アメリカのチップはいくら支払えばいい?金額の相場や目安、渡し方をご紹介!

アメリカのチップはいくら支払えばいい?金額の相場や目安、渡し方をご紹介!

アメリカ旅行のチップの相場は、合計金額の15%~20%です。レストランやホテルなど、状況に応じてチップの目安が変わってきます。現金やクレジットカードで、どのようにチップを払うのか、アメリカでスマートにチップを渡す方法を知っておきましょう。

目次 [表示]

チップとは?

フリー写真素材ぱくたそ

チップってどうやって払うの?

チップとは、サービスを受けた時に支払う感謝の意を込めた「心づけ」です。アメリカでは、常識であり義務でもある、と言われています。日本人に馴染みがうすく、どういう時に必要で、どういう時に必要ないのか悩むところです。

チップを支払うときに焦ったり迷ったりしないよう、旅行中のチップの目安や相場の基本を解説します。

アメリカでチップが必要な理由

フリー写真素材ぱくたそ

アメリカでチップが必要な事情は、サービス業の賃金体制にあります。アメリカでサービス業にたずさわる労働者の賃金は、基本低いのが現状です。チップが支払われないと、最低賃金以下になることもあり、労働者の生活が、困窮します。生活を維持するためにも、チップは必要不可欠です。

アメリカのチップの基本相場

Photo byFilipFilipovic

アメリカのチップの基本相場は、場所と状況により違いがあります。通常、レストランでは、合計金額の15~20%です。しかし、レストランの中でも、フルサービスとファストフード店では違ったり、ホテルでもセクションにより相場が違ったりします。場面を意識して行動しましょう。

アメリカのシーンごとのチップを解説

Photo byNowaja

アメリカでチップを支払う場面は、多くあります。さまざまな場所で、サービス業にたずさわる人たちがいるためです。レストラン・ホテル・タクシー運転手・空港・デパートなどについて、各シーンでのチップの金額や渡し方について解説します。お互いが、気持ちよく過ごせるよう配慮しましょう。

レストラン

Photo byTerriC

レストランの形態 チップの目安(合計金額に対し)
フルサービスのレストラン 15~20%(高級ホテルは最低20%)
ブッフェスタイル 10%
バー ドリンク1杯につき1ドル
ファストフード店 不要

レストランでのチップは、旅行中一番身近に感じるものです。ウエイターが付くレストランは、自分のテーブルに対し一人のウエイターが担当するので、他のウエイターに声をかけてはいけません。チップの計算やシステムに抵抗のある人は、ファストフード店やテイクアウトを利用することをおすすめします。

ホテルなどのフルサービスのレストラン

フリー写真素材ぱくたそ

フルサービスのレストランのチップは、15~20%が目安です。クレジットカードの場合は、勘定書の「tip」または「gratuity」の欄にチップの金額を自分で記入し、さらに合計金額を書き入れサインします。控えのレシートを持って席を離れて大丈夫です。

現金の場合は、チップを合わせた金額をテーブルの上に残して帰るといいでしょう。端数は切り上げていいです。

ブッフェスタイルのレストラン

ブッフェスタイルでのチップは、10%程度必要です。料理は自分で運びますが、片付けや有料のドリンクをサービスしてもらうことを考えて、用意してください。近年では、40ドルくらいする高級ブッフェもあります。入口や勘定書などに、チップに対するレストラン側の要望が書かれている場合は、基本それに沿ってください。

バー

Photo by keiyac

カウンターバーやスタンディングバーでは、ドリンク1杯につき1ドル程度のチップを渡します。カウンターにチップ用のガラスのグラスがあれば、そこに入れてもいいです。ウエイターが運んでくれたら、その場で1ドル札を折りたたんで渡しましょう。ホテルの高級バーでは、通常の2倍支払うとされています。

ファストフード店

ファストフード店では、カウンター越しの接客なので、基本チップを用意する必要はありません。カウンターにチップ用のグラスが置いてあることがあります。「あとからお持ちします」などのサービスがあるときに、1ドルやおつりの小銭を入れておくといいでしょう。

チップが含まれるときがある

Photo byAlexas_Fotos

近年、レストランでは、チップが含まれる金額を提示していることがあります。勝手に書かれて不自然に思われがちですが、チップに慣れない日本人にとっては、計算する手間がはぶけて便利です。勘定書が来たらよく見て、チップがすでに含まれるときは、そのまま退出して構いません。

ホテル

Photo bySatyaPrem

ホテル チップの目安
ベルマン 荷物1個につき2ドル
ドアマン 1~2ドル(1回のサービスで)
ハウスキーピング ベッド1台につき1ドル・スイートは5ドル以上
ルームサービス 合計金額の15%

ホテルでは、スマートにチップを渡したいものです。特に高級ホテルでは、ベルマンにサービス相当のチップを払わないと、いやな顔をされ非常識だと思われるので、注意してください。ホテルのランクによって、あらかじめ目安を調べていきましょう。

ベルマン

Photo byJamesDeMers

荷物を運ぶことが仕事のベルマンには、スーツケース1個につき2ドルのチップを用意してください。2個のスーツケースを部屋まで一緒に運んでくれて、部屋の説明を受けたら、別れ際に最低4ドルは払います。5ドル札でもいいでしょう。

帰り際に頼む場合も同様、荷物を取りに来てくれたときに、1個につき2ドルは払ってください。

ドアマン

ドアマンの仕事は、玄関近くでゲストを迎えたり送り出すことです。ドアを開けてくれるだけでなく、タクシーを呼ぶ手伝いをしてくれます。ドアを開けてくれることでチップを渡すことはありませんが、タクシーを呼ぶときに手伝ってくれたときは、1~2ドルをさっと渡せるようポケットに用意しておくことがおすすめです。

ハウスキーピング

Photo bydeepcove

ハウスキーピングとは、毎日部屋のベッドメイキングと掃除をしてくれることです。「枕チップ」とも呼ばれますが、1つのベッドに1ドルのチップを枕元に置いておきます。ダブルベッドなら2ドル、スイートなら最低5ドルは必要です。

テーブルの上などに置いてあると、ゲストのものと思われますので、枕元に用意してください。チェックアウトの日も置くのを忘れないようにしましょう。

ルームサービス

ルームサービスは、注文した食事を部屋まで運んでくれることで、合計金額の15%のチップを払います。勘定書にサインをするとき、チップがすでに含まれる場合は、必要ありませんが、ウエイターに1~2ドル渡してください。

タクシー運転手

Photo byFree-Photos

場所 チップの目安
タクシー メーターの15%程度
空港のポーター 荷物1個につき2ドル
デパート・スーパーマーケット 不要
美容室・スパ 合計金額の20%

タクシー料金にチップが含まれることはありません。メーターに15%程度のチップを加算して運転手に合計金額を払ってください。大きい荷物の出し入れを手伝ってもらったときは、チップをプラスします。たとえば、タクシー料金が20ドルで荷物が1つあれば、25ドル用意するといいでしょう。

スマートな渡し方

荷物がない場合は、降りるときチップとともに車内で支払います。たとえば、18ドルのタクシー料金の場合、チップを15%とすると、チップが2ドル70セントになりますが、端数を切り上げて3ドルとし、合計21ドルです。

ぴったりの金額を持ち合わせていなくても大丈夫、30ドル出して9ドルくださいと言っておつりをもらえます。荷物がある場合は、外で運転手に支払ってください。

空港

Photo by jackworld

アメリカでは、空港に到着してからすぐにチップの習慣が始まります。空港ではどのような場合にチップが必要なのでしょうか?荷物をタクシー乗り場や駐車場へ運ぶのを手伝ってくれたり、車いすを押してくれたり、意外とサービスがあります。

ポーター

ポーターとは、荷物を運ぶのを手伝ってくれる人のことです。ポーターを頼むときは、1個の荷物に対し2ドルのチップを渡します。頼んでいないのに、勝手に荷物を運んでチップを要求されないよう注意してください。必要でなければ「No」とはっきり言いましょう。

お店

Photo by Firelknot

お店では、チップは必要でしょうか。デパート・スーパーマーケット・ドラッグストア・美容室・スパなどは、旅行中訪れることがあるでしょう。それぞれの違いを知って、特にスパなどでは、失礼のないようにふるまいたいです。

デパート・スーパーマーケットなど

買い物だけをするデパートやスーパーマーケットなどのお店では、チップの必要はありません。レジを通して買い物をするだけだからです。商品をレジに持参し、レジに表示された金額を支払うだけで終了します。クレジットカードか現金で支払うことが多いです。

美容室・スパなど

Photo byandreas160578

美容室やスパでの相場は、施術料金の20%程度をチップとして払います。サービス業の中でも1対1で比較的長時間行われるものです。60ドルの施術を受けたら72ドル、100ドルの施術を受けたら、120ドルくらいを感謝の気持ちとともに払いたいものです。

次のページ

アメリカでチップを支払うときの注意点

関連記事

人気ランキング