スキポール空港とは?ターミナル内にある施設やバス乗り場などをご紹介!

スキポール空港とは?ターミナル内にある施設やバス乗り場などをご紹介!

オランダ最大の国際ターミナルであるスキポール空港のターミナル内にある施設などをご紹介します。スキポール空港の特徴やスキポール空港でのおすすめの過ごし方、グルメもご紹介します。また、バス乗り場や電車の利用方法まで解説します。快適な空の旅にしましょう。

目次 [表示]

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業などが行われている場合があります。最新情報は公式サイト・SNSなどをご確認ください。

「スキポール空港」とは?

スキポール空港ってどんなところ?

出典:ライター撮影

スキポール空港はオランダ最大の国際空港です。日本からの直行便を取り扱うKLMオランダ航空が利用できます。全ての施設が一つのターミナルビルに集約して作られています。また、エールフランス傘下のアムステルダムを拠点としている貨物航空会社マーティンエア、エールフランスKLM傘下のオランダの格安航空トランサヴィアやKLMと提携しているデルタ航空のハブ空港です。

出典:ライター撮影

スキポール空港では、入国審査後のエリア全体をラウンジと呼んでいます。lounge1ヨーロッパ内・lounge2・3インターナショナル・lounge4バジェットエアラインとなっており、行き先などによって分かれていて、わかりやすいです。一階は到着ロビー、二階は出発ロビー、三階が空港会社のラウンジになっています。

出典:ライター撮影

スキポール空港はとても清潔で、一つのターミナル内でさまざまな施設を楽しめる機能的な空港です。乗り継ぎも比較的わかりやすい表示と構造になっています。飛行機の出発の待ち時間での楽しみ方をご紹介!退屈な待ち時間を有意義な時間にしましょう。ターミナル内にはお土産ショップやオランダグルメがたくさんあり、楽しみ方はさまざまです。また、手荷物の預ける方法やバス乗り場へのアクセスを解説!

「スキポール空港」所在地

どこにあるの?

出典:ライター撮影

オランダ・スキポール空港は、日本から唯一直行便があるオランダ航空KLMを利用される方が多いのではないでしょうか。オランダの首都アムステルダムから電車で20分弱のアクセスの良い所に位置しています。また、ターミナルは一つでわかりやすく、オンラインチェックインが可能でスムーズに搭乗できるでしょう。待ち時間を楽しむ施設も充実しています。

出典:ライター撮影

オランダは西ヨーロッパにあり、東にはドイツがあり南にはベルギーが隣接しています。オランダは近隣諸国から比べると小さな国で、国土の4分の1は海面下にあり水路を作り土地を広げて行った歴史があるのです。現在はその水路の美しさが観光客を楽しませています。また、日本とは江戸時代の鎖国時も蘭学を通して交流がありました。

「スキポール空港」乗り継ぎ

乗り継ぎとは?

出典:ライター撮影

乗り継ぎとは、目的地の国まで直行ではなく、他の国を経由して行くことを言います。直行便であれば、搭乗してしまえば目的地までたどり着きますが、乗り継ぎ便の場合は、飛行機を乗り換えなければなりません。スキポール空港での乗り継ぎ便について説明します。スキポール空港はターミナルが一つの分、歩く距離が長い場合がありますので、時間に余裕を持って行動しましょう。

スキポール空港での乗り継ぎ

スキポール空港は、KLMオランダ航空やその他のスカイチーム(スカイチームとはメンバー19社による航空連合です)の乗り継ぎが簡単です。ターミナル内で出発・到着・乗り継ぎが、歩いて行けるように配置されているのです。乗り継ぎがある場合は最初の搭乗券、経由便の搭乗券、アムステルダム・スキポール空港での経由情報を受け取れます。スキポール空港での乗り継ぎに必要な時間は、欧州内路線が約40分、長距離国際線は約50分です。

乗り継ぎに間に合わなかった場合

最初の飛行機が遅延したなどで、乗り継ぎ便に乗り遅れた場合は、空席のある次の便に振り替えていただけますので安心してください。手荷物を受け取り、次の便へカウンターか自動チェックイン機で手続きをします。KLMのスタッフには日本人がいるので、日本人スタッフに詳細を訪ねるのも良いでしょう。とにかく慌てずに手続きをしてください。

「スキポール空港」楽しみ方①お土産!

出典:ライター撮影

オランダと言って思いつくものは風車やチューリップでしょうか。オランダにはそれ以外にも、たくさんのおすすめのお土産があります。スキポール空港での待ち時間の楽しみ方の一つが、お土産ショップ巡りですよね。スキポール空港にはオランダの魅力が詰まったお土産ショップがいくつもあります。オランダならではの、空港で購入できるおすすめのお土産をご紹介!

ミッフィーグッズ!

出典:ライター撮影

まずはオランダのお土産に欠かせないのがミッフィーグッズです。とても可愛いオランダでしか買えない、さまざまな種類のミッフィーグッズがあります。ミッフィーの生みの親のブルーナさんが産まれた街が、オランダのユトレヒトです。その街にはいたることろにミッフィーのオブジェがあったり、ミッフィーの信号機があったりとミッフィー好きにはたまらない場所になっています。空港からユトレヒトまでは電車を利用して30分でアクセス可能です。

オランダ・ユトレヒト

ユトレヒトという街は、オランダの古い街並みと運河の風景が素敵な所です。首都アムステルダムの活気のある賑やかな街並みとは違い、穏やかで温かみのある街。ゆったりと大人な楽しみ方ができる街です。運河沿いにはおしゃれなカフェやショップがあり、オランダグルメも楽しめます。オランダ観光のおすすめスポットの一つです。

出典:ライター撮影

ミッフィーグッズは人形以外にもたくさんありますおすすめです。スキポール空港にはいたるところにミッフィーグッズのあるショップを見つけられますが、比較的品揃えの多いショップがゲートC・Dあたりにありますよ。自身のお土産にも、お子さんへのお土産にも喜ばれる商品です。また、コーデュロイミッフィーは日本では手に入らず、人気が高いのでフリマアプリでは高値で取引されています。

デルフト焼き!

出典:ライター撮影

デルフト焼きはオランダのデルフト発祥の陶器で、白地の陶器に青い鮮やかな染料で描く技法が特徴で、日本でもファンが多い陶器です。そんなデルフト焼きはスキポール空港でも購入可能!木靴の形をしたデルフト焼きの飾りがかわいいですよ。空港では手頃な価格で購入できるので、オランダの記念に一つ購入されるのはいかがでしょうか。

オランダ・デルフト

スキポール空港から電車で30分の所に位置し、こちらもオランダの古い街並みが楽しめる観光地・オランダのデルフト。日本でも有名な画家フェルメールの産まれ故郷でもあります。また、格式高いロイヤル・デルフトの施設もあり、絵付け体験などもできる施設も併設しており人気です。本格的なデルフト焼きが欲しい方はデルフトを訪れてみるのも良いでしょう。土曜日には骨董市も開催され、掘り出し物が見つかるかもしれません。

出典:ライター撮影

デルフト焼きに施される鮮やかな青色は、デルフトブルーと呼ばれ長い間愛されてきましたが、戦争で多くの工房は消失してしまいました。職人が一つ一つ丁寧に仕上げたデルフト焼きを空港のお土産ショップでも感じてみてくださいね。本格的なデルフト焼きがきっと欲しくなるでしょう。

オランダの木彫り靴

出典:ライター撮影

こちらの木彫り靴は見たことがある方もいると思います。オランダは海を埋め立てて土地を開拓しているので、ぬかるんだ土などに、この木彫りの靴は適していたため使用されていました。現在ではインテリアやガーデニングなどさまざまな用途で使用されています。オランダならではの木彫り靴をインテリアの一つにいかがでしょうか。空港のお土産ショップでは木彫りのものはもちろん、布でできたスリッパなど販売されています。

ザーンセスカンス

出典:ライター撮影

オランダの有名観光地であるザーンセスカンスには、風車群と共に木彫り職人が実際に靴を作る様子が見学できる施設があります。スキポール空港から電車やトラムならば40分程度でアクセス可能です。オランダならではの田舎風景を見ることができます。

オランダコスメ「RITUALS リチュアルズ」

出典:ライター撮影

リチュアルズはオランダの自然はコスメです。香水師が作り出した優雅で華やかな香りが特徴で、スパのようなとても良い香りがします。日本未上陸で、オランダを含め近隣ヨーロッパでしか買えません。BUYMAなどでは購入可能ですが、オランダで購入するより、倍近く高くなっています。スキポール空港にショップがあるのでぜひ立ち寄って、香りを楽しんでくださいね。

出典:ライター撮影

スパを意識したルームパヒュームがおすすめですが、オーガニックコスメも豊富に取り扱っています。また、詰め合わせセットもあるので、プレゼントに最適。レディース以外に、メンズ商品もありますし、日本を意識した鶴や桜をモチーフにした商品もあります。リチュアルズショップは店員さんも可愛い方が多いのでぜひ訪れましょう!

出典:ライター撮影

ショップの営業時間は5時〜1時半までです。乗り継ぎ時や、搭乗までの待ち時間にご利用ください。店内はスパに行ったような癒しの香りに包まれます。旅の疲れをこちらで癒しましょう。リチュアルズはlounge1やlounge4にあります。

「スキポール空港」楽しみ方②レストラン&グルメ!

出典:ライター撮影

オランダグルメと言えばクロケットやチーズ・ハーリング・パンケーキなどです。スキポール空港では、オランダグルメをいくつか楽しむことができます。ハーリングは季節ものでニシンのオイル漬けを、刻んだ玉ねぎと食べる一風変わった食べ物です。空港では食べることが難しいですが、オランダ観光の際はチャレンジしてみてください。見た目以上に美味しいです。

Mediterranean Sandwich Bar

出典:ライター撮影

レストラン「Mediterranean Sandwich Bar」はフードコートのようになっていて、ご自身でサンドウィッチなどを選び、好きなオランダグルメを食べられます。オランダ観光された方は、もう日本食が恋しくなっているころではないでしょうか。軽めのランチやディナーに、乗り継ぎまでの待ち時間を利用しましょう。営業時間は24時間営業のため便利です。

出典:ライター撮影

オランダで食べておきたいグルメは、クロケットというコロッケに似ているオランダグルメとチーズがあります。クロケットはランチにおすすめです。オランダグルメにチーズは欠かせません。オランダのチーズはほとんどがゴーダチーズで、日本で食べたゴーダチーズとは旨味があり、格段に美味です。レストランで食べてもいいですね。

Albert Heijn

出典:ライター撮影

こちらはオランダのスーパーと言えば「Albert Heijn アルバートハイン」が有名です。スキポール空港にもコンビニサイズのアルバートハインがあります。軽めのランチを取りたい方などにはおすすめです。サンドウィッチからロールサンドなど種類が豊富です。オランダグルメを手軽に試せます。パンに飽きたら、お寿司やロール寿司も販売していました。

Döner Kebab & Pommes Frites

オランダはポテトが大人気で、ポテトフライはフリッツと呼ばれ親しまれています。オランダグルメの一つですので、小腹が空いた際はぜひ食してみてください。オランダグルメは、レストランでメイン料理を注文すると必ずポテトも添えられてきますよ。

「スキポール空港」楽しみ方③Internet centre

Photo byStartupStockPhotos

internet centreは、セキュリティーが強化されたパソコンを無料で利用できる施設となっています。こちらの施設はターミナルlounge1〜3にあり、お仕事スペースとしても最適な施設です。待ち時間にお仕事を快適に進めることもできます。パソコンは使用後、ログインデータを削除してから退席しましょう。

Wi-Fi

スキポール空港は世界で初めて、無料Wi-Fiができるようになった空港です。1度Wi-Fiへつなげていから4時間で自然と切れてしまいます。しかし、再度アクセスすると使用可能です。実質時間制限なく使用可能です。パソコンもあり、インターネット環境がとても良いので、有意義な時間を過ごせますね。

「スキポール空港」楽しみ方④スキポール国際美術館

Photo byStockSnap

スキポール空港には、なんとターミナル内に美術館があります。芸術の国ならではですよね。こちらの美術館は、レンブラントの「夜警」や、フェルメールの「牛乳を注ぐ女」などで有名な美術館であるアムステルダム国立美術館の分館!空港で本格的な絵画を見ることができます。待ち時間におすすめな楽しみ方の一つです。

「スキポール空港」楽しみ方⑤Xpress Spa

Photo bySponchia

長距離移動や旅の疲れが溜まっている方に、おすすめの待ち時間の楽しみ方がターミナル内にあるスパです。Lounge2、Lounge3の間にあります。15分から30分のクイックマーサージをさまざまなメニューから選択しましょう。待ち時間に疲れを取ることで、疲れが蓄積しにくくなるのでおすすめですよ。営業時間は7〜21時です。

「スキポール空港」手荷物の預け方は?

出典:ライター撮影

手荷物を空港に預けて、近郊へ観光に行きたい方におすすめなのが、空港にある手荷物預り所です。スキポール空港ではコインロッカーは廃止され、現在は有人の手荷物預かり所を利用しましょう。到着ゲートはゲート1〜ゲート4まであり、手荷物預かり所はゲート1付近のエレベーターから地下に降りるとあります。ゲート1まで行くと、baggage storageという表示があるので、従って進みましょう。

出典:ライター撮影

地下に降りるとすぐに手荷物カウンターがあり、預けるカウンターと、返却カウンターとで分かれています。24h営業しているのでとても便利です。手荷物を渡すだけで引換券をもらえるので、帰ってきた時の時間で清算になります。手荷物を預けて快適に観光をしましょう。

出典:ライター撮影

手荷物の種類によってお値段が変わってきます。また、引換券を万が一紛失した場合は、追加で8€かかるので、引換券は無くさないように注意しましょう。清算はクレジットカード、デイビッドカードが使用可能です。(余談ですが、オランダはデイビッドカードが主流となっています。maestroカードの表示があるお店が多いですが、これはデイビッドカードです)

「スキポール空港」バス乗り場はどこ?

Photo bypixel2013

スキポール空港はターミナルが一つで集約されているので、とてもわかりやすい構造です。バス乗り場は正面出口を出るとあります。交通手段としては、電車利用がオランダでは便利ですが、行き先やホテルなどによっては、バスを利用すると便利です。バス乗り場はいくつもあるので、行き先のバス乗り場を事前に確認しておきましょう。

アムステルダムエアポートエクスプレス

アムステルダムエアポートエクスプレスの397系統バスは、スキポール空港とアムステルダム市内の中心部をつないでいます。年中無休で運行しており、観光地へ楽に行けるので利用価値があります。チケット料金は片道6€、往復10€です。アムステルダムのアムステルダム国立美術館、ライツェ広場などで停車します。到着ロビーを出たところにあるバス乗り場へ向かいましょう。

アムステルダムエアポートエクスプレスのバス乗り場

バス乗り場はB15〜B19です。バス乗り場付近で待ちましょう。バス乗り場の上部に電光掲示板があり、次のバスまでの待ち時間が表示されます。8:00~18:00は、1時間で8本程度の感覚でバスが走っているので便利です。

「スキポール空港」まとめ

出典:ライター撮影

今回はスキポール空港での乗り継ぎや、待ち時間のおすすめな楽しみ方をご紹介しました。スキポール空港はターミナルが一つなのでわかりやすく、オランダならではの施設があり、とても良い空港です。買い忘れたお土産もスキポール空港なら、お土産ショップが充実しているので心配ありませんね。手荷物の預け入れやバスの利用なども簡単なので安心です。旅の途中にスキポール空港で有意義な時間をお過ごしください。

mao
ライター

mao

オランダ在住で旅行好きなのでヨーロッパに関する記事などを中心に書いて行きます( ^ω^ )

今、あなたにオススメの記事

関連記事

人気ランキング