物価の安い国へ海外旅行に行こう!治安などの気をつける点をご紹介!

物価の安い国へ海外旅行に行こう!治安などの気をつける点をご紹介!

海外旅行先に物価の安い国を選べば、節約して、コスパの良い海外旅行が楽しめますね。しかし、日本より物価の安い国では、治安など、気をつけなければいけないこともあります。旅行中、安全に楽しく過ごすために、気をつけるべき基本的なことをご紹介します。

目次 [表示]

基本!旅行中の健康管理

楽しい海外旅行中に体調を壊してしまうのは、もったいないですよね。特に日本より物価の安い国で気をつけるべき体調管理方法をお教えします。

お腹を壊さずローカルフードを楽しむ

日本より物価の安いアジアなどでは、安くて美味しい本場のローカル屋台などの食べ物に挑戦してみたいと思う人も多いでしょう。しかし、普段、食べ慣れない食材やスパイスでお腹を壊してしまう可能性は高いですし、衛生面も日本より悪い場合も多いです。お腹を壊さず、コスパの良いローカルフードを安全に楽しむためには以下に気をつけましょうです。

  • 手洗いうがいは基本!
  • 抗菌ウエットティッシュや抗菌ジェルを使う
  • 飲み物はミネラルウォーター
  • うがいや歯磨きの水もミネラルウォーター
  • 飲み物に入っている氷も注意
  • 毎食のローカルフードは避け、少しづつ慣らす
  • 知らない人からもらった飲食物は食べない!

持っていくべき常備薬は?

普段から使い慣れている、胃腸薬、頭痛薬、風邪薬などを小分けにして持っていくと良いでしょう。虫除けやかゆみ止めもあると便利です。しかし、日本より衛生状態の悪い国でかかる病気には、日本の薬が効かないこともあります。現地の病には現地の薬がおすすめです。現地の薬局で買うことも可能です。国によっては日本の薬より効きが強いものもありますので、気をつけるようにしましょう。

もしも病気になったら?病院は?

国や都市によっては、日本語の通じる病院があるので、出国前にチェックしておきましょう。現地の病院では、日本の健康保険証は使えません。現地語でしか通じない病院でも、海外旅行保険に加入していれば、電話通訳でサポートをしてくれることもあるので便利です。

予防注射も忘れずに

アフリカや南アメリカなどには、渡航する際には必ず予防接種が必要な国もあります。海外旅行先が決まったら、厚生労働省検疫所のホームページで確認しましょう。長期旅行者の間では、タイなど日本より物価の安い国に旅行した際に、予防接種を受けるコスパが良い節約方法もあります。

海外旅行保険はどうする?

万が一、海外で事故や怪我、病気になった時、日本より物価の安い国であっても高額な医療費がかかることもあります。病気やケガの海外旅行保険には、紛失、盗難、賠償責任などの保険とセットにできるものもあるので、出国前に加入しておくことをオススメします。クレジットカードやデビットカードにも海外旅行保険がついている場合もあります。クレジットカードの保険は、大抵3ヶ月未満の海外旅行に対応しているので、お手持ちのカードをチェックしてみてください。

重要!お金や貴重品の管理

旅行客はお金を持っているのでスリや窃盗、詐欺に狙われやすいです。安全で楽しい海外旅行をするために対策しましょう。

お金や貴重品の持ち歩き方

お金や貴重品を持ち歩く際には以下の注意点に気をつけましょう!

  • 持ち歩く現金は最低限にする
  • カードを利用し、必要な分の現金だけにする
  • トラベラーズチェックを利用する
  • 現金は複数にして分散して入れておく
  • お財布やバックは高級品を身につけない
  • スリ予防にはファスナー付きの肩掛けバック!
  • 服の下に隠れるマネーベルトやポーチを利用
  • 日本感覚でズボンの後ろポケットに財布を入れない


 

ATMを使用する時の注意点

海外のATMでは、スキミングや使用後のスリに注意してください。危険を避けるため、道路に面したATMの使用は避け、銀行や建物内にあるATMがオススメです。暗証番号を押すときは、必ず手元を隠しましょう。人前でお金を数えないようにしましょう。

移動中の注意点

日本の治安は、世界でもトップクラスで安全です。物価の安い国に限らず、世界には日本より治安の悪い国が多くあります。海外旅行中、バックや荷物は、肌身離さず持ちましょう。ちょっとトイレに行くからと大きな荷物を置いておくのも危険ですし、足元に置く場合も、両足の間にはさむようにして注意すべきです。バスや電車に乗るときには、貴重品は服の下に入れておくと安全です。

空港を出たら気を引き締めて

あらかじめホテルの送迎車を予約しているのであれば安全ですが、節約旅行者などは、自力でホテルにいかなければいけません。空港を出ると、タクシーやホテルの客引きに混じり、旅行者を狙った詐欺師もいます。カタコトの日本語などでフレンドリーに話しかけてきます。「今日はストライキがあり街までいけない」「今週は大きな祭りがあるから、どこのホテルも満室だ」など、巧妙な手口で自分のタクシーに乗せようとしてきます。

駅やターミナルは油断禁物

日本より物価の安いアジアに限らず、ヨーロッパであっても、駅やターミナルでは、スリや盗難、詐欺に気をつけるべきです。首からネームホルダーをさげ、駅の職員やボランティアスタッフのような振る舞いをする、親切の押し売り詐欺もあります。聞いてもいないのに、券売機の使い方を教えてくれたり、勝手に荷物を持って電車まで案内してくれたり、強引な親切行為の後にチップを要求してきます。

物価の安い国でよくある!現地価格でタクシーに乗れない!

流しのタクシーは、タクシーのメーターが壊れていたり、改造されていることもあり、運転手と値段を交渉しなければいけない場合もあります。現地価格の倍以上の金額を請求されたり、運転手がわざと遠回りをして、料金を稼ぐこともあります。

プリペードタクシーを使おう

プリペードタクシーを使えば、行き先までの料金が一律で決まっているので安心です。支払いも乗る前にカウンターで済ませるので運転手に余分な料金を支払うこともありません。

配車サービスUbarやGrabはどうなの?安全?

UbarやGrabは、厳しい審査で登録されたドライバーと乗客をつなぐサービルアプリです。行き先を設定すると、料金が表示され、自分の乗りたい車が選べます。支払いはアプリを通して行うので安全です。アプリ内でドライバーの評価や、指定した現地までGPSで案内してくれる地図サービスなどもあり安心して利用できます。国によって普及している会社が違うので、チェックして、自前にアプリをダウンロードしておくといいでしょう。

街歩きの注意点

街歩きでは、治安の悪い地域、夜道や人通りの少ない道は避けるなどして、安全な道を歩きましょう。しかし、観光地など人の多い場所でも観光客をカモにする犯罪もあるので注意が必要です。また、ヨーロッパの中でも物価の安い国は、治安が悪かったりします。

治安を確認!危険なエリアは歩かない

海外旅行前に外務省の海外安全ホームページで、渡航先の治安を確認しましょう。また、個人の旅行サイトなどで情報をチェックすると安心です。世界には、通りが一本違うだけで銃声が飛び交うような危険な地域も存在します。

盗難やスリ対策

ひったくり防止として、ジッパー付きの斜め掛けバックが安全と言われています。しかし、ひったくりされた時に、バックごと引きずられるケースもあるので注意が必要です。現金など貴重品は、服の下に隠れるウエストポーチに隠しておくと安全です。世界には、子供のスリ集団もいるので気をつけましょう。

南米で有名なケチャップ強盗団!?

南米では、突然、数人に囲まれ、後ろから首を締められ身ぐるみはがされる、首絞め強盗が有名です。その他にも、最近はケチャップ強盗というのもあります。通りすがりにケチャップなどの液体をかけられます。すると、近くにいた親切そうな人が来て、汚れを拭き取るフリをして財布やバックを盗んでいくという手口です。強盗に遭遇したら、抵抗せずに金品を渡しましょう。治安の悪い国では、強盗のために簡単に人殺しをするような悪党もいます。

アジアでは野犬に注意

アジアなどでは、野犬が多くいます。ゴロゴロと寝ていたり、人懐っこく尻尾をふって寄ってくることもあります。しかし、犬の気が立っている時や、深夜には凶暴化し襲いかかってくることもあるので気をつける必要があります。中には狂犬病の犬もいますので、噛まれた後は必ずワクチン受けましょう。ちなみに狂犬病ウイルスを持っているのは犬だけではありません。他の動物に噛まれた時にも注意してください。世界には、野犬に限らず、道端に様々な動物がウロウロとしている国もあります。

物価の安い国でよくある!?物乞いされたらどうする?

海外旅行中、道端で物乞いに遭遇することもあります。黙って手を出してくる人もいれば、しつこく「マネー、マネー」と言い寄ってくる人もいます。また、子供の物乞いもいますが、親など大人が、子供に物乞い方法を教え込みビジネスとなっている場合もあります。物乞いにお金をあげるかどうかは、個人の判断です。お金ではなく、食べ物を渡すという人もいますし、現地の裕福な人がお金を渡していることもあります。世界に出れば、日本ではなかなか経験できない、人として考えさせられる問題にも遭遇します。

観光中の注意点

楽しい観光中はどうしても注意力散漫になり、スリや盗難に狙われやすくなります。物価の安い国だけでなく、ヨーロッパなどでも、スリや盗難は多く、団体の観光客ですら被害に遭い、ホテルに戻るまで気がつかなかったりもします。それほどスリ上手いということでもあります。

服装は?

物価の安い国を旅するときは、高価なファッションはやめましょう。ショッピングを楽しむついでに、現地で安い服を購入して、旅行中に着るのもオススメです。高級レストランに行く予定などがある人は、TPOに合わせた洋服も準備しておくとよいでしょう。

文化や宗教

寺院や宗教施設を観光するときは、肌の露出を避ける必要があります。ショールが1枚あると、肩や脚を隠すことができるので、便利です。また、写真撮影禁止の場所もあるので、注意しましょう。日本では宗教の戒律が厳しくありませんが、世界には、宗教の厳しい戒律を守り、信仰している人々も多くいます。郷に入れば郷にしたがえで、海外旅行先の、宗教や文化を下調べし、その国の文化や宗教を尊重する心も大切です。

物価の安い国でよくある!?フレンドリーな詐欺手口!

「日本語を勉強している」「親戚が日本人と結婚した」などとフレンドリーに話しかけてくる現地の人もいます。本当に、親切な人と出会い楽しい時間を過ごせることもあります。しかし、中には詐欺目的で近づいてくる人もいるので注意しましょう。親身になって色々と助け、相手の警戒心がとけた頃に詐欺を行います。友達役、悪党役、偽警察役などを演じて、集団で詐欺を行うこともあります。ちなみにヨーロッパでは、いかにも紳士的な見た目の人が、詐欺師だったりします。知らない人に話しかけられても、相手の勢いやペースに乗らないようにしましょう。

宿泊先の注意点

物価の安い国を旅行する場合、物価が安いからこそ、贅沢をして高級ホテルに泊まるという楽しみ方もあります。しかし、節約旅行をする人は、コスパの良い安宿などを選ぶと思います。宿泊先で気をつけることをご紹介します。

節約派の安宿で気をつけること

コスパの良い安宿の個室は南京錠で鍵を締めるタイプの部屋もあります。自分で持参した南京錠を使うと安心です。貴重品は、信頼できるフロントや、セキュリティーボックスに入れるとよいでしょう。もしなければ、鍵のかかるバックに入れて、さらにバックに鍵をつけて、自室の柱などにくくりつけておくとよいでしょう。窓がある場合は戸締りに注意してください。治安の悪い場所にある安宿だと、たとえ自分が部屋に寝ていても、窓から泥棒が侵入する可能性もあります。

意外とコスパの良い?ドミトリーで気をつけること

ひと昔前のドミトリー宿は、安い、汚い、男女混合、雑魚寝、というイメージが強かったのですが、最近は違います。安く、清潔、男女別、デザインホテルのようなものもあります。2段ベットにカーテンが付いていてプライベートが保てたり、共有施設にはオシャレなカフェやバーが併設されている宿もあります。宿では寝るだけの節約派旅行の人にとってコスパが良く重宝されています。

物価の安い国ならよくある!?南京虫?

安宿は、清潔度も気をつけなければいけないことがあります。中でも節約派の旅行者の間で恐れられている「南京虫」。トコジラミ、ベットバグとも呼ばれ、安宿のベットなどで刺されることが多いです。刺されると強烈な痒さで、それは数週間続くこともあります。南京虫は、日本ではあまり有名ではありませんが、実はヨーロッパの宿などでも被害はあります。南京虫を防ぐには清潔で風当たりの良い部屋を選びましょう。昼間は活動しない虫なので見つけて駆除をするのは難しいです。ベット周辺や裏に黒い絵の具を叩きつけたような南京虫の糞が付いていたら、要注意です。

物価の安い国を楽しく旅行するには?

せっかくコスパの良い物価の安い国を旅行するのであれば、思いっきり楽しい時間を過ごしたいですよね。

予定は詰めすぎず

海外旅行では、少し余裕もったスケジュールを計画すると安心です。交通渋滞や予想外のトラブルに対応できます。また、旅の目的やテーマを決めていくと、より充実した楽しい旅行になるでしょう。

便利な携帯アプリを利用しよう

最近では、スマートフォン片手に旅をするのも当たり前です。現地でSIMカードを購入したり、日本からモバイルWi-Fiルーターを持参したりして、スマホでインターネットを利用するのも簡単です。旅に便利なアプリを自前にダウンロードしておくとよいでしょう。あらかじめダウンロードしておけば、ネット接続がなくても使える地図などもあります。

トラブルも旅の醍醐味!?

世界では、日本の常識や感覚が通じないこともたくさんあります。楽しい海外旅行にするには、事前準備も大切ですが、何が起きても笑い話にするような、心の余裕も必要です。良いことも、悪いことも、経験として楽しみましょう。

キタミカ
ライター

キタミカ

世界を旅して35カ国以上。現在は、南インドにてシングルマザーで子育て中です。アジア、中米、ヨーロッパなど、子連れバックパッカーの旅もチャレンジしています。

【GoToトラベル特集】各社割引を徹底解説!どうやったら割引は受けられるの?のイメージ
【GoToトラベル特集】各社割引を徹底解説!どうやったら割引は受けられるの?
GoToトラベルを利用して、ネット予約する時の各社割引を徹底解説します。GoToトラベルは旅行代金が最大35パーセント割引になるキャンペーンです。予約サイトごとに併用できるキャンペーンなどがありますので、どうやったら割引が受けられるのかみていきましょう。

関連記事

人気ランキング