世界旅行をするには何が必要?世界一周にかかる費用や準備を解説!

世界旅行をするには何が必要?世界一周にかかる費用や準備を解説!

多くの方が一度は憧れる世界一周旅行。しかし、実際に世界一周旅行をすると決めても、何が必要でいくらかかるのかなどわからないことも多いでしょう。そこで、世界一周旅行前に調べておくべきこと、また、必要な準備や費用などをご紹介します。

目次 [表示]

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業などが行われている場合があります。最新情報は公式サイト・SNSなどをご確認ください。

世界一周旅行の定義

世界一周旅行と聞けば、バックパッカースタイルでの旅や豪華客船での優雅なクルーズなど、イメージはさまざまでしょう。ただし、多くの方は色んな国々を巡るという程度の認識しかなく、何を持って世界一周とするのか具体的に説明できる方は少ないです。そのため、世界一周旅行の定義に関してご紹介していきます。

明確な定義はない

Photo byGDJ

世界一周にはいろいろな考え方があり、明確にこれと言った全てに共通する定義がありません。ただし、世界一周の定義として挙げられる認識として、「太平洋と大西洋をそれぞれ横断し、出発地まで戻ってくる」もしくは「日本を出発して一つの線で円を描くようなルートで日本まで戻ってくる」という認識が多いようです。

最短での世界一周旅行

Photo byDariuszSankowski

世界一周に明確な定義はないため、世界一周旅行を行う場合、ルートやプラン、旅行日数などはさまざまです。基本的には行きたい場所や目的などによって変わりますが、もしも単純に「世界一周をした」という実績が欲しい場合。日本から飛行機にてロンドンへ行き、また飛行機でニューヨークへ行ってから、日本に飛行機にて戻ってくる、というルートでも世界一周と言えるでしょう。

世界一周旅行のゴールデンルート

Photo byTama66

世界一周のルートは大きく分けて2つです。日本を出発して西へ進む東南アジアスタートと東へ進むアメリカスタートのルート。なお、北や南へ進んでも世界一周と言えるかもしれませんが行う方は少ないでしょう。一般的には西へ進む東南アジアスタートのルートが人気であり、ゴールデンルートと呼ばれています。東へ進むルートと比較したメリットとして、最初のフライト時間が短く、時差もあまり無く、物価が安いなど、初心者向けな環境から旅に慣れることができる点があります。

世界一周旅行の魅力

世界一周旅行に漠然とした興味や憧れを持っている方は多いでしょう。具体的な世界一周旅行の魅力などをご紹介します。

日本では見ることのできない自然や絶景を楽しむ

フリー写真素材ぱくたそ

日本でも自然や絶景などを見ることはできますが、世界は広いです。日本の面積は世界でも61位で、一位のロシアの面積などは日本の約45倍の広さもあります。また、世界には日本と異なり、広大な手付かずの自然や絶景が残されている場所もあります。日本に閉じこもってこのような自然や絶景を知らないまま一生を終えるのはもったいないことだと言えるでしょう。

いろいろな人との出会い

Photo byFree-Photos

世界一周旅行はいろいろな場所へ行くことになるため、いろいろな現地の人との出会いがあります。異国の旅人という事で、親切に接してくれる外国の方も非常に多いため、仲良くなることも多いでしょう。また、現地の人だけでは無く、同じ旅人との出会いもあります。世界一周旅行は基本的にひとりで行う方が多いため、旅人同士で交流を深めやすく、意気投合する事も多いでしょう。

非日常的な体験

Photo byQuangpraha

世界一周旅行では、普段の生活ではまず見る事のない、自然や絶景、文化遺産などを見る事ができます。また、世界には様々な国があり、国が違えば文化なども違うため、私たち日本人の常識では考えられないようなことも数多くあります。これらの数多くの非日常的な体験は今までの価値観を大きく変えてくれるでしょう。

世界一周旅行のひとりあたりの値段

実際に「世界一周旅行に行くぞ」となった時にまず気にすることが値段でしょう。世界一周旅行をする場合どの程度の費用が必要なのかご紹介します。なお、世界一周旅行に行く場合、夫婦や恋人同士で行くなんて場合もあるかもしれませんが、基本的にはひとりで行かれる方が多いでしょう。そのため、ひとりで行く場合の値段としてご紹介します。

ひとりで行く場合の平均的な値段

Photo by stevendepolo

世界一周旅行には明確な定義はないため、どのようなルートで行くかによっても値段は変わります。また、バックパッカーかツアーを利用するのかなどの旅のスタイルのほか、飛行機や豪華客船などの交通手段によっても変わるため、あくまで平均的な値段となりますが、200万円あれば世界一周できると言われていることが多いです。

ひとりで行く場合の旅行日数による値段

Photo byBru-nO

世界一周旅行はどのようなプランで行くかによって旅行日数は大きく変わりますが、一年ぐらいかけて旅行される方が多いようです。その場合150万~200万程度あれば良いと言われています。半年程度の場合であれば、60万~100万程度と、期間に比例して値段は変わります。

ひとりで行く場合の旅行スタイルによる値段

Photo byKapa65

旅行スタイルによっても大きく値段は変わります。一年などの長い時間をかけていろいろな国をまわる場合、どうしても費用がかかるため、なるべく節約をするバックパッカースタイルで旅行をされる方が多いです。その場合の費用としては一年間で200万円程度と言われています。しかし、豪華客船で回る場合やツアーに参加するなど贅沢をされる場合は大きく値段は変わるため、予算とも相談して旅行スタイルを決めましょう。

ひとりで行く場合の目的地による値段

フリー写真素材ぱくたそ

物価の違いなどによって目的地や目的地に滞在する期間によっても値段は大きく変わります。たとえばヨーロッパなどは物価が高く、滞在期間が長いほど費用がどんどんかかります。東南アジアなどは物価が安いため、費用を抑えたい場合は東南アジアなどの物価が安い国に長めに滞在するなどが必要です。

世界一周旅行のプランとツアー

世界一周旅行に行く場合、行き先を決めず自由気ままに旅をするというスタイルの方もいますが、最初は最低限のプランを決めた方が無難です。世界一周旅行のツアーも合わせてご紹介します。

プランを立てよう

Photo byStartupStockPhotos

最初に出発する日、及び旅行期間を決めましょう。出発する日までに準備をする必要がありますし、旅行期間によってかかる費用なども異なります。また、一年間など長期間の日程で行く場合は、仕事の退職や休職などの手続きも必要になるほか、現在住んでいる場所や携帯の契約をどうするかなど、考えることは多いです。

世界一周ルートとプラン

Photo byFree-Photos

どのようなルートで世界一周をするかのプランを決めましょう。長期間の旅行の場合、細かい行先はその時々で考えるでも良いですが、最低限左回りなのか右回りなのかは決める必要があります。また、飛行機や豪華客船などで移動したい場合、事前に予約する必要があるため、ある程度の交通手段は決めておく必要があります。

自然や絶景、文化遺産などの目的を決めよう

Photo byFree-Photos

世界一周旅行をするにあたって、人によっていろいろな目的があります。自然や絶景を見たい、文化遺産を見たい、現地の文化に触れたいなど、人によって目的は違うでしょう。目的によって行先をリストアップして、ルートを決める必要があります。また、行先や目的によっては交通手段が限られる場合や時期が限定される場合もあるため、事前に調べておくことを忘れないようにしましょう。

飛行機や豪華客船などのツアーもある

Photo byMustangJoe

旅行会社が世界一周のプランを決めたツアーなどもあり、その場合基本的に飛行機か豪華客船でのツアーとなります。行先や日程などはすでに決められているため、自由にその場で行先や滞在期間を決めたい方には向きませんが、行きたい場所や期間が決められている方にはおすすめです。また、優雅な豪華客船でのクルーズに憧れている方もいるでしょう。ただし、豪華客船での旅は値段も期間も飛行機でのツアーよりかかる可能性が高いため注意が必要です。

世界一周旅行に必要な持ち物

世界一周旅行は基本的には長い期間をかけて行くため、いろいろな物を持っていきたくなりますが、荷物が多いと現地での移動なども大変になります。そのため、必要な持ち物にしぼってご紹介します。

必ず必要な持ち物

フリー写真素材ぱくたそ

パスポート

当然ですが、パスポートが無いと日本から出ることができません。パスポート申請する窓口などにもよりますが、取得までに一週間程度はかかります。持っていない方は忘れずに申請しておきましょう。また、持っている場合も残存有効期間に気をつける必要があります。国によってはある程度の残存有効期間がないと入国できない場合があるため、目的地と残存有効期間をかならず調べておきましょう。

お金

こちらも当然ですが、何をするにもお金は必要です。ただし、海外で現金を大量に持ち歩くのは危険ですので、現金だけでなくクレジットカードを持っていきましょう。また、盗難によるリスクを分散させるためにクレジットカードは2枚持っていると良いです。

無いと困る持ち物

Photo bySorbyphoto

バッグ

バッグは両手が使えるようにバックパックがおすすめであり、選ぶ人が多いでしょう。ただし、あまり大量の荷物を持ち歩くのはつらいため、30~40リットルのバックパックを購入し、荷物はそれに入るまでにしましょう。なお、現地でホテルに荷物を置いて散策をする際のためにサブバッグもあった方が良いです。

スマートフォン

今やスマートフォンは海外でも必需品となりつつあります。かさばらないにも関わらずいろいろな調べ物ができるほか、宿や交通手段の予約や手配、写真や動画を撮ることもできます。また、長時間の移動の際の暇つぶしにも使う事ができます。なお、Wi-Fiでも使うことは可能ですが、現地のプリペイドSIMを使用するためにSIMフリーにしておく方が良いでしょう。

あった方がいい持ち物

Photo by3D_Maennchen

モバイルバッテリー

海外ではいつどこで充電できるかわからず、スマートフォンの充電が切れてしまう可能性もあります。そんな時のためにモバイルバッテリーを持っておくと良いでしょう。ほかに電子機器を持ち歩く際もモバイルバッテリーがあれば充電する事ができます。

変換プラグ

国によって電圧が違ったり、コンセントの形状が異なり、電源が使用できない場合があります。そんな時のためにも変換プラグが必要です。なるべく多くの国に対応した変換プラグを買うか、訪問する国が決まっているのであれば調べておくと良いでしょう。

世界一周旅行前に必要な準備

訪問する国や期間によっても変わりますが、世界一周旅行に行く前にやっておくべきことは思っているよりも多いです。何をしておかなくてはならないのかご紹介しましょう。

パスポートやビザの準備

Photo byPublicDomainPictures

日本のパスポートは優秀であり、多くの国にビザなしで入国する事が可能です。しかし、ビザが無いと入国できない国もあるため、事前に調べておき必要があれば取得をおすすめします。また、パスポートは必ず必要ですが、発行に時間がかかるので余裕をもって申請する必要があります。なお、すでにパスポートを持っている方も残存有効期間を必ず調べておきましょう。

保険や予防接種などの準備

Photo byClker-Free-Vector-Images

病気やケガをした場合のためだけでなく、海外では盗難のリスクもあるため、海外旅行保険に加入しておきましょう。クレジットカード付帯の保険などもあるため、費用と保険内容を考慮してじっくり選びましょう。また、訪問する国によっては予防接種を受けておく必要がある国もあるため、あらかじめ必要な予防接種を調べて準備する必要があります。

税金に関する準備

フリー写真素材ぱくたそ

一年間など長期での世界一周旅行に行く場合、海外転出届を出しておきましょう。もしも日本に住民票が残っているままだと無駄な税金がかかってしまいます。具体的には住民税と国民健康保険料がかかります。なお、年金も払う義務は無くなりますが、その分将来もらえる年金の額は少なくなってしまうので、その点を考慮して払うかどうか決めましょう。

まとめ

Photo byFree-Photos

世界一周旅行をするにあたっての必要な準備や費用などをご紹介しました。世界一周旅行前に必要な準備は意外に多いものです。かならず余裕を持って事前に十分な下調べをしてから、非日常的な自然や絶景、人々との出会いが待ち受ける世界一周旅行に旅立ちましょう。

yoshi327000
ライター

yoshi327000

今、あなたにオススメの記事

関連記事

人気ランキング