ワイキキパークホテルが改装してリニューアルオープン!どう変わった?

ワイキキパークホテルが改装してリニューアルオープン!どう変わった?

ワイキキの中心部にあり、日本人にも人気だったワイキキパークホテルが約1年の大規模な改装を終えて、2019年秋にリニューアルオープンしました。この記事ではワイキキパークホテルがどのように生まれ変わったのか、その魅力をお伝えします。




目次 [表示]

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業などが行われている場合があります。最新情報は公式サイト・SNSなどをご確認ください。

ワイキキパークホテルはどんなホテルだった?

ワイキキパークホテルはワイキキの中心部にあり、向かいに建つ高級ホテル「ハレクラニ」の姉妹ホテルとして1987年に開業しました。以来、31年に渡って親しまれてきましたが、2018年10月をもって閉館。その後は約1年をかけて大規模な改装工事が行われ、新たなホテルとして生まれ変わりました。

ワイキキパークホテルの魅力

立地が良い

立地の良さはホテル選びの際に重要なポイントになりますよね。ショッピングや食事をするのに便利なロイヤルハワイアンセンターがすぐ近くにあり、ワイキキの主要なスポットには歩いて行くことができるので、とても便利です。オンザビーチではありませんが、ビーチまでも徒歩1分の距離にあります。

カヴェへヴェを望める

ワイキキパークホテル向かいのハレクラニ前の海には「カヴェへヴェ」というパワースポットがあり、オーシャンビューの高層階のお部屋から望めます。カヴェへヴェとは海中から淡水が湧き出していて、そこだけ海の色が違って見える箇所。古来から病気や痛みを癒やす力があると信じられています。

ワイキキパークホテルの評判は?

ワイキキの中心部にあり、立地がよく、姉妹ホテル「ハレクラニ」のホスピタリティ溢れるサービスはそのままにリーズナブルな価格で宿泊できると、日本人にも大変人気のホテルでした。特にスタッフの方たちのサービスが素晴らしいと評判で、リピーターも多く、楽天トラベルアワードではお客様満足大賞を5年連続、金賞を4年連続受賞しています。

ワイキキパークホテルが「ハレプナワイキキ」としてリニューアル!

2019年10月25日、ワイキキパークホテルは新たに「Halepuna Waikiki by Halekulani(ハレプナワイキキバイハレクラニ)」としてリニューアルオープンしました。ハレプナとはハワイ語でハレ=館、プナ=泉という意味。泉が湧き出るかのごとく、ここで過ごすひと時が楽しい発見と、心からのくつろぎに満ちた滞在になりますようにとの想いが込められているのだそう。

ハワイのホテル ハレプナ ワイキキ バイ ハレクラニ【公式】
2019年10月25日にハワイ・ワイキキのホテルとして【ハレプナ ワイキキ バイ ハレクラニ】を開業しました。ハレクラニの伝統を受け継いだ良質なサービスをご用意させていただきます。

ハレプナワイキキのおすすめポイント

①リゾートフィーが無料

ハワイでは多くのホテルが導入していて、宿泊料金とは別に1泊1部屋あたり20から30ドルほどチャージされるリゾートフィー。ハレプナワイキキでは、このリゾートフィーが無料になっています。何かとお金がかかるハワイ旅行では嬉しいポイントですね。

②ハレクラニの施設利用代金のルームチャージが可能

向かいにある姉妹ホテルハレクラニのレストランやスパ、ショップなどを利用した際の料金は、ルームチャージが可能になっています。歩いてすぐの距離なので、ハレクラニの人気レストランでの朝食やディナーもおすすめです。

③エスペシャリーフォーユープラン

宿泊者特典として、下記の5つの特典の中から2つの特典が選べるようになっているお得なプランです。
1.アーリーチェックイン(到着の時間に合わせてお好きな時間に)
2.レイトチェックアウト(通常12時を16時まで延長可)
3.朝食ブッフェ付き
4.予約状況に応じたお部屋の無料アップグレード(デラックスオーシャンビュー、スイートルームへのアップグレードは対象外)
5.飲食や買い物に利用できるリゾートクレジットのプレゼント

④ハレプナアクセス

ハレプナアクセスとは、ルームキーの提示でオアフ島主要の観光スポットであるビショップ博物館とホノルル美術館の入場が無料になるサービスです。まだ行ったことがないという方はこれを機会に足を運んでみてはどうでしょうか。

お部屋タイプ

客室はワイキキパークホテルの時より少し減り、全288室です。ハワイの美しい海や山の景観を望むお部屋は白、グレー、ベージュ、ブルーの落ち着いた色調のエレガントな雰囲気になっており、6つのタイプに別れています。ハウスキーピングは1日2回、トイレにはウォシュレットがついており、Wifi接続が無料というのも嬉しいポイントです。

スタンダードワイキキビュー

8階から23階までの客室、スタンダードワイキキビューは、ワイキキの街並みを望む一番リーズナブルなお部屋です。広さは約29平方メートルで、キングベッドとツインベッドのタイプがあります。料金は343ドルからです。

ワイキキマウンテンビュー

16階から23階までのワイキキの街並みの奥に、山々の景色が望める高層階のお部屋です。広さは、スタンダードワイキキビューと同じく約29平方メートルで、キングベッドとツインベッドのタイプがあります。料金は366ドルからです。

オーシャンビュー

「ハワイに来たら、やっぱり海が見えるお部屋に泊まりたい」という方にはオーシャンビュールームがおすすめ。9階から18階に位置するお部屋にはバルコニーもあり、エメラルドグリーンに輝く海をゆったり眺めることができます。広さは約31平方メートル、キングベッドとツインベッドのタイプがあり、料金は436ドルからです。

デラックスオーシャンビュー

ハワイの海の景色を一層楽しめるのが19階から23階にあるデラックスオーシャンビュールームです。高層階からハレクラニ前のビーチを眺められます。広さはオーシャンビューと同じく約31平方メートル、キングベッドとツインベッドのタイプがあり、料金は499ドルからです。

オーシャンスイート

オーシャンスイートは、通常のお部屋2室とバリアフリー仕様のユニバーサルルーム1室の計3部屋です。リビングとベッドルームからなるお部屋は、広々とゆとりのある空間で、浴室には洗面台が2つ。バルコニーも2つあり、どちらからもハワイの海を眺められます。広さは68平方メートル、料金は996ドルからです。

グランドオーシャンスイート

グランドオーシャンスイートはホテルに1室しかない最高級のお部屋。ベッドルームにはキングサイズのベッドがあり、ベッドルーム、リビングルームの、どちらからも海を眺めることができるバルコニーもあります。広々としたバスルームには、深めのバスタブと2つの洗面台が。お部屋でハレクラニのスパトリートメントを受けることも可能です。(有料)広さは約58平方メートル、料金は1,056ドルからとなっています。

レストラン・プールなど館内施設

ハレクラニベーカリー&レストラン

ホテル内には、朝食からランチ、ディナーまで楽しめるオールデイダイニング「ハレクラニベーカリー&レストラン」が新たにオープンしました。ハワイ産の新鮮な食材を使った、ヘルシーでモダンなメニューが楽しめます。ハレクラニ特製のパンやスイーツなどを販売するベーカリーショップも併設されているので、テラス席のほか、お部屋で朝食をいただくのもおすすめです。

インフィニティプール

ワイキキパークホテルのときはシンプルだったプールですが、ハレプナのロゴであるポーフエフエの花がデザインされたインフィニティプールに生まれ変わりました。プールからはワイキキビーチが一望でき、海との一体感を感じられるでしょう。プールを囲むサンデッキにはプールバーやジャグジーもあり、カバナではスパハレクラニのセラピストによるマッサージやトリートメントを受けることもできます。

その他施設

宿泊者のみが利用できる「ザ・ガーデン」は、ハワイの色とりどりの植物やお花が植えられた憩いのオアシス。リラックスしてのんびりと過ごせる空間になっています。最新機器が設置された24時間営業のフィットネススタジオではトレーナーの指導によるエクササイズレッスンも毎日開催。さらに、長期旅行者には助かるコインランドリーも設置されています。

リニューアル後の評判は?

オープンして間もないので口コミはまだ多くはありませんが、設備が良くなり、内装が綺麗になったのはもちろん、スタッフの方々のサービスも素敵だと評判です。ワイキキパークホテルの時も評判の良い人気のホテルでしたが、素敵に生まれ変わり、これからますます人気が出るのではないでしょうか。

まとめ

Photo by つんつん

ワイキキパークホテルが改装をして、新たにオープンしたハレプナワイキキの魅力をご紹介しましたが、いかがでしたか?憧れの高級ホテルハレクラニよりもリーズナブルに宿泊することができて、ラグジュアリーさも感じることができるハレプナワイキキ。ハワイに旅行に行く際には宿泊されてみてはいかがでしょうか。

エミ
ライター

エミ

国内、海外問わず旅行が大好きな北海道在住の主婦。マイルを貯めることも趣味です。家族で楽しめる北海道内の情報から国内外の旅行の情報をお届けします!

今、あなたにオススメの記事

関連記事

人気ランキング