ハワイのオアフ島でおすすめのビーチはどこ?有名できれいなビーチをご紹介!

ハワイのオアフ島でおすすめのビーチはどこ?有名できれいなビーチをご紹介!

世界中から多くの観光客が集まる人気観光スポットのハワイ・オアフ島。日本でも定番中の定番の観光地です。その観光の大きな目的は、全島に広がる世界一美しいビーチです。今回は、定番スポットから穴場スポットまで世界一美しいハワイ・オアフ島のビーチをご紹介します。

目次 [表示]

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業などが行われている場合があります。最新情報は公式サイト・SNSなどをご確認ください。

ハワイ・オアフ島の定番から穴場まで世界一の美しいビーチをご紹介!

Photo by nom06231

海外旅行の定番と言ったらハワイ・オアフ島です。日本でも有名なパンケーキなどの美味しい飲食店がたくさんあり、さらに観光客向けのショッピングセンターも数多くあり買い物も楽しめます。そんな中でも特に人気なのが、世界一美しいと言われている青い海です。今回はそんなハワイ・オアフ島の定番から穴場まで様々なビーチをご紹介します。

ハワイ・オアフ島基本情報

Photo byMariamichelle

基本情報

  • 面積:約1万7000㎢(日本の岩手県くらい)
  • 人口:約140万人
  • 州都:ホノルル
  • 公用語:英語
  • 通貨:ドル$とセント¢
  • フライト時間:日本の主要都市からホノルル国際空港への飛行時間は約6時間~7時間。逆に復路は偏西風の影響で7時間~8時間と往路より少し時間がかかります。
     

気候

「常夏の島」というイメージがありますが、ハワイにも四季があります。日本ほどの寒暖差はありませんが、11月~3月は比較的雨が多く、朝夕は少し涼しくなっており、上着が必要になってきます。

注意点

  • 禁煙条例:レストランやバー、ショッピングモール、ホテルなどの公共の場所では全面禁煙となっています。
  • チップ:タクシーやレストランなどは勘定の15%程度を上乗せしましょう。チップ込みの伝票を渡すレストランもあるので、二重払いしないように注意しましょう。

オアフ島のエリア別紹介

Photo bynoname

ハワイ・オアフ島は、大きく分けて4つのエリアで分類することができます。そのエリアごとの特色についてご紹介します。

南部(ホノルル・ワイキキ・パールハーバー)

南部は、ホノルル空港と港があるオアフ島の玄関口です。政治・経済・観光の中心地で誰もが知っている定番のホノルルやワイキキは、南部に集中しています。この南部だけに滞在していても、ハワイを十分堪能できる人気のスポットが数多くあります。

ウエストコート

オアフ島で最も開発が進んでいる地域です。オアフ島の西海岸は、島で最も気候の安定したエリアで、リゾート地としても有名です。特に、新興住宅地域のカポレイや優雅なリゾートのコオリナきれいな純白の砂のビーチと、それぞれに個性的な街が点在するオアフ島の奥座敷と言えます。

ウインドワード

ウインドワードとは、島の東側一帯を指します。1年を通して、北東からふく貿易風に支配されているエリアです。きれいな海岸線やカルイア・ビーチなどが有名です。また、アコーディオン状に浸食されたコオラウ山脈が山肌がそそり立っているのを見ることができます。

ノース・ショア

南部と違って北部は、味のあるローカルタウンが数多くあります。ビーチも観光客が少なく穴場スポットが数多くあります。また、ビックサーフが押し寄せるビーチが数多くあり、サーファーには非常に人気のあるエリアです。

ハワイ・オアフ島の世界一美しいビーチ①:ワイキキビーチ

Photo by つんつん

ワイキキビーチの特徴

ハワイのビーチといえば、だれでも思い浮かべるほど有名なビーチです。なだらかに伸びる白くきれいな海岸線が広がり、光り輝く紺碧のきれいな海がそこに見えます。ビーチを闊歩するサーファーや、シーブリーズにそよぐヤシの葉など、最もハワイらしい光景が展開しているのが特徴の定番中の定番のビーチです。

周辺の観光地

ワイキキビーチの周辺には観光地も非常に充実しています。カラカウア通りやクヒオ通りではショッピングが楽しめ、ハワイならではのハワイアンフードが堪能できる有名店が数多く出店しています。また、ホノルル動物園やワイキキ水族館など子どもも満足できるスポットもあります。

アクセス

ワイキキのホテル群の目の前なので、徒歩でアクセス可能。アラモアナ方面からは、8番・19番・20番のワイキキに向かうバスに乗り、クヒオ通りとカイウラニアベニューの交差点で下車し、海側に数分歩きます。

ハワイ・オアフ島の世界一美しいビーチ②:アラモアナ・ビーチパーク

アラモアナ・ビーチパークの特徴

ワイキキの西に広がる人気ナンバーワンの大公園です。ビーチのすぐ横には、バレーボールコート・ソフトボール場・テニスコートなどがあります。ジョギングの人気スポットでもあり、ジョガーたちが思い思いのスタイルで、トレーニングに励んでいます。ワイキキと同様、ハワイの定番ビーチです。

周辺の観光地

近くにはハワイ最大のアラモアナ・センターがあります。公園内にはピクニックテーブルもあるので、ショッピングセンターで食材を購入し、バーベキューをすることも可能です。世界一美しいビーチを眺めながら、食事を楽しみましょう。

アクセス

ワイキキから8番・19番・20番・23番・42番のバス。徒歩でも移動可能な距離です。

ハワイ・オアフ島の世界一美しいビーチ③:ハナウマ湾

Photo by BJTENKINZOKU

ハナウマ湾の特徴

ハナウマ湾の特徴は、世界一美しいと言われているサンゴ礁と綺麗な魚たちです。ハナウマ湾は海洋保護地区に指定されており、海の環境が守られています。そこに住む魚たちも保護されているため、人間を怖がらず、浅瀬に近づいても逃げません。そんな魚たちと戯れるシュノーケリングがおすすめです。

周辺の観光地

ハナウマ湾のすぐ近くには、ハナウマ湾海洋教育センターがあります。きれいなハナウマ湾の自然を守り汚染を食い止める目的で2002年にオープンしました。自然環境や海洋生物の保護に対する心構えなどに関する展示館があり、美しい自然を楽しむだけでなくその景観は非常に尊いものであることを実感させてくれます。

アクセス

ワイキキより22番バス。片道$2.50。レンタカーでも行くことができますが、駐車場が限られているため、早めの出発を心掛けましょう。

ハワイ・オアフ島の世界一美しいビーチ④:カイルアビーチ

フリー写真素材ぱくたそ

カイルアビーチの特徴

カイルアビーチはウインドサーフィンの聖地とされているビーチです。観光客が少なく、地元に住んでいる人が利用する穴場的なスポットです。ワイキキなどとは違い、いかにもアメリカらしい雰囲気の味わえるきれいなビーチです。

周辺の観光地

周辺にはショッピングで有名なカイルアショッピングセンターがあり、買い物を楽しむことができます。また、飲食店の充実しており地元ならではハワイアンフードを楽しめる店から、エスニックやイタリアンなどの専門店も数多くあります。

アクセス

アラモアナから57番のバスを利用。車の場合は、ワイキキからH-1、61号線に入りましょう。

ハワイ・オアフ島の世界一美しいビーチ⑤:ラニアケアビーチ

ラニアケアビーチの特徴

ラニアケアビーチの特徴は、野生のアオウミガメです。1990年頃から野生のアオウミガメが日光浴をしに上陸するようになり、一躍有名となりました。以前は穴場的なビーチだったのですが、今ではウミガメを見に来る観光客が多くいます。カメは保護団体よって観察保護されているため、むやみに触ったり追いかけたりしてはいけませんので、注意してください。

周辺の観光地

ラニアケアビーチの周辺には、特に主だった観光地はありません。しかし、あたりにはノスタルジックな昔ならではの雰囲気が漂う地域です。ハワイののどかな田舎町を堪能できる穴場的なスポットです。

アクセス

ザ・バスにてアラモアナから52番バス。ハレイワで55番バスに乗り換えてください。レンタカーならワイキキからH-1、H-2、99号線を経由して約1時間10分で到着します。

ハワイ・オアフ島の世界一美しいビーチ⑥:サンセットビーチビーチ

Photo bykordi_vahle

サンセットビーチビーチの特徴

サンセットビーチはサーファーの聖地と呼ばれています。自他ともに一流と認めるサーファーのみが許されるゲレンデで、シーズンの冬場となるとトップサーファーの華麗なる技を見物することのできる、穴場スポットです。

周辺の観光地

周辺にはこれといった観光地はありません。しかし逆に、観光客が少なく昔ながらのハワイののどかできれいな田園風景を楽しむことができます。

アクセス

ザ・バスにてアラモアナから52番バス。ハレイワで55番バスに乗り換えてください。

ハワイ・オアフ島の世界一美しいビーチ⑦:ココヘッドサンディビーチパーク

ココヘッドサンディビーチパークの特徴

ココヘッドサンディビーチパークの特徴は、その名のとおり純白の砂浜が約1㎞も続く人気のビーチです。ボディーサーフィンの聖地としても有名です。波打ち際には常にコンパクトな波が立ち、大勢のローカルボディサーファーが技を競っている光景を見ることができます。

周辺の観光地

周辺には、ハワイカイゴルフコースがあり、ゴルフを楽しむことができます。ビーチの潮風と美しい光景を楽しみながらのゴルフは、リゾート感をたっぷり味わうことができます。

アクセス

ワイキキから22番バスを利用。レンタカーなら、ワイキキからH-1、72号線経由で約40分。無料の駐車スペースがたっぷりあります。

ハワイ・オアフ島の世界一美しいビーチ⑧:ダイヤモンドヘッドビーチパーク

ダイヤモンドヘッドビーチパークの特徴

ワイキキから比較的近く、しかも景色がよいとなれば、ここがピカイチです。このビーチは、サーフィンの好ポイントとして地元の人に人気の穴場的なスポットです。波が大きく流れが強いのでサーフィンにはもってこいです、逆に遊泳には向いてないので、注意してください。

周辺の観光地

周辺には展望台があり、見晴らしが最高です。リーフの凹凸がはっきり見え、海が深みへと徐々に色を変えていく様子がよく見えます。その展望台の後ろを振り返ると、ダイヤモンドヘッドの雄大な姿がそこに見えます。心地よい海風を感じながら、雄大な自然を堪能しましょう。

アクセス

カパフル通りのワイキキ側停留所から14番、またはワイキキ・トロリーバスを利用してください。

ハワイ・オアフ島の世界一美しいビーチ⑨:マカプウ・ビーチパーク

マカプウ・ビーチパークの特徴

マカプウ・ビーチパークはボーダーだけでなく、ファミリーも楽しめる人気のビーチです。ボディーボードのメッカとしても有名ですが、ビーチの北西に向かうと「ベビー・マカプウ」と呼ばれる波の静かなビーチもあります。岩で囲まれた天然のプールの様になっており、小さい子供も楽しめる穴場スポットです。

周辺の観光地

周辺にはシーライフ・パーク・ハワイがあります。アシカやペンギン、ウミガメなどの海の生き物たちを見物することができます。また、シーライフ・パーク・ハワイで人気なのがイルカのショータイムです。きれいな青い海と空をバックに、見事な跳躍を見せてくれるイルカたちのパフォーマンスは一見の価値があります。

アクセス

ワイキキから22・23番バスで、シーライフ・パーク・ハワイ下車。車ではワイキキから、H-1,72号線経由で約50分です。

ハワイ・オアフ島の世界一美しいビーチ⑩:ワイメア・ベイ・ビーチパーク

ワイメア・ベイ・ビーチパークの特徴

ワイメアビーチのある湾は、U字形の内海になっているので、夏の間は湖の様に静かで、透明度も最高のきれいなビーチです。冬は、波と風が強くいい波が立ちます。サーファーにとってはうってつけなコンディションが整っています。下が砂地なので、初心者でも安心して遊べる穴場的スポットです。

周辺の観光地

周辺には、オアフ島最大規模の神殿跡「プウ・オ・マフカ・ヘイアウ」があります。祭壇のようなものが階段状になった石垣の上に立っており、聖域のもつ神秘的な雰囲気に満ちています。ワイメア湾と、それに続くノース・ショアの眺望はとてもきれいで、一度訪れてみる価値のある穴場の観光地です。

アクセス

アラモアナから52番バス、ハレイワで55番バスに乗り換えてください。レンタカーだと、ハレイワから83号線を北上、約12㎞で到着します。

ハワイ・オアフ島の世界一美しいビーチ⑪:クアロアビーチ

クアロアビーチの特徴

海側にはチャイナマンズハットと呼ばれる帽子のような形をした島があり、振り返れば恐竜映画定番のジュラシックパークのロケ地にもなったきれいな青々とした山が迫っています。オアフ島の中でも神聖な場所とされており、大自然のエネルギーを感じる人気のビーチです。

周辺の観光地

周辺にはクアロア・ランチと呼ばれるオアフ島最大の牧場があります。様々なアクティビティーが充実しており、乗馬や四輪バギーなどを堪能することができます。ジュラシックパークのロケ地にもなった有名な場所ということもあり、そこをバギーで疾走すれば、まるで映画の中に入ったかのような気分を味わえる人気スポットです。

アクセス

アラモアナから55番バス。ワイキキからH-1、63号線経由で約50分です。

ハワイ・オアフ島の世界一美しいビーチ⑫:クヒオ・ビーチパーク

クヒオ・ビーチパークの特徴

クヒオ・ビーチパークの海は、防波堤に囲まれた静かな海です。2001年にビーチが改装され、各所に小さな滝や池、芝生のスペースなどが多く設けれらました。さらにフラステージも設けられており、夕方にフラダンスのショーが行われています。

周辺の観光地

周辺には、暮らす感覚で滞在できるクヒオ通りがあります。クヒオ通りには、エコノミーなホテルやコンドミニアムがたくさん集まっています。少しでも長く、少しでも安く滞在したいという、長期滞在を希望している旅行客にはうってつけのスポットです。

アクセス

ワイキキビーチの真ん中辺り。プリンセス・クヒオの銅像が目印です。

ハワイ・オアフ島の世界一美しいビーチ⑬:カイマナビーチ

カイマナビーチの特徴

カイマナビーチは、ワイキキから徒歩20分の距離にある、カピオラ二公園近くにあるビーチです。ワイキキビーチに比べ観光客が少なく、より自然を身近に感じることのできるビーチです。また、このビーチの特徴として、野生のハワイアンアザラシの親子が時々やってくるそうです。運が良ければ、アザラシとのツーショットを撮ることができるかもしれません。

周辺の観光地

近くにはワイキキがあり、ショッピングや食事などが楽しめる商業施設が数多くあります。また、ビーチにも「ベアフットビーチカフェ」というレストランがあり、海を間近に見ながら、優雅にカフェを楽しむこともできます。

アクセス

ワイキキより徒歩で20分。ザ・バスを利用する場合は、19番か20番のバスを利用してください。

まとめ

Photo by nom06231

ハワイには、数えきれないほどのビーチがたくさんあります。誰もが知っている有名で定番のビーチから、地元の方しか行かないような穴場のビーチもあります。小さな島ですが、色々探索をしてハワイの魅力を余すところなく堪能してみましょう。

tetu19842000
ライター

tetu19842000

今、あなたにオススメの記事

関連記事

人気ランキング