旅行代理店売上げランキング5!各社のシェアと特徴や評判をご紹介!

旅行代理店売上げランキング5!各社のシェアと特徴や評判をご紹介!

普段使う旅行会社の売上とランキングをご存じでしょうか。一度は、しっかり頭に入れておきたいですね。この記事では、旅行会社の売上・ランキングを調査しましたので、ご紹介します。次回の旅行は、各社の特徴・評判をベースに旅行会社を決めましょう。

目次 [表示]

旅行会社の売上シェア

旅行
Photo byJESHOOTS-com

旅行会社の売上シェアをご紹介します。普段何気なく利用している旅行会社ですが、ご自身がいつも利用している旅行会社のシェアはどのくらいでしょうか。売上シェアが多いということは、それだけ多くの人に認知されていて人気があるということです。ぜひ、旅行会社選びの参考にしてください。

旅行会社売上ランキング

2018年度調べ、国内、海外、外国人(インバウンド)の総計となります。

1位 JTB 1兆6932億円 
2位 H.I.S 5524億円
3位 近畿日本ツーリスト 4954億円
4位 日本旅行 4498億円
5位 阪急交通社 3699億円
JTBが2位を大きく引き離しての売上シェア1位です。旅行=JTBのイメージは根強く、幅広い層に支持され、圧倒的なシェアを誇っています。2位のH.I.Sは、若い世代の格安海外旅行から火が付き、シェアを大幅に拡大しました。旅行会社それぞれの特徴や強み、違いがあるので、自分の旅で一番メリットを出せる旅行会社を選択しましょう。

旅行会社売上ランキング1位:JTB

JTBってどんな旅行代理店?

JTBは旅行会社最大手。2位以下に倍以上の差をつけるナンバーワン企業で不動の人気を誇ります。1912年にジャパン・ツーリスト・ビューローを創立したところからJTBの歴史は始まります。国と一緒になって、日本の旅行・交通の発展に大きく携わってきたため、日本の旅行会社という地位を確立してきました。日本交通公社として運営されていましたが、1988年JTBへと名称を変え、現在に至ります。

JTBの特徴

JTBは国内・海外問わず、幅広く扱っているのが特徴の旅行代理店です。送客人数も圧倒的。旅行ブランドも多数あります。国内・海外ともに安定した人気を誇っており、格安から高級な旅まで幅広く用意されています。また、大企業だからこそ、サポート体制も安心。安心を買うならJTBといえるでしょう。

商品ラインナップ

海外旅行商品

  • ルックJTB・・・海外旅行の定番ブランド
  • JTB旅物語・・・通販専用ブランド
  • JTBお買い得旅・・・格安ブランド
  • JTB海外航空券・海外ホテル・・・航空券、ホテル単品組合せ用
国内旅行商品
  • エースJTB・・・国内旅行の定番ブランド
  • サン&サン・・・スポーツや体験ツアーなどの商品ブランド
  • JTB旅物語・・・通販専用ブランド
  • るるぶトラベル・・・宿泊予約サイト

JTBの評判

評価
Photo byTumisu

旅行会社最大手ということもあり、利用人数も多いことから、さまざまな声があります。

  • 商品の品質はどれも値段以上の価値がある
  • 基本的にスタッフ教育が行き届いている
  • 同じ内容を他旅行会社のプランと比べると全体に高め
安心という価値があるので、金額は少々高めに設定されていることが多く、コストに違いが出るでしょう。それでも、ハズレがほぼないという安心感は大きいですね。

旅行会社売上ランキング2位:H.I.S

H.I.Sってどんな旅行代理店?

H.I.Sは海外旅行売上でJTBと競り合っている大手旅行代理店。一方、国内旅行の取り扱いは少なく、扱っているエリアも限定的です。その分、海外旅行に全力で取り組んでおり、海外旅行では最大手。国内海外総合的に扱う他社との大きな違いでしょう。1980年、H.I.Sの前身であるインターナショナルツアーズを設立し、歴史が始まります。JTBとは違い、若い会社ですが、短期間で急成長した勢いがあります。

H.I.Sの特徴

H.I.Sといえば海外旅行。海外自由旅行のための格安航空券とホテル手配で成長してきた会社のため、自由旅行に慣れた人に人気があります。取り扱う航空券やホテルの種類はとても豊富です。自由旅行は若年層に支持され、若年層の送客人数が増えて、人気に火が付きました。とにかく安いというのも特徴の一つ。手厚いサービスは求めず、とにかく安く航空券とホテルを予約したいという方におすすめです。

商品ラインナップ

海外旅行商品

  • Ciao・・・海外旅行ツアーの定番ブランド
  • Ciaopresso・・・現地係員案内の海外旅行周遊型ツアー
  • impresso・・・添乗員同行の海外旅行周遊型ツアー
  • Extage・・・ビジネスクラスを利用した豪華パッケージツアー
  • Surprice!・・・海外航空券予約サイト
  • 秀インター・・・格安航空券ブランド
国内旅行商品
  • かいと・・・国内旅行ツアーの定番ブランド

H.I.Sの評判

評判
Photo bymohamed_hassan

海外の自由旅行がメインになるので、「手配をきちんとしてくれれば問題ない」という考えの方におすすめです。その考えを持っているかどうかで、評判も大きく左右されます。

  • とにかく安い
  • フライト時刻が直前で変更になった
  • スタッフの対応に不満
安さは誰もが認めています。ただ、安さを選ぶのであれば、旅行スケジュールの不安定さやスタッフの対応や人数は多少、目を瞑らないといけません。

旅行会社売上ランキング3位:近畿日本ツーリスト

近畿日本ツーリストってどんな旅行代理店?

近畿日本ツーリストは、近畿日本鉄道系列の大手旅行代理店です。電鉄系の近畿日本航空観光と独立系の日本ツーリストを合併して、1955年に近畿日本ツーリストが創業しました。長らくJTBに次ぐ2位でしたが、近年はH.I.Sに抜かれて3位。国内・海外バランスよく取り扱いをしており、修学旅行などの団体旅行の取り扱いが多いことで知られています。

近畿日本ツーリストの特徴

修学旅行など団体旅行に強みがあります。団体旅行では総客人数も多く、最大手ともいえる安心度の高さです。一方、個人旅行はこれといった特徴や他社との違いがありません。国内・海外とも総合的に扱ってはいますが、JTBほど商品幅が広いわけではなく、H.I.Sほど格安というわけではありません。ファーストチョイスとなることは少ないですが、他社と比較し、選ばれるケースが多くなっています。

商品ラインナップ

海外旅行商品

  • ホリデイ・・・海外旅行の定番ブランド
  • クラブツーリズム・・・格安ツアーブランド
国内旅行商品
  • メイト・・・国内旅行の定番ブランド
  • クラブツーリズム・・・格安ツアーブランド
ラインナップは少ないのですが、探しやすいのはメリットでしょう。クラブツーリズムの買収により、内容にこだわった格安ツアーが人気を集めています。

近畿日本ツーリストの評判

評判
Photo byolekowy

近畿日本ツーリストには、どんな評判があるのでしょうか。

  • 他社と比べて値段のわりに内容がよい
  • 似たような内容なら値段が安い
  • スタッフの対応がよい
肯定的な評判が多く見られます。他社商品と見比べてみると、実は優れているという発見が生まれています。スタッフも、とてもフレンドリーで親身。探してみると安くて質の高いツアーを出しているのが、近畿日本ツーリストといえるでしょう。

旅行会社売上ランキング4位:日本旅行

日本旅行ってどんな旅行代理店?

日本旅行は、JR西日本子会社の大手旅行代理店です。歴史的に旧国鉄全体と密接な関係があり、その背景からJR西日本が大株主になったという経緯があります。創業は1905年。JTBよりも歴史が長い老舗企業です。国内・海外バランスよく扱っており、修学旅行の取扱いも多いのが特徴で、老舗旅行会社ならではの安心と信頼を勝ち取っています。

日本旅行の特徴

JR系列であることから鉄道を使ったツアーに強みがあるという特徴があり、JRと宿泊をセットにしたレールプランが人気。新幹線を自社で保有する大手旅行代理店は日本旅行だけという他社との違いがあり、東海道新幹線のぞみを前面に押し出したツアーは商品力もあり評価されています。海外旅行は近畿日本ツーリスト同様、ファーストチョイスとなることは少なく、他社との比較で選ばれることが多い会社でしょう。

商品ラインナップ

海外旅行商品

  • マッハ・・・海外旅行の高級ブランド
  • ベストエクセレント・・・ワンランク上の海外旅行ツアー
  • ベスト・・・海外旅行の中級ブランド
国内旅行商品
  • 赤い風船・・・国内旅行の定番ブランド
求める海外旅行ランク別で探しやすいのが特徴。一方、国内旅行は赤い風船1ブランドに集約されています。

日本旅行の評判

評価
Photo bymcmurryjulie

老舗ならではの安心感と旅行内容自体の高評価が多くあります。

  • JRを使うツアーは安く使い勝手がいい
  • 安いツアーなのに満足度が高い
  • スタッフ対応がしっかりしている
JRを利用するツアーを探すのであれば、まず日本旅行からと考えてよいでしょう。また、安くても痒い所に手が届く内容というのが人気の理由。2人並び席確保や便利できれいなホテルのラインナップが評価されています。
 

旅行会社売上ランキング5位:阪急交通社

阪急交通社ってどんな旅行代理店?

阪急交通社は、阪急阪神ホールディングスに属する大手旅行代理店です。1948年、阪急電鉄の代理店部として航空代理店業務を開始。1960年、阪急電鉄より分離し、阪急国際交通社として発足しました。メディア販売を主体としており、主力のパッケージブランドはトラピックス。会社名より、このワードの方がピンとくる方が多いかもしれません。

阪急交通社の特徴

他社との違いは、店舗を持たずに新聞広告や旅行情報誌で募集告知をするところ。主力のパッケージツアーブランド「トラピックス」は、格安ツアーとして有名で、会員向け旅行情報誌「トラピックス倶楽部」と新聞広告で、大々的に告知を出して募集するという特徴があります。ネット販売が増える中、冊子や新聞広告での探しやすさから、中高年を中心に送客人数を増やしています。

商品ラインナップ

旅行商品

  • トラピックス・・・新聞広告での告知が目立つ格安ツアーブランド
  • クリスタルハート・・・トラピックスより上級のブランド
  • ロイヤルコレクション・・・海外ツアーの最上級ブランド
  • イーベリー・・・航空機・ホテルセットの個人旅行向けパッケージ
  • 阪神航空フレンドツアー・・・阪神航空から受け継いだ高級ツアーブランド
ラインナップは複数ありますが、トラピックスの利用がほとんどです。

阪急交通社の評判

評価
Photo by472301

メディア販売主体という他社とは違う特徴を持つ阪急交通社。どのような評判があるのでしょうか。

  • 電話対応がしっかりしている
  • 入金したのにツアーが催行されなかった
電話予約を主体としてやってきたため、電話対応は丁寧という定評があります。ただ、格安募集型ツアーにはつきものの、最低催行人数で不満を漏らす声も。最低催行人数を多めに設定されているツアーほど格安なので、その点は理解したうえで申し込む必要があります。

旅行会社をしっかりと理解して最適な選択を

旅行
Photo bystux

旅行会社の売上シェアと合わせて、各旅行会社の特徴をご紹介しました。旅行会社それぞれの特徴や強みがあり、他社との違いがあることがわかりましたでしょうか。旅行会社を選ぶうえで、それぞれの特徴を理解し、自分が何を優先したいかを考える必要があります。安心して旅行ができるよう、旅行会社選びの参考にしてください。

Naoko
ライター

Naoko

旅行は趣味でもあり、仕事としても携わりました。 経験を活かした旅の情報をお伝えできるよう頑張ります。

関連記事

人気ランキング