すき家の中盛ってどんなサイズ?肉の量・米の量は並とどう違う?

すき家の中盛ってどんなサイズ?肉の量・米の量は並とどう違う?

すき家の中盛は並盛よりもご飯が少なく、大盛よりもお肉が多いという違いがあります。中盛は肉をたくさん食べたいとき、炭水化物を抑えたいとき、サラダなどとセットで頼みたいときなどにおすすめです。すき家では気分や食生活にあわせてサイズを選びましょう。

目次 [表示]

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業などが行われている場合があります。最新情報は公式サイト・SNSなどをご確認ください。

すき家の中盛とは?

Photo by f999999_key

すき家が提供するサイズのひとつ「中盛」は、お肉が大好きな方や糖質を抑えたい方におすすめです。中盛は並盛や大盛と比べてお肉が多めでご飯が少ないという違いがあります。コスパは並盛や大盛のほうが高いため、自分のニーズにあったサイズを選びましょう。

すき家の中盛は大盛よりもお肉が多い

出典:ライター撮影

  中盛 並盛 大盛
お肉の量 135g 85g 120g
値段 480円 350円 480円

牛丼中盛は並盛や大盛に比べてお肉の量が多いのが特徴で、並盛に比べ約1.6倍、大盛に比べ約1.1倍です。値段は並盛の約1.4倍かつ大盛と同じなので、お肉の量だけで計算すると中盛は最もコスパのいいサイズです。

すき家の中盛は並盛よりもご飯が少ない

  中盛 並盛 大盛
ご飯の量 235g 260g 360g
値段 480円 350円 480円

牛丼中盛のご飯の量はお肉と違い、大盛どころか並盛よりも少ない量です。ご飯の量は並盛に比べ0.9倍、大盛に比べ0.7倍という少なさのため、ご飯が大好きでたくさん食べたいという方には向いていないサイズです。

次のページ

すき家中盛の栄養成分を分析!

今、あなたにオススメの記事

関連記事

人気ランキング