ダイソーのカッティングシートが安いのに活用できすぎでヤバい!

ダイソーのカッティングシートが安いのに活用できすぎでヤバい!

ダイソーのカッティングシートは、色・柄・サイズが豊富で、手軽に使えます。簡単に貼れて、インテリアや家具・家電・小物作成などさまざまな場所やものに活用ができます。ダイソーのカッティングシートを貼ってはがして、手軽に活用しましょう。

目次 [表示]

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業などが行われている場合があります。最新情報は公式サイト・SNSなどをご確認ください。

ダイソーのカッティングシートの特徴

出典: https://www.instagram.com/p/CWGABjGvWqA/

ダイソーのカッティングシートの特徴は100円なのに、色・柄も豊富でデザイン性も高いことです。自分のイメージにあわせて貼るだけなので、気軽で簡単にできてしまいます。

インテリアに使って部屋の模様替えのほか、家具・家電のリメイクや、空き箱に貼ってアクセサリー入れなどの小物もつくれます。100円とアイデアで、さまざまなものに活用してください。

豊富な色・柄

出典: https://www.instagram.com/p/CHyqsiEAiLx/

ダイソーのカッティングシートは100均なのに色・柄の品ぞろえがとにかく豊富です。ブラック・ホワイト・ブルーなどの基本色から、ベージュ・キャメル・アイボリーなども豊富にそろっています。

柄は、板壁、木目などの木目調・大理石・レンガ・タイルなどの一般的な柄も豊富です。レザー・コルクなどの素材系、花柄・幾何学模様・英字などデザイン性の高い柄も豊富に用意されています。

選べるサイズ

出典: https://www.instagram.com/p/BMV9bP0h7HT/

ダイソーのカッティングシートの主なサイズは大90×45センチメートルと、小80×30センチメートルの2種類です。他にも45センチ角のフロアステッカーや、28センチ角のクッションシートなどさまざまなサイズのものが用意されています。

ダイソーのカッティングシートは色・柄だけではなく、サイズも豊富です。貼る場所や、貼るものによって上手につかい分けてください。

次のページ

ダイソーのカッティングシートの活用場所

今、あなたにオススメの記事

関連記事

人気ランキング