チェンマイの定番観光スポット20選!人気の名所など間違いないスポットをご紹介!

チェンマイの定番観光スポット20選!人気の名所など間違いないスポットをご紹介!

チェンマイはタイ北部最大の都市で、美しい古都として人気の観光地です。寺院や民族、自然や動物、ナイトバザール、そして最近では、おしゃれなカフェエリアなども人気があります。見所がたくさんの、チェンマイ定番観光スポットご紹介します!

目次 [表示]

チェンマイの基本情報

タイの北部最大都市のチェンマイは、山や川と自然も多く、避暑地としても有名です。その美しい古都の街並みから「北方のバラ」と言われ、日本人の間では「タイの京都」とも言われています。バンコクより、物価が安く、人も素朴なので、過ごしやすいと人気の観光地です。

チェンマイへの行き方

タイの首都バンコクからチェンマイまでは、飛行機、バス、電車で移動することができます。バンコクから飛行機なら60分〜70分と移動手段の中で最短で到着します。バスなら9時間〜12時間。電車なら12時間〜15時間です。予算をおさえるのであれば、バスか電車になりますが、バスの方が少し安いです。電車もバスもエアコンあり、なし、などランクによって料金はかわってきます。

チェンマイ観光の面白い見どころ

チェンマイには、かつての王朝が築いた100以上の寺院や仏像などの、歴史情緒あふれる名所がたくさんあります。周辺は、緑豊かな山や川に囲まれていて、動物サファリや山岳民族ツアーなど見どころ盛りだくさんです。最近は、おしゃれなカフェやアートギャラリーも多く、ショッピングやスパ、マッサージを楽しむ女子旅の定番都市でもあります。チェンマイはそんな温故知新の観光名所が面白い場所です。

チェンマイ観光の中心は旧市街

チェンマイ観光の中心は、四方を城壁に囲まれたお堀の中、旧市街に凝縮されています。景観を守るため高層ビルなどもなく、古都の雰囲気が守られています。旧市街内は徒歩でもまわれる広さです。有名な寺院や、おしゃれなカフェもたくさんあります。観光メインの人は、旧市街、ピン川沿いの新市街周辺などのホテルを利用すると間違いなく便利です。

古都チェンマイの定番人気のお寺巡り

お寺巡りにはタクシー、ソンテウ、トゥクトゥクも便利ですが、自由にまわれるレンタサイクルやレンタルバイクもおすすめです。レンタル屋は旧市街に多く、特に観光客の多い東門(ターペー門)やナイトバザール周辺に集まっています。料金は、自転車1日50〜60バーツ(200円くらい)、バイク1日100〜250バーツ(1000円以下)。自転車やバイクで利用すれば、面倒な値段交渉もいらず、穴場のスポットやマイナーなお寺の探索も自由に楽しめ、自分だけの面白い旅の発見できるかもしれません。バイクのレンタルには国際免許証が必要です。

間違いない人気!有名なお寺をご紹介!

チェンマイは旧市街周辺だけでなく、郊外にも多くのお寺があります。ワットとはお寺を意味します。ほとんどのお寺が無料、ドネーション制です。タイは常夏で蒸し暑い気候ですが、お寺を参拝する時は、タンクトップ、キャミソール、短パンなどの肌の露出はNGです。お寺でショールや羽織ものを貸してくれるところもありますが、持参した方がよいでしょう。定番人気の有名なお寺をご紹介します。

チェンマイ市内を一望!ワット・プラタート・ドイ・ステープ

ワット・プラタート・ドイ・ステープは、中心部から車で30分ほどのところに位置し、標高1676mのステープ山の山頂にある寺院です。とても人気のある名所で、ブッタの骨が納められていると言われる仏舎利もあり、由緒ある寺院です。そして、なんといっても見どころは、チェンマイ市内を一望できる展望です。晴れた日中もおすすめですが、口コミでは、早朝、夜明け前に登頂し、朝日を拝むコースや、夕方から夜にかけてロマンチックな夜景を堪能するコースなども人気です。

のんびりとした雰囲気ワット・プラシン

ワット・プラシンはチェンマイでも格式の高いお寺です。このお寺の見どころは、黄金のプラシン仏(シヒン仏)。本堂の裏手のラーイカム堂にあるので、見逃さないように気をつけましょう。敷地内は広く、ベンチなどもあります。僧侶たちの学校もあり、昼時は小坊主たちの賑やかな声が聞こえてくる、のどかなお寺です。場所は旧市街の中心地にあります。

インスタ映えスポットも?ワット・チェディ・ルアン

ワット・チェディ・ルアンは、ワット・プラシンから徒歩15分、ターペー門から10分ほどの中心地にあります。巨大な仏塔が有名です。口コミでは、本堂の赤と黒を基調とした豪華な装飾、シャンデリア、天井から吊るされた十二支の短冊などが圧巻する美しさと評判です。また、夜になるとライトアップされ、昼間とは違う幻想的な雰囲気も人気があります。

市内で1番大きいワット・チェンマン

ワット・チェンマンは、旧市街の北門からすぐ、ターペー門から徒歩15分。チェンマイ最古のお寺です。見どころは、15頭の像が支える仏塔です。本堂は朱色と金色の内装が美しく、珍しい大理石と水晶の仏像が祀られています。また、ブッタの一生を描いた壁画も面白いです。

チェンマイ郊外にある定番観光名所

チェンマイ中心市内から日帰りで行ける定番観光名所は、レンタルバイク、貸切タクシーを利用したり、送迎付きのツアーに参加すると便利です。

首長族の村

首長族とはカレン族のことで、小さい頃から、首に少しづつ輪っかをはめて、首を長く伸ばしている民族です。首を長く見せる理由は、色々と推測されていますが、正確なことは分かっていません。本来の首長族の村は、ミャンマー国境近くで、チェンマイから車で6時間と少し距離があります。そこで、チェンマイ市内から車で30分ほどのLong Neck Karen Campという観光用に作られた首長族の村があるので、時間のない方におすすめです。首長族の他にも、有名な山岳民族にも出会えます。

モン族の村

山岳民族のモン族が作り出す刺繍は、色鮮やかで細密なデザイン、女子ならテンションが上がること間違いないでしょう。モン族を見学できる集落は、ドイ・ステープ山をさらに30分ほど登ったところの国立公園内のドイ・プイ村にあります。土産物屋、博物館、コーヒーの木、いちご畑、モン族の衣装を着て記念撮影など楽しめます。見どころは、モン族が運営する絶景カフェです。

サンカムペーン温泉とドイサケット温泉

チェンマイの郊外には温泉がたくさんあります。その中でも車で1時間ほどで行ける、定番人気の温泉が、サンカムペーン温泉とドイサケット温泉です。サンカムペーン温泉は、個室、グループ入浴室、足湯、水着着用の温水プール、マッサージまであり、疲れた身体を癒せます。ドイサケット温泉は、近年リニューアルされました。

子連れ旅行に間違いない人気!動物と触れ合える人気の観光名所

自然に囲まれたチェンマイの見どころのひとつとして、動物と触れ合える施設が多いことがあげられます。子連れ旅行で楽しめる間違いない、面白い定番スポットをご紹介します。

メーサーエレファントキャンプ

柳楽優弥主演の映画「星になった少年」のロケ地でもあるメーサーエレファントキャンプは、象と触れ合える施設です。自然の中を象の背中に乗って散歩をしたり、象のショーなども楽しめます。象がサッカーをしたり、絵を描いたりしてくれます。周辺には、首長族のLong Neck Karen Campや、タイガーキングダムがあるので、合わせて観光するツアーもあります。

タイガーキングダム

タイガーキングダムでは、虎やライオンと触れ合い、一緒に記念撮影ができる施設です。人気のホワイトタイガーなどお好みの動物を選べます。動物たちは、この施設で飼育されているので、人間との触れ合いにも慣れています。

ナイトサファリ

ナイトサファリという名ですが、日中もやっています。専用バスに乗って、キリンやシマウマ、ヒグマやホワイトタイガーなどを、間近に見てまわれます。動物たちのさまざまなショーもあります。この施設の周辺は国立公園なので、訪れる際は、往復の移動手段を確保しておきましょう。送迎付きのツアーもあります。

自然と触れ合う名所

山に囲まれたチェンマイは、少し郊外へ足をのばすと、大自然のアクティビティーも楽しめます。

メーサー滝

市内中心地から車で30分ほどの場所にある、ハイキングをしながら滝や水遊びを楽しめる人気の観光名所です。ハイキングコースは整備されているので、お子様連れでも楽しめるのは、間違いないでしょう。近くには、メーサーエレファントキャンプや首長族の村もあります。

ロイヤルパーク・ラチャプルック

花博覧会の会場であり、現在は王立公園になっています。日本では見られないような花植物が楽しめます。市内からのアクセスは悪いのですが、ナイトサファリからは近いので、セットで訪れるといいでしょう。

チェンマイは雑貨天国!ショッピング

チェンマイでお土産選びに困ることはありませんが、悩むことは多いかもしれません。それほど民芸品、雑貨などのレベルが高く、世界各国からバイヤーの人も多く訪れます。

観光向けナイトバザール

チェンマイの夜の見どころといえば、ナイトマーケット。毎日、夕方5時頃から深夜まで開催されています。開催地はいくつかあります。どこの市内中心地からアクセスしやすい場所です。お土産品、民芸品、ローカルフードの屋台が立ち並び、観光客で賑わいます。

値段交渉も面白い!?サンデーマーケット

サンデーマーケットは日曜日の夕方5時頃から始まるナイトマーケットです。場所は、旧市街地内のターペー門から伸びる通りに、多くのお店が並びます。民芸品や雑貨、絵画、屋台など立ち並びます。毎日開催されている観光向けのナイトマーケットより、商品価格は、少し安いです。面白いお土産品が見つかること間違いないでしょう。疲れたら青空フットマッサージのお店もおすすめです。

チェンマイの台所ワローロット市場

チェンマイの台所、最も古い地元民向けのマーケットです。食料品、洋服などから民芸品まで、現地価格で、なんでもそろいます。こちらもナイトマーケットより、価格は安いです。

チェンマイの代官山ニマンヘミン通り

チェンマイの、代官山、青山と言われるニマンヘミン通り周辺。おしゃれなカフェや雑貨店が多くあり、女子旅定番人気エリアです。MAYAという大きなショッピングモールも近くにあるので、ショッピングを楽しみたい人には間違いないでしょう。

人気のカフェ巡り

近年、チェンマイのおしゃれなカフェのクォリティーの高さは、間違いないと評判です。本格的なバリスタのお店から、アートギャラリーが併設されたお店など、さまざまなカフェがあるので、お気に入りのカフェを見つけて、観光の合間にひと息入れるのもよいでしょう。特にニマンヘミン周辺が女性に人気です。

口コミで大人気の有名店!Ristr8to(リストレットコーヒーラボ)

Ristr8toは、ニマンヘミンエリアにあり、観光客や地元の若者で賑わっています。おしゃれな店内と、美味しいコーヒーを楽しめます。世界ラテアート大会で優勝したオーナーのユニコーンラテが口コミで大人気です。

Ristr8to

面白い口コミ観光名所

チェンマイは、物価も安く、過ごしやすいため、老後を過ごす人や、ノマドワーカーなどの移住地としても有名です。日本人も多く滞在しているので、日本語の口コミ情報も満載です。

お寺でマッサージ!?

タイといえば、タイマッサージですが、チェンマイのお寺にはマッサージ屋さんが併設されているところもあります。しかも、街中のお店より少し料金が安いです。ターペー門から徒歩5分のワットマハワン内にあるマッサージ施設が、口コミで人気があります。エアコンもなく、半分外のような質素な施術所ですが、マッサージ師の腕は間違いないとリピーターも多いです。

お寺?みたいなスタバ!?

チェンマイには、おしゃれなカフェがたくさんあるので、わざわざ世界的チェーン店のスタバに行かなくても、いいと感じるかもしれません。しかし、ここのスタバは、ひと味違います。チェンマイ寺院建築で見られるランナー建築様式なんです。場所は中心地より南に、車で30分ほどのところにある、カッドファンビレッジという屋外ショッピングモール内にあります。

カッドファンビレッジ

バンコクだけじゃなかった!ピンクのガネーシャ像

バンコクの郊外にある巨大なピンクのガネーシャ像は、ご利益のある、インスタ映えスポットとしても有名です。実はチェンマイにもピンクのガネーシャ像があります。旧市街内と外、アクセスのしやすい場所2箇所にあります。どちらもバンコクのピンクのガネーシャ像より小さいですが、人気が広がっています。高速で願いが叶うと口コミで噂のピンクのガネーシャ像。ネズミに願い事をささやく時には、ネズミの片方の耳を閉じて、願い事が漏れないようにするのがポイントです。ちなみにガネーシャ好きの人にはガネーシャ博物館もおすすめです。

ガネーシャ博物館

まとめ

Photo bysasint

いかがでしたでしょうか。チェンマイの定番観光スポットをご紹介しました。ぜひ旅の参考にしてください!

キタミカ
ライター

キタミカ

世界を旅して35カ国以上。現在は、南インドにてシングルマザーで子育て中です。アジア、中米、ヨーロッパなど、子連れバックパッカーの旅もチャレンジしています。

関連記事

人気ランキング