時間 約40分  
初心者おすすめ度 ☆☆☆(5点満点)  

ホノルル空港からの送迎⑤:レンタカー

Photo byNoel_Bauza

海外での運転は、勇気がいるイメージですよね。しかし、車を日常的に運転している人はすぐに慣れるでしょう。バスの待ち時間や、タクシー移動での料金を考えると、車はとても便利です。行きたい場所へ、行きたいタミングで行けます。大人数での利用だと、1日あたりの料金が抑えられるのでおすすめです。

ニッポンレンタカー

日本での予約も可能ですが、現地でも予約できます。日本人スタッフも在中しているため、英語が苦手な方でも安心。ハワイでのレンタカー利用は、日本の運転免許証とクレジットカードがあれば大丈夫です。ただ、左ハンドルで、右車線を走行するなど日本と違う交通ルールなので、事前に勉強していった方がいいでしょう。

1日料金 1万円から2万円
チップ なし
所要時間 約20分
初心者おすすめ度 ☆☆☆(5点満点)

ハーツレンタカー

ハーツレンタカーも日本から日本語で予約可能です。全ての店舗かは不明ですが、日本人スタッフや日本語が話せる人がいます。ベンツやジープ、キャデラックなど日本でも中々乗る機会が少ない車をレンタル可能。ハワイの風を存分に感じられる、オープンカーなどに乗ってみるのも、いいかもしれませんね。

1週間の料金 約4万円から
チップ なし
所要時間 約20分
初心者おすすめ度 ☆☆☆(5点満点)

ホノルル空港からの送迎⑥:公共交通機関

Photo byLoboStudioHamburg

ハワイに住んでいるローカルの人々が、日々の移動に利用しています。日本と同じで、タクシーなどを利用するよりも安いです。ただ、観光客はあまり利用していません。日本語も通じないので、ある程度海外に慣れている方におすすめです。

THE BUS

ハワイの島内を走る路線バスで、値段はとても安く、お得です。しかし、スーツケースなどの大型の荷物を持ち込むのは禁止なので、空港からの利用は難しいですね。荷物が少ない方や、バックパックだけの方は利用できます。主要地での交通手段としては、1番安いですからでワイキキについた後に利用しするのがいいかもしれません。

料金 約300円
チップ なし
所要時間 約50分
初心者おすすめ度 ☆(5点満点)

ホノルルレールトランジット(電車)

まだ開通していませんが、2020年に鉄道が開通します。開通してしまえば、何よりも便利な移動手段と言えるでしょう。ホノルル空港からアラモアナまで、なんと15分ほどで到着します。運賃は、まだ正式に発表されていませんが、車などで移動するよりは安いはずです。

料金 未定
チップ なし
所要時間 10分前後
初心者おすすめ度 ???

移動手段まとめ

Photo byAlexas_Fotos

いかがだったでしょうか。空港からワイキキまでの移動手段を、6通りご紹介しました。ほとんどの手段が、簡単な英語だけで利用できますので、事前に準備をしておくといいでしょう。鉄道が開通すれば、どんな方でも最も利用しやすい移動方法になりそうですね。自分にあった手段で、快適なハワイの旅を楽しんでください!

アオ
ライター

アオ

今、あなたにオススメの記事

関連記事

人気ランキング