TVディナーとは?アメリカ発祥のかんたんべんりでおいしいグルメをご紹介!

TVディナーとは?アメリカ発祥のかんたんべんりでおいしいグルメをご紹介!

TVディナーとは、肉などのメインディッシュとポテトや野菜が、ひとつのプレートにセットされた冷凍食品のことです。「テレビを見ながら手早く作って食べられる」をコンセプトにアメリカで誕生しました。TVディナーの歴史やカロリーなどを、詳しく解説していきます。

目次 [表示]

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業などが行われている場合があります。最新情報は公式サイト・SNSなどをご確認ください。

アメリカ発祥のTVディナーとは?

出典:shutterstock

TVディナーとは、肉などのメインディッシュとポテトや野菜が、ひとつのプレートにセットされた冷凍食品のことです。トレーのまま電子レンジで温めるだけで、簡単に1回分の食事が完成する便利なグルメです。

アメリカでは、コストコなどのスーパーマーケットで販売されていて、仕事で忙しい単身男性や学生から多くの支持を集めています。TVディナーの歴史や値段を詳しく解説します。

アメリカ発祥のTVディナー①どんな食べ物?

出典:shutterstock

アメリカ発祥のTVディナーは、3〜4つに仕切られたプラスチック製のプレートに、調理済みのメインディッシュ・野菜・デザートなどが入っています。メインディッシュは肉料理をはじめ、魚料理やパスタが入っている商品など、バリエーションが豊富です。

安く手早く食べられる、庶民的なグルメとして長く親しまれています。

アメリカ発祥のTVディナー②はじまり

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

冷凍食品で有名なスワンソン社では、1951年にチキン・ビーフ・七面鳥肉の冷凍ポットパイを売り出しました。冷凍ポットパイは初の調理済み冷凍食品として、人々の注目を集めました。

冷凍ポットパイが話題を呼んだのち、1954年にTVディナーが誕生したのです。発売後すぐに爆発的ヒット商品となり、家庭の食卓に並ぶ食事の一つとして、瞬く間に普及していきました。

アメリカ発祥のTVディナー③名前の由来

Photo byFree-Photos

TVディナーはテレビを見ている間に手早く作れ、テレビを見ながら簡単に食べられるということから、名付けられました。TVディナーが発売された1950年代は、アメリカの家庭にテレビが普及し始めた時代です。

スワンソン社は人々の興味を引く名前は何かと考え、当時ブームだったテレビというワードを入れました。テレビブームに乗り、TVディナーは瞬時に人気商品となったのです。

アメリカ発祥のTVディナー④売り出し当初のプレート

Photo bycongerdesign

TVディナーの売り出し当初のプレートは、シンプルな内容でした。メインディッシュは、ソールベリーステーキ、ミートローフ、ローストターキーから選択する形式です。サイドにはマッシュポテトとグリンピースが付いていました。

メインディッシュのメニューに関わらず、一律で98セントという値段だったのも、庶民の人気を集めた理由の一つと言われています。

アメリカ発祥のTVディナー⑤値段

TVディナーの値段は1ドル以下の商品から、10ドルを超える商品までさまざまです。1ドルほどの安価なプレートは品数やボリュームが少なめで、10ドルほどの高価なプレートはボリュームがしっかりあり、内容も豪華です。ただし、同じメニューやボリュームでも、ブランドによって値段に差があるようです。

次のページ

TVディナーの味はおいしい?

今、あなたにオススメの記事

関連記事

人気ランキング