韓国語で「どういたしまして」は何という?お礼を伝える返事のフレーズを解説!

韓国語で「どういたしまして」は何という?お礼を伝える返事のフレーズを解説!

韓国語で「どういたしまして」は何というのか解説します。「どういたしまして」と同じ意味合いで使えるお礼を伝える返事のフレーズを全て紹介。「こちらこそありがとう」と返事する時の例や、韓国語の発音のコツについても説明しています。

記事の目次

  1. 1.韓国語で「どういたしまして」は何と言う?
  2. 2.韓国語の「どういたしまして」はフレーズが多い?
  3. 3.韓国語の「どういたしまして」のパターンを全て紹介!
  4. 4.結局何を覚えればいい?
  5. 5.「こちらこそありがとう」と返事する時は?
  6. 6.韓国語は「ありがとう」も多い?
  7. 7.韓国語の発音のコツ
  8. 8.韓国語の「どういたしまして」を覚えて感謝に応えよう!

韓国語で「どういたしまして」は何と言う?

Photo by MikeBlogs

日本語で「ありがとう」と言われたら、「どういたしまして」と返しますよね。韓国語で「ありがとう」を意味する「カムサハムニダ(감사합니다)」を言われたら、何と返事すれば良いのでしょうか。韓国の日常会話で使える、韓国語での「どういたしまして」のフレーズについてご紹介します。

韓国語の「どういたしまして」はフレーズが多い?

Photo byFree-Photos

日本語では、「ありがとう」などのお礼に対する返事として「どういたしまして」以外にも「とんでもございません」「いえいえ」「こちらこそ」などのフレーズがありますよね。これは韓国語でも同じで、色々なフレーズを同じ意味合いで使っていることがあります。日本語と韓国語は似ているところがあり、別の言葉でも同じ意味を持っていることが多いようです。

韓国語の「どういたしまして」のパターンを全て紹介!

Photo bygeralt

韓国語で「どういたしまして」に当たるフレーズを全て紹介します。それぞれ意味は違っても同じ意味合いで使われている言葉なので、何を使っても問題ありません。複数のフレーズを覚えれば状況に合わせて使いこなすこともできるので、ぜひたくさんの「どういたしまして」を覚えていってください。

チョンマネヨ(천만에요)

フリー写真素材ぱくたそ

韓国語のテキストなどによく記載されているのが、この「チョンマネヨ(천만에요)」。直訳すると「千万です」となり、「あなたの感謝の気持ちだけでいっぱいです」という意味になります。ただしこの「チョンマネヨ」、テキストに記載されているものの堅苦しい表現のようで、実際に使う韓国人はほとんどいません。実際に使う時には他のフレーズを使うことがおすすめです。また、砕けた表現として「チョンマネ(천만에)」があります。

より丁寧な表現

「チョンマネヨ」のもっと丁寧な表現として、「チョンマネ マルスミンミダ(천만의 말씀입니다)」というフレーズがあります。覚えておいて損はありませんが、実際に使うシーンというのはそこまで多くないので、必ずしも覚える必要はないでしょう。

ケンチャナヨ(괜찮아요)

Photo byTeroVesalainen

「ケンチャナヨ(괜찮아요)」は「大丈夫です」という意味の韓国語ですが、「どういたしまして」と同じ意味合いで使われるフレーズです。「チョンマネヨ」というには堅苦し過ぎる場合、この「ケンチョナヨ」もしくは「ケンチャナ」が丁度良い表現でしょう。ちなみに「ケンチャナヨ」は丁寧な表現なので、友達同士の会話では「ケンチャナ(괜찮아)」といった砕けた表現がベストです。

ネ(네)

Photo by quinn.anya

「ネ(네)」は日本語で「はい」という意味ですが、韓国ではお礼に対する返事として使えます。実際、韓国で「ありがとう」と言われた時に返ってくる言葉は「ネ」がほとんどで、「どういたしまして」という意味合いのフレーズはあまり使われません。一文字で発音も難しくないので、覚えるのも簡単です。最も無難な返しなので、ぜひ覚えておきましょう。

アニエヨ(아니에요)

Photo by sboneham

「アニエヨ(아니에요)」は、日本語で「いいえ」という意味の韓国語です。感謝の言葉に対して謙遜する時のフレーズとして使えます。ちなみに「アニエヨ」は丁寧な表現ですが、「アニヨ(아니요)」「アニ(아니)」といった砕けた表現もあるので、目上の相手には「アニエヨ」、友人や同僚には「アニヨ」や「アニ」を使うと良いでしょう。

テッソヨ(됐어요)

Photo bygeralt

「テッソヨ(됐어요)」は、日本語で「結構です」という意味の韓国語です。「ありがとう」に対して「結構です」という返事は冷たい気もしますが、韓国では使っている人が多いフレーズでもあります。ちなみに「テッソヨ」も丁寧な表現で、砕けた表現は「テッソ(됐어)」です。

コマプキニヨ(고맙긴요)

Photo byalbertoadan

「コマプキニヨ(고맙긴요)」は、日本語で「ありがとうだなんて」という意味の韓国語です。相手に対して「感謝される程のことはしていません」と言いたい時のフレーズとして使えます。こちらも砕けた表現として「コマプキン(고맙긴)」というフレーズがあるため、友達同士の会話ではこちらを使うことがおすすめです。

ピョル マルスムル タ ハシムニダ(별 말씀을 다 하십니다)

Photo byFree-Photos

「ピョル マルスムル タ ハシムニダ(별 말씀을 다 하십니다)」は、日本語だと「とんでもございません」という意味の韓国語です。お礼の言葉に対する最上級の返事として使われます。韓国のビジネスシーンで使うことがあるので、韓国で働く方や取引をする方は覚えておくと良いでしょう。ちなみに砕けた表現として「ピョル マルスムル(별 말씀을)」というフレーズがあります。

結局何を覚えればいい?

Photo byqimono

韓国語での「どういたしまして」のパターンを全て紹介しました。覚えておいて損はありませんが、全部覚えるのは大変だという方も多いはず。そんな方には、「ネ」だけでも覚えておくことをおすすめします。発音も一文字で簡単ですし、何より実際に使われていることの多い言葉です。「はい」という意味の言葉なので、お礼への返事以外にも肯定表現をする時にも使えます。

「こちらこそありがとう」と返事する時は?

Photo by bunnicula

「どういたしまして」や「とんでもございません」ではなく、「こちらこそありがとう」と返事したい時もあるでしょう。そんな時には「チョヤマルロ コマウォヨ(저야말로 고마워요)」というフレーズが使えます。「チョヤマルロ」は「こちらこそ」、「ロマウォヨ」は「ありがとう」という意味の韓国語です。

韓国語は「ありがとう」も多い?

Photo byTheDigitalArtist

「どういたしまして」と同じ意味合いで使える韓国語のフレーズを紹介しましたが、実は韓国語には「ありがとう」を意味する言葉も数多く存在します。「ありがとう」が分からなければ「どういたしまして」も使うタイミングも分かりません。韓国語での感謝の言葉を以下に簡単にまとめたので、参考にしてください。

韓国語の「ありがとう」リスト

日本語 韓国語
感謝します カムサハムニダ(감사합니다)
感謝致します カムサトゥリムニダ(감사드립니다)
感謝です カムサヘヨ(감사해요)
ありがとうございます コマスムニダ(고맙습니다)
ありがとう コマウォヨ(고마워요)
ありがとう(親しい人向け) コマウォ(고마워O)
どうも コマッタ(고맙다)

韓国語の発音のコツ

Photo byRyanMcGuire

韓国語の「どういたしまして」と「こちらこそありがとう」、「ありがとう」について分かりました。しかし、実際のカタカナ読みでそのまま発音してしまうと、韓国人からしてみればカタコトの韓国語に聞こえてしまいます。韓国語の発音のコツも解説しますので、参考にしてください。

「ヨ(요)」の発音

丁寧な表現を用いる時によく出てくるのが「ヨ(요)」。この「ヨ(요)」の発音は、できるだけ口を突き出すようにして発音します。日本人は言葉を発する時に口を大きく動かしませんが、韓国語は口の形が非常に重要です。恥ずかしがる方も多いですが、大げさなくらいに口を動かして発音してみましょう。

「ケン(괜)」の発音

「ケンチャナヨ」で使われる「ケン(괜)」も、日本人には発音が難しい文字です。カタカナ表記では「ケン」と書かれることが多いものの、実際の読み方は「クェン」に近いとされています。「ケンチャナヨ」も「クェンチャナヨ」という風に発音すると現地でも通用するので、発音の際は意識すると良いでしょう。

「ネ(네)」の発音

肯定の意味を持つ「ネ(네)」の発音ですが、人によっては「デ」と発音している人もいます。実は韓国語では「ネ」と「デ」の区別がなく、両方とも同じ言葉として使われているようです。ネイティブのように発音してみたいという方は、「デ」と発音してみても良いでしょう。

韓国語の「どういたしまして」を覚えて感謝に応えよう!

Photo bygeralt

韓国語の「どういたしまして」について紹介しました。韓国語では感謝に対する返事のフレーズがたくさんあること、テキストに記載されている「チョンマネヨ」はあまり使われないことがお分かり頂けたと思います。全てのフレーズを覚える必要はありませんが、複数のフレーズを使い分けられると非常に便利です。たくさんの韓国語を覚えて、韓国人との日常会話を楽しみましょう。

ハズ佐藤
ライター

ハズ佐藤

妻と旅をする事が趣味の自称・愛妻家です。 夫婦やカップルで楽しめる観光名所や人気スポットをご紹介できればと思います。

関連記事

人気ランキング