ハワイで使う日焼け止めには注意が必要!どんな日焼け止めなら使える?

ハワイで使う日焼け止めには注意が必要!どんな日焼け止めなら使える?

ハワイで使う日焼け止めを選ぶ際には注意が必要です。ハワイではサンゴに有害な成分を含む日焼け止めの販売・流通が規制されています。規制の状況やハワイで使える日焼け止めについて正しく知って、サンゴに優しい日焼け止めを使いましょう。

目次 [表示]

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業などが行われている場合があります。最新情報は公式サイト・SNSなどをご確認ください。

ハワイで使う日焼け止めには注意が必要!

出典:写真AC

ハワイでは使えない日焼け止めがあるって本当?使ったり、持ち込んだりしたら罰則とかあるのかな。問題なく使える日焼け止めも知りたい!

ハワイでは一部の日焼け止めが使えないので、ハワイへ旅行に行くときは持ち込む日焼け止めに注意が必要です。ハワイは日差しが強く、ほんのしばらく街中を歩くだけでも日焼け止めが欠かせません。ハワイ旅行で使える日焼け止めと使えない日焼け止めを正しく押さえ、日焼け止め選びにお役立てください。

ハワイでは一部の日焼け止めに規制がある

出典:Pexels

ハワイでは特定の成分を含む日焼け止めについて州の法律で規制を設け、販売と流通を禁止しています。規制は日焼け止めの使用にもかかわる問題ですので、旅行客も内容や背景、禁止された成分を押さえることが大切です。

一部の日焼け止めの販売・流通を法律で禁止

ハワイ州では特定の成分を含む日焼け止めについて、販売と流通を法律で禁止しています。法律は2021年1月からハワイ州の全域で施行され、処方箋がなければ禁止された日焼け止めを売り買いできなくなりました。ハワイの一般的な薬局やスーパーでは、禁止された日焼け止めが商品棚から姿を消しています。

サンゴに害を与えるため規制

出典:Pexels

  海水1L中の規制成分¹の濃度(ng/L)
サンゴに害を与える基準値 50
ハナウマ湾² 平均値 4,661
最高値 約29,000
¹規制された成分の1つ。「オキシベンゾン」。
²2017年のデータ。

日焼け止めに含まれる一部の成分は海に流れてサンゴをはじめとする海の生き物に害を与えるため、海の環境を守るべく法律で規制されました。

世界では毎年1万トン以上の日焼け止めがサンゴ礁に流れていて、とくに海水浴客の多いビーチの周辺に集中しています。ハワイのハナウマ湾では海水に含まれる規制された成分の濃度が、海の生き物に悪影響を与える基準値の80倍以上でした。

使用が規制されるわけではない

ハワイの法律では「特定の成分の入った日焼け止めを使うこと」は禁止しておらず、使うか否かは各自の判断にゆだねられています。日焼け止めメーカー・お店・ビーチなどは、サンゴに害を与える日焼け止めを使わないように呼びかけている例が多いです。

法律上は販売・流通を規制された日焼け止めを使っても問題ないですが、ハワイの自然を考えると使わないことが望ましいでしょう。

ビーチに限らずどこでも使えない

Photo by ryoichitanaka

特定の成分を含む日焼け止めはビーチで海水浴をするときに限らず、船上・街中・山など、どこにいても使えません。肌に塗った日焼け止めは、洗い流すことで下水として最終的には海に流れてしまうためです。日焼け止めを使うと、ビーチで海水浴をするかによらず環境に悪影響を与えてしまいます。

旅行客の持ち込みにも規制はない

ハワイの法律では「特定の成分をふくむ日焼け止めを旅行客が持ち込むこと」も禁止しておらず、旅行客の判断にゆだねています。

入国時に日焼け止めについて特別な検査があるわけではありませんし、該当の日焼け止めを持ち込んでも罪には問われません。ハワイの自然を守るためには、販売・流通を規制された日焼け止めを持ち込まず使わないことが大切です。

使えない成分はオキシベンゾンとオクチノキサート

出典:イラストAC

ハワイの法律で販売・流通を規制されている日焼け止めの成分はオキシベンゾンとオクチノキサートの2つです。2つの成分は人工的に合成された「合成化合物」であり、紫外線吸収剤として使われます。紫外線吸収剤とは肌の上で紫外線を取り込み、ほかのエネルギーに変換して紫外線を防ぐ成分です。

吸収剤は加工がしやすく紫外線を防ぐ効果も高いので、多くの日焼け止めに入っています。

次のページ

ハワイで使えない成分はどんな害がある?

今、あなたにオススメの記事

関連記事

人気ランキング