イエローストーン国立公園の見どころは?観光の楽しみ方をご紹介!

イエローストーン国立公園の見どころは?観光の楽しみ方をご紹介!

イエローストーン国立公園は、豊かな自然に恵まれ世界遺産に指定されている公園です。間欠泉や湖・温泉など観光地としての見どころも満載、楽しみ方もさまざまです。イエローストーン国立公園のベストシーズンや行き方、おすすめ観光地をリサーチしました。

目次 [表示]

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業などが行われている場合があります。最新情報は公式サイト・SNSなどをご確認ください。

イエローストーン国立公園とは

イエローストーン国立公園はアメリカ3州にまたがる公園で、ほかに類を見ない美しい自然が広がっている人気の観光地です。公園内には湖や1万ケ所以上ある間欠泉、渓谷・温泉など見どころも満載。さまざまな地形が広がっているので飽きることがありません。また野生動物の宝庫としても知られていて、1978年には世界遺産の第1号として登録されています。5つのエリアに分かれていて、世界最大級火山の上が公園となっています。

イエローストーン国立公園の広さは四国の半分

イエローストーンの渓谷
Photo by stevetulk

イエローストーン国立公園は、とにかく巨大です。広さは8984平方キロメートルあり、四国の約半分に相当します。公園の93%はワイオミング州にあり、そのほかモンタナ州とアイダホ州にまたがっています。これだけの広さがあるため、とても1泊ではすべてを見ることができません。イエローストーン国立公園を訪れるなら最低でも2~3泊が必要で、見るポイントを絞りましょう。ポイントを絞ることで楽しみ方も違ってきますよ。

イエローストーン国立公園の歴史

イエローストーン国立公園夕景
Photo by12019

世界遺産に登録されているイエローストーン国立公園の歴史は、1800年代にジェファーソン大統領が未開の地を調査するための探検隊を構成したことに遡ります。アメリカを横断した探検隊の中の一人が帰路に訪れたのがイエローストーンといわれています。その後、新たな探検隊が調査のためイエローストーンを訪れ、自然の美しさに感動しアメリカ政府に国立公園にすることを提言したそうです。そして1872年に世界初の国立公園として誕生、世界遺産に登録されました。

イエローストーン国立公園の観光のベストシーズン

イエローストーン国立公園のベストシーズンは、初夏から秋にかけての5月~9月です。中でも動物が活発になり、さまざまな花が公園内に咲き乱れる6月~8月は、ベストシーズンの中で最もおすすめ。世界遺産のイエローストーン国立公園観光を満喫できる季節です。気候的にも良い時期なのですが、公園内には高地もあり朝晩と昼の寒暖差があるため、長袖のジャケットやパーカーを持っていくことをおすすめします。

イエローストーン国立公園ベストシーズンの天気と気温

イエローストーン国立公園
Photo bySteppinstars

夏場にベストシーズンを迎えるイエローストーン国立公園ですが、日本と違い湿度が低いため日中は非常に乾燥しています。日中の気温は25度から30度と幅がありますが、ジメジメとしていないので、暑さによる辛さはありません。ただし、陽が暮れる夕方にはグッと気温が下がり肌寒さを感じます。また標高が高い地域の場合、夜を迎えると気温が0度まで下がることもあるのです。また雷雨になることもあるので、雨具があると良いでしょう。

冬のイエローストーン国立公園に注意!

降雪したイエローストーン
Photo byskeeze

冬休みを利用して、世界遺産のイエローストーンを訪れようと計画する人もいるのではないでしょうか?広大な公園内は標高が2000メートルを超える場所もあり、11月頃から気温が下がり始めます。そして最高気温でも0度からマイナス5度程度という極寒の地になってしまうのです。本格的な冬が到来すると、公園内の道や地面が凍結し通行できなくなることもあります。一面雪に覆われたイエローストーンはベストシーズンにはない魅力がありますが、基本的に入園できないと思いましょう。

イエローストーン国立公園おすすめの観光地

1万ケ所以上ある間欠泉をはじめ、100ケ所以上ある温泉や湖・渓谷など世界遺産のイエローストーン国立公園は見どころが満載です。またあまりの広さにどこから見ればいいのか、どういった楽しみ方をすればいいのか迷ってしまいます。そこで、イエローストーン国立公園の代表的な見どころや楽しみ方を紹介します。

観光前にビジターセンターへ

ビジターセンター
Photo by YellowstoneNPS

イエローストーン国立公園に到着したら、まずビジターセンターを訪れましょう。とにかく広大なので、ビジターセンターで公園内の最新情報などを手に入れることが必須です。ビジターセンターでは最新情報のほか、見どころや楽しみ方を知ることができるので初めて訪れた人にはとても便利。またビジターセンターにはツアーデスクがあり、公園内の見どころを周るツアーの予約も受け付けています。ベストシーズンに世界遺産の公園内の見どころを効率よく周るならツアーがおすすめです。

おすすめ観光地①オールド・フェイスフル間欠泉

オールド・フェイスフル間欠泉
Photo by jevx

イエローストーン国立公園内にある1万ケ所以上ある間欠泉の中で最も有名なのが、オールド・フェイスフル間欠泉です。オールド・フェイスフル間欠泉は公園南西部にある一番の人気スポット。約80分毎に40メートルの高さまで吹き上げる様に圧倒されること間違いありません。以前のオールド・フェイスフル間欠泉は定期的に噴出していましたが、1959年に起きた地震の影響で近年は時間が不定期になってしまいました。ビジターセンターで噴出予定時刻を告知していますが、予定時刻も10分程度のずれが生じることがあります。間欠泉を楽しみた意場合は時間に余裕を持ったほうがよさそうです。

おすすめ観光地②イエローストーン・グランドキャニオン

イエローストーングランドキャニオン
Photo byArtTower

イエローストーン国立公園の名前の由来となっているイエローストーン・グランドキャニオン。長さ32キロメートルの峡谷で地肌が黄色いため、この名がつきました。渓谷を作り上げたのがイエローストーン川です。気が遠くなるような時間をかけて侵食し、現在のイエローストーン・グランドキャニオンとなったのです。イエローストーン・グランドキャニオンを含むキャニオン地区には滝や川など、自然が作り出した雄大な眺めが観光客を待ち受けています。ビューポイントも多く、ハイキングなどの楽しみ方がぴったりです。

おすすめ観光地③グランド・プリズマティック・スプリング

グランド・プリズマティック・スプリング
Photo by James St. John

1万ケ所以上ある間欠泉の中で最も有名な有名なのが、直径100メートルのグランド・プラズマティック・スプリングです。イエローストーンの公園南西部にあり、自然が作り上げたオレンジ色とブルーで色なしていて、見どころとしてはずせません。青色は太陽光を浴びた高温の温水で、オレンジは流れ出たバクテリアが発生し生み出した色。アメリカ最大の熱水泉で、世界第3位の規模を誇る温泉ですが残念ながら入湯することはできません。

おすすめ観光地④マンモス・ホット・スプリングス

マンモス・ホット・スプリングスはイエローストーンの北西部に位置し、石灰が幾重にも重なって出来上がっている温泉です。マンモス・ホット・スプリングスはメイン・テラス、アッパー・テラス、ローアー・テラスというエリアに分かれています。トルコのパムッカレを彷彿とさせる白く重なったこの石灰棚。温泉という名がついていますが、お湯はほとんど流れていません。部分的に黒くなっているのは石灰が酸化していて、長年にわたり作り上げられたマンモス・ホット・スプリングスの歴史を感じさせます。

おすすめ観光地⑤マッド・ボルケーノ

マッド・ボルケーノ
Photo by neighborhoods.org

イエローストーン国立公園のマッドボルケーノ地区の名前の元となっているのが、熱水泉のマッド・ボルケーノです。マッドボルケーノ地区はトレイルが整備されていて、そこから立ち上る蒸気が見えます。その正体がボコボコと音を立てながら泥が混じり噴きあがる熱水泉で、迫力満点!きつい硫黄の臭いがきになりますが、ほかではなかなか見られない光景です。マッドボルケーノ地区には、ほかにもいくつもの熱水泉があります。これらを見て周るのもひとつの楽しみ方です。

おすすめ観光地⑥ロウアー・フォールズ

ロウアー・フォールズ
Photo by moonjazz

キャニオンエリアにあるロウアー・フォールズは、雄大な渓谷を流れる滝です。世界三大瀑布のひとつナイアガラの滝の落差56メートルに対し、ロウアー・フォールズの落差は93メートルと約2倍もあります。絶壁に囲まれる中、流れ落ちる滝は迫力満点。ロウアー・フォールズの眺めが良いのはルック・アウト・ポイントです。トレイルも整備されていて、滝からトレイルを下ると、流れ落ちる際まで行くことが可能なのでベストシーズンの絶景を楽しんでください。

おすすめ観光地⑦イエローストーン湖

イエローストーン湖
Photo by BrandonLord

イエローストーン国立公園の南部エリアに広がるイエローストーン湖。北アメリカの高地にある湖で最大の湖です。面積は琵琶湖の約半分の354平方キロメートルで、青く輝く湖面は吸い込まれそうな美しさがあります。北側にはフィッシング・ビレッジや宿泊施設などがあります。真夏でも平均16度しかないので、泳ぐのはやめておきましょう。ベストシーズンの朝日や夕日に染まる美しいイエローストーン湖は絶景といわれています。

ベストシーズンにおけるイエローストーン国立公園の楽しみ方

世界遺産・イエローストーン国立公園の広大な敷地には多くの動植物をはじめ、ほかに類を見ない地形が広がっています。せっかくベストシーズンに訪れるなら、さまざまな楽しみ方を知っておいた方がいいですよね。イエローストーン国立公園の楽しみ方を知って、公園内の自然を満喫しましょう。

楽しみ方①野生動物ウォッチング

イエローストーンの動物
Photo by12019

イエローストーン国立公園内には、グリズリーやオオカミ・バッファローなど80種類以上の動物、200種類以上の鳥類が生息しています。これら野生動物はイエローストーン川を中心に広がるヘイデンバレーで高確率で遭遇することができます。これがイエローストーンが「野生の宝庫」といわれる理由のひとつ。広い草原でのんびりと野生動物ウォッチング、という楽しみ方ができるのもイエローストーン国立公園の魅力です。

楽しみ方②天然温泉

イエローストーン内には数多くの温泉がありますが、残念なことにすべて入湯できません。しかし「Boiling River」と呼ばれるこの川は熱いお湯が流れ込み、ちょうど良い温度の天然温泉となっています。温泉施設はなく、必ず水着を着用しなければいけません。またロッカーなどもないため、あらかじめ洋服の下に水着を着ておいたほうが無難です。雄大な自然に囲まれ、温泉に浸かるという楽しみ方ができます。ただし水量が増える春から夏にかけては、閉鎖されていることがあるので注意してください。

楽しみ方③ハイキングやウォーキング

イエローストーンのトレイル
Photo by Lee Edwin Coursey

イエローストーン国立公園はトレイルの整備が充実しています。人気の観光地に関しては、トレイルを利用することでかなり近くまで行くことが可能です。なんといっても自然が魅力の公園ですから雄大な自然をウォーキングというのが基本の楽しみ方。渓谷をハイキングするのもいいでしょう。また公園内の道路を車で通りながら景色を楽しむというのもいいですね。

イエローストーン国立公園の行き方

ツアーでイエローストーン国立公園を訪れる場合は、すべてセッティングされているので心配ありませんが個人で訪れる場合、気になるのが行き方です。イエローストーンは季節によって入口が閉鎖されることもあるため、どこを目指せばよいのか知っておけば迷うことはありません。スムーズに見どころへ到着するため、行き方について事前にチェックしておきましょう。

個人での行き方①飛行機

イエローストーン国立公園の最寄空港への直行便はありません。そのため日本から行く場合は、ユタ州にあるソルトレークシティ国際空港に行き、そこからへ乗り継ぐ行き方がまずひとつ。もうひとつはサンフランシスコ国際空港やロサンゼルス国際空港から乗り継ぐ行き方です。乗り継ぎの際、ジャクソンホール空港以外にウエストイエローストーン空港というローカル空港もあります。しかし10月から5月の間閉鎖されるので、ジャクソンホール空港を使う行き方が最も確実です。

個人での行き方②車

イエローストーンの道路
Photo by Yssso

現地でレンタカーを借りる行き方の場合、もっとも近いウエストイエローストーン空港からなら5分程度です。ジャクソンホール空港だと20分くらいと思ってください。また、ソルトレークシティからは約6時間、シアトルからだと14時間弱かかります。レンタカーでイエローストーン国立公園に車で行くなら年中オープンしているジャクソンホール空港からの行き方が最もわかりやすく楽でしょう。イエローストーン国立公園に車で行く場合は1台あたり30ドルの入園料が必要となります。

個人で行くときは入口に注意

イエローストーン国立公園には東西南北と北東の5ゲートが設けられています。しかし道路が凍結する冬になると、東・南・西のゲートは閉鎖されます。また時期によっては道路も閉鎖されるのです。広大な公園だけに入口が封鎖されると、別の入口を探すのに時間がかかるだけでなく、行き方で迷うことも。冬場に行く場合は事前に公式ホームページなどでチェックしておくことが必須です。

イエローストーン国立公園の宿泊施設

イエローストーン内は宿泊施設が充実しています。せっかく世界遺産のイエローストーン国立公園を訪れるのですから、公園内の宿泊施設を利用することがおすすめ。公園内に泊まれば雄大な自然を満喫できるだけでなく、見どころを効率的に周れます。ここでは公園内の代表的な宿泊施設を紹介していきます。但し、世界遺産として人気の公園なので、早めの予約が必須です。

マンモス ホット スプリングス ホテル & キャビンズ

マンモスホットスプリングスホテル&キャビンズはとにかく予約が取れないことで知られているホテルです。旅行サイトでも評価が高く、ホテル敷地内にレストランや売店が揃い、ビジターセンターにも歩いていけるのが魅力のひとつ。また冬季は休業することがある公園内のホテルがある中、通年営業をしています。公園の北部の自然を満喫したい人におすすめです。

オールド・フェイスフル・イン

山小屋の作りなのに、高級ホテルというのが100年以上の歴史を持つオールド・フェイスフル・イン。この山小屋は世界最大級の建物ということでも有名です。ホテルの目の前には人気観光地のオールド・フェイス間欠泉、さら複数のトレールがあります。部屋は10タイプに分かれていて、バス無しの部屋もあるので浴槽に浸かりたい人は事前に確認しましょう。

レイク イエローストーン ホテル & キャビンズ

1891年に建造され、2015年にアメリカの国指定建造物に指定されたレイクイエローストーン ホテル & キャビンズ。その名の通りイエローストーン湖の畔にあり、自然の美しさを堪能できると人気のホテルです。黄色を基調とし、複数のロッジからなるホテルでロビーには無料Wi-Fiもあります。

イエローストーン国立公園を満喫しよう!

イエローストーン国立公園の滝
Photo byskeeze

とにかく雄大な自然が広がっている世界遺産・イエローストーン国立公園。間欠泉や湖などの見どころはもちろん、川で温泉を楽しむなど他ではなかなかできない楽しみ方が満載です。公園はとても広いので可能なら4日ほど宿泊することがおすすめです。ベストシーズンのイエローストーン国立公園に足を運んでみてはいかがでしょうか?

ことら
ライター

ことら

旅行大好き!国内は40県仕事含め訪れ、海外も北米・アジア・ヨーロッパなどを旅しています。特に香港は年に数度行くほど大好きな土地です。皆様の旅行が素敵なものになるようお手伝いします!

今、あなたにオススメの記事

関連記事

人気ランキング