上海ディズニーのまわり方ガイド!アトラクションなどの見どころは?

上海ディズニーのまわり方ガイド!アトラクションなどの見どころは?

上海ディズニーは日本から最も近い海外のディズニーリゾートです。日本よりも規模が大きく上海でしか体験できないアトラクションや、中華とディズニーの融合は見ものです!この記事では上海ディズニーの効率的な周り方や、アトラクションの見どころをそれぞれ紹介していきます。

目次 [表示]

上海ディズニーとは?

2016年に上海ディズニーランドは開業し、海外の中で一番新しいディズニーランドでもあります。中国総力で造り上げたと言われていて、建設費用は約6500億円と東京ディズニーシーの約2倍もの建設費用をかけたそうです。面積はアジア最大級で東京よりも遥かに大きいです。パーク内は7つのエリアに分かれていて、日本にはまだないエリアもあり、未体験の世界を楽しむことができます。人気アトラクションはファストパス制度も導入していて、上手く使いながらまわる必要があります。中国らしい雰囲気も味わえ、見どころたっぷりです!

上海ディズニーのまわり方①:アドベンチャーアイルへ

パーク内最大級の人気を誇るソアリン

さまざまなまわり方がありますが、まずアドベンチャーワールドへ向かいましょう。アドベンチャーワールド内にある「ソアリン」は、入園後すぐにファストパスを取らないとすぐになくなってしまう人気アトラクションです。屋内で乗るライド型アトラクションで、足が宙に浮きながら本当に飛んでいるかのような世界が繰り広げられます。その景色に合った香りや、水の噴射など五感を使って楽しむことができます。ソアリンの最大の見どころは世界の絶景を見られるところです。2019年に日本にもソアリンが誕生しましたが、日本との違いは特にありません。ちなみにファストパスを取らないで乗ると、待ち時間は3時間くらいかかってしまいます。

ロアリング・ラピッドでスリリングな体験を

ソアリンの近くにあるロアリング・ラピッドは、円盤型の乗り物に乗って急流に流されながらスリルを味わえるアトラクションです。アップダウンがかなりあり、くるくると回りながら進むので自分がどの位置にいるのかもわかりません。ジェットコースター系とはまた違いますが、冒険しているようなドキドキ感が味わえます。乗り終わったころにはびしょびしょに濡れてしまうので、あらかじめカッパを着ていると濡れることを気にせずに楽しむことができます。ファストパスもありますが、時間帯によっては並んでも20~30分ほどで案内されることが多く回転もいいです。混雑時は2時間待ちもあるので、できればファストパスを取っておきたいところです。

ディズニーでアスレチックが楽しめる

「チャレンジ・トレイル・アット・キャンプ・ディスカバリー」は、ディズニーでは珍しいアスレチックを楽しめるアトラクションです。かなり本格的なアスレチックで、ハーネスや命綱をつけて挑みます。難易度が高い場所もあり、なかなかハードなのですが、迂回ルートも選べるのでお子さんでも挑戦しやすいのが特徴。高さもありスリリングなのですが、ディズニーの景色を見ながらやるのも面白いですよ。

上海ディズニーのまわり方②:トレジャー・コーブへ

海外の中でも世界1!カリブの海賊

ソアリンの隣にあるので、効率的なまわり方ができます。日本でもおなじみ「カリブの海賊」ですが、上海のものはスケールがあまりにも違い、まさにアジア最大級ならではのアトラクションです。人気アトラクションで、これに乗るためにわざわざ海外からやってきた観光客も多くいます。見どころは何といってもプロジェクションマッピングを使った、映像技術のハイクォリティさではないでしょうか。船が落ちるところは日本とは違い、手に汗握ります。上海ディズニー内でも、とても魅力的なアトラクションです。人気アトラクションなのに、ファストパスには対応していません。ただ待っても20分くらいで乗れてしまいます。

カリブの海賊のショーを楽しむ

トレジャー・コーブならではの、「パイレーツ・オブ・カリビアン」を題材としたショーを開催しています。「エル・テアトル・ファンタンゴ」で行っていて、1日の公演回数がとても多いショーでもあります。全て中国語で行われ、アクションシーンを見ると鳥肌が立ちます。このショーの1番の見どころはやはり迫力のあるアクションで、ド派手な演出もあります。階段側の席に運よく座れると、演者さんたちがすぐ側まで来てくれるのでより楽しむことができます。話を理解していなくても、大人から子供まで楽しむことができるショーになっています。

のんびりゆっくりカヌーを漕ぐ

他のアトラクションとは違い、結構大変です。自分で漕がなければならないのですが、半分は自動で動いてくれるのでそこまで体力を消耗することもありません。のんびりゆったりカヌーを漕いで、まさに探検家になったかのような気分です。少しディズニーの喧騒を忘れたいなという時は、おすすめです。ただ回転率がとても悪いため、長い時間待つことがほとんどです。

上海ディズニーのまわり方③:ファンタジーランドへ

アリス・イン・ワンダーランドの世界に魅了される

「アリス・イン・ワンダーランド」の世界に、一気に引き込まれます。中でも人気なのが真ん中にある赤の巨大な女王の像。インパクトがあるため、ここで写真を撮る人がたくさんいます。巨大な迷路になっていて、至る所に置物や仕掛けがあって小さい子と一緒に回っても、楽しむことができます。迷路といっても解放感あふれる簡単な迷路なので、その点もまた人気の秘密です。最後にある洞窟部分は楽しいことが待っていますよ!混雑することはありませんが、朝や昼間の時間帯は混むこともあるので、時間を見計らって行くことをおすすめします。

初の試み「クリスタル・グロットへの旅」

園内最大級の広さを誇るファンタジーランドに、世界を代表するプリンセスに会えるアトラクションがあります。もちろんムーランにも会えます!最大級というだけあって、とても豪華なセットにさすが本場だなと感じることでしょう。最大の見どころは、お城の地下に船を進ませると出てくるプロジェクション・マッピングです。プリンセスの壁画が映し出され、それに合わせて音楽が鳴ります。音楽に合わせてプロジェクション・マッピングも変わっていくので、大人も楽しむことができます。お城の地下へ行くこと自体初の試みなので、乗っておきたいアトラクションです。日中と夜のライトアップの時間は比較的混んでいます。

見た目が可愛い絶叫マシーン「七人の小人のマイントレイン」

七人の小人とあってとても可愛い乗り物なのかと思いきや、日本でいう「ビッグサンダーマウンテン」のような絶叫系のアトラクションです。絶叫でも楽しめるのですが、途中七人の小人の世界を堪能でき、最後のシーンでもちょっとした仕掛けが待っています。右側の七人の小人のお家がヒントですよ。こちらも人気アトラクションで平均90分は待つので、ファストパスを取ると確実です。

上海ディズニーのまわり方④:ガーデン・オブ・イマジネーションへ

中国上海にしかない独自のエリア

海外初のエリアなので、当然日本にもまだありません。「空飛ぶダンボ」等子供に支持されているアトラクションや、マーベル・ヒーローが集まるパビリオン型施設もあります。アイアンマンの衣装やアイアンマンの模型、自分の手の動きが画面に反映される体験型アトラクションなど楽しみは盛りだくさん。壁にはディズニーキャラクターを干支で表現した壁画もあり、1つ1つに違いがありとても面白いです。美しいお花と緑の景色が広がり、夜になるとライトアップされたお城との融合も見どころです。中国の文化でもある桃の並木も見ておきたいところです。

「ワンダリング・ムーン・レストラン」で本場中国の味を堪能

ガーデン・オブ・イマジネーション内にある人気のレストランで、上海に来たなら食べたい中華がそろいます。ローカルな店で食べられるような本格的な味わいで、中国を代表する料理がいただけます。また「ワンダリング・ムーン・レストラン」の見どころは建物で、江南式を意識した世界遺産の庭園風になっています。日本とは違い、中国に来たんだと思わせる重厚な建物に魅了されます。店内のインテリアもエリアごとに様々で、とにかく豪華な造りになっています。足元にまでこだわったデザインも見どころです。

ミートミッキーは意外と穴場!

このエリアには、ミッキーに必ず会える「ミート・ミッキー」のお部屋があります。日本だと終日1時間待ちは当たり前なのですが、上海ディズニーはそこまで待つこともなくミッキーに会えます。上海ディズニー限定の衣装で迎えてくれるので、会いたくなってしまいますよね。1人にかけてくれる時間も長いので、心行くまでミッキーとの時間を楽しめます。

上海ディズニーのまわり方⑤:トイストーリーランドへ

アジア最大級だからこそ実現できた新エリア

2018年にオープンした新しいエリアで、海外だと他にパリや香港などにもトイストーリーランドはあります。とてもカラフルな色合いで、おもちゃの世界に紛れ込んでしまったような感覚に陥り、見ているだけでも楽しむことができます。トイストーリーランドの中にはアトラクションが3つあり、ショップや豊富な海外料理のレストランも完備されています。また海外初の「トイストーリーホテル」があり、一歩中に入るとトイストーリーの世界が広がる、アジア最大級ならではの世界観が広がります。

海外にはないアトラクションも見どころ

「ウッディのラウンドアップ」というアトラクションは、海外にはない上海オリジナルのアトラクションです。見た目は可愛いのですが、そのイメージとは違いアトラクション自体は結構激し目に動きます。ブンブン振り回されて遠心力も働き、左右にも動くので乗り物酔いする方はご注意を。とは言っても、爽快さを楽しむのには十分です。気になる待ち時間は大体20分くらい見るといいでしょう。2レーンあるので思ったほど混雑はしません。海外初のアトラクションなので、上海で体験してみることをおすすめします。

スリル満点「レックス・レーサー」

普通のジェットコースターとは違い、円弧型の形をしていて前後に動くアトラクションです。レールは見えているのに、いざ動き出すと自分がおもちゃになったかのように激しく揺さぶられます。最高到達点はとても高くて、上海ディズニーを一望できます。余裕のある方はぜひ景色を楽しんでください。ファストパスの対応がないので、スタンバイで並ぶ必要があります。

上海ディズニーのまわり方⑥:トゥモローランドへ

日本とは違いすぎる!パーク内最大級のスピードを体感しよう

トゥモローランドの人気アトラクション「トロン」は、時速100kmのスピードでレールを駆け抜けるジェットコースタータイプの乗り物で、映画「トロン」をイメージして作られました。時速100kmはパーク内最大級最速のアトラクションでもあり、スリリングな感じがたまらなく面白いです。バイクにまたがるようなイメージで背中をベルトで固定し乗るのですが、ものすごいスピードなので体が常にふわふわ浮いているような気分で刺激的です。人気アトラクションなのでファストパスがありますが、時期や時間帯によってはスタンバイで30分くらい並べば乗れるかもしれません。

高性能なバズライトイヤー・プラネット・レスキュー

日本でも人気のバズライトイヤーのアトラクションが、上海にも存在します。銃で撃っていくスタイルは日本と変わらないのですが、上海の方が光線銃の性能が明らかに違います。最先端の技術を駆使して、狙った場所にきちんと当たるようになっていて、光の出方もリアルです。どこに光があるのか常時点灯しているため、自分がどこを撃ったのかもすぐにわかります。人気なため日本で待つと60分くらいの時間がかかりますが、上海ではスタンバイで待って10分くらいで乗れてしまいます。ファストパス対応アトラクションですが、空いているので取らなくても大丈夫です。

高速回転が気持ちいい「ジェット・パック」

宇宙船型の乗り物に乗って、高速回転するアトラクションになっています。スピードが出るので乗り物酔いする方は注意して下さい。また高い位置まで来ると、トゥモローランドの景色が眺望できます。風を切ってとても気持ちがよく、空を飛んでいるかのような気分です。待ち時間はおよそ1時間くらい。ファストパスには対応していません。

上海ディズニーのまわり方⑦:ミッキーアべニューへ

運が良ければキャラクターに遭遇できる

アジア最大級のディズニーともあって、会えるキャラクターも様々。ミッキーアベニューではミッキー&フレンズや、ダッフィー&フレンズに会うことができます。その日によって出てくるペアや、1人で出てくるときもあるのでキャストさんに確認すると確実です。毎日どのキャラクターに会えるのかはお楽しみです。日本ではキャラクターに会える時間が決まっているので、その点は大きく違いますよね。キャラクターとたくさん触れ合えて、大人も子供も楽しむことができるエリアです。

「イル・パペリーノ」でゆっくりとした時間を楽しむ

「イル・パペリーノ」はワッフルとアイスクリームがメインのカフェ風で、ドナルドが経営しているお店という設定です。看板にはドナルドが描かれているので、すぐ目につきます。メニューのアイスクリームは蒙牛製を使っていて、ミルクの濃厚な甘みがおいしくてトッピングとの相性も抜群です。ワッフルも外はカリッとしていて、中はふわっとな食感で甘すぎずちょうどいいです。普通のワッフルとは違い、きちんとドナルドの型になっていて、食べるのがもったいないほど可愛いですね。

インスタ映え間違いなしのカップケーキ

見ているだけでも可愛い!そんなカップケーキが並ぶのが、ミッキーアベニュー内にあるお店「スウィートハート・コンフェクショナリー」です。ミニーマウスのお菓子のお店で、店内はミッキーとの出会いやミッキーとのストーリーが壁画に描かれています。キャラクターもののカップケーキはもちろん、クッキーやキャラメル・アップルなどもあります。

まとめ

今回はアジア最大級を誇る上海ディズニーランドのおすすめの効率的なまわり方や、おすすめのアトラクションを紹介していきました。エリアが7つに分かれているので、1日でまわるのはなかなか時間が足りませんが、見どころをおさえておくと効率よくまわれますよ。まわり方としては、ソアリンがあるアドベンチャーランドから反時計回りにまわるのがおすすめ。またアジア最大級の上海ディズニーは、海外初のアトラクションがあり、驚きがたくさんあります。日本からも行きやすいので、ぜひ上海ディズニーに足を運んでみて下さい。

麻衣
ライター

麻衣

海外旅行が特に大好きです。 これから旅行される方のお役に 立てればと思います。

関連記事

人気ランキング