JALのビジネスクラスは何が違う?サービスや航空運賃など特徴を解説!

JALのビジネスクラスは何が違う?サービスや航空運賃など特徴を解説!

この記事は「JALのビジネスクラスは何が違うのか?」をテーマに解説するページです。サービスや航空運賃など特徴を徹底解説します。これからJALのビジネスクラスを利用する人にとって、役立つ情報が満載です。「あっ、そんなサービスもあるんだ」と満足いただけるでしょう。

記事の目次

  1. 1.日本航空について
  2. 2.JALのビジネスクラスは何が違う?
  3. 3.JALのビジネスクラスのサービス
  4. 4.JALのビジネスクラスの機内サービス
  5. 5.JALの航空運賃
  6. 6.まとめ

日本航空について

Japan Airlineは、日本を代表する大手航空会社です。JALは1951年に設立され、現在もたくさんのお客様に国内線と国際線のフライトを提供しています。JALは世界各国に路線を持ち、ワンワールド・アライアンスに加盟している航空会社。世界中のエアラインとコードシェアをしており、世界各国に旅行しやすい特徴があります。

全日空との違いについて

JALとANAの違いは航空運賃は大した差がありません。2社の大きな違いは、シート、機内食、機内サービス、アメニティやラウンジ、さらに就航路線です。お客様の旅行先の目的地次第で、2社のどちらかを選ぶと良いでしょう。JALは北米路線、特にハワイ路線に力を入れています。

国内線について

JALが9月から日本に初導入した、最新鋭A350のニュースを聞いた人も多いことでしょう。JALは国際線だけでなく、国内線にも力を入れ、JALの国内線は、北は北海道から南は沖縄まで、日本中に路線を運行しており、JAL国内線は全59路線を運行しています。主に成田国際空港、東京国際空港、伊丹空港を拠点にし、日本各地にフライトを毎日飛ばしています。

国際線について

JAL国際線は、成田国際空港、東京国際空港、関西国際空港、中部国際空港を主な拠点として運行しています。就航路線はアジア圏のみならず、ヨーロッパ路線、北米路線、オセアニア路線も運行しており、JAL国際線は現在、全58路線です。特にJALはハワイ路線に力を入れており、地方の空港からチャーター便を運行することもあります。

就航路線について

JALの就航路線は、日本国内を網羅しているだけでなく、国際線にも力を入れています。特に成田国際空港利用の国際線に力を入れ、成田国際空港へのアクセスは日本各地の空港から直行便があるため、海外に行くのは成田国際空港経由のJALフライトが便利でしょう。フライトを計画することも旅行の醍醐味です。

JALのビジネスクラスは何が違う?

ビジネスクラスは、プレミアムエコノミークラス、エコノミークラスとは格段に違った雰囲気、充実したアメニティ、シート、サービスやラウンジを体験できます。最高の旅行のスタートを切ることができること間違いなしでしょう。

ビジネスクラスとは

ビジネスクラスとは、ファーストクラスの次にシートのグレードが高いクラスです。JALの主な国際線の就航都市のフライトにはビジネスクラスがあり、JALを利用して海外に旅行に行ったことがある人は1度は見たことあるのではないでしょうか?

ファーストクラスとの違いについて

ビジネスクラスとの大きな違いは航空運賃、機内食、シートです。ファーストクラスを利用したお客様限定のラウンジも設備されています。しかし、ファーストクラスを搭載している機材は現在は減ってきており、ビジネスクラスを増やす傾向がどの航空会社にもみられます。

プレミアムエコノミークラスとの違いについて

ビジネスクラスとプレミアムエコノミークラスの比較より、ファーストクラスとビジネスクラスとの違いが大きいでしょう。現在、JALに導入されているビジネスクラスはフルフラット式なので、フルフラット式ではないプレミアムエコノミークラスと大きく違っているのです。さらに、個人用モニターのサイズも異なります。

エコノミークラスとの違いについて

エコノミークラスは、皆さんが一番身近に感じるクラスではないでしょうか?JALのエコノミークラスは2019年「ワールド・ベスト・エコノミークラス」を受賞しています。ビジネスクラスとの違いは航空運賃、機内食、シートやアメニティです。

JALのビジネスクラスのサービス

JALはビジネスクラスのサービスには、ラウンジ、アメニティ、機内サービスなど、とても力を入れ、飛行機に搭乗前のラウンジから、お客様の旅を最高のモノにしてくれます。ビジネスクラスの利用で旅の良いスタートをきりましょう!

ビジネスクラスチェックインについて

ビジネスクラスをご利用のお客様様は、ビジネスクラス専用カウンターをご利用いただけます。空港でのチェックインの際に長蛇の列を見たことはありませんか?その隣の空いているレーンをビジネスクラスで搭乗される方は利用できます。長蛇の列に並ばなくて良いことが、ビジネスクラス利用者の特典ともいえるでしょう。

ビジネスクラスラウンジについて

ビジネスクラスをご利用のお客様は、荷物検査エリアを通過すると、JAL専用さくらラウンジを利用することができます。さくらラウンジでは、お食事はもちろんのこと、お酒も無料で楽しむことができます。JALのさくらラウンジはテレビでも取り上げるほどの、とても好評のラウンジです。

ビジネスクラスのアメニティについて

JALのビジネスクラスのアメニティは充実しており、スリッパや、アイマスクなどのアメニティが機内で配布されます。機内をより一層快適に過ごすことができます。またアメニティを自宅に持ち帰ることも可能です。アメニティを思い出の記念としてはいかがでしょうか?

優先搭乗について

搭乗ゲートでは優先搭乗というものがあります。JALの搭乗の順番はグループがあり、グループは5つに分かれています。ビジネスクラスをご利用のお客様は、上から2つ目のグループ2で優先搭乗が可能です。そのため、搭乗の際に列に並ばなくて良いのもビジネスクラスをご利用したお客様ならではのサービスとなっています。

JALのビジネスクラスの機内サービス

海外をJALで行かれた方は上のような写真を見たことがあるでしょう。こちらがJALのビジネスクラスです。それでは、JALビジネスクラスについてみていきましょう。JALのビジネスクラスには、色々な種類のシートがあります。お客様が搭乗する機材によって感じるモノが違うことでしょう。事前にお客様がどのようなビジネスクラスに搭乗するのか調べることも、旅行の楽しみですね。お気に入りのビジネスクラスのスタイルを見つけてみてはいかがでしょうか?

機内エンターテイメントについて

機内では、大きな個人用モニターで映画、ビデオ、オーディオ、ゲームや電子書籍を楽しめます。さらにビジネスクラスをご利用のお客様はノイズキャンセリングヘッドホンを利用できます。その点がプレミアムエコノミークラス、エコノミークラスとの違いです。エコノミークラスでは味わうことができない、映画の迫力を個人用モニターで楽しめます。

機内食について

ビジネスクラスの機内食は、主に和食か洋食をお選びいただけます。路線によっては、提供している機内食が異なるため、路線独自の料理を楽しむのも1つの楽しみにしてみてください!またハワイ路線では、ハワイ路線特別のお酒も楽しめます。

機内サービスについて

日本出発便でビジネスクラスをご利用のお客様は、お客様がお好きなタイミングで機内食のお食事を楽しめるようになりました。またお好な時に飲み物を楽しむことができます。目的地まで快適な空の旅をお楽しみいただけ、機内でも暖かいご飯を食べることが可能となっています!

シートについて

JALビジネスクラスのスカイスイートは2013年に「ワールド・エアライン・アワード」にて、「ベスト・ビジネスクラス・エアラインシート」を受賞しています。また、6種類ほどあるビジネスクラスを制覇することも新たな楽しみになるでしょう。世界にも認められたビジネスクラスを1度体験してみてはいかかでしょうか?

使用機材について

JALビジネスクラスが搭載されている国際線機材は、787-8、787-9、777-300ER、777-200ER、767-300ER、737-800があります。機材によっては、ビジネスクラスの形が異なるので、お客様が乗る機材が事前にどの機材かを調べるのも旅行の楽しみの1つにしてみてはいかかでしょうか?

JALの航空運賃

旅行の多くを占める航空運賃は旅行をする人にとっては、とても重要となってきます。他のクラスと違いを比べて、一番ご自身に合ったクラスを選ぶことで、旅をより一層お楽しみいただけます。また、シーズンによっては航空運賃が異なるので要注意です!

JALの国内線航空運賃について

ファーストクラス

JALファーストクラスをご利用の場合、伊丹ー羽田往復の航空運賃は約40000円からとなっています。国内線ファーストクラスは機内食も提供され、国内線さくらラウンジもご利用いただけます。日本国内での最長路線は北海道ー沖縄の約4時間のフライトです。その際にはご利用してみてはいかかでしょうか?

クラスJ

国内線のビジネスクラスに値するクラスJは、伊丹ー羽田往復の航空運賃は約22000円から。エコノミークラスシートより広いシートをクラスJではご利用いただけるので人気です。クラスJを利用することで、エコノミークラスより優雅な空の旅を楽しむことができます。

エコノミークラス

JAL国内線エコノミークラスの代金は伊丹ー羽田往復で約18000円からとなっています。クラスJと航空運賃が4000円ほどの差しかないので、クラスJを利用したことない方は利用してみてはいかがですか?また当日受付カウンターにて、空席があればクラスJに1000円でアップグレードすることも可能です。

JALの国際線航空運賃について

ファーストクラス

JALの最高クラスのファーストクラスの代金をみてみましょう。羽田ーニューヨーク往復の航空運賃は約200万円からとなっています。機内で最高のおもてなしをされることは間違いないでしょう。さらに、ファーストクラス利用者のみが利用できるラウンジも楽しみの1つです。

ビジネスクラス

JALビジネスクラスの羽田ーニューヨーク往復の航空運賃は約60万円からとなっています。ファーストクラスに比べると少しお手軽に感じますね。航空代金が高い場合はJALマイル、片道50000マイルでビジネスクラスを利用することができます。片道だけでもビジネスクラスを体験してみてはどうですか?

プレミアムエコノミークラス

JALプレミアムエコノミークラスの羽田ーニューヨーク往復の航空運賃は約31万円からとなっています。エコノミークラスよりは贅沢に旅行を楽しみたい方にはおすすめのクラスです!さらに、ラウンジもご利用いただけます。また、搭乗日当日に、受付カウンターにて空席があれば約40000円でエコノミーからプレミアムエコノミークラスのシートにアップグレードが可能です。

エコノミークラス

JALエコノミークラスの航空運賃は、羽田ーニューヨーク往復航空運賃が約13万円からと一番お手軽でニューヨークまで行くことが可能です。「ワールド・ベスト・エコノミークラス」を受賞したJALのエコノミークラスです。JALのほとんどの国際線でこのエコノミークラスが導入されています。

まとめ

JALのビジネスクラスについてご理解頂けましたでしょうか?JALのビジネスクラスには1種類だけではないです。さらに、たくさんの特典、サービス、機内サービス、アメニティなどがあります。また、機内エンターテインメントは毎月更新されるので、旅行をより一層楽しみにしてくれます。世界で認められたビジネスクラスを体験してください!

新木本
ライター

新木本

関連記事

人気ランキング