ビザとは?パスポートとビザの違いや必要な理由を解説!

ビザとは?パスポートとビザの違いや必要な理由を解説!

海外旅行に必要なのがパスポートやビザですが、ビザとは何か分からないですよね。旅行を計画するときに、ビザが必要かどうかを確認しておくことはとても大切です。この記事では、ビザとは何かということを主に、ビザが必要な理由や観光ビザの要否などについて解説します。

目次 [表示]

ビザとパスポートの違いとは?

スタンプとパスポート
Photo byjackmac34

ビザとパスポートの違いは2つです。1つ目はそれぞれの役割。ビザは外国に入国するのに、必ず必要な書類となります。一方で、パスポートは、外国に行った際に、自分の国籍を明らかにするものです。2つ目は発行元が違うこと。パスポートを発行するのは自分の国の政府です。政府は自国民に対して、パスポートを発行します。しかし、ビザは外国の大使館から、その国へ行く人に対して発行されます。

旅行前に知っておこう!ビザとは?

ビザスタンプ
Photo byjaydeep_

ビザ(英:visa)は日本語で査証といいます。査証よりもビザと呼ぶのが一般的です。ビザは外国への入国が許可された証。旅行予定の国の大使館や領事館から発行され、ビザを持っていないと、外国への入国が許可されません。日本人のパスポートは、ビザなしで多くの国に渡航できるため、あまり馴染みがないかもしれません。

旅行前に知っておこう!パスポートとは?

日本のパスポート
フリー写真素材ぱくたそ

パスポート(英:passport)は、日本語でいうと旅券です。自分の国の外に出たときに、自分の国籍や身分を証明する書類です。そのため、パスポートがないと、日本から出国できません。パスポートは自国の政府に申請をして、発行されるものです。パスポートは、外国で自分の身分を証明する唯一の書類となります。現在のパスポートにはICチップが内蔵されていて、自分の情報が記録されています。ちなみに、日本のパスポートには、個人の指紋の情報は入っていません。

他の国に入国するのにビザが必要な理由

空港の様子

ビザは、入国が許可されているということを証明する書類です。このことから、ビザを持っていなければ、外国への入国ができません。審査に合格してはじめて、ビザをもらうことができます。理由としては、大使館や領事館が、自分の国に【入国させても危険がないか】ということを判断するからです。ビザを取得しても、入国が保証されないことを、頭に入れておきましょう。すでにビザを取得済みでも、入国審査官がその人のことを怪しいと判断すれば、入国が許可されず、その日の便で帰ることになりかねません。

目的別!ビザの種類を解説

働く女性

ビザには、たくさんの種類があるのをご存知でしょうか。ビザの申請者は、目的に合ったビザを持つことが重要です。ビザの内容と実際にその国で行う目的が合っていないと、ビザが発行されないことや、入国拒否されることも起こります。問題を防ぐために、目的別のビザの種類を確認しましょう。

就労に関連するビザって?

就労ビザは外国で働くときに必要です。就労ビザの細かい種類は国によって、それぞれ違いがあります。例として、アメリカの仕事に関するビザは、下記のとおりです。

  1. 特殊技能職:専門職のビザ・その職業に関する学士以上の学歴が必要
  2. 研修生:雇用者による研修を受けるために必要・最長2年まで
  3. 企業内転勤者:多国籍企業で働いている人が、転勤するときに必要
  4. 芸術家または芸能人:公演や展覧会を行うときに必要・訓練や指導者も含む

結婚に関連するビザって?

結婚するときや、結婚後に必要です。一例として、アメリカの結婚関係のビザの種類を見てみます。

  1. 婚約者ビザ:結婚をするのに必要・取得後90日以内の結婚が必須
  2. 配偶者ビザ:結婚後に取得する・配偶者ビザを取得することで、永住権が得られる
アメリカで結婚を目的としたビザを取る際、年々、取得までにかかる時間が長くなっています。このことから、書類に不備のないようにしたいですね。書類に不備があると、さらに時間がかかってしまいます。

勉学に関連するビザって?

大学や専門学校、語学学校へ行く際に必要です。それぞれの国によって、学生ビザにも複数の種類があります。たとえば、アメリカの場合、大学や語学学校に通う場合は、F1ビザで、専門学校に通う場合は、M1ビザです。カナダの学生ビザ(Student Permit)やオーストラリア、ニュージーランドの学生ビザ(Student Visa)は1種類のみ。短期で語学学校に行く場合は、ビザが不要なときもあります。

観光にビザは必要?

旅行する女性
Photo byJESHOOTS-com

ここまで、就労や結婚、勉学に関するビザを見てきましたが、観光にビザは必須なのでしょうか?観光用のビザは、必須な場合と不要な場合があります。まずは、観光ビザが必須な国と不要な国の一例を挙げてみましょう。

ビザがなくても旅行できる国について

パスポートと世界地図

まず、アジア圏で日本人がビザ不要で渡航可能な国の例は、以下のとおりです。

  • インドネシア
  • シンガポール
  • 韓国
  • タイ(15日以内)
ヨーロッパ圏の中で、日本人がビザ不要で旅行できる国の一例は、以下のとおりです。
  • フランス
  • イタリア
  • スイス
アメリカやカナダ、オーストラリア、ニュージーランドは、ビザを取らなくても旅行できます。さらに、イギリスやアイルランドも、ビザ不要で行くことが可能です。

観光にビザが必須の国

ビザが承認される

ビザを取らないと、旅行できない国があるのは意外かもしれないですね。そういった国々は、パスポートだけだと入れないので、ビザの取得を忘れないようにしてください。日本人が旅行するのに、ビザの取得が必須な国は、カンボジアやイラン、エジプトなどです。しかしながら、日本の外務省がその地域は危険だと判断した場合は、ビザを取っていても旅行ができません。また、ヨーロッパは、ビザが免除される国が多くあります。例外はロシアで、観光であってもビザの取得が必須です。

ビザを取らなくても旅行できる理由

旅をする女性

なぜ、ビザなしで行ける国と、ビザ取得が義務付けられている国があるのか疑問に思いますよね。それは、自国と外国がビザの免除協定を締結しているかどうか、が、ポイントです。たとえば、日本とアメリカはビザの免除協定を締結しています。免除協定があると、ビザを取得しなくても、90日以内であれば滞在可能。一方で、日本とネパールはビザの免除協定を結んでいないため、ビザがないとネパールに入国ができません。

ビザなしで旅行するために必要な電子渡航証明書とは?

パソコンを操作する女性

ビザが不要でも、アメリカやカナダなどに行くときは、電子渡航証明書が必須です。電子渡航証明書とは、渡航許可のこと。証明書を取ることで、渡航先へ向かう飛行機への搭乗が許されます。カテゴリー上は、非移民ビザに分類されますが、厳密にはビザではありません。電子渡航証明書は、国によって名称が違います。さらにいえば、証明書が発行されたからといって、入国が保証されるわけではありません。最終的には、現地の入国審査官が判断をします。

アメリカへの入国に必要なESTA

アメリカの電子渡航証明書は、ESTAといいます。ESTAを取得すれば、観光やビジネスを目的として、90日以内であればアメリカに滞在可能です。ESTAはオンラインで申請でき、申請後72時間以内に結果が分かります。ESTAの申請料として、14ドルを支払わなければいけません。

カナダへの入国に必要なeTA

カナダの電子渡航証明書は、eTAといいます。申請後、数分でメールが届きます。届いたメールが、eTAを取得できたという証明です。また、支払い後の領収書は必ず印刷をしましょう。後日印刷をすることや、保存はできないので注意をしてくださいね。申請時には、eTAの申請料として、7カナダドルを払う必要があります。支払いの際は、クレジットカードやデビットカード、プリペイドカードなどが使用可能です。

オーストラリアへの入国に必要なETA

オーストラリアの電子渡航証明書は、ETAといいます。ETAは以下のような目的で短期滞在をする人に向けたものです。

  • 観光
  • 会議出席
  • 調査
  • 契約交渉
ETAを申請後、通常は12時間以内に審査結果が分かります。ETAを持っていることで、3ヶ月以内であればビザがなくても滞在可能です。ETAはオンラインで申請を行います。申請には、パスポートとメールアドレス、クレジットカードが必要です。

ヨーロッパ旅行に必要なETIAS

ETIASとは、欧州渡航情報認証制度といい、2021年導入予定になっています。ETIASの取得が必要な国は26カ国。ETIASは以下のような目的の短期滞在で使用できます。滞在可能な期間は90日です。

  • 観光
  • ビジネス
  • 乗り換え
ETIASの申請料金は7ユーロ。有効期限は3年間です。そのため、一度ETIASを取得すれば、3年間再申請は不要となります。

ビザを発行してもらう方法とは?

ペーパーワークをする女性

ビザはどうしたら発行してもらえるのでしょうか。ビザの申請方法やビザ取得のために必要なものを説明します。また、ビザ申請時の細かいルールについては、国によって異なるので、渡航先の大使館や領事館のホームページを確認してくださいね。

ビザの申請って何をするの?

ビザを申請する方法について、アメリカの学生ビザ取得を例に挙げて考えてみましょう。アメリカの学生ビザを申請するときは、学校の入学許可証(I-20)が必要です。次に、オンラインでの申請書(DS-160)の作成をします。オンラインでの申請が完了したら、ビザを申請するための料金を払い、アメリカ大使館での面接を予約します。また、SEVIS費用も払わなければいけません。ビザの申請費用や細かい手続きの手順は国によって異なります。

ビザの発行に必要な書類とは?

ビザを発行してもらうためには、以下の書類が必要です。

  • パスポート
  • 申請書
  • 写真
  • 手数料
上記に挙げた書類は、ビザの申請の基本的な書類なので、詳しく説明をします。このほかにも、国によっては入学許可証や銀行の残高証明書、面接が必要になることもあるでしょう。ビザ取得のための手数料に関しては、国やビザの種類によって異なるのです。

パスポート

ビザ申請には、パスポートが必要です。パスポート取得には、以下の料金がかかります。

  • 5年間有効:11,000円
  • 10年間有効:17,600円
パスポートは国によって、パスポートの有効期限が一定以上の期間残っていないと、申請できない場合があります。有効期限の確認は必須ですので、注意しましょう。

ビザの申請書

ビザの申請書も必要です。ビザの申請書の作成は、オンラインで行える国もあります。また、大使館や総領事館のビザ申請窓口で申請書をもらい、記入をする場合もあります。

ビザとパスポートの違いについてのまとめ

旅行をする女性
Photo bySplitShire

いかがでしたか。この記事では、ビザとパスポートの違いやビザを取得が必須な理由などについて解説しました。日本人の場合、短期滞在であればビザを取る必要は、ほとんどありません。もし、ビザを取得する場合は、渡航先のビザの情報をよく調べて、目的に合ったビザを取るようにしましょう。ビザとパスポートの違いを理解して、素敵な旅を楽しんでくださいね。

Moe
ライター

Moe

映画鑑賞・旅行・乗馬が趣味。アメリカに留学していたことから、アメリカに関する記事が得意です。

関連記事

人気ランキング