イギリスの面積はどのぐらい?日本と比較して国土の広さを解説!

イギリスの面積はどのぐらい?日本と比較して国土の広さを解説!

イギリスの面積や国の特徴を、日本と比較して紹介します。イギリスは、日本と同じ島国で、日本との共通点も多い国です。国土は、日本の本州と四国を合わせた大きさの面積があります。イギリスを形成する4つの地域の特徴と日本の大きさも比較します。

目次 [表示]

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業などが行われている場合があります。最新情報は公式サイト・SNSなどをご確認ください。

イギリスの4地域と日本の国土を比較

出典:イラストAC

イギリスは、歴史的な経緯に基づく4つの国(イングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランド)から形成されています。国際機関では単一国家として定められ、行政区画ではありません。

国際スポーツ大会等においては、地域ごとに出場することが多く、サッカーやラグビーなどで知られています。イギリスの4つの地域と日本の国土を比較してみましょう。

イングランドと日本の国土を比較

  面積 人口 人口密度
イングランド 130,400平方km 5600万人 約407人/平方km
        本州-東北+関東            128,630平方km  5203万人 約404人/平方km
本州 228,000平方km 1億334万人     約451人/平方km
東北 66,950平方km 870万人 約129人/平方km
関東 32,420平方km 4261万人 約1280人/平方km

イングランドと日本の国土を比較すると、東北と関東を除く本州が、面積、人口、人口密度ともに近似値が算出されました。イングランドは、ロンドンをはじめとした主要都市を含むので、人口のほとんどがイングランドに属します。イングランドと日本を詳しく検証してみましょう。

イングランドの面積:13万400平方キロメートル

イングランドの面積は13万400平方キロメートルで、イギリスの中でもっとも大きな地域です。東北と関東を除いた本州と同じくらいの面積になります。東北と関東を除いた本州の面積は、12万8,630平方kmで、イングランドよりやや小さくなります。

イングランドの面積は、イギリス全体の83%以上を占め、グレートブリテン島の南部の約2/3が属します。

イングランドの人口は約5600万人

イングランドの人口は約5600万人で、イギリスの約85%を占めています。面積同様、東北と関東を除く本州の人口に近い数字です。日本では、4,261万人が関東地方で暮らしており、人口の約1/3が集中しています。イングランドも同様に、ロンドン近郊の人口過密が目立ちます。

イングランドの人口密度は407人/平方キロメートル

イングランドの人口密度は1平方キロメートルあたり約407人です。人口密度においても、東北と関東を除いた本州の密度とほぼ同じです。イングランドは、ロンドンの人口密度が5,199人で、局地的に人口が密集しています。一方、東京の人口密度が6,381人で、ロンドンを上回ります。

スコットランドと日本の国土を比較

  面積 人口 人口密度
スコットランド 80,080平方km 550万人 約65.9人/平方km
北海道 83,450平方km 528万人 約66人/平方km

スコットランドと日本の国土を比較すると、北海道がよく似ています。それぞれの国の北部に属し、気候や風土も共通点が多いといわれています。面積、人口、人口密度ともに近似値が算出されました。共通点の多い両地域、スコットランドと北海道を詳しく検証してみましょう。

スコットランドの面積:8万80平方キロメートル

スコットランドの面積は、イギリスの4地域のなかで2番目に大きな8万80平方キロメートルです。北海道の面積が8万3,450平方キロメートルで、だいたい同じ面積といえます。北海道も本州に次ぐ2番目の島で、その点でも類似しています。

スコットランドの人口は約550万人

スコットランドの人口は、約550万人です。人口の多くはイングランドで、スコットランドは人数が大きく減少します。ロンドンよりも人口が少なく、北海道の528万人と近い水準です。首都エディンバラに約50万人が暮らしています。札幌は195万人で、北海道のほうが人口が一極集中型です。

スコットランドの人口密度は65.9人/平方キロメートル

スコットランドの人口密度は、1平方キロメートルあたり約65.9人です。イギリスの4地域のなかで、もっとも人口密度が低く、北海道と同じです。スコットランドは、雄大な自然が多く、牧草地や湖など、北国ならではの特徴をもっています。

ウェールズと日本の国土を比較

  面積 人口 人口密度
ウェールズ 20,740平方km 310万人 約141人/平方km
東京圏+岡山県 20,628平方km 5550万人 約2666人/平方km
東京圏 13,514平方km 3660万人 約2708人/平方km
岡山県 7114平方km 189万人 約265人/平方km

ウェールズは、イギリスの4地域のなかで、もっとも早くイングランド王国と統合しました。そのため、イギリスの国旗であるユニオンジャックにウェールズの国旗が含まれていません。ウェールズの面積は、四国よりも大きく、日本の都道府県の面積と比べると、北海道の次に大きいです。

ウェールズの面積:2万740平方キロメートル

ウェールズの面積は、2万740平方メートルで、イギリスの4地域のなかで3番目の広さです。グレートブリテン島の南西部の地域で、東京圏+岡山県と同じくらいの面積です。東京圏は、東京、神奈川、千葉、埼玉をさします。東京圏と岡山県を足すと、2万628平方キロメートルです。

ウェールズの人口は約310万人

ウェールズの人口は、約310万人です。横浜市の約373万人よりも少なく、大阪市の約269万人より多い数字です。ウェールズの首都はカーディフで、約32万5,000人が暮らしています。人口の3/4が、カーディフを中心とした半径60km以内に集中しています。

ウェールズの人口密度は141人/平方キロメートル

ウェールズの人口密度は、1平方キロメートルあたり約141人です。日本では宮崎県の人口密度(約138人)に近い数字です。人口密度は、イギリス4地域のなかで2番目ですが、北アイルランドとほぼ同じで、イングランドの人口密度と比べると大幅に低くなります。

北アイルランドと日本の国土を比較

  面積 人口 人口密度
北アイルランド 10,130平方km 180万人 約131人/平方km
岐阜県 10,622 平方km 199万人 約186人/平方km

北アイルランドは、アイルランド島に属し、多数の国民がアイルランド人とイギリス人の権利をもつ特殊な地域です。北アイルランドは、アイルランド島の北部地域で、中心部から南部にかけては、アイルランドで、国が異なります。

北アイルランドの面積:1万130平方キロメートル

北アイルランドの面積は、1万130平方キロメートルで、イギリスの4地域のなかで、もっとも小さいです。日本の国土と比較すると、岐阜県と同じくらいの大きさになります。1920年に成立したアイルランド統治法によって、南北に分割されましたが、たびたび国境問題が起こっています。

北アイルランドの人口は約180万人

北アイルランドの人口は約180万人で、4つの地域のなかでもっとも少ない人口です。北アイルランドの首都はベルファストで、約28万人が暮らしています。ベルファストには、世界最大のドライ・ドック(造船所)があり、多くの従業員が働いています。

北アイルランドの人口密度は131人/平方キロメートル

北アイルランドの人口密度は、1平方キロメートルあたり約131人で、ウェールズの人口密度と似ています。北アイルランドもベルファストを中心とした都市圏に人口が集中しており、その数は約50%といわれています。

日本より小さく人口が少ないイギリス

出典:イラストAC

イギリスは、日本よりも面積が小さく、人口が少ない国です。ロンドンは、ニューヨークと並ぶ世界最大の金融都市で、昔から先進国として、世界を牽引してきました。

イギリスは、ロンドンを首都とするイングランド以外に、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドの3つの地域があり、それぞれ独自の自治政府を持っています。日本との共通点も多く、興味深い国です。

みぃ
ライター

みぃ

ひとり旅をこよなく愛する会社員。未体験の開拓とリラックスを求め、求める旅先は国内・海外問わず。満点の星空と程よい気候のビーチでくつろぐのが好き。

今、あなたにオススメの記事

関連記事

人気ランキング