旅行のキャンセル料はいつから発生する?会社などによって違うルールを解説!

旅行のキャンセル料はいつから発生する?会社などによって違うルールを解説!

やむを得ず旅行をキャンセルしなくてはならないときがあります。すぐに対処できるよう、いつから旅行のキャンセル料がかかるのかを、ツアー、ホテル、航空券に分けて説明します。また、旅行先でテロや災害が起きたときのキャンセル料金はどうなるかも紹介します。

目次 [表示]

旅行のキャンセル料はなぜ発生する?

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E5%A5%B3%E3%81%AE%E5%AD%90-%E6%B5%B7-%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%81-%E8%8B%A5%E3%81%84%E3%81%A7%E3%81%99-429380/

キャンセル料は、ツアーやホテルなどの予約を解除することで発生します。ツアーやホテル、航空券の予約は、いわば契約です。会社側が契約によって約束されていた売り上げが、キャンセルによってなくなってしまうのを避けるため、キャンセル料が存在します。キャンセル料を支払う消費者側は、実際にツアーやホテルを使用しないのにお金を払わなくてはいけないので、どうしても避けたいと思いがちですが、ホテルや会社は、予約日までに様々な準備でコストをかけているので、キャンセル料支払いに応じるのは当然のことといえます。

旅行のキャンセル料はいつから発生する?

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E6%97%85%E8%A1%8C-%E9%A2%A8%E8%BB%8A-%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89-3537719/

旅行のキャンセル料のルールは、会社や予約している商品によって違います。いつからキャンセル料の支払いが発生するのか、国内ツアー、海外ツアー、ホテル、航空券に分けて説明していきます。

国内ツアーパッケージのキャンセル料

Photo by torisan3500

キャンセルのタイミング キャンセル料
20日前より前 0%
20日前〜8日前 20%
7日前〜2日前 30%
前日 40%
当日 50%
無断キャンセル 100%
国内ツアーパッケージのキャンセル料は、基本的に旅行日の20日前から発生します。20日前から8日前のキャンセルだと20%、7日前から2日まえだと30%キャンセル料を支払う必要があります。また旅行開始日の前日だと40%、当日のキャンセルは50%になります。もし当日キャンセルの連絡をせずに行かなかった場合、100%のキャンセル料が発生するので、キャンセルをしなければならないときは出来るだけ早めに連絡をすることがおすすめです。このキャンセル料は、観光庁の「標準旅行業約款」で決められているので、ほとんどの旅行会社がこのキャンセル料に従っています。そのため、ツアーのキャンセル料はどの旅行会社でも似た額になります。

JTB

JTBの国内旅行も、観光庁の定めたキャンセル料金と同じで、20日前から8日前のキャンセルだと20%、7日前から2日前だと30%、旅行開始日の前日だと40%支払う必要があります。当日は50%で、旅行開始後のキャンセルは100%キャンセル料が発生します。もし2人で国内ホテル込みのツアーを予約し、1人がキャンセルした場合、キャンセルした人はキャンセル料を支払い、参加するもう1人の人は、ホテル1室利用の変更に対する差額の支払いに応じる必要があります。

H.I.S

H.I.Sも、国内宿泊を含むツアーの場合、JTBと同じキャンセル料のルールがあります。ただ、H.I.Sの提供する日帰り国内バスツアーの場合、ツアー日の11日前までは無料でキャンセルしてくれます。10日前から8日前のキャンセルだと20%、7日前から2日前だと30%、前日は40%、当日は50%かかります。そして当日無断でツアーに行かないと、他のツアーと同じように100%キャンセル料が発生します。

近畿日本ツーリスト

近畿日本ツーリストの提供する国内ツアーも、JTBやH.I.Sと同じように、20日前からキャンセル料が発生します。ただし、貸切船舶を利用するツアーの場合は、その船舶に基づく規定によってキャンセル料が発生します。

3社の規定の違い

3社の規定を比べてみて、ほとんど観光庁が定めるルールに従っていることが分かります。ただ、ツアーによって特別にルールが違うこともあるので、注意しましょう。

海外ツアーパッケージのキャンセル料

Photo byPamjpat

キャンセルのタイミング キャンセル料
30日前より前 0%
30日前〜3日前 20%
2日前〜当日 50%
無断キャンセル 100%
海外ツアーパッケージの場合、30日前から3日前までのキャンセルは、料金の20%、2日前から当日になると旅行代金の50%をキャンセル料として支払う必要があります。一切キャンセルの連絡をいれずに当日行かなかった場合は100%キャンセル料を支払う必要があります。国内ツアーと違うところは、ゴールデンウイーク、年末年始、お盆休みなどの期間は、キャンセル料が40日前から発生することがあるという点です。このキャンセル料も、観光庁の「標準旅行業約款」で決められています。

JTB

JTBも観光庁が定めるように、海外旅行31日前の予約は無料でキャンセルが可能です。旅行30日目から3日目の間のキャンセルは旅行代金の20%、旅行の2日前から当日までのキャンセルで50%かかります。当日の無断参加はキャンセル料100%の支払い義務が発生します。GW、夏休み、お正月シーズンは旅行開始の40日前から10%のキャンセル料が発生するので注意が必要です。

H.I.S

H.I.Sの海外ツアー予約キャンセルの支払いも、基本的にJTBとかわりません。ただし、ツアーに貸切航空機や船舶が含まれている場合、キャンセル料20%の支払いが予約の60日前から発生するので注意が必要です。

近畿日本ツーリスト

近畿日本ツーリストの海外ツアーキャンセル料は、JTBと同じように、ピーク時は40日前から、その他の日程では30日前からキャンセル料が発生します。ただし、貸切航空機を使用する場合はなんと60日前からキャンセル料が旅行代金の10%かかってくるので注意が必要です。40日から31日前のキャンセルで20%、30日から21日前の取り消しですと50%かかります。

旅行先のホテルのキャンセル料

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E6%9C%9D%E9%A3%9F-%E3%83%93%E3%83%A5%E3%83%83%E3%83%95%E3%82%A7-%E9%A3%9F%E5%93%81-801827/

ホテルのキャンセルの場合、いつからキャンセル料の支払いが発生するのでしょうか?実は、ホテルの場合、先ほど紹介したツアーと異なり、明確なルールがありません。そのため、予約方法やホテルの定める規定によってキャンセル料が異なってきます。

Booking.comなどのホテル予約サイトから予約している場合

Booking.comなどのホテル予約は、基本的に予約をしたホテル予約サイトのページ、もしくは電話でキャンセルすることが出できます。実はこのキャンセル料金は、ホテル予約サイトによって決められているわけではなく、それぞれのホテルによって設定されています。なので、キャンセル料無料のホテルの予約はキャンセル料がかかりませんし、返金不可の場合は、キャンセル料を支払う必要があります。楽天トラベルやじゃらんなどのホテル予約サイトで予約し、現地払いだった場合、キャンセル料はホテル予約サイトではなく、ホテルや旅館から直接請求されます。楽天トラベルやじゃらんで事前決済していた場合は、キャンセル料を差し引いた金額が払い戻されます。

ホテルで直接予約をしている場合

ホテルのキャンセル料は、ウェブサイトにのっているキャンセルポリシーを参考にしましょう。ホテルによってキャンセル料が異なるだけでなく、同じホテルでも、プランによってキャンセル料が異なる場合があります。例えば、朝食夕食つき割安予約のプランなどは、その分キャンセルポリシーが厳しくなっていることが多いです。

航空券のキャンセル料

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E7%BF%BC-%E5%B9%B3%E9%9D%A2-%E9%A3%9B%E8%A1%8C-%E9%A3%9B%E8%A1%8C%E6%A9%9F-%E7%A9%BA-221526/

航空券の場合、いつからキャンセル料がかかるのかは航空会社によって全くルールが違います。ジェットスターなどの格安フライトですと、たとえ予約後すぐにキャンセルしてもキャンセル料金がかかることもあります。また、Expediaなどを使い、ツアーの一部としてフライトを予約すると、通常返金はできないようになっています。返金が出来ない代わりに、フライトクレジットが提供され、次回フライトを予約するときに使えるポイントとなります。

旅行のキャンセル料はどういうときに発生する?良くあるケースで解説!

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E6%B5%B7-%E5%8D%B0%E5%88%B7%E3%81%AE%E5%90%91%E3%81%8D-%E6%97%85%E8%A1%8C-2710999/

旅行に行きたくても、やむを得なくキャンセルしなくてはならないときもあります。そんなときにキャンセル料はかかるのか、シチュエーション別に説明します。

旅行前に風邪を引いてしまって行けなくなった

ツアーパッケージの場合のキャンセル料

残念ながら、風邪や病気でツアーをキャンセルする場合は、キャンセル料はかかってしまいます。インフルエンザの場合も、特別に対応してくれるツアー会社は少なく、ほとんどの場合はキャンセル料が発生します。風邪や病気で行けないと分かったときには、できるだけ早くキャンセルをしましょう。

ホテルの場合のキャンセル料

ホテルの場合も、基本的にはキャンセルポリシーに従ってキャンセル料が発生します。ただしツアーと違い、ホテルの場合は、風邪を引いてしまった、怪我をしてしまった旨を伝えると、「お大事にして下さい」とキャンセル料を免除してくれることがあります。長期的な良い関係を築くためでしょう。

航空券の場合のキャンセル料

インフルエンザなど、学校保健安全法で登校が停止になるような感染症にかかっている場合、搭乗禁止になる場合があります。その場合は、医師からの診断書を提出すると、払い戻しの対象になることがあります。他にも、感染症でなくても航空会社によっては、風邪で全額返金してくれる会社もあります。例えばANAを直接予約した場合は、怪我や病気で搭乗できない場合、全額返金もしくは30日以内のフライトに変更することができます。全額払い戻しになるか、一部払い戻しになるかは航空会社によって異なります。

旅行前、もしくは旅行中に台風が来るので行けなくなった

ツアーパッケージの場合のキャンセル料

台風でツアーが中止になれば、全額ツアー料金は返金されます。しかし逆に言えば、どれだけ天気が悪くても、ツアーが催行されてしまえば、キャンセル料金は発生します。台風に関しては当日まで分からないので、前日にキャンセルをしたい場合も、その時点ではまだキャンセル料がかかります。また、飛行機を含む海外ツアーの場合、飛行機が欠航になった場合はツアーが不催行になりますが、もし台風で電車が遅れ、空港に着く時間に遅れてしまい、飛行機に乗り遅れた場合などは、残念ながら個人の責任になるので、キャンセル料が発生します。飛行機が欠航にならない限り、なんとしても空港にたどり着く必要があります。

ホテルの場合のキャンセル料

基本的に各ホテルの判断となりますが、キャンセル料はかかる場合がほとんどと考えてよいでしょう。ただ、個人で経営しているホテルなどは、直接連絡をとると、好意でキャンセル料を免除してくれることがあります。

航空券の場合のキャンセル料

航空券ですが、飛行機が飛ぶ場合は、キャンセル料が発生します。注意しなければいけないことは、もし台風で電車などが止まって空港に着けない場合も、飛行機が欠航しない限りは、キャンセル料を支払う必要があります。

旅行先でテロや事件が起きて、危ないので中止したい

ツアーパッケージの場合のキャンセル料

テロや事件の大きさにもよりますが、あまりにひどい状況だと、会社側がツアーを中止します。この場合、ツアー自体が中止になってしまっているので、全額ツアー代は返金されます。ただ、個人の判断で、ツアーが催行されているにも関わらずキャンセルをすると、残念ながらキャンセル料金は発生します。ツアー催行の判断基準となるのは外務省の出している危険情報です。例えば最近香港で大きなデモが行われていますが、外務省は危険レベル最大4のうち、レベル1までしか出していません。よって、ツアーは催行している会社がほとんどです。いくら行くのが不安だという理由があっても、ツアーが催行されれば、もちろんキャンセル料は発生します。

ホテルの場合のキャンセル料

ホテルも基本的には、テロなどが起こっても、キャンセルポリシーに従ってキャンセル料を請求します。ただ、風邪になったケースと同じで、ホテルによってはキャンセル料を免除してくれるところもあります。

航空券の場合のキャンセル料

航空券も、基本的にはキャンセル料がかかります。しかし、例外もあります。例えば最近の香港のデモは、空港でのデモもあり、飛行機が欠航するという自体におちいったため、前日にキャンセルをしても全額返金という期間もありました。

旅行でキャンセルに関するトラブルを防ぐ方法

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E9%81%93%E8%B7%AF-%E8%B5%A4%E3%81%84%E5%B2%A9-%E5%A5%87%E5%B2%A9-%E6%97%A5%E6%B2%A1-1303617/

ツアーもホテルも、キャンセルする事態になったら、とにかく早くキャンセルの連絡をすることが大切です。

予約前にキャンセル料ポリシーを確認する

予約を確定する前に大切なのは、きちんとキャンセルポリシーを読んでおくことです。いつから、いくらキャンセル料が発生するかを確認すると、いざキャンセルをしないといけないときに、落ち着いて対処できます。海外のホテルを直接予約すると、文面が全て英語で書かれていたりして大変ですが、予想外の支払いをさけるためにも、きちんと読んでおきましょう。

必要であれば保険に加入する

どれだけ楽しみにしていた旅行でも、病気や仕事でキャンセルせざる得ないことはあります。少しでも支払いの負担を減らすために、旅行キャンセル費用補償保険に加入するのも手です。様々な種類がありますが、基本的には都合で旅行をキャンセルしたときに、キャンセル料を補償して返金してくれるという保険です。また、H.I.Sなどの旅行会社は、独自の保険を提供しており、ツアー予約時に1000円保険料を支払うことで、旅行をキャンセルする場合、最大10万円まで返金してくれます。ツアーを予約するついでに保険をかけておけるので、とても楽で簡単な方法です。

キャンセルがないよう旅行は計画的に

https://pixabay.com/ja/photos/%E3%82%A2%E3%83%89%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC-%E6%88%BB%E3%82%8B-2548133/

旅行のキャンセル料のルールについて紹介しました。出来ればキャンセルすることなく行きたい旅行。キャンセルが起こらないように計画をしましょう。また、いつからキャンセル料金が発生するのかを確認し、万が一キャンセル料金を払うことになったときは、キャンセル料をしっかり支払うようにしましょう。

しほ
ライター

しほ

関連記事

人気ランキング