ホノルル空港の暇つぶしは何をするのがおすすめ?空港でできることをご紹介!

ホノルル空港の暇つぶしは何をするのがおすすめ?空港でできることをご紹介!

ハワイ旅行でホノルル空港に来た時は到着時も出発時も暇つぶしが必要になることがあります。この暇つぶしもホノルル空港内にどんな施設があるのか分からなければ時間を有効活用できません。そこで、この記事では到着時・出発時それぞれのおすすめの暇つぶし法を紹介します。

目次 [表示]

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業などが行われている場合があります。最新情報は公式サイト・SNSなどをご確認ください。

ホノルル空港の基本的な暇つぶしの方法

ホノルル空港での暇つぶしは入国や出国や乗り継ぎでできることが変わりますが、まずどの場合にもできる暇つぶしを紹介します。難しく考えずに暇つぶしをしたいという方はここで紹介する方法を考えてみましょう。ちなみにホノルル空港は2017年5月からダニエル・K・イノウエ空港に名称が変更されています。

ラウンジでVIP気分を味わう

ラウンジでは飲食物が無料で提供されているので、ラウンジが利用できるのであればレストランを探すよりもここに来た方がお金をかけずに時間を潰せます。またラウンジは電源が完備されているので、ちょっとした仕事をこなせますし、女性であればパウダールームも利用可能です。

ホノルル空港の有料Wi-Fi:Shaka Netを利用する

Photo byIsucc

pixaboy

空港内のWi-Fiを使うのも暇つぶしの1つの方法です。Shaka Netは有料のWi-Fiで、2時間の利用で6.95ドル(およそ750円)、24時間の利用で8.95ドル(およそ966円)で利用可能。ネットがつながればNETFLIXやYou Tubeなどの動画サイトで簡単に時間を潰せるので、動き回るよりも手がるに暇つぶしをしたい場合にはShaka NetでWi-Fiを契約してしまいましょう。

ホノルル空港の喫煙所:喫煙者は喫煙所で暇つぶし

フリー写真素材ぱくたそ

PAKUTASO

ホノルル空港では2階の出発ロビー付近に喫煙所があるので、タバコを吸う方はここで時間をつぶすことも考えましょう。ちなみにハワイでは喫煙に対する罰則が厳しいので喫煙所以外での喫煙が見つかった場合100ドル(およそ10,800円)の罰金が課せられます。罰則が非常に厳しいので、ハワイでタバコを吸う場合は必ず喫煙所で吸うようにしましょう。

入国時(ホノルル空港に到着した時)や乗り継ぎ時の暇つぶし

待ち合わせや乗り継ぎで暇つぶしすることがありますが、ホノルル空港では入国時は買い物する場所やレストランなどの暇つぶしスポットはあまり充実していません。なので、これからの旅行に必要な情報収集や、両替・現地での情報収集など、時間に余裕があるうちにやっておきたいことなども含めて暇つぶし方法を紹介します。

スタバでドリンクを確保!暇つぶしはバゲージクレームへ

Photo by mersy

flicker

入国時に使えるスタバは第2ターミナル2階のLobby6と第1ターミナル1階にあります。どちらも持ち帰り用のドリンクや軽食の販売がメインなので、店舗内で落ち着いて暇つぶしするのは難しいです。また第2ターミナルのスタバは屋外にあり、暑さに耐えられません。なので、第1ターミナル1階の店舗でドリンクなどを確保して、Baggage Claim 9-11にあるベンチなどで乗り継ぎまでの暇つぶしなどをすると良いです。

ホノルル空港で旅行の情報収集

旅行の計画の時点である程度情報収集をしていると思いますが、現地でも旅行の情報収集をしてみましょう。空港には日本語で書かれた現地のおすすめスポットなどが書かれたフリーペーパーがラックに置かれています。日本で手に入る旅行雑誌よりも現地の雑誌の方が地元の情報をリアルタイムに反映しているので、ここで新たに情報収集して面白そうなスポットや買い物する場所を探すのも楽しい暇つぶし法の1つです。

「Baggage Claim 6-8」エリア

Photo by mersy

flicker

ここでは無料Wi-Fiが飛んでいます。先述の通りShaka Netで有料のWi-Fiを利用することも可能ですが、乗り継ぎなどの暇つぶしに時間をかけたくなければ、このエリアの無料Wi-Fiを利用してネットサーフィンを楽しむのも1つの手です。Shaka Netはあくまでも空港内の有料Wi-Fiなので、移動が面倒でなければここに来てしまいましょう。

両替は時間に余裕があるうちに済ませてしまおう

Photo byPhotoMIX-Company

pixaboy

時間があるうちに両替しておくのも1つの暇つぶし方法です。入国ロビー付近は銀行や両替用のATMなどもたくさんあります。ただし空港の両替所は街中の銀行や民間の両替所よりもレートが悪く、手に入る米ドルが少なくなることも。なのでタクシー代・レストランなどでのチップ代など最低限の現金確保にとどめ、現金がたくさん必要なのであれば情報収集をしながらどの銀行や両替所がおすすめかを調べておきましょう。

入国時の暇つぶしの注意点とポイント

Photo bypaulracko

pixaboy

入国時の暇つぶしには注意点やポイントが1つずつあり、特に注意点については、2001年に発生した同時多発テロ事件の影響からテロ対策への意識が高まり、空港内での不審人物や不審物の取締が強化されています。入国時のポイントとしては現地で友達と待ち合わせするなら空港以外の方がいいかもしれません。

暇つぶしの注意点:あまり長時間入国ゲート内にとどまると怪しまれるかも!

Photo bypornfree

pixaboy

まず入国時の暇つぶしの際は、到着ロビーを出る前の長時間の暇つぶしをするのは控えましょう。ホノルル空港でも、2001年以降テロ対策の一環として不審人物の取締が強化されています。そのため到着後に入国審査や手荷物の受け取りをせずにウロウロしていると係員に呼び止められ、場合によっては別室で取り締まりを受けることも。なので、入国時に暇つぶしが必要な場合は一旦到着ロビーを出るようにしましょう。

暇つぶしのポイント:友達との待ち合わせならホテルの方が良いかも?

Photo by Kentaro Ohno

flicker

現地で友達と待ち合わせをしていて、ホノルル空港に到着してから暇つぶしが必要な場合は、ホテルで待ち合わせた方が良いかもしれません。ホノルル空港では入国時の暇つぶし方法が限られている上に、大きなスーツケースを持って移動を続ける必要があり体力的にも負担が大きいです。乗り継ぎであれば空港にいる必要がありますが、その他の理由で暇つぶしをする場合はホテルに行ってしまうことも考えましょう。

出発時(日本に帰国する時)の暇つぶし

出発時の暇つぶしはノープランでも十分楽しめます。ホノルル空港は出国ロビーを通過した後の暇つぶし方法は非常に充実しており、事前の準備不要でいくらでも時間をつぶすことが可能。お土産の調達・ブランド品の購入といった買い物や、レストランや軽食の確保など、暇つぶしの手段はいくらでもあるので最後のハワイ旅行を十分楽しめます。

買い忘れたお土産の調達

ホノルル空港では出発ロビー通過した後でも土産の調達には困りません。旅行中や帰国当日に空港に行くまでにお土産を買う方もいるかも知れませんが、荷物がかさばる原因にもなります。なるべく荷物の負担を軽くして旅行に行きたい場合は出発ロビーを通過するまでお土産の調達は避けて、飛行機に乗る直前にマカダミアナッツなどのお土産を買った方が良いでしょう。

自分用のお土産の調達

出発ロビー通過後のスペースにはラルフローレン・エルメス・バーバリーなどの高級ブランド店や、タバコ・酒・腕時計などの販売店も沢山あり、免税店も充実しています。各種観光スポットでしか手に入らないアイテムでなければここで十分買い物を楽しめるので、宝飾品・嗜好品など自分のお土産の購入は空港まで待っても大丈夫です。

機内飲食用のお菓子・飲み物の調達

サンドイッチ・お菓子・ペットボトルの飲み物などが置かれているお店もたくさんあり、搭乗までに小腹がすいた時もいくらでも対応は可能。また、「機内食が苦手」という方もここなら様々な軽食類やスターバックスなどもあるので、機内での飲食物を確保できます。米ドルの現金が手元に残っているのであればここで細かい買い物をして現地通貨を消化してしまうのもいいです。

フードコート

出国ロビーはフードコートもあります。バーガーキング・カリフォルニアピザキッチン・ピンクベリー(スムージー)・チョウメンエクスプレス(中華料理)などなどレストランの種類も豊富なので、ここで時間をつぶすのもアリです。フードコートはもちろん椅子と机もあるので、他の場所よりは比較的リラックスして時間を潰せます。日中は他の搭乗客も同様にフードコートに来るので席はなるべく早めに確保しておきましょう。

4〜5時間の暇つぶしなら空港外に出ても良いかも!

Photo byFree-Photos

pixaboy

飛行機の乗り継ぎが必要な場合、長い時には4〜5時間と長時間の暇つぶしが必要になることもあります。タクシーに乗れば20分程度で観光スポットやショッピングセンターに買い物に行くことも可能。飛行機に乗り遅れないように注意は必要ですが、長時間の暇つぶしであればここで紹介する方法も考えてみましょう。

チャイナタウン・カメハメハ大王像・出雲大社

チャイナタウンはホノルル空港日から来るまで20分近くの場所にあり、レストランが充実しているので現地到着後に小腹がすいたら立ち寄ってみましょう。またチャイナタウンから徒歩10分ほどのところにハワイの出雲大社があり、外国にいながら日本の文化を感じられます。またチャイナタウンから来るまで7〜8分のところにカメハメハ大王像もあるので、ここに記念写真を取りに行くのも良いです。

パールハーバー

空港から車で20~30分ほど移動すればパール・ハーバーにも行けます。パール・ハーバーは日本軍の奇襲によって始まった第2次世界対戦の舞台となった場所で、歴史を学べる場所です。パール・ハーバーは観光地としての施設が充実しており、全部回りきるなら3~4時間ほど必要ですが、「太平洋航空博物館」なら1〜2時間くらいで回れて、第2次世界対戦の戦争の歴史を知ることもできます。

Ke'ehi Lagoon Beach Park(ケエヒ・ラグーンビーチパーク)

空港近辺でゆったりしたいならKe'ehi Lagoon Beach Park(ケエヒ・ラグーンビーチパーク)も良いです。ここは空港から行ける最も近いビーチで、手軽にハワイの海岸を感じたい場合は簡単に足を伸ばせます。周囲の買い物場所スポットなどはあまり充実していませんが、近くを通る飛行機ときれいな海を1枚の写真に収められるので、ハワイ旅行の思い出の写真を取るのも良いです。

パールリッジセンター

パールリッジセンターはホノルル空港から来るまで15~20分くらいで行ける、「アラモアナ」に次いでハワイで2番目に大きなショッピングセンターです。現地人向けのお店が立ち並んでいるので、現地人が好むレストランがあったり商品をお土産に買い物したい時はここに立ち寄ってみましょう。ディスカウントストアや各種量販店もあるので、旅行中の必需品を調達できます。

【まとめ】入国時の暇つぶしは事前準備を!出国時は最後の旅の思い出つくりを!

ホノルル空港(ダニエル・K・イノウエ空港)は出国時は各種売店やレストランもたくさんあるので暇つぶしには事欠きませんが、入国時には予め準備をする必要もあります。飛行機の乗り継ぎなど長時間の暇つぶしであれば近場の観光スポットにもいけますが、1〜2時間程度の暇つぶしであればあまり遠出はできませんので、ネット環境を整えたり旅行で必要なことをしたりしながら時間を潰しましょう。

SHINJI.com
ライター

SHINJI.com

読者に役立つ情報を作成できるようがんばります!

今、あなたにオススメの記事

関連記事

人気ランキング