日本にいながらハワイ気分!ハワイアンミュージックをご紹介!

日本にいながらハワイ気分!ハワイアンミュージックをご紹介!

ハワイアン・ミュージックの基本は、ウクレレやギターを弾きながら歌う穏やかな音楽です。母体はポリネシアや西洋の音楽ですが、複数の音楽を取り入れており楽曲は多岐にわたります。ハワイアンミュージックのおしゃれなBGMや、日本で人気のアーティストの曲をおさえましょう。

目次 [表示]

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業などが行われている場合があります。最新情報は公式サイト・SNSなどをご確認ください。

有名なハワイアンミュージック【4選】

出典:写真AC

①アロハ・オエ

有名なハワイアンミュージックの1曲目は「アロハ・オエ」で、ハワイを代表する楽曲の1つです。作ったのはハワイ王国の最後の女王であるリリウオカラニで、詞はハワイ語で愛情と別れを歌っています。作られた背景は諸説があり、有名な一説は「女王が幽閉され王国の終わりをさとったときに作った」という説です。

②ハワイ・ポノイ

出典:写真AC

有名なハワイアンミュージックの2曲目は「ハワイ・ポノイ」で、現在のハワイ州歌です。作詞はカラカウア王が担当しており、もとはハワイ王国後期の国歌で、カラカウア王・リリウオカラニ女王の治世に歌われました。

③タフアフアイ

有名なハワイアンミュージックの3曲目は「タフアフアイ」で、アメリカ本土では「ハワイアン・ウォー・チャント」と呼ばれます。原曲はカラカウア王とリリウオカラニ女王の弟が作曲しており、アメリカでジャズを取り入れてアレンジされました。

④ハワイアン・ウェディングソング

Photo by ewen and donabel

有名なハワイアンミュージックの4曲目は「ハワイアン・ウェディングソング」で、ハワイではフラや結婚式に使われる曲です。

原曲はハワイ語で書かれていますが、欧米・日本でも各言語で多くの歌手がカバーしています。有名なカバーはアンディ・ウィリアムスによるものや、映画「ブルー・ハワイ」の劇中でエルヴィス・プレスリーが歌ったものです。

ハワイアンミュージックでハワイ気分!

出典:Pexels

日本でハワイ気分を楽しもう!

ハワイアンミュージックは手軽にハワイの雰囲気を感じられるので、ハワイが恋しくなったときに打ってつけです。ハワイアンミュージックはさまざまな音楽と混ざりあっていて多様な曲がありますので、好みの曲を探してはいかがでしょうか。

Sato
ライター

Sato

森林浴が好きで、旅先では各地の自然に触れるのが一番の楽しみです。 自然や街並みを切り取った風景画も好きなので、題材になりそうな景色を探して歩くことや、古くからの街並みの散策や美術館巡りも好きです。

今、あなたにオススメの記事

関連記事

人気ランキング