ノースショアの見どころは?人気の観光スポットや名物グルメをご紹介!

ノースショアの見どころは?人気の観光スポットや名物グルメをご紹介!

ノースショアの見どころと魅力、観光スポットやグルメなど楽しみ方まとめ!人気で有名なスポットや名物グルメからノースショアでやることまで、自分の旅行スタイルに合ったノースショアの見どころをチェックして安全で充実したハワイ旅行にしましょう!

目次 [表示]

ノースショアとは?

ハワイ州オアフ島のノースショアの場所!

ノースショアはオアフ島の北部の海岸エリアのこと。地図の左側の先端のカエナポイントという所から右のカフク岬までをノースショアと呼びます。

ワイキキからノースショアへの行き方

The busで行く!

車なら40分位で着くところが、バスで行くと2時間位かかってしまうので正直おすすめしませんが、車移動とは、また違った景色やルートを楽しめるのはバスの良いところです。人気スポットも有名観光地もそんなに気にしない、ハワイの地元の方々の生活感を感じるにはバスはおすすめです。

1day pass(ワンデイパス)を買おう!

日本でいう「一日乗車券」です。バスで遠出をするなら一番お得です。ノースショアまでは片道約2時間の遠出です!ワンデイパスを購入しましょう。さぁいよいよ出発です!

  • ノースショアに行くにはハレイワ方面の「52番」のバスに乗って下さい。
このバスはアラモアナセンターが始発なので、ワイキキから頑張って歩いてアラモアナセンターまで行くか、ワイキキからアラモアナセンターまでバスに乗るのもいいですね。52番のバスはアラモアナセンターの山側のバス停から出発します。

レンタカーで行く!

ノースショアまではレンタカーでのドライブがおすすめです。写真のように運転をしているとダブルレインボーが見えることもあります。寄り道をしながらノースショアまで行くのも良いですね。ワイキキから車でノースショアまで行くときのルートは大きく分けて二つあります。

  • クアロアやカフクの方、オアフ島の東側ルート
  • 「H1」から「H2」を使ってオアフ島の真ん中を通るルート

どちらも途中にたくさんの有名な観光スポットや名物グルメを楽しめる場所ややることがあるので、それぞれおすすめです。ノースショアへは計画を立てて、途中に寄る場所を決めてから行くことをおすすめします。あとで「しまった!あそこにも行きたかった~」となりませんように。

ノースショアの人気観光スポット①見どころと魅力

ノースショアの楽しみ方「ホヌ(亀)」に会おう!

ノースショアで有名な自然の楽しみ方「ホヌ!」

ノールショアの魅力は大自然をたくさん感じられることです。ハワイで有名な動物や自然といえば「ホヌ=亀」です。亀はハワイでは幸せを運んできてくれる海の守り神として大切に保護されています。直接触るのは厳禁、必要以上に近づきすぎてはダメです。ロープが張られているところもあります。

「ホヌ」にはどこで会える?

ノースショアの多くのビーチで「ホヌ」と会えます。しかし、ホヌ(亀)は自然の中で暮らしているので絶対に会えるということはありません。その中でもラニアケアビーチハレイワ・アリイ・ビーチが有名です。野生のホヌ(亀)は気ままに、色々なビーチに全く気付かず岩と間違えてしまうほど普通にいます。もちろんホヌ(亀)に会えたら幸せになれますよ!

ラニアケアビーチ、ハレイワ・アリィ・ビーチはどこ?

ハレイワ・アリィ・ビーチとラニアケアビーチは車で約10分弱の場所です。ハレイワの古い街並みからもすぐ近くです。どちらかのビーチに行ってみていなかったら、もう一つのビーチへ移動して探しても良いですね。また、ハレイワ・アリィ・ビーチはラニアケアビーチに比べると少し大きなビーチです。「ホヌ(亀)」ポイントは多くの方が海水浴を楽しむエリアと逆側の、海を正面に見て左側の細長いビーチにあります。

ノースショアの人気観光スポット②見どころと魅力

ノースショアの楽しみ方「アホウドリ」と「アザラシ」に会おう!

ノースショアで有名な自然の楽しみ方「アホウドリ」と「アザラシ!」

ノースショアは本当に自然の宝庫。野生のホヌ(亀)にビーチで会えるのも驚きですが、もっと驚きは野生の「アザラシ」です。ハワイに「アザラシ」がいることすら、知らない方のほうが多いでしょう。アザラシだけでなく「アホウドリ」もいます。ノースショアの自然のスケールの大きさに感動すら感じるはずです。ノースショアの最大の魅力である自然を思う存分感じてください。

「アホウドリ」と「アザラシ」にはどこで会える?

雄大、壮大な自然の雰囲気を写真から感じていただけるでしょうか。絶景です。「地球って美しい」そう感じる場所でカエナポイントという場所です。ノースショアという大きなエリアでいう、もっとも左の先っちょです。オアフ島の最西端にあたり、車は入れないので歩くのみです。ノースショア側から先端までは約3km弱。売店やトイレなど、なにもありません。自然のみ。理想はノースショア側から歩いて最西端を堪能してオアフ島の西側へ向かって歩くことができたら雰囲気も変わりおすすめです。しかし、この理想を実現するためには、誰かが西側地点で待っていてくれなくてはならないという、理想に近いルートです。

カエナポイントはどこ?カエナポイントでやることは?

地図上のカエナポイントが出発地点です。ここからは許可をもらった4WDしか車での乗り入れはできません。そのためカエナポイントでやることはただ一つ。「歩くこと」のみです。でも雄大であり壮大な大自然の中、歩く時間はとても贅沢で素敵なひとときです。運が良ければ、太平洋に野生のクジラを見ることもできます。ノースショア側からのルートは比較的歩きやすいのでスニーカーを履いていればお子さんも年配の方々も歩けます。

「アザラシ」探しをしよう!

この写真なら分かりますね。こんな感じで野生の「アザラシ」はゴロ~ンとしています。普通すぎて気づかないこともよくあります。最西端の岩場にいることが多いので、しっかり探してくださいね。

地図上のポイント地点はこのように許可を受けた車両のみ中に入れます。このゲートの入口部分に車を停められるので、そこに車を停めて歩きます。お水は忘れずに携帯してくださいね。2リットルくらいの大きなものを持って行ったほうが良いでしょう。そして写真の通り、舗装されていないので、ビーチサンダルなどは大変危険です。スニーカーまたはトレッキングシューズがおすすめです。

ノースショアの人気観光スポット③見どころと魅力

ノースショアの楽しみ方「ハレイワ」を歩こう!

「ハレイワ」とは?

ノースショアに行ったら、必ず立ち寄って欲しい場所がハワイのオールドタウンとして有名な「ハレイワ」です。ノースショア周辺では一番の集落です。オールドタウン「ハレイワ」は小さな町なので立ち寄ってブラブラ歩いてみてください。それがハレイワの一番の楽しみ方です。町には雑貨屋さんやハワイのアーティストのギャラリーやサーフショップなど揃っています。もちろん、お土産を買うことできます。そして、なによりも町がとても可愛いです。どこでも写真映えします!その中でもやること、こんな写真を残してみては?をご紹介します。

ハレイワ・レインボーブリッジの写真を撮ろう!

この橋はハレイワの紹介などでもよく掲載されることが多い橋です。1921年に完成した橋ということなので、もうすぐ100年。幅が狭くてレンタカーで走る時は対向車が来ないことを祈りながらヒヤヒヤして走ります。ですので歩いて渡ることをおすすめします。そしてこの写真はアングルがあまり良くないのですが、横から見ると虹のような形をしているので、レインボーブリッジと呼ばれています。みなさんはもっと良いアングルを探してみてください。ハレイワでは記念撮影ももちろんですが、そんな風に自分なりの素敵な写真を撮ることも楽しみ方のひとつです。

ハレイワを歩いてお腹がすいたら?

ハレイワを歩いてお腹がすいたら、有名な人気のレストランもありますが、テディーズビガーバーガーがおすすめです。18年間連続でハワイBESTバーガー賞を受賞されています。厚みのあるジューシーなパテがとても美味しいです。そして、この看板もハレイワらしくて可愛いでしょう?サイズは大き目でボリュームたっぷりなので、注文しすぎには気をつけてください。

ノースショアの人気観光スポット④見どころと魅力

ノースショアの楽しみ方「東側ルート」編!

オアフ島の東側を通るルートとは?

ノースショアへはワイキキから出発していろんなルートで行けますが、東側のルートを通る楽しみ方をご紹介します。写真は映画「ジュラシックパーク」のロケ地としても有名なクアロアランチですが、東側ルートはやること満載です。

  • ココヘッドトレイル
  • ハナウマ湾
  • マカプウ岬
  • ラニカイビーチ
  • クアロアランチ
  • カフク
  • ワイメア渓谷

途中に寄り道したいスポットがいっぱいです。目的地はノースショアなので、寄り道しすぎてはたどり着けません。しっかりノースショアに行かれる日以外のスケジュールを考えて調整してください。クアロアランチに寄って、その後カフクでガーリックシュリンプを食べると、朝ワイキキを出発してお昼過ぎにノースショアへ到着できるのでおすすめです。アクティビティなど見るばかりの観光ではなく、体を動かせるスポットを一日のスケジュールに入れ込むとメリハリがあって楽しいですよ。

オアフ島の東側を通るルートの名物グルメは?

ノースショアへワイキキからオアフ島の東側を通るルートで行くのなら、絶対にカフク名物ガーリックシュリンプがおすすめ。カフクというエリアは海老の養殖が盛んなエリアです。そこの写真のFUMI’S(フミズ)さんが清潔でおすすめ。お味もおいしいです。特におすすめのメニューはNo.8の「スパイシーガーリックシュリンプ」ガーリックシュリンプのニンニクとオイルとそこに、ただ辛いだけではなく、なんとも言いようがないピリっとした味と海老のプリっとした食感が本当に美味しい!辛い物が苦手な方以外は忘れられない味になること間違いなしのおいしさです。せっかくガーリックシュリンプを食べるなら絶対にカフクで食べて下さい。

ノースショアの人気観光スポット⑤見どころと魅力

ノースショアの楽しみ方「真ん中ルート」編!

オアフ島の真ん中を通るルートとは?

ノースショアへオアフ島の真ん中を通るルートのやること、やれることをご紹介します。東側に比べると所要時間が短いのが真ん中ルートの良いところ。真ん中ルートで絶対におすすめはハワイの名物グルメで欠かせないパイナップルの本拠地ドールプランテーションです。派手なアクティビティなどはありませんがお子様から大人まで安定して楽しめます。パイナップル畑の中をパイナップルエクスプレスという名のトロッコで巡ったり、名物のパイナップルソフトを食べたりすることが出来ておすすめです。また真ん中ルートでノースショアを目指すならワイキキからモアナルア・ガーデンパークに寄って「この木なんの木~」を見てみるのもおすすめです。

オアフ島の真ん中を通るルートの名物グルメは?

ハワイに行って、ノースショアに行くならやることに絶対に入れていただきたい名物グルメがこの「マウイマイクス」のローストチキンを食べることです。正直、あまり観光客の方はいらっしゃいません。ですが、ノースショアに行く途中にわざわざ寄り道をしてまで食べる価値はあります!本当にチキンが柔らかくて美味しいです。アーミーの方やロコの方でいつも賑わっています。グルメな方もそうでない方も絶対におすすめです。

オアフ島の真ん中を通るルートの名物グルメ「マウイマイクス」はどこにある?

ワイキキからハイウェイのH1からH2ノースを走ります。H2の「ワヒアワ」(8番出口)でハイウェイを出て、カメハメハハイウェイを2ブロック程進むと右側にマウイマイクスが見えてきます。マクドナルドの次に出てきます。「オリーブ通り」を右折してください。駐車場はお店の裏側にあります。

まとめ

ハワイに行ってノースショアに行かずにハワイの本当の良さは感じられないと言っても過言ではないと思います。ノースショアには大自然の素晴らしさを感じられるスポットがたくさんあります。ぜひノースショアで大自然の素晴らしさを体感してください。またノースショアはワイキキに比べると観光客の数も少なくロコの方が多いエリアです。ワイキキに比べると車上荒らしや盗難、引ったくりなど治安面に対する注意は必要です。ノースショアの大自然や昔からのハワイの姿を感じる旅を楽しんでください!

KO
ライター

KO

とにかく旅が大好き!今まで行ったトコロはヒューストン、ジャマイカ、ニューヨーク、ロサンゼルス、ルイジアナ、グアム、セブ島、バリ島、ハワイ、オーストラリア、インド・・・これから行きたいトコロ、まだ行ったことのない世界の数々。国内旅行も大好きです。文章を書くことは只今猛勉強中。どうぞよろしくお願い致します。

関連記事

人気ランキング